No.1のファクタリング~資金調達ブログ~

月次アーカイブ:1月2019

ファクタリングの制約|債権譲渡禁止特約の解除について ファクタリングについては売掛金があれば利用できると考えられています。 確かに売掛金を持っていれば、創業間もない企業であったとしてもファクタリングは利用可能です。 しかしすべての売掛金がファクタリングに利用できるわけではありません。 実は債権譲渡禁止特約というものがついているものもあるのです。 仮に売掛金に債権譲渡禁止特約が付いている場合には、原... 続きを読む

取引先はファクタリングを嫌がるものなのか? 資金調達法としてファクタリングが確立されてきましたが、気になることとして「取引先の感情」があるでしょう。 ファクタリングを利用すると取引先は嫌がらないの? ファクタリングを利用したことで取引量を減らされてしまわないの? 確かにファクタリングを利用するということは、資金がショートしているということを知られてしまうことになりますよね。 あなたは資金繰りが悪化... 続きを読む

ファクタリングで利益率アップ? 今回はファクタリングを利用して利益率が上がった事例をご紹介します。 つなぎ資金の調達方法として利用されがちなファクタリングですが、利益率を上げるためにも十分活用できます。 資金問題にばかりに頭をとられ利益率アップ等の経営改善にはなかなか頭が回らないです。 この機会に考え直してみてはいかがでしょうか。 利益率を上げる方法 利益率とは売上から売上原価を引いた利益の割合の... 続きを読む

ファクタリングの審査に落ちてしまう原因3つ! 資金調達を行う時には焦りもあるでしょう。 しかし焦っていてはファクタリングの審査に落ちてしまうこともあります。 審査を突破するためにも冷静にならなければなりません。 そこで今回注目してみたのがファクタリングの審査に落ちてしまう原因です。 ファクタリングは企業の資金調達法として人気が高まっています。 実際に利用している企業も増えているのですが、その反面、... 続きを読む

IT業界の契約形態の変化にみるソフトウェア会社の資金調達 これまで、多くのソフトウェア会社はクライアント企業などからソフトウェア開発を受託する「受託開発」を標榜しつつも、自社の技術者を一般企業や他のソフトウェア会社に派遣する「特定派遣」や成果物責任を負わない「準委任契約」で業務を行っていたのではないでしょうか。 これらの契約は両者とも自社の製造物、成果物に責任を負わなくとも技術者さえいれば依頼元企... 続きを読む

そのファクタリング業者は大丈夫?法的観点でみたファクタリング会社選定のポイント 銀行や信用金庫、ノンバンクや消費者金融など世の中にある金融機関は国が定めた法律によって規制を受けています。 その中でもノンバンクや消費者金融など第三者に資金を融資することを業務としている企業は「貸金業法」によって規制を受けています。 しかしファクタリング会社はどうでしょうか。 一見すると資金を融通する訳ですから貸金業の... 続きを読む

ファクタリングには4つの種類がある ファクタリングにはいくつかの種類があり、会社の性質や売掛債権の性格によって使えるものと使えないものがあります。 今回は、一般的なファクタリングとしてよく知られている4種類のファクタリングについてご紹介します。 ファクタリングの種類① 一括ファクタリング 一般的に、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングと呼ばれる手法は、一括ファクタリングの事を指します。 つま... 続きを読む

ファクタリング会社はどのように利益を上げているのか? 売掛債権を早期に現金化するファクタリングという手法を用いて、ファクタリング会社はどのように利益を上げているのでしょうか。 ファクタリング会社も資本主義の元に会社を経営している以上、利益を上げなければ存続していくことは出来ません。 ファクタリングの仕組みを理解するためにも、ぜひファクタリング会社が何をしているのか、何を考えているのかを整理してみま... 続きを読む

ファクタリングに利用できない売掛債権はあるか? ファクタリングは売掛債権の取引になりますが、果たしてファクタリングに利用できない売掛債権というものは存在するのでしょうか。 ファクタリング会社は、一般的に現金化出来ない売掛債権は取引対象とはしていません。 果たしてどういった点を確認していくことで、確実にファクタリングが出来る売掛債権を見分けることが出来るのか考えてみましょう。 1.ファクタリング会社... 続きを読む

手形割引とファクタリングを比較その4|審査難易度の違い 資金調達をするためには、審査を突破しなければならないものがほとんどです。 融資であれば必ず審査を受けることになりますよね。 業者側の基準をクリアしなければなりません。 今回は手形を担保に入れた実質的な融資である「手形割引」と売掛金の売却である「ファクタリング」の審査難易度を比較してみます。 どちらのほうが審査難易度は高いのでしょうか? 少しで... 続きを読む
12
電話番号 03-5956-3670 / FAX 03-5956-3671
営業時間 9:00~20:00
メール・FAXは24時間可能受付です。
Copyright c 株式会社No.1, All Rights Reserved.

;