株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > 売掛債権担保融資とファクタリングの違いは何?

カテゴリー: ファクタリングについて

売掛債権担保融資とファクタリングの違いは何?

売掛債権担保融資とファクタリングの違いは何?

取引先からまだ入金されていない請求書、売掛債権を現金化して資金調達することは近年企業の資金調達として注目を集めている方法です。

しかしながら、このように請求書を現金化して資金調達を行うという意味では流動性担保融資(ABL)もファクタリングも確かに同じかもしれません。

ただそれらは債権の買取りなのか、融資なのかで本質的に全く異なるものなのです。

ではそれぞれどのように異なるのか見ていきましょう。

ファクタリングは売掛債権そのものを売却する売買取引

ファクタリングは、取引先からまだ入金されていない請求書などの売掛債権を、ファクタリング業者に手数料を支払って売却する「売買取引」です。

つまりあくまで請求書などの売掛債権を売るわけですから融資ではなく、会計上も借入金(負債)として計上する必要がありません。

またファクタリング会社の審査はありますが、現金化できるまでの期間は数日程度とかなり短いのが特徴です。

また最近では即日現金化することを標榜するファクタリング会社も複数あり、ファクタリング業者を訪問することや電話での対応も不要な「Web完結型ファクタリング」も現れています。

また経済産業省などの行政も企業の資金調達の新しい方法として支持を表明しており今後ますます利用が増加する資金調達方法なのです。

売掛債権担保融資(ABL)は債権を担保にした融資

ファクタリングはファクタリング業者に売掛債権を売却するものですが、売掛債権担保融資(ABL)は、請求書などの売掛債権を担保に銀行などの金融機関から融資を受けるものです。

ですから会計上は借入金(負債)であり、利息も発生します。

また担保とした段階でこの売掛債権の所有権は金融機関などに移ることになり、勝手にファクタリングなどで現金化はできないものとなります。

また定期的に残高を金融機関に報告する義務があり「自分の手元にあっても他人の財産である」ということになるのです。

またファクタリング取引と異なり、売掛債権が担保になっているだけで審査などは通常の銀行融資と変わらないのが現実です。

ですから早期に資金調達を行いたい場合には、手数料や融資の返済期間にもよりますがファクタリングの方がいいと考えられます。

また信用保証協会も売掛債権担保融資(ABL)に対する保証業務を行なっています。

こちらも審査に時間はかかりますが、銀行などの金融機関のプロパー融資と比べて、金融機関側のリスクも低く、比較的融資が実行されやすいようです。

そのような中で徐々に資金調達方法として注目を集めているのです。

まとめ

ファクタリングにしても売掛債権担保融資(ABL)でも請求書などの売掛債権を活用して行う資金調達であることに違いはありません。

この両者の違いをきっちり理解して正しい資金調達を行うことをおすすめします。