DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ



鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様へ

弊社、株式会社No.1は全国対応しているファクタリング会社です。

本社は東京都豊島区池袋にあり、支社は愛知県名古屋市と鹿児島県と同じ九州の福岡県福岡市にございます。

そのため弊社をご利用中のお客様の中には鹿児島県の方も多数いらっしゃいます。

鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご検討中の経営者様は是非、株式会社No.1にご相談ください。

鹿児島の資金調達を経済の特性・動向から考える

 
鹿児島の会社だけに限らず、会社が事業を継続するには資金繰りを回し続ける必要があり、資金調達が不可欠となります。
安定的に資金を調達するためにも、自社が経営している地域の経済について特性を知り、常に動向を把握することが大切です。
特に、銀行融資は、世界経済や国内経済はもとよりのこと、地域経済の動向にも大きく左右されます。
鹿児島においても、鹿児島の経済の特性と動向を知ることで、融資交渉を工夫したり、融資が難しい場合にはファクタリングでカバーしたり、柔軟な資金調達・資金繰りが可能となります。
そこで、まずは鹿児島経済の特性と動向、資金調達への影響をみていきましょう。

鹿児島の産業構造

 
まず、鹿児島の産業構造を簡単にみていきます。

鹿児島の産業の構成比

 
平成26年の県内総生産の構成比をみると、鹿児島の産業構造は以下の通りです。

  • 一次産業…3.7%(全国平均1.2%)
  • 二次産業…18.2%(全国平均24.9%)
  • 三次産業…78.0%(全国平均74.0%)

一次産業が多い鹿児島

 
まず、鹿児島は一次産業の割合が高く、全国平均の3倍超の水準となっています。
農林水産業や漁業など、一次産業には信用保証協会の保証対象外の業種が多く、日本政策金融公庫の融資対象外になることも多いです。
一次産業の割合が高い鹿児島では、銀行融資の方法で資金調達する機会が多く、ファクタリングの重要性も高いといえます。

鹿児島は製造業が少ない

 
次に、鹿児島は二次産業の割合が低いです。
製造業だけに限ってみた場合、鹿児島における製造業の構成比は11.4%となっており、全国平均の18.7%に比べて大幅に低くなっています。
製造業の割合が低いことは、鹿児島の製造業者にとって有利になる場合があります。
製造業は設備投資に多額の資金を必要とするため、全産業の中でも特に資金需要が大きい業種です。
銀行の基幹業務は融資であり、利息収入は収益の大部分を占めています。
つまり銀行にとって、貸付額と収益を伸ばすために、製造業は重要な存在なのです。
したがって、鹿児島の銀行の「製造業の融資シェアを伸ばしたい」というニーズと、鹿児島の製造業者の「銀行融資で調達したい」というニーズがマッチし、銀行融資を受けやすくなることが考えられます。

鹿児島は観光業が盛ん

 
三次産業をみると、鹿児島は全国平均よりも高くなっています。
中でも、観光業は鹿児島の主要産業のひとつです。
平成28年度の宿泊客数は720万人を超え、外国人観光客も年々増えています。
これも、鹿児島で資金調達を考える際の参考になります。
観光業をはじめとするサービス業は、十分な担保を持っていない会社が多く、銀行融資の際には担保付融資よりも保証付融資のほうが重要です。
コロナ禍以降、保証付融資の環境が大きく変化しているため、鹿児島の三次産業は資金調達を工夫しなければなりません。
また、観光業は現金取引が多い業種ですが、クレジットカード決済の比率も高い業種です。
したがって、鹿児島の観光業で資金調達する際には、クレジットカード債権のファクタリングなど、銀行融資以外の資金調達も視野に入れるのがポイントです。

鹿児島の経済は緩やかに回復

 
次に、鹿児島の経済動向をみていきましょう。
鹿児島の経済も、コロナ禍の影響によって大きな打撃を受けました。
上記の通り、鹿児島は全国平均よりも三次産業の割合が高く、観光業は主要産業です。
この一点だけでも、コロナ禍の影響が大きかったことがうかがえます。

鹿児島の経済情勢は?

 
しかし、コロナ禍以降、鹿児島の経済は緩やかに回復傾向にあるようです。
財務省九州財務局鹿児島財務事務所の「鹿児島県内経済情勢報告(令和5年7月)」によると、鹿児島の経済に対する総括判断は「県内経済は、緩やかに持ち直している」とあります。
判断の要点は以下の通りです。

個人消費は、物価上昇の影響もみられるものの、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付け変更などを背景として、緩やかに回復しつつある。生産活動は、在庫調整に伴い減少した受注が回復しておらず、弱含んでいる。

出典:出典:財務省九州財務局鹿児島財務事務所「鹿児島県内経済情勢報告」
個人消費の回復は、三次産業が多い鹿児島にとって大きな好材料です。

鹿児島では製造業が苦戦

 
ただし、生産活動は「弱含み」とあります。
令和4年10月の判断では緩やかに持ち直しつつあったものの、令和5年1月判断では「持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている」、令和5年4月・7月の判断では「弱含んでいる」とあり、鹿児島の二次産業では徐々に回復が鈍化しています。
令和5年度の設備投資は「増加見込み」ですが、その内訳は製造業が「減少見込み」、非製造業が「増加見込み」です。
このようなデータからも、鹿児島の製造業の苦戦がうかがえます。
この傾向が続いた場合、鹿児島の製造業者は業績の悪化により銀行融資を受けられなくなる可能性があります。
早い段階でファクタリングを取り入れ、資金調達方法を多様化することが重要です。

企業収益は増加見込み

 
銀行の融資審査で最も重視されるのは返済力です。
銀行は本業からの利益を返済原資とみなすため、融資を受けるためには収益力がポイントとなります。
報告書によると、令和5年度の鹿児島の企業収益は「増益見込み」となっています。
なお、製造業では「増益見込み」、非製造業では「減益見込み」です。
ただし、製造業は増益幅が徐々に縮小していること、非製造業では設備投資などによる利益の下押しがあったと考えるべきでしょう。
したがって、

  • 鹿児島の製造業では収益力が伸び悩んでおり、銀行融資に悪影響になる
  • 鹿児島の非製造業では今後収益力が伸びるとみられ、銀行融資にも好影響になる

といったことが考えられます。

鹿児島の倒産件数の動向

 
上記の通り、鹿児島の経済は緩やかな回復傾向にありますが、倒産件数を知ることで意外な一面が見えてきます。

全国的な倒産件数の動向

 
2023年度上半期(4~9月)、全国の企業倒産件数は4324件となりました。
前年同期(2022年度上半期)比で37.66%の増加、前期(2022年度下半期)比でも15.64%の増加です。
年度上半期の倒産件数が4000件台になるのは4年ぶり、産業別件数で10産業すべてが前年同期を上回るのは32年ぶりのことです。
また、地区別の倒産件数をみても、15年ぶりに9地区すべてで前年同期を上回りました。
このことから、全国的に倒産件数が増加していることがよくわかります。
倒産件数が増えている主な原因は、世界的な物価高、国内で慢性化する人手不足、コロナ禍におけるゼロゼロ融資(実質無利子・無担保の融資)の返済開始などが挙げられます。
特に深刻なのがゼロゼロ融資の返済開始です。
ゼロゼロ融資によって過剰債務に陥り、新たに資金を調達できずに倒産する会社が増えているのです。
このような傾向が全国的にみられ、鹿児島も例外ではありません。

鹿児島で倒産件数が増加

 
2023年度上半期の地区別の倒産件数をみると、九州は379件となりました。
各県ごとにみた場合、倒産件数が最も多いのは福岡県(194件)、2位は鹿児島県(43件)、3位は熊本県(39件)です。
民間信用調査会社3社のデータによれば、前年同期の鹿児島の倒産件数は29~35件となっており、2023年度上半期にかけて約23~48%も増加しています。
また、県内の企業数に対する倒産件数の割合をみると、鹿児島の倒産率は1.5%です。
九州全体の倒産率2.2%に比べると低いものの、これは福岡県の倒産率(4.8%)が牽引しています。
福岡県以外をみると、倒産率の第2位は熊本県の1.7%、第3位は鹿児島県の1.5%ですから、やはり高い水準です。
なお、鹿児島の倒産のうち「新型コロナウイルス関連倒産」は14~21件となっており、これも前年同期(12~13件)を大きく上回っています。
このデータをみても、ゼロゼロ融資の返済開始による倒産が増えていることがよくわかります。
鹿児島の会社にとって、コロナ禍はまだまだ終わっていないのです。

鹿児島の会社が資金調達するには?

