DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング ・ 未分類

ファクタリングの審査通過率が高い会社の選び方!審査通過率が高いケースを知っておこう

資金調達を考えた場合、みなさまが選んだその資金調達の審査通過率を考慮した判断が重要になります。

審査通過率が低ければ、審査に落ちてしまった場合の代替手段を考えなければなりません。代替手段と言ってもすぐに見つかりません。急な資金需要の場合、「最後の手段」として消費者金融やもっと危険なヤミ金融などを頼ってしまいかねません。

最初から審査通過率が高いことを知っていれば、「最後の手段」を考えずに済むかもしれません。

資金調達の手段として、まず融資が思い浮かびますが、融資の審査通過率が高いとは言えません。「プランB」を考えておかないと、資金調達に失敗した場合に経営が追い込まれてしまいます。

なるべくそうした事態を避けるためには、ぜひファクタリングを考えてみてください。ファクタリングの審査通過率は融資よりも高いので、代替手段を考えずに済むかもしれません。

自社の経営が資金繰りで追い込まれないためにも、確実な資金調達、審査通過率が高い資金調達をぜひ知ってください。それがファクタリングになります。

ファクタリングの審査通過率はこんなに高い!

ファクタリングは自社が有する売掛債権(売掛金)の有償譲渡です。債権を売ることで資金調達を行います。

ファクタリングの審査通過率は70%~80%だと言われています。後述のようにファクタリングの内容や、依頼するファクタリング会社次第ということもありますが、この数字を覚えておいてください。

ちなみに融資の審査通過率は50%~60%だと言われています。かなりの確率で審査に落ちます。審査に落ちれば資金調達ができなくなります。

ファクタリングならば審査に落ちる可能性は融資の半分程度になります。さらに、後述のファクタリングに通りやすいポイントを押さえれば、審査に落ちた場合の代替案を考えずに済むかもしれません。

本当に資金調達を確実に成功させたい場合は、融資ではなくファクタリングを考えるべきでしょう。

目指す審査通過率は80%超ですが、大手で評判の良いファクタリング会社の場合、審査通過率が90%を超え95%前後というところもあります。

ファクタリングの審査通過率が高い理由はその審査基準にあり

ファクタリングの方が融資よりも審査通過率が高いのは、必ずしも甘い、いい加減な審査をしているわけではありません。ファクタリングと融資では、審査の基準や審査項目が異なるからなのです。

下記がファクタリングと融資の審査について比較したものです。両者を見比べてみましょう。

ファクタリングの審査基準 融資の審査基準
売掛先の信用力を重視する
財務内容はあまり問われない(まったくではない)
決算が悪くても信頼できる売掛債権(売掛金)があれば可能
信用情報照会がない(信用情報照会ブラックでもOK)
消費者金融からの借入があってもOK
申請者の信用力を重視する
財務内容重視、既存借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
信用情報照会で厳しくチェック
消費者金融からの借入があると厳しい
信用情報照会ブラックは大幅減点

特に大きな違いは、ファクタリングは売掛先の信用重視ですが、融資は依頼人の信用重視になります。これは、ファクタリングは売掛先から回収するのに対して、融資は借入人(依頼人)が返済するからです。

この違いが、審査のスピードや審査通過率に大きく影響します。

ファクタリングの審査通過率が高いのは審査方法にも理由がある

ファクタリングの審査通過率が高いのは、審査基準だけではなく、審査方法にも理由があります。もう少しファクタリング審査のポイントについてみていきましょう。

まず、ファクタリング審査のポイントは以下になります。

  • 売掛先の信用力をより重視
  • 信用情報照会がない、信用情報ブラックもOK
  • 申込人の信用力もまったく評価されないわけではない
  • AIなどコンピューターによる審査が進む
  • 「総量規制」やビジネスローンの「上限1000万円」がない
  • 3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングより審査が緩い

ファクタリングの審査基準は、融資と比べて「自由」です。それは銀行法や貸金業法に縛られている融資と異なり、ファクタリングは当事者間の自由な意思に基づく契約だからです。民法上の契約行為なので、法律による縛りはかなり抑え目になっています。

それぞれについてみてみましょう。

売掛先の信用力を重視

融資はお金を借りた人が毎月一定額を返済することを重視します。お金を返せる余力がないと、金融機関としてもお金を貸せません。

そのため、信用情報照会などで過去の借入の返済ぶりを確認し、本当に返してくれそうな人か確認します。

しかしファクタリングは、そうではなく、売掛債権(売掛金)の回収日に売掛先からしっかり入金してもらえるかどうかが最重要事項になります。

回収した売掛金をファクタリング会社に一括返済するので、返済が滞ることはありません。そうではなく、売掛先から絶対に期日通り回収できることが重視されます。そのため、売掛先に高い信用があることが前提になります。

高い信用があるのは大企業、行政機関などであり、どこのだれかわからない個人が売掛先の場合は、審査通過率が低くなってしまいます。

大企業、行政機関ならば期日に売掛債権(売掛金)を回収できないことはあり得ず、請求書が本物ならば確実に返済できます。

そのため、融資では依頼人の信用力を重視しますが、ファクタリングの場合売掛先の信用力を重視し、それが万全ならば審査通過率は極めて高くなります。

信用情報照会がない

融資は法律で信用情報照会について義務となっていますが、ファクタリングの場合、信用情報照会がありません。そもそもファクタリング会社が信用情報機関に問い合わせても、申込人の信用情報を知ることはできません。

そのため、信用情報照会のステップがないので、審査が早く、緩くなるように感じます。過去に返済遅延などを起こした「信用情報ブラック」の方も、ファクタリング審査では無関係なので、結果として審査通過率が高い結果になります。

融資では弾かれる信用情報ブラックの方も審査に影響しないので、高い審査通過率になるのです。

申込人の信用力もまったく評価されないわけではない

もちろん、申込人の信用も全く評価されないわけではありません。反社会的勢力の人間だとわかればファクタリング会社も契約を拒否します。

逆に非常に優れた人格や何か受賞歴、表彰歴があるなど、その人の社会的信用が高く、そうした人と取引している売掛先ならば大丈夫そう、ということになれば、審査通過率の高い状況になります。

ファクタリングでも面談があるので、そこで真摯な姿勢を見せることが何より重要です。審査通過率が高い人は、その対応も丁寧で人となりを評価されます。

AIなどコンピューターによる審査が進む

ファクタリングの分野は融資に先駆けてAI審査が進んでいます。AIだから審査が緩い、甘いということではなく、審査スタッフの主観が入り込む余地が少なくなるため、公平な審査が行われます。

そのため、迅速な資金調達を目指している方も「急いでいる=お金がない=審査を厳しくしよう」とはならず、同じ評価基準で審査されます。

結果的に悪い事情もあまり考慮されなくなるため、高い審査通過率になります。

「総量規制」やビジネスローンの1000万円上限がない

ノンバンク(消費者金融)にも、迅速な資金調達ができる事業者向け融資「ビジネスローン」というものがあります。

しかし、ビジネスローンは「消費者金融からの借入」であり、融資である以上信用情報に「消費者金融からの借入歴」が記載されます。その結果、以後融資を受ける際には「消費者金融からの借入歴」がネックになります。大きなマイナス評価になり、金融機関によってはその時点で無条件にNGということもあります。

また、ビジネスローンの場合、上限が1000万円という制限があるため、必要額を調達できない可能性があります。満額1000万円希望した場合「事情があるのでは?」と邪推され、審査が厳しくなる=審査通過率が下がる可能性も否定できません。

ビジネスローン以外の消費者金融からの融資の場合、年収の3分の1までしか借りられない「総量規制」もあります。事業者の年収算定はなかなか大変ですが、結果、審査が厳しくなることもあり得ます。

ファクタリングならばそうした消費者金融が持つネガティブな側面がないため、審査通過率についても余計な事情を勘案せず判断され、高い審査通過率につながります。

3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングより審査が緩い

高い審査通過率にするためには、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングを選びましょう。

2社間ファクタリングの場合、売掛先→事業主様(申込人)→ファクタリング会社というお金の流れであり、そこで返済遅延や返済不能になるリスクがあります。申込人がお金を使い込んで、売掛債権(売掛金)を回収してもファクタリング会社に返済せず逃げてしまうリスクがあります。

しかし、3社間ファクタリングならば売掛先→ファクