No.1のファクタリング~資金調達ブログ~

月次アーカイブ:1月2019

売掛金の回収方法とは? ファクタリングを利用すれば売掛金は回収する必要がなくなります。 ファクタリングとは売掛金を売却するもので、回収をするのはファクタリング業者になるのです。 回収業務が面倒、というかたにもファクタリングは適しています。 もちろん売掛金のすべてをファクタリングで対応するわけにはいきませんよね。 実際に保有している売掛金の入金が遅れている会社もあるでしょう。 こちらでは売掛金の回収... 続きを読む

ファクタリングは本当に与信に関係しないのか? 「取引先に請求した債権をファクタリング業者に売り渡す」ことは、「取引先からの信用を落とすのではないか」「資金繰りに困っているとみられ、これからの仕事に影響するのではないか」とファクタリングを初めて利用する会社の経営者なら誰でも考えてしまうことです。 しかしファクタリングを利用する以上にそれ以外の支払いを遅らせてしまう方が自社の信用(与信)を低下させてし... 続きを読む

ファクタリング会社乗り換えキャンペーンのお知らせ 拝啓 貴社、益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 突然ではありますが現在、他のファクタリング会社をご利用中の方で実際に資金調達の際に手数料や対応にご不満を抱えておられたり、キャッシュフローの改善がなされていなかったりしていませんでしょうか? そのような方は是非、一度弊社にお電話ください。 簡単なヒヤリングによる受付でスピーディに対応させていただき... 続きを読む

調剤薬局におけるファクタリング利用 医薬分業化により、急速にその件数が増加した調剤薬局ですが、厚生労働省が2年ごとに実施している診療報酬の改定や制度の改正などによって、常に変化の波にさらされてきました。 これによって、調剤薬局は調剤報酬による収益が変化するだけでなく薬局の経営基盤、特に資金繰りが深刻な問題となっているのではないでしょうか。 また、近年厚生労働省が打ち出した「患者のための薬局ビジョン... 続きを読む

介護福祉事業者にむけたファクタリング いまの日本はまさしく高齢化社会です。 そして介護者離職や独居老人の孤独死などの社会問題も少なからず報道されています。 このような社会の中で介護事業者は、もはやなくてはならない存在といっても過言ではないでしょう。 しかし介護老人保健施設やデイケアセンターなどの介護福祉施設のほとんどは、国や自治体ではなく医療法人や社会福祉法人などの介護福祉事業者の手によって運営さ... 続きを読む

ファクタリングの準備|売上債権回転率をチェックしよう ファクタリングを利用する前には、まず分析をしなければなりません。 分析をすることで、ファクタリングが自社にとって資金繰りを改善するために本当に必要なのかを確かめられるのです。 その分析方法の一つとして注目しなければならないのが、「売上債権回転率」です。 売上債権回転率を知ることができれば、売掛金や受取手形などの売上債権の回収がうまくいっているの... 続きを読む

ファクタリングの準備|売上債権回転期間をチェックしよう ファクタリングに大きく関わってくるのが売掛金です。 売掛金の入金が安定して行われているのであれば、資金繰りの悪化は起こりにくいでしょう。 しかし売掛金の入金が滞るようなことがあると、資金繰り計画が狂ってしまいます。 取引先の資金繰りが悪化してしまえば、売掛金が計画的に入金されないことも十分に考えられるわけです。 リスクを少しでも回避するために... 続きを読む

鍼灸整骨院の安定経営のための資金繰り 専門学校などの養成機関を卒業・修了し、鍼灸師や柔道整復師としていずれは独立開業を目指す人も多いのではないでしょうか。 しかしいくら国家資格とはいえ資格を取っただけですぐに開業できるわけではありません。 多くの人は資格取得後、他の治療院に勤務して実務経験を積みながら開業資金をためて独立開業するのが一般的です。 そして開業費用自体はクリニックや歯科医院などと比べて... 続きを読む

経済のグローバル化は止められない 経済的なテーマの中でも極めて重要なのが「経済のグローバル化」です。 経済のグローバル化は止められる 経済のグローバル化は止められない 以上の2つの意見があり、実際に難しいところもあります。 最初に結論を言えば、経済のグローバル化は長い目で見ると絶対に止められません。 経済のグローバル化はなるべくしてなっている状態なのです。 止めようとしても止まるはずがありません。... 続きを読む

ファクタリングの利用が向く業種、向かない業種 ファクタリングは、自社が取引先に請求した売掛債権を、ファクタリング業者という第三者に売却することで本来の期日より早めに現金にする資金調達方法です。 ですから、いわゆる請求書払となる掛売りがどのぐらいあるかどうかが、ファクタリングが有効な資金調達方法になるかどうかのポイントとなるのです。 それではさまざまな業種ごとにファクタリングが有効となるかどうかを見... 続きを読む
電話番号 03-5956-3670 / FAX 03-5956-3671
営業時間 9:00~20:00
メール・FAXは24時間可能受付です。
Copyright c 株式会社No.1, All Rights Reserved.

;