 
経済の特性や動向を踏まえ、鹿児島の会社はどのように資金を調達すべきでしょうか。
鹿児島の主な資金調達方法について解説します。

銀行融資

鹿児島の会社が資金調達する際、真っ先に思い浮かぶのは銀行融資です。
鹿児島に限らず、すべての会社にとって銀行融資は資金調達の軸となります。
銀行融資は金利が低く、低コストで多額の資金を調達できるため、最も優れた資金調達方法といっても過言ではありません。

鹿児島の銀行シェア

 
まず、鹿児島の銀行シェアについてみてみましょう。
東京商工リサーチの「都道府県別メインバンク取引社数ランキング(2023年) 」によると、鹿児島の銀行のシェアは以下の通りです。

  • 1.鹿児島銀行…53.20%
  • 2.鹿児島相互信金…12.21%
  • 3.南日本銀行…11.05%
  • 4.鹿児島信金…6.81%
  • 5.鹿児島興業信組…3.08%

都道府県によってシェアのバランスは様々ですが、鹿児島では鹿児島銀行のシェアが圧倒的に高く、2位以下の銀行が僅差で争う形となっています。
近年、九州はふくおかFGや西日本FHDなどによる金融再編が進んでおり、今後、鹿児島の銀行シェアに大きな変化があるかもしれません。
しかし、現時点では鹿児島銀行が強く、鹿児島の会社が資金を調達する際には鹿児島銀行が第一候補となるでしょう。
ここで注意したいのは、鹿児島銀行との一行取引を避けることです。
一行取引の場合、メインバンクとなる鹿児島銀行から融資を拒否されてしまうと、資金繰りに行き詰まってしまいます。
それを避けるためにも、鹿児島の地方銀行や信用金庫、他県から鹿児島に進出している銀行など、複数の銀行から融資を受けるようにしてください。
もちろん、鹿児島の銀行から軒並み融資を断られた場合に備え、ファクタリングなど銀行融資以外の資金調達方法を確保しておくことも大切です。

全国的な融資動向

 
鹿児島の銀行融資を考える際に重要となるのが、融資動向です。
景気や政府・金融庁の方針などによって、銀行の融資姿勢は変わります。
銀行が融資に積極的な局面では、積極的に融資を受けて設備投資に踏み切ったり、手元資金を厚くしたり、銀行融資を軸に資金繰りするのが基本です。
しかし、銀行が融資に消極的になると、簡単には融資を受けられません。
最近、全国的に融資動向が芳しくありません。
日銀が7月に発表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」では、銀行の融資姿勢を示す貸出運営スタンスDIが14年ぶりの低水準となっています。
貸出金残高(年平均)の増加率をみても、2022年の3.5%増に対し、2023年は2.7%増へと悪化しています。
このように、全国的な融資環境の悪化が数字に表れているのです。

鹿児島の融資環境が悪化

 
鹿児島単体でみても、融資環境は悪化傾向にあります。
参考までに、過去5年間の鹿児島の銀行における貸出金残高(年平均)と増減率(前年比)の推移をみてみましょう。

  • 2019年…3兆8052億円(3.6%増)
  • 2020年…3兆9382億円(3.5%増)
  • 2021年…4兆213億円(2.1%増)
  • 2022年…4兆1049億円(2.1%増)
  • 2023年…4兆1322億円(0.7%増)

2022年まではそれなりに安定して貸出金が増えており、鹿児島の銀行が積極姿勢であったことがうかがえます。
しかし2023年、貸出金の増加率が急激に下がっています。
同時期における全国の貸出金残高は「3.5%増から2.7%増へ低下」しているのに対し、鹿児島の貸出金残高は「2.1%増から0.7%増へ低下」です。
このことから、鹿児島の融資環境は、全国的にみてもかなり厳しくなっていると考えられます。
さらに、九州圏内で比較してみると、鹿児島の厳しさが一層よくわかります。
2023年度上半期の九州各県の倒産件数は、1位が福岡県、2位が鹿児島県、3位が熊本県でした。
この3県の貸出金残高の増減率(2022~2023年)をみると、福岡県は3.5%増から2.5%増、熊本県は2.9%増から2.8%増です。
いずれも減少傾向ではあるものの、全国(2.7%増)とほぼ同じ水準を維持しています。
倒産リスクが高まる福岡県と熊本県では、銀行融資によって救われる会社も多いことでしょう。
これに対し、鹿児島県は倒産リスクが高まっている中、銀行の融資姿勢も急速に消極化しています。
以上のように、鹿児島では銀行融資による資金調達が難しくなっているため、銀行融資以外の資金調達方法を早急に確保すべきです。

公的融資

 
鹿児島の地方銀行や信用金庫・信用組合などから融資を受けられなかった場合、公的融資を検討してみましょう。
公的融資には、公的金融機関による融資や自治体の制度融資があります。
民間金融機関は営利目的のため、銀行では融資できない場合が少なくありません。
しかし、公的融資は営利を目的としておらず、銀行が融資できない会社でも融資を受けられる可能性があります。

日本政策金融公庫で調達

 
公的金融機関のうち、代表的なのは日本政策金融公庫です。
日本政策金融公庫は、政府が100%出資して運営する公的金融機関であり、民間金融機関の補完を目的としています。
業績・財務に問題を抱えている会社や、業歴が短く信用が乏しい会社など、銀行では難しい融資案件を日本政策金融公庫が補完しているのです。
営利目的ではないため、金利が安い、元金返済の据え置き期間があるなど、借入条件が良いことも特徴です。
日本政策金融公庫は鹿児島市に支店を構えており、鹿児島の会社を対象に融資を行っています。

制度融資で調達

 
制度融資は、自治体・信用保証協会・銀行が協力して融資する仕組みです。
通常の保証付融資は、信用保証協会が保証人となることで銀行のリスクをカバーし、融資を受けやすくしています。
ただし、信用保証協会の保証審査に落ちてしまうと、保証付融資を受けることはできません。
制度融資では、自治体が信用保証協会の損失補償を行うことにより、信用保証協会に対して積極的な補償を促します。
鹿児島の場合、鹿児島県信用保証協会の保証と、鹿児島県中小企業融資制度の補償をダブルでつけることによって、融資を受けやすくなるというわけです。
もちろん、日本政策金融公庫と同じく、制度融資も営利目的ではありません。
制度融資の場合、地域経済の活性化という明確な目的があるため、自治体によっては日本政策金融公庫よりも積極的に融資を検討してくれます。
また、自治体から金利や保証料の補助を受けられるのが基本です。
鹿児島の制度融資を利用することで、融資利率が年利1%台、保証料率が年1%以下の好条件で融資を受けることもできます。

公的融資の問題点

 
公的融資は、銀行融資を受けられない会社でも調達できる可能性があり、条件面でもメリットがあります。
しかし、公的融資にはいくつか問題があります。
中でも、資金調達に時間がかかるのが問題です。
鹿児島の会社が日本政策金融公庫から融資を受ける場合、利用できる支店は鹿児島支店のひとつだけです。
民間の銀行は、鹿児島県内に多くの支店を構えており、融資業務がキャパオーバーになることはほとんどありません。
しかし、日本政策金融公庫の場合、鹿児島県内の融資依頼をすべて鹿児島支店で処理する必要があります。
このため、短期間で融資依頼が殺到すると、融資実行までに長い時間を要するのです。
制度融資は、日本政策金融公庫以上に時間がかかります。
日本政策金融公庫から無保証で融資を受ける場合、日本政策金融公庫の融資審査だけです。
これに対し、制度融資は保証付きの仕組みですから、「融資を実行する銀行の審査」に加えて、「鹿児島県信用保証協会の保証審査」が必須となります。
制度融資に申し込むにあたり、商工会議所への相談が必要になることもあり、その場合にはさらに時間がかかります。
実際に、コロナ禍では制度融資の申し込みが殺到したことにより、保証審査がなかなか受けられず、融資実行までに数ヶ月を要することもあったのです。
資金調達で最も重要なのは、不足資金を確実に調達し、資金ショートを避けることです。
この点において、公的融資は大きな問題を抱えています。
鹿児島でも、時間に余裕がある会社でなければ、公的融資は使いにくいといえます。

ビジネスローン

 
鹿児島の銀行から融資を受けられず、なおかつ公的融資でも調達できなかった場合、第三の借入先候補となるのがビジネスローンです。
ビジネスローンには、銀行系・信販系・消費者金融系があり、鹿児島の会社でも資金調達できます。
鹿児島の銀行系ビジネスローンには、鹿児島銀行の「かぎん事業者カードローン」、鹿児島相互信金の「ビジネスローンパワーアップ」など、様々な商品があります。
信販系・消費者金融系ビジネスローンは、全国展開している大手業者のビジネスローンを選ぶのが基本です。
このほか、消費者金融系ならば、鹿児島を中心に営業する中小の貸金業者を利用することもできます。

ビジネスローンの特徴

 
ビジネスローンの最大の特徴は、銀行融資よりも審査に通りやすいことです。
大抵の場合、銀行で融資を受けられず、資金調達に行き詰まった会社がビジネスローンを利用します。
つまり、ビジネスローンは受け皿として機能しているのです。
となると、銀行よりも審査を緩くしなければ、審査に通すことはできません。
鹿児島のビジネスローンでも、スコアリングシステムによって審査するのが基本です。
スコアリングシステムは、決算書などの数値によって機械的にスコアを算出し、融資の可否を判断する仕組みです。
鹿児島の銀行の融資審査では、決算書などの数値を分析(定量分析)するだけではなく、数字に表れない情報も分析(定性分析)します。
これにより、決算書に大きな問題がなかったとしても、その他の要素(経営者の人間性に問題がある、コンプライアンス違反の疑いがあるなど)によって審査に落ちることがあります。
ビジネスローンのスコアリングは定性的な要素を考慮せず、さらに定量分析自体のハードルも低いため、銀行融資よりも審査に通りやすいのです。

ビジネスローンの問題点①:金利が高い

 
ただし、鹿児島のビジネスローンを利用する場合、大きな問題があります。
まず、ビジネスローンは金利が高いです。
大手消費者金融のビジネスローンは、法定上限ギリギリの水準(年率15~20%)で融資するのが基本です。
一例として、鹿児島のとある消費者金融業者 では、ビジネスローンの利率を「年率5.9~20.0%」に設定しています。
普通、ビジネスローンの金利は「消費者金融系>信販系>銀行系」の順に高くなりますが、信販系や銀行系の金利が安いわけではありません。
例えば、南日本銀行の「ビジネスフリーローンHAE」では、年率2.8%~14.5%としています。
鹿児島の銀行の多くは、ビジネスローンの融資金利を公開していませんが、大体このくらいの水準になると考えてよいでしょう。
下限だけをみれば低金利といえますが、実際は上限付近の条件になることが多いです。
鹿児島でビジネスローンを利用する会社は、すでに鹿児島の銀行から「貸倒れリスクが高いため融資不可」という烙印を押されています。
そのような会社に融資するには、金利を大幅に引き上げることでリスクヘッジを図る必要があるのです。
高金利のビジネスローンで調達した場合、支払利息によって資金繰りが圧迫され、経営悪化につながる危険があります。

ビジネスローンの問題点②:調達できる金額が少ない

 
また多額の資金調達を必要とする場合、ビジネスローンは不向きです。
ビジネスローンの融資先は貸倒れリスクが高いため、1社あたりの貸付額を低く抑えることでリスクを分散する必要があります。
このため、ビジネスローンは融資限度額を低く設定しているのです。
特に、消費者金融系のビジネスローンは融資限度額を低く(数百万円程度)設定しているケースが多く、中小の消費者金融業者ほどその傾向が強くなります。
例えば、鹿児島のある中小消費者金融業者では、無担保ローンの融資上限額を「100万円まで」としています。
銀行は資金量が豊富ですから、銀行系ビジネスローンは融資上限額も高めです。
鹿児島銀行のビジネスローンは2000万円、鹿児島相互信金は1500万円としています。
しかし、上限額まで借り入れることは難しく、鹿児島の複数のビジネスローンから借り入れても、300万円程度が限界でしょう。
まとまった資金が必要な場合、ビジネスローンでは十分な資金を調達できない可能性があります。
したがって、ビジネスローンの優先度は低く、他の資金調達方法の補完として利用するのが基本です。

ビジネスローンの問題点③:銀行の評価が下がる

 
3つ目の問題点は、ビジネスローンで調達した場合、銀行の評価が悪化することです。
多くの経営者は、ビジネスローンでの調達を「一時的なもの」と考えていることでしょう。
ビジネスローンで資金繰りを回しつつ経営改善に取り組み、いずれは鹿児島の銀行から融資を受けたいと考えているのです。
しかし、銀行員が「融資を検討してもよい」と思わなければ、融資を受けることはできません。
銀行評価を高めていく上で、ビジネスローンは大きな足かせになります。
ビジネスローンは金利が高く、返済利息によって利益率が低下します。
銀行は利益を返済原資とみなすため、「ビジネスローンで借りている→返済利息の負担で利益が減る→返済力が乏しい」と判断することが多いのです。
実際に、鹿児島の銀行でもビジネスローンを嫌う傾向があり、ビジネスローンから借りたことによって銀行融資を受けられなくなるケースがみられます。
鹿児島で起業したばかりの会社や、リスケジュール中の会社であれば、今後数年間は銀行融資を受けられないため、ビジネスローンが役立つでしょう。
それ以外の会社には、あまりおすすめできません。

ファクタリング

 
鹿児島で銀行融資や公的融資を受けられず、ビジネスローンの利用は避けたい場合、役立つのがファクタリングです。
近年、日本で急速に普及しており、政府も推奨している資金調達方法です。
鹿児島での人気も徐々に高まっています。

ファクタリングは売掛金の早期資金化

 
ファクタリングとは、売掛債権(売掛金)を早期資金化できる資金調達方法です。

より詳しく説明すると、企業が取引先企業(売掛先企業)に商品やサービスを提供すると、その対価の代金を支払ってもらいます。

その代金を請求する権利を売掛債権(売掛金)と言います。

売掛債権(売掛金)は、支払期日になり取引先企業(売掛先企業)から入金されて初めて資金になります。

ファクタリングとは支払期日前にファクタリング会社が売掛債権(売掛金)を買取し、早期資金化できるサービスです。

ファクタリングの特徴

 
他の資金調達方法と比べた時の特徴は

【とにかく簡単に資金調達ができる】

ファクタリングは銀行融資などと比べて、簡単な審査と簡単な契約で資金調達ができます。

銀行融資などのように経営計画書等の提出も必要ありません。

【最短即日で資金調達が可能】

ファクタリングは審査スピードが他の資金調達方法と比べて早いため、必然的に資金調達までのスピードが早くなります。

最短で申込日当日の資金調達が可能です。

【つなぎ資金として利用されることが多い】

銀行融資や政策金融公庫など審査に時間がかかってしまう資金調達のつなぎ資金として利用されることが多いです。

銀行や政策金融公庫からの融資が実行されるまでの期間のつなぎ資金としてファクタリングをご利用ください。

ファクタリングについての詳しい説明はこちら

鹿児島でもファクタリングは利用可能

 
鹿児島県は中小企業52,721社、大企業56社。(2014年調べ)

多くを中小企業が占めています。

鹿児島県でファクタリングによる資金調達を行う場合、大きく分けて2つの選択肢があります。

1つ目は、遠方となりますが東京や大阪のファクタリング会社を利用する方法です。

2つ目は、比較的近くにあるファクタリング会社を利用する方法です。

東京や大阪のファクタリング会社を利用した場合、契約や商談に時間がかかってしまうケースがほとんどです。

ファクタリング契約はお客様とファクタリング会社の信用によって成り立っております。

また、大きな金額がやり取りされるファクタリング契約ではレスポンスが悪くなってしまう可能性もあります。

そういった点を考えると、比較的近くにあるファクタリング会社の利用をお勧めします。

弊社、株式会社No.1は鹿児島県と同じ九州の福岡県福岡市に支社がございます。

ファクタリングでの資金調達をご検討中の方は是非お問い合わせください。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

事業者向けファクタリングサービスには大きく分けて2種類のファクタリングがあります。

「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」です。

ファクタリングを利用する上で「2社間ファクタリング」か「3社間ファクタリング」を選択しなければいけません。

「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」について詳しく説明していきます。

2社間ファクタリングとは?

「2社間ファクタリング」とは、お客様とファクタリング会社の2社で契約するファクタリングです。

買取対象である売掛債権(売掛金)の取引先企業(売掛先企業)はファクタリング契約には関与しません。

後ほどご説明しますが「2社間ファクタリング」の最大のメリットは取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの事実を知られないでファクタリング(資金調達)ができることです。

取引先企業(売掛先企業)は、お客様の事業の売上を担ってる大切な存在です。

ファクタリングを利用しているということは少なからず資金繰りに問題があると思われる可能性があります。

最悪の場合、資金繰りに問題があることを知られてしまい取引停止になる可能性があります。

繰り返しにはなりますが、取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)できるのが「2社間ファクタリング」です。

2社間ファクタリングのメリット

①取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)ができる。
「2社間ファクタリング」は取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)できるため、会社の信用が低下するリスクを最小限に抑えることが可能です。

②資金調達までのスピードが早い
「2社間ファクタリング」の場合、「3社間ファクタリング」のように取引先企業(売掛先企業)の承諾や承認が必要ありませんので、「審査スピード」「契約スピード」が圧倒的に早いです。
即日ファクタリング(資金調達)が可能なのも「2社間ファクタリング」です。

2社間ファクタリングのデメリット

①手数料が割高になる事もある
「3社間ファクタリング」と比べて「2社間ファクタリング」は手数料が割高になる事もあります。
手数料の相場は
3社間ファクタリング・・・1%〜5%
2社間ファクタリング・・・5%〜15%

②審査が厳しくなる事もある
「3社間ファクタリング」と比べて「2社間ファクタリング」は審査が厳しくなる事もあります。
「2社間ファクタリング」は、契約に取引先企業(売掛先企業)を絡めないため、売掛債権(売掛金)の未回収リスクが高いため審査が厳しくなる事もあります。

③銀行や大手ファクタリング会社は「2社間ファクタリング」を提供していない
銀行や大手ファクタリング会社は「3社間ファクタリング」のみで、「2社間ファクタリング」を提供していないところが多いです。
銀行や大手ファクタリング会社の手数料が安いと言われているのは、「2社間ファクタリング」を提供していないからです。
弊社、株式会社No.1では「2社間ファクタリング」を業界最低水準の手数料で提供しております。

株式会社No.1の2社間ファクタリング

弊社のファクタリング契約の大半が「2社間ファクタリング」です。

「2社間ファクタリング」は、取引先企業(売掛先企業)に知られずにファクタリング(資金調達)ができるので需要が高いです。

株式会社No.1の「2社間ファクタリング」の特徴として、「業界最低水準のファクタリング手数料」「最短即日契約」「債権譲渡登記留保」などです。

「2社間ファクタリング」をご検討中の方は是非、株式会社No.1の「2社間ファクタリング」をご利用ください。

3社間ファクタリングとは?

「3社間ファクタリング」とは、お客様、取引先企業(売掛先企業)ファクタリング会社の3社で行うファクタリング契約です。

お客様から「3社間ファクタリング」のお申し込みをいただいた場合、取引先企業(売掛先企業)に売掛債権(売掛金)の譲渡の承諾を頂く必要があります。

そのため、取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの事実を知られてしまいます。

それでは「3社間ファクタリング」のメリット、デメリットについて見ていきましょう。

3社間ファクタリングのメリット

①ファクタリング手数料が安い
「3社間ファクタリング」は「2社間ファクタリング」と比べると手数料が安くなります。
これは、売掛債権(売掛金)未回収のリスクが低いからです。

②審査に通りやすい
「3社間ファクタリング」は「2社間ファクタリング」と比べて審査に通りやすいです。
理由は、手数料同様、売掛債権(売掛金)の未回収リスクが低いからです。

③銀行や大手ファクタリング会社が提供している
「3社間ファクタリング」は、銀行や大手ファクタリング会社も提供しております。

3社間ファクタリングのデメリット

①取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの利用を知られてしまう
「3社間ファクタリング」の場合、必然的に取引先企業(売掛先企業)にファクタリングの利用を知られてしまいます。
資金繰りに問題があることを取引先企業(売掛先企業)に知られてしまいますのでお客様の信用低下につながってしまいます。

②資金調達まで時間が掛かってしまう。
「3社間ファクタリング」の場合、取引先企業(売掛先企業)の承諾が必要になるため資金調達まで時間が掛かってしまいます。

株式会社No.1の3社間ファクタリング

弊社の「3社間ファクタリング」は、銀行や大手ファクタリング会社並みの安い手数料で提供しております。

また、銀行や大手ファクタリング会社ができないようなスピードで「3社間ファクタリング」を提供しております。

「3社間ファクタリング」をご希望のお客様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

二社間ファクタリングと三社間ファクタリングについての詳しい説明はこちら

鹿児島でファクタリングするメリット

 
前項の内容とも重複してしまいますが、鹿児島でファクタリングするメリットについてまとめました。

比較的簡単に資金調達が可能

資金調達をするうえで、各種書類の提出(決算書などの財務資料)や経営計画書の提出、面談など経営者様は大きな労力を割かなくてはいけません。
鹿児島の銀行から融資を受ける場合、普段から銀行と接触を図ったり、試算表などの書類を提出したり、普段からの積み重ねが大切です。
実際に融資を依頼する際にも手間がかかります。
融資担当者と面談し、資金使途や投資計画などの説明を求められ、時には支店長との面談も必要です。
提出書類も多く、作成・取得に手間がかかるものが少なくありません。
ファクタリングは、銀行融資よりも圧倒的に手軽に利用できます。
ファクタリングは、資金調達の中でも手間が少なく比較的簡単に資金調達ができる魅力的な調達方法です。
鹿児島でファクタリングする場合、担当者からの簡単なヒアリングはあるものの、ほとんど負担にはなりません。
必要書類も少なく、基本的に審査書類の提出(請求書、通帳コピー)のみで資金調達ができます。
例えば、No.1でファクタリングをご利用いただく際の提出書類は以下の4点です。

  • 直近3ヶ月の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近2期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書

なお、鹿児島の会社には、オンラインファクタリングが特におすすめです。
オンラインファクタリングは、2社間ファクタリングの手続きをすべてオンラインで行います。
申し込みから契約まで一貫してオンラインで行い、対面取引は一切不要です。
このため、鹿児島から福岡のファクタリング会社に出向いたり、東京のファクタリング会社に鹿児島まで出張してもらったりすることなく利用できます。
鹿児島はまだまだファクタリングが浸透しておらず、鹿児島県で営業するファクタリング会社を探すのは困難です。
オンラインファクタリングを利用しない場合、対面取引によって利便性が大きく損なわれます。
だからこそ、鹿児島の会社にはオンラインファクタリングが役立ちます。
No.1のオンラインファクタリングサービスも、鹿児島のお客様からご好評をいただいております。

最短即日で資金調達が可能

ファクタリングは数ある資金調達方法の中でも、資金調達までのスピードが極端に早いので早急に資金調達ができます。
銀行や政策金融公庫からの借り入れは基本的に、申込日当日の調達はできません。
初めての取引でしたら1カ月程度は資金調達までに時間を要してしまいます。
ファクタリングは申込日当日での資金調達が可能です。
ファクタリングの資金調達スピードの目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:最短即日
  • 3社間ファクタリング: 最短1週間程度
  • オンラインファクタリング:最短数時間

鹿児島で資金調達を急いでいる会社は、2社間ファクタリングを選びましょう。
2社間ファクタリングには、「最短即日対応」とするものが多いです。
No.1の2社間ファクタリングも、即日対応を基本としています。
ただし、どのファクタリング会社でも即日資金調達できるわけではなく、レスポンスの良いファクタリング会社でなくては即日資金調達ができません。
鹿児島でファクタリングするならば、この点には特に注意してください。
2社間ファクタリングでは、契約時に対面を求められるのが基本です。
「対面不要」としている場合、契約書類を郵送でやり取りするケースが少なくありません。
福岡・大阪・東京などの大都市であれば、ファクタリング会社の営業所が見つかりやすく、対面取引も容易です。
しかし、鹿児島県内にはファクタリング会社の営業所がほとんどないため、対面取引のハードルが非常に高くなります。
例えば、No.1の福岡支店をご利用いただく場合、鹿児島から福岡支店までお越しいただくか、弊社スタッフが鹿児島まで出張しなければなりません。
鹿児島―福岡間の移動に時間がかかるほか、スケジュールの都合で対面取引が数日後になることも多く、即日での資金調達が難しくなるのです。
郵送で取引する場合、契約書類の郵送自体に数日を要するため、即日ファクタリングは100%不可能です。
したがって、鹿児島で即日ファクタリングをご希望の際には、オンラインファクタリングをおすすめします。
上記の通り、オンラインファクタリングは対面不要のため、鹿児島からでもスピーディな資金調達が可能です。
No.1のオンラインファクタリングでは、最短60分入金の実績も多数ございます。

信用情報が傷つかずに資金調達が可能

銀行やノンバンク、政策金融公庫などの審査に落ちてしまった場合、企業の信用情報に傷がついてしまいます。
傷がついてしまうとは、ほかの金融機関からの借り入れも難しくなるという事を意味します。
また、ビジネスローンの問題点でも解説したように、ノンバンクから借り入れること自体、銀行の信用悪化は避けられません。
信用情報に傷をつけずに資金調達したい場合、ファクタリングがおすすめです。
銀行融資やノンバンクの利用歴は信用情報機関に記録され、銀行や貸金業者の間で共有されています。
悪い情報が記録された場合に「信用情報に傷がついた」というわけです。
逆にいえば、このように情報が記録・共有されなければ、信用情報に傷がつくことはありません。
一部の例外を除いて、ファクタリングを提供しているのは銀行業や貸金業とは無縁のファクタリング会社です。
当然ながら、ファクタリング会社が信用情報機関に加盟することもありません。
したがって、鹿児島の会社がファクタリングを利用した場合、ファクタリングの申込情報や利用歴が記録・共有されることもないのです。
ファクタリングの場合、万が一審査に落ちてしまった場合でも信用情報に傷がつくことはありません。
また、ファクタリングを利用したからといって銀行などの審査に影響がでることはありません。

銀行融資よりも調達しやすい

 
ファクタリングは、銀行よりも圧倒的に調達しやすいです。
鹿児島で銀行融資が絶望的な会社でも、ファクタリングならば資金調達できます。
このメリットについて、複数の観点からみていきましょう。

銀行融資とファクタリングの審査基準の違い

 
ファクタリングが銀行融資よりも審査に通りやすいのは、審査基準が異なるためです。
鹿児島の銀行から融資を受ける場合、厳しい審査を受けることになります。
このとき、審査の対象は「融資先(自社)」であり、業績・財務などに問題があれば審査に通るのは困難です。
これに対し、ファクタリングは(売掛債権)売掛金を審査します。
つまり、審査の対象は「ファクタリングの利用会社(自社)」ではなく「売掛金の支払人(売掛先)」なのです。
ファクタリング会社は、売掛金を額面金額よりも安く買い取り、支払期日に満額回収することで利益を得ています。
つまり、売掛先から回収できれば利益が得られ、売掛先から回収できなければ損失になるビジネスです。
したがって、自社が経営に問題を抱えていても、売掛先に問題がなければ審査に通ります。
このように審査基準が違うからこそ、鹿児島で銀行融資が絶望的な会社でも、ファクタリングならば資金を調達できるのです。

税金滞納(分納)中でも利用可能

銀行や政策金融公庫などの融資は、税金を滞納(分納)していた場合、審査に落ちてしまうケースがほとんどです。
税金の納付は義務であり、その義務を果たせないほど経営が苦しい会社に対して、銀行が融資するはずがありません。
特に、日本政策金融公庫は公益性が強いだけに、税金滞納には厳しく対応します。
納税証明書の提出を求められるため、滞納を隠して融資を受けることもできません。
しかしファクタリングの場合、税金や社会保険料を滞納している会社でも利用可能です。
これも、基本的には「審査基準の違い」によるものです。
ファクタリング会社は、たとえ利用会社が税金を滞納していても、売掛先から回収できれば問題ありません。
ただし、税金滞納を理由にファクタリングを断られるケースもあります。
税金滞納が深刻な会社は差し押さえを受ける可能性があり、回収トラブルにつながるリスクがあるためです。
もっとも、仮に税金を滞納(分納)していたとしても税務署や自治体に分納計画を立てていればファクタリングの利用は可能です。

赤字決算でも利用可能

銀行や政策金融公庫などの金融機関は赤字決算の場合、融資を受けられない可能性があります。
実際に、金融庁の「金融検査マニュアル」では、赤字によって格付けが下がる仕組みになっています。
繰越損失・債務超過・延滞などの悪材料がなかったとしても、「前期赤字」の一点によって、正常先(問題なく融資できる格付け)から要注意先(融資に注意を要する格付け)に下がるのです。
連続赤字ならば要管理先以下の格付けに低下し、融資が困難になると考えてください。
鹿児島の経済は緩やかな回復傾向にありますが、予断を許さない状況です。
緩やかに回復しているということは、経済変動によって打撃を受けた場合、容易に悪化に転ずるということでもあります。
したがって、鹿児島の会社は、赤字によって融資を受けられなくなる事態に備えておく必要があります。
ファクタリングは、会社の経営状況よりも売掛債権(売掛金)を重視して審査を行います。
赤字決算でも、売掛債権(売掛金)があれば利用可能です。

銀行リスケ中でも利用可能

リスケジュールは、借入先の銀行に対して返済計画の見直しを求め、一定期間にわたって元金の返済を猶予する制度です。
リスケ中は利息だけを支払えばよいため、元金に充てていた資金を活用し、経営再建を目指すことができます。
ただし、銀行リスケ中の場合、銀行や政策金融公庫の融資は基本的には通りません。
リスケは、借入先の全ての金融機関が横並びで行います。
リスケ中に融資すれば、その返済負担によってリスケが破綻する恐れがあるため、リスケ中の会社に対する融資はご法度です。
したがって、鹿児島でリスケ中の会社は、銀行融資以外の方法によって資金を調達する必要があります。
ファクタリングの場合、銀行リスケ中でも利用可能です。
ファクタリング会社にとって重要なのは「売掛先の支払能力」であり、利用会社がリスケ中であるかどうかは関係ありません。
たとえリスケ中でも、売掛金・売掛先に問題がなければファクタリング審査に通ります。
したがって、鹿児島でリスケ中の会社にはファクタリングがおすすめです。
ビジネスローンもリスケ中の会社に融資してくれますが、ビジネスローンよりもファクタリングを優先してください。
ビジネスローンは融資限度額が低いため、融資枠をすぐに使い切ってしまう恐れがあります。
ファクタリングを軸に資金繰りを組み立て、ファクタリングで足りない場合の切り札としてビジネスローンで調達するのが賢明です。

設立間もない会社でも利用可能

2020年度、鹿児島県の開業率 は4.4%となっています。
全国平均は5.1%のため、鹿児島で新規開業する会社はやや少なめです。
ただし、開業率の全国平均は、沖縄県(8.8%)、東京都(6.0%)、福岡県(6.0%)、埼玉県(6.0%)など、一部の都道府県が牽引する形となっており、4%台はごく標準的な数値といえます。
鹿児島も他の都道府県に劣らず、起業する会社があるのです。
起業後間もない時期、最も苦労するのが資金繰りです。
事業が軌道に乗るまでの間は業績が安定せず、初年度は赤字になることも珍しくありません。
赤字になれば資金は流出するため、赤字補填のための資金調達が必要となります。
しかし、鹿児島で起業後間もない会社は、銀行融資での調達はほぼ不可能と考えてください。
業歴が短い会社は、過去の業績によって収益力や信用力を裏付けることができないため、審査するまでもなく「融資謝絶」になることが非常に多いです。
公的融資ならば検討してもらえますが、起業の際に公的金融機関から創業融資を受けている場合、追加融資を受けられる可能性は極めて低いといえます。
したがって、鹿児島で起業後間もない会社は、ファクタリングでの資金調達をおすすめします。
ファクタリングは、設立間もない会社でも売掛債権(売掛金)があれば利用可能です。
起業後間もない会社も、信用取引を行っていれば必ず手元に売掛金があるはずです。
その売掛金を売却することで、起業後間もない会社でも難なく資金を調達できます。
売掛債権(売掛金)がしっかりしていれば、設立年数はあまり審査に影響はありませんのでご安心ください。

個人事業主でも利用可能

ファクタリングは個人事業主でも利用可能です。
近年、個人事業主の数が増加しています。
特にコロナ禍以降、減給や失業などの影響を受けて、個人事業主を開業する人が増えました。
鹿児島も例外ではありません。
2020年度の「自営業主及び家族従業者数」を都道府県別にみると、鹿児島は第22位(11万1991人)となっています。
全国平均は9万3613人ですから、鹿児島は全国的にみても個人事業主の数が多いといえます。
さて、個人事業主でも資金調達は必要です。
しかし、個人事業主の多くは事業規模が小さく、資金調達の金額も小さくなります。
これにより、個人事業主は資金調達に苦労することが多いです。
まず、銀行融資での資金調達は難しいと考えてください。
銀行が融資する際には採算を重視します。
2%程度の金利でまとまった収益を確保するには、できるだけ多く貸し付ける必要があります。
このため、調達希望額の小さい個人事業主は融資対象になりにくいのです。
また、個人事業主は法人よりも業績・財務が脆弱であり、事業の資金繰りと個人の家計が明確に区別されていないことが多く、資金使途の特定も困難です。
したがって、個人事業主が鹿児島の銀行から借り入れるならば、銀行系のビジネスローンしかありません。
例えば、鹿児島銀行の「かぎん事業者向融資制度『おてがる』」は、法人と個人事業主の両方を対象としています。
南日本銀行にも、個人事業主だけを対象とするビジネスフリーローンがあります。
鹿児島の個人事業主は、これらのビジネスローンで資金を調達できますが、すでに解説した通り、ビジネスローンはデメリットが多いです。
そこで、鹿児島の個人事業主の資金調達は、ビジネスローンよりもファクタリングを優先しましょう。
資金調達方法の選択肢が法人より少ない個人事業主にとっては数少ない資金調達方法の一つです。
利用者は個人事業主でも、売掛先が法人であれば、多くのファクタリング会社が買い取ってくれます。
ただし、一部のファクタリング会社は「個人事業主は利用不可」としているため、注意が必要です。
No.1では、個人事業主向けファクタリングも提供しています。
鹿児島の個人事業主の方は、ぜひNo.1までご相談ください。

取引先(売掛先)に知られずに資金調達が可能

ファクタリングは、売掛先に知られず資金調達できます。
これも、鹿児島でファクタリングする際の大きなメリットになります。

鹿児島におけるファクタリングの認識

 
徐々に普及しているファクタリングですが、これをけん引しているのは主に都市部のファクタリング需要です。
地方と都市部では、ファクタリングの普及率や認識にも大きな差があります。
鹿児島でファクタリングする際に問題となるのは、ファクタリングに対する誤った認識です。
鹿児島はファクタリングがそれほど普及していないため、ファクタリングにネガティブなイメージを持つ人もいます。
例えば、「ファクタリングは危険」「ファクタリングは違法」といったイメージです。
現在、ファクタリングに関する法整備が不十分であることから、悪質業者が紛れ込みやすい環境です。
悪質業者が摘発されることもあり、これによって「ファクタリング=違法」というイメージが未だにあります。
鹿児島でファクタリングする会社は、この点に要注意です。

ファクタリングの信用悪化リスク

 
もちろん、ファクタリング自体は完全に合法ですから、鹿児島でファクタリングする場合も、違法性を気にする必要はありません。
ファクタリングは債権譲渡であり、債権譲渡は法的に認められているためです。
とはいえ、自社が「違法ではない」と安心できても、売掛先が「違法だ」と考える可能性があります。
その場合、売掛先の信用悪化は避けられません。
実際、鹿児島でファクタリングしたことを売掛先に知られたことにより、
「まともな方法で資金調達できないのか?」
「経営が悪化して、鹿児島の銀行から融資を受けられないのでは?」
「反社とつながりがあるのかも?」
などの疑いを抱かれ、取引を打ち切られた例があります。

2社間ファクタリングは売掛先に知られない

 
鹿児島でファクタリングする会社は、このような信用悪化リスクを避けるためにも、ファクタリングを利用しましょう。
ファクタリングの方式のうち、2社間ファクタリングは売掛先が一切関与しません。
「2社間ファクタリング」の場合、取引先(売掛先)に知られることなく資金調達ができます。
申込から契約・入金まで、すべて利用会社とファクタリング会社だけで取引するため、売掛先に知られる危険がほとんどないのです。
ただし、3社間ファクタリングは売掛先の関与(売掛先への債権譲渡通知・承諾手続きなど)が必須となるため、売掛先に知られず利用することはできません。
したがって、信用悪化リスクを避けるならば、2社間ファクタリングの利用が必須です。

二社間ファクタリングについての詳しい説明はこちら

貸倒れリスクの回避につながる

 
ファクタリングを利用することにより、取引先企業(売掛先企業)の倒産や経営悪化になったときの売掛債権(売掛金)未回収などお客様のリスクを減らすことができます。
これは、ファクタリングは「償還請求権なし」を原則とするためです。

ファクタリングは償還請求権なし

 
償還請求権とは、ファクタリングした売掛金が回収できなくなった場合、ファクタリング会社から利用会社に買い戻しを求める権利のことです。
「償還請求権あり」ならば買い戻しを請求できるため、売掛金の売却後も貸倒れリスクが残ります。
「償還請求権なし」であれば、万が一取引先(売掛先)から売掛債権(売掛金)の未回収があってもお客様は弁済をする必要はございません。
回収実務や貸倒損失などのリスクは、すべてファクタリング会社の負担です。
これは、ファクタリング会社が貸倒れリスクを肩代わりすることを意味します。

倒産が増える鹿児島だからこそ

 
鹿児島の経済動向でも解説した通り、鹿児島では倒産件数が増加しています。
今後の見通しも不透明であり、倒産件数がさらに増えるかもしれません。
売掛先が倒産した場合、売掛金の回収不能によって資金繰りが急激に悪化することが多いです。
鹿児島の会社も、売掛先が倒産すれば資金繰りの悪化は必至です。
大口の取引先が倒産すれば、連鎖倒産も十分にあり得ます。
だからこそ、鹿児島の会社は売掛先の倒産に備えなければなりません。
倒産リスクを避けるためには、与信管理を強化するのが一般的です。
しかし、経済回復が遅れている鹿児島では、与信管理のために専門の人材を確保したり、信用調査にコストをかけたりすることは困難です。
だからこそ、鹿児島の会社にはファクタリングを活用しましょう。
ファクタリングには償還請求権がなく、貸倒れリスクをファクタリング会社に転嫁できます。
貸倒れリスクがなくなれば与信管理の必要もなくなり、与信管理コストの削減にもつながります。
大口の取引先や、信用に懸念がある取引先(新規取引先など)の売掛金をファクタリングすることで、貸倒れリスクを大幅に下げることも可能です。

無担保・無保証で調達できる

  
鹿児島でファクタリングする際には、担保・保証は一切不要です。
鹿児島に限らず、ファクタリングという仕組みそのものが「無担保・無保証」を原則としています。

ファクタリングが無担保・無保証なワケ

 
ファクタリングが無担保・無保証で利用できるのは、債権譲渡取引だからです。
ファクタリングは債権譲渡のため返済義務がなく、そもそも「返済不能時に備えるための担保・保証」という考え方をしません。
ファクタリングである限り、必ず無担保・無保証です。
これに対し、銀行融資は「金銭消費貸借契約」であり、返済義務を伴います。
返済義務を履行できなくなった場合、銀行は多額の貸倒損失を被るため、何らかの方法によってリスクを避ける必要があります。
だからこそ、銀行は担保・保証を重視するのです。
鹿児島の銀行から融資を受ける場合も、不動産担保や信用保証によって保全を図るのが基本です。
無担保・無保証で融資を受けられるのは、鹿児島の中でも一部の優良企業に限られます。
実際に、鹿児島の中小企業では、担保・保証の不足によって資金調達できないケースが多々あります。

鹿児島は無担保・無保証のメリットが大きい

 
鹿児島の会社にとって、無担保・無保証で利用できるメリットは非常に大きいといえます。
鹿児島の産業構造でも解説した通り、鹿児島は全国的にみても三次産業の割合が高いです。
三次産業の会社が資金を調達する場合、担保よりも保証のほうが重要です。
特にサービス業などは、業種の性質上、担保となる資産を持ちにくいため、必然的に保証付融資が多くなります。
鹿児島で三次産業に属する会社でも、「信用保証協会の保証を受けられるかどうか」が重要です。
保証枠が不足している会社は保証付融資を受けられず、資金繰りに行き詰まる危険があります。
特に注意したいのは、鹿児島で保証付融資を利用している会社のうち、コロナ禍でセーフティーネット保証を利用した会社です。
セーフティーネット保証は、通常の保証限度額とは別枠で保証する制度です。
ただし、セーフティーネット保証で資金を調達した場合、別枠の保証分を完済しない限り、一般保証枠で追加融資を受けることはできません。
鹿児島でセーフティーネット保証を利用した会社は、一定期間にわたって保証付融資を利用できない可能性が高いです。
そのようなときでも、ファクタリングならば安心して利用できます。
鹿児島で担保・保証の不足に悩んでいる会社は、ファクタリングを積極的に活用しましょう。
もちろん、担保・保証に余裕がある会社にもファクタリングがおすすめです。
融資ではなくあえてファクタリングで調達することにより、担保枠・保証枠を温存できます。
先行きが不透明な鹿児島だからこそ、無担保・無保証のファクタリングを活用する意義は大きいといえます。

以上がファクタリングのメリットになります。

ファクタリングのメリットについての詳しい説明はこちら

鹿児島でファクタリングするデメリット

 
メリットの多いファクタリングですが、もちろんデメリットもあります。
鹿児島でファクタリングを利用する際には、以下の点に注意してください。

審査に落ちることもある

 
鹿児島の銀行で融資を断られた会社も、ファクタリングならば資金調達できます。
しかしながら、これは「審査基準が異なるため」であり、「審査がないため」ではありません。
ファクタリングは、銀行融資よりも圧倒的に審査に通りやすく、簡易審査だけで判断するファクタリング会社もあるため、「ファクタリングは審査不要」と勘違いする人もいます。
しかし、ファクタリングでも審査は必ず行い、審査を踏まえて手数料などの条件も決まります。
当然、審査に落ちることもあるのです。
鹿児島の会社がファクタリングする場合にも、審査が必須であること、審査に落ちる可能性があることは変わりません。

手数料が発生してしまう

ファクタリングは買取手数料が発生します。
鹿児島でファクタリングする際、これが大きなデメリットになるかもしれません。

手数料で利益が目減りする

 
ファクタリング会社は、額面金額よりも割安に買い取ります。
額面金額と買取金額の差額がファクタリング会社の儲けであり、いわゆる「手数料」と呼ばれる部分です。
手数料は利益率の悪化につながるため注意してください。
例えば、利益率20%の会社が、額面金額100万円の売掛金を手数料率10%でファクタリングするとします。
この場合、ファクタリング会社に10万円の手数料を支払ったことにより、利益は10万円に目減りします。
支払期日まで待てば100万円を回収し、20万円の利益を確保できたはずです。
このように、ファクタリングは利益率の低下につながります。
ファクタリング会社によっては高額な手数料のところもございますので手数料が安いファクタリング会社を選択した方がいいです。
手数料率が利益率を上回れば赤字になり、経営悪化を招きます。

鹿児島は手数料が高くなりやすい

 
鹿児島の会社が対面式のファクタリングで調達する場合、手数料が高くなりやすいです。
これは、鹿児島県内で営業しているファクタリング会社がほとんどなく、交通費・出張費がかかるためです。
例えば、鹿児島から福岡県のファクタリング会社まで出向く場合、新幹線代などの交通費がかかります。
ファクタリング会社が鹿児島まで出張する場合には、ファクタリング会社から出張費を請求される可能性があります。
「出張費ゼロ」を謳っているファクタリング会社も多いですが、これもあまりあてにはなりません。
鹿児島までの出張コストは確実にかかっているため、買取手数料などに転嫁する形で、間接的に出張費を請求するケースが多いです。
したがって、ファクタリング会社の営業所が鹿児島から遠いほど、手数料が高くなる傾向があります。
交通費・出張費の影響を軽減するには、できるだけ鹿児島に近いファクタリング会社を選ぶのがポイントです。
鹿児島の会社に特におすすめなのがオンラインファクタリングです。
オンラインファクタリングは対面不要のため、交通費・出張費もかからず、鹿児島の会社でも安心して利用できます。

債権譲渡登記が必要な場合がある

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記がマスト条件になっているところもあります。
鹿児島で2社間ファクタリングを利用する場合も同様です。
債権譲渡登記をした場合、第三者にファクタリングを利用していることが知られてしまうことになります。
2社間ファクタリングは、利用会社とファクタリング会社以外の第三者が一切関与しないため、二重譲渡などの回収トラブルが発生することがあります。
それを防ぐためにも、ファクタリング会社は債権譲渡登記を行い、第三者対抗要件を具備する必要があるのです。
登記内容は公示され、だれでも閲覧できるようになります。
したがって、売掛先やその他の関係者が閲覧し、ファクタリングの利用を知られる危険があります。
この危険を避けるには、債権譲渡登記の留保に対応しているファクタリング会社に相談しましょう。
No.1では、お客様のご相談に応じて債権譲渡登記の留保も可能ですのでご相談ください。

ファクタリング会社の選び方が重要

日本には数多くのファクタリング会社があります。
各ファクタリング会社ごとに手数料や条件も様々なのでファクタリング会社の選び方が重要になります。
相性の良くないファクタリング会社を利用してしまうと資金繰りがさらに悪化することも考えられますので注意しましょう。
鹿児島の会社にとって、ファクタリング会社選びは特に難しいといえます。
なぜならば、鹿児島で営業しているファクタリング会社がほとんどないためです。
仮に鹿児島県内にたくさんのファクタリング会社があれば、鹿児島県内の取引先から優良ファクタリング会社を教えてもらったり、複数のファクタリング会社を訪問して比較検討したりすることもできます。
鹿児島ではそれができず、遠方のファクタリング会社から選ぶ必要があります。
ファクタリング会社の公式HPでは、正確な情報を把握することが難しく、実際に利用しなければわからないことが大半です。
このため、
「鹿児島から福岡まで出向いたところ、想定していたよりも条件が悪かった。しかし資金調達を急いでいること、交通費がかかっていることなどから、やむを得ず利用した」
といった失敗が少なくありません。
それを避けるためにも、鹿児島のファクタリング会社事情を踏まえて、ファクタリング会社を選ぶことが大切です(詳しくは後述)。

ファクタリング会社の選び方についての詳しい説明はこちら

悪質業者に要注意

 
鹿児島でファクタリングする際には、悪質業者に注意してください。

ファクタリングの悪質業者はヤミ金

 
日本でファクタリングが普及してきたのはここ数年のことです。
したがって、ファクタリング関連の法整備が進んでおらず、悪質業者が紛れ込みやすい状況となっています。
例えば、新規にファクタリング業を開業する際、登録や免許は一切不要です。
違法業者でも簡単に開業できるため、「ファクタリング業を装う違法な貸金業者」が増えています。
金融庁では、このような悪質業者をヤミ金と断定しています。
実際の被害事例をみると、超高金利での貸付けや違法な取り立てなど、ヤミ金そのものです。
ヤミ金を利用すれば、ファクタリングのメリットは一切享受できず、経営が悪化する可能性が高いです。
ファクタリングを活用するには、悪質業者を避けることが大前提となります。

鹿児島県庁も注意を喚起

 
鹿児島でも悪質業者の存在が確認されており、鹿児島県庁は以下のように注意を喚起しています。

新型コロナウイルスの影響等で生活が困窮している人を中心に,給与の買い取りなどをうたって金銭を貸し付け,手数料を請求する「給与ファクタリング」の利用が全国で増加しています。
利息制限法の上限を大きく超える年利数百%もの高額な手数料を請求されたり,自宅や勤務先で執拗な取り立てを受けたりする危険性があります。

出典:出典:鹿児島県庁HP「給与ファクタリング~新手のヤミ金に注意!」
給与ファクタリングは、悪質・違法なファクタリングの典型的なケースです。
2020年ごろ、給与ファクタリングの被害が急増しました。
鹿児島県庁の注意喚起が掲載されたのも2020年です。
金融庁や警視庁が給与ファクタリングを問題視し、厳しく取り締まった結果、ほとんどの給与ファクタリング業者が廃業しました。
とはいえ、ファクタリングを装う悪質業者がいなくなったわけではありません。
現在も、給与ファクタリングとは異なる形で違法行為を行っていると考えるべきでしょう。
鹿児島でも、過去に問題視された悪質業者が、引き続き違法行為を行っている可能性が高いです。
鹿児島でファクタリングする際には、悪質業者に注意してください。

ファクタリングのデメリットについての詳しい説明はこちら

株式会社No.1の特徴

手数料1%〜業界最低水準の手数料

 
ファクタリングの手数料相場は、「3社間ファクタリング」の場合1%〜5%、「2社間ファクタリング」の場合5%〜15%です。

手数料が原因で更に資金繰りが悪化してしまう場合もありますので、株式会社No.1ではお客様の資金繰り改善を第一に考えファクタリング業界最低水準の手数料でサービスを提供しております。

業界トップクラスのスピード調達が可能

資金調達は1分1秒の遅れも許されません。

万が一、取引先への支払いが遅れればお客様の信用を失ってしまいます。

株式会社No.1では、1分1秒でも早く資金調達が出来るようスピード審査、スピード調達ができるように対応致します。

お急ぎの方は是非、株式会社No.1にご相談ください。

他社からの乗り換えに特化したサービスがある

株式会社No.1は他社からの乗り換えに特化しております。

手数料の安さ、対応力で選ばれております。

もし、現在ご利用中のファクタリング会社にご満足されていない場合は是非、株式会社No.1にご相談ください。

ファクタリング手数料が安くなればなるほど資金繰りが改善する可能性が高くなります。

また、他社の手数料をご提示頂ければ、その手数料よりお安い手数料を提示させて頂きます。

建設業特化型のファクタリングサービスがある

弊社のお客様には、建設業を営んでいる経営者様が多いです。

その為、弊社の取組として建設業に特化したファクタリングサービスをご提供させて頂いております。

またキャッシュフロー改善のコンサルタントもいますので是非ご相談ください。

建設業界のことを熟知しているから的確なアドバイスができます。

鹿児島県で建設業を営まれている方は是非ご相談ください。

株式会社No.1の特徴についての詳しい説明はこちら

鹿児島県のファクタリング会社事情(ファクタリング会社の選び方)

鹿児島県の経営者様の大半が東京、大阪、福岡のファクタリング会社と契約を行なっております。

鹿児島県に拠点のあるファクタリング会社は多くはありません。

しかし、鹿児島県をサービス提供範囲にしているファクタリング会社は多数あります。

株式会社No.1もその中の1社です。
※株式会社No.1は鹿児島県と同じ九州の福岡県福岡市に支社があります。

ファクタリングは会社選びが非常に重要です。

手数料もそうですが、鹿児島県で東京、大阪、福岡のファクタリング会社を選ぶ場合、対面での面談、出張訪問をしてくれる会社を選んだ方が何かあったときの為にもお勧めです。

株式会社No.1は鹿児島県でも出張訪問が可能です。

お気軽にお問い合わせください。

下記が鹿児島県でファクタリング会社を選ぶポイントです。

ファクタリング手数料の安さ

ファクタリング手数料はファクタリング会社ごとに違います。
ファクタリングは融資ではないので利息制限法のように手数料の上限も定められていません。
ファクタリング会社ごとの基準で手数料が決定されます。
手数料が安いファクタリング会社もあれば手数料が高いファクタリング会社もあります。

一般的な相場は

3社間ファクタリング・・・1%〜5%
2社間ファクタリング・・・5%〜15%
このように大きな差があります。
もし、100万円の売掛債権(売掛金)をファクタリングした場合、1%違うだけで1万円、1000万円の売掛債権(売掛金)なら10万円の差がでます。
ファクタリング手数料は1%でも安いに越したことはありません。
ファクタリング手数料の安いファクタリング会社を探すには、各ファクタリング会社に問い合わせて見積りを取る必要があります。
A社は手数料30%でB社は手数料8%なんて話も珍しくありません。
また、株式会社No.1では、他社からのお見積りをご提示いただきますとその手数料よりお安く致します。
お気軽にお問い合わせください。

対応スピード(資金調達までの早さ)

ファクタリングをご利用されるお客様は早急な資金調達を必要とされているケースが多いです。
事業をされている以上、急な資金調達が必要になることは少なくはありません。
もし、現在ご利用中のファクタリング会社の対応が遅い場合、資金調達の遅れで買掛先や給料支払いが遅延してしまってはお客様の信用低下につながってしまいます。
対応スピードの早いファクタリング会社を選択することをお勧めします。
まずは、見積りを取ってファクタリング会社の対応スピードで判断しましょう。

以上が鹿児島県でファクタリング会社を選ぶ時のポイントです。

鹿児島県でファクタリング(資金調達)をご希望のお客様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

失敗しないファクタリング会社の選び方についての詳しい説明はこちら

鹿児島県のファクタリング事例

①鹿児島県で初めてのファクタリング 【運送業編】
鹿児島県鹿児島市で運送業を営んでいるA社長のファクタリング事例です。

【A社長の事業状況】

A社長は鹿児島県鹿児島市で運送業を営んでいます。
従業員数は10名程、車両数7~8台です。
創業16年の中堅企業です。
主要取引先企業(売掛先企業)は大手通販会社です。
定期的な車両整備や燃料費の高騰により、経費が多くかかっています。
税金は分納中です。

【資金調達が必要になった経緯】

主要取引先企業(売掛先企業)である大手通販会社から、運賃の値下げ要請が入りました。
多くの仕事の依頼をしてくれている会社ですので、断ったことによって今後の仕事に響いてしまうことは避けたいです。
A社長は渋々要請を受け入れることにしました。
ですが、運賃値下げ要請を受け入れたことをきっかけに資金繰りが不安定になってしまいました。
これまで何とか自己資金を使い、凌いできましたが限界が近づいてきました。
A社長は運転資金を確保しようと資金調達をすることに決めました。

【A社長がファクタリングを知った経緯】

A社長は最初に銀行融資を試みましたが、税金を分納中でしたので断られてしまいました。
A社長は税金を分納中でも資金調達が出来ないものかと思い「税金分納中 資金調達」というキーワードで検索したところ、ファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて詳しく調べてみると、
「取引先企業(売掛先企業)の信用度が重要なので銀行融資がNGだった方でも大丈夫」ということがわかりました。
大手通販会社と継続的な取引をしているA社長には、ベストな資金調達方法です。
A社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

大手通販会社から毎月継続的に1000万円の売掛債権(売掛金)が入金されます。

【A社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

A社長は「ファクタリング 運送業 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
A社長と同じ運送業のファクタリング事例が載っていたところに惹かれて頂き、お問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

午前中にお問い合わせを頂いたこともあり、午後には新幹線でA社長の元へ向かい面談をさせて頂きました。
A社長はファクタリングを初めてのご利用とのことでしたので丁寧にご説明させて頂きました。
取引先企業(売掛先企業)の信用度も高かったため審査はすぐに通りました。
A社長の希望により「二社間ファクタリング」債権譲渡登記留保の形でご契約させて頂きました。

以下がA社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 900万円
手数料 10%
調達までの期間 2日間

【A社長からのお声】

まさかこんなに早く運転資金を確保できるとは思いませんでした。
No,1さんのおかげで資金ショートに陥ることもなく、何とか経営を続けていけそうです。
また困った時があれば宜しくお願いします。

②鹿児島県で初めてのファクタリング事例 【建設業編】
鹿児島県南さつま市で建設業を営んでいるB社長のファクタリング事例です。

【B社長の事業状況】

B社長は鹿児島県南さつま市で建設業を営んでいます。
従業員数は20名程です。
大手建設会社の下請けをメインに仕事をしています。

【資金調達が必要になった経緯】

大きな現場を受注していたのですが急遽、工期の延長が決定したのです。
工期の延長が決定するということは、比例して入金も延長されます。
入金が遅れてしまえば、従業員への給料や外注費への支払いに響きます。
また、次の現場に必要な資金にも影響が出てしまいます。
B社長は早急に資金調達をしなければいけなくなりました。

【B社長がファクタリングを知った経緯】

B社長は、少しでも早く資金調達をしたいと思い「資金調達 早い」というキーワードで検索をしたところ、ファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて詳しく調べてみると、
「最短即日で資金調達が可能」ということがわかりました。
B社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

先月に工事が完了した分の売掛債権(売掛金)が1800万円あります。

【B社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

B社長は「鹿児島 ファクタリング」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。
弊社、株式会社No.1は九州の福岡県福岡市に支社がありますので近場且つ即日対応可能という部分に惹かれてお問い合わせを頂きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

B社長からお問い合わせを頂いた翌日に、早速会社の方へ訪問させて頂きました。
B社長はファクタリングのご利用が初めてとのことでしたので、丁寧にご説明させて頂きました。
取引先企業(売掛先企業)は大手企業で、信用度が非常に高い為、スムーズに契約を結ばせて頂きました。

以下がB社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 1500万円
手数料 8.8%
調達までの期間 3日間

【B社長からのお声】

おかげ様で無事、従業員への給料や外注費の支払いも遅れることなく支払えたので感謝しています。
次回の現場にかかる先出し分も支払えました。
今後は大きな入金がありますので、安定して経営していけそうです。
本当にありがとうございました。

③鹿児島県で初めてのファクタリング事例 【解体工事業編】
鹿児島県鹿児島市で解体工事業を営んでいるC社長のファクタリング事例です。

【C社長の事業状況】

C社長は鹿児島県鹿児島市で解体工事業を営んでいます。
創業2年、従業員数は3名です。
元請け会社からの受注をメインに仕事をしています。
今回、元請け会社から「アパート6棟を解体してほしい」という大きな依頼が入りました。
また解体後、すぐに建て替えの予定が入っているとのことです。
短期間で終わらすためにも、C社長は外注に頼むことにしました。

【資金調達が必要になった経緯】

短期間で終わらせるためにも、C社長は外注を頼むことにしました。
ですが、外注費用は半金は先払いです。
C社長は創業して間もないため、資金にはまだ余裕がありません。
C社長は外注費用を支払うために資金調達を行うことに決めました。

【C社長がファクタリングを知った経緯】

外注費用の半金を支払わないと仕事に取り掛かれないため、早急に資金調達をしなければいけませんでした。
ですが、銀行融資は審査に時間がかかってしまいます。
同業者の友人に相談をしてみたところ、ファクタリングの存在を教えてもらいました。
なんと、ファクタリングならその日の内に審査結果がわかるとのことでした。
C社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

先月に解体工事が完了した分の売掛債権(売掛金)が400万円程あります。

【C社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

「ファクタリング 即日対応可能 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせを頂いたその日の内に面談をさせて頂きました。
ファクタリングを初めてのご利用とのことでしたので、事細かく丁寧にご説明させて頂きました。
審査書類に不備もなく、継続してお取引をしている取引先企業(売掛先企業)でしたので、すぐに審査は通りました。

以下がC社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 400万円
手数料 9.4%
調達までの期間 2日間

【C社長からのお声】

迅速に対応をして頂いたおかげで無事に仕事も終わりました。
また資金繰り改善のコンサルティングもして頂けるとは知らなかったのでそこも有難かったです。
本当にありがとうございました。

④鹿児島県で他社ファクタリング会社から株式会社No.1への乗り換え事例
鹿児島県霧島市で食品製造業を営んでいるD社長のファクタリング会社乗り換え事例です。

【D社長の事業状況】

D社長は鹿児島県霧島市で食品製造業を営んでいます。
創業13年、従業員数は30名程です。
今回、主要取引先企業から大量注文がありました。

【現在ご利用中のファクタリング会社】

食品製造業は品質管理、衛生管理を徹底的に行わないといけません。
異物混入などが起きてしまえば経営に大打撃を与えてしまいます。
そのため管理体制にかけるコストは高くかかります。
つまり大量注文が入っても、日々のコストや設備投資が多いために資金ショートに陥ってしまうことが多いのです。
そのためD社長は資金ショートを避けるためにファクタリングを利用し始めたのです。
東京のファクタリング会社と「二社間ファクタリング」「債権譲渡登記あり」の手数料25%で契約を結びました。

また、契約の際に債権譲渡登記の詳しい説明を受けていませんでした。
二社間ファクタリングなら、取引先企業(売掛先企業)が関与しないので債権譲渡登記を設定しても特に問題はないだろうと思っていたのです。
また、手数料の点も気になってはいましたが、早急に資金調達が出来ることを考えればしょうがないと感じていました。

【D社長がファクタリング会社を乗り換えようと思った経緯】

D社長は空き時間にファクタリングについて調べていました。
すると、債権譲渡登記を留保して契約をすることが出来ること、手数料が抑えられる可能性があることがわかりました。
債権譲渡登記を留保、尚且つ手数料も抑えられるのはメリットしかありません。
D社長は、ファクタリング会社を乗り換えようと決めました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

主要取引先企業から毎月まとまった注文が来ていました。
金額は多少変動しますが、平均で2400万円前後です。

【D社長が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

D社長は「ファクタリング 乗り換え 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。

【お問い合わせから乗り換えまで】

D社長からお問い合わせを頂き、早速面談をさせて頂きました。
現在ご利用中のファクタリング会社の契約内容や、不満点をヒアリングした上でお見積りを提出させて頂きました。
ヒアリングをしている際に、D社長はファクタリング手数料以外の出張費用や事務手数料もお支払いしていることがわかりました。
弊社、株式会社No.1ではファクタリング手数料以外の手数料は頂いておりません。
D社長はそのことに大変驚き、少しでも安くなるのならと弊社へお乗り換えをすることに決めて頂きました。

以下がD社長の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
債権譲渡登記 留保
買取金額 1280万円
手数料 11%
調達までの期間 5日間

【D社長からのお声】

今までファクタリングの知識がなかったので、No,1さんに丁寧に説明して貰えて知識がつきました。
債権譲渡登記留保でこんなに手数料が安くなるとは想像していなかったので驚きました。
本当にありがとうございました。

⑤鹿児島県で個人事業主様のファクタリング事例
鹿児島県鹿児島市で個人事業主として内装工事業を営んでいるE様のファクタリング事例です。

【E様の事業状況】

E様は鹿児島県鹿児島市で個人事業主として内装工事業を営んでいます。
創業3年、従業員数は6名です。
小規模ではありますが、地域密着型の経営をしており定期的に仕事が入ります。
近所の建設会社の下請け業務をメインに仕事をしています。

【資金調達が必要になった経緯】

取引先企業(売掛先企業)から入金ズレが発生しました。
ですが、従業員への給料はいつも通り支払わなければいけません。
支払いが遅れてしまえば、E様の信用は落ち、離職の原因にもなりかねません。
E様は早急に資金を調達しなければいけなくなりました。

【E様がファクタリングを知った経緯】

E様は「資金調達 個人事業主」というキーワードで検索をしたところ、ファクタリングの存在を知りました。
聞き慣れない言葉でしたが、詳しく調べてみるとファクタリングは、数ある資金調達方法の中でも最もスピーディーに資金調達が可能ということがわかりました。

【売掛債権(売掛金)の詳細】

主要取引先企業(売掛先企業)から毎月まとまった仕事の依頼が来ていました。
金額は多少変動しますが、平均で450万円前後です。

【E様が株式会社No.1のファクタリングを知った経緯】

「ファクタリング 個人事業主 鹿児島」というキーワードで検索したところ、弊社、株式会社No.1のホームページにたどり着きました。

【お問い合わせから資金調達まで】

お問い合わせをして頂いたその日の内に、訪問させて頂きました。
E様はファクタリングを初めてご利用とのことでしたので、事細かく丁寧にご説明させて頂きました。
E様の取引先企業(売掛先企業)は地元でとても評判がよく、信用度が高かったため、すぐに審査は通りました。

以下がE様の契約内容です。

契約形態 二社間ファクタリング
買取金額 200万円
手数料 12%
調達までの期間 2日間

【E様からのお声】

法人成りしていないため、審査に通るか不安でしたがすぐに通り驚きました。
遅れることなく、従業員への給料を支払えてほっとしています。
本当にありがとうございました。

鹿児島県でファクタリングは株式会社No.1にお任せください

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

株式会社No.1では鹿児島県のお客様にご満足いただけるサービスをご提供する為に全力を尽くします。

ご満足いただけるサービスとは「親切丁寧対応」「スピード対応」「資金繰りの改善」だと考えます。

鹿児島県でファクタリングをご検討中の経営者様は是非、株式会社No.1にお問い合わせください。

ご訪問させて頂いてのご相談も可能です。


総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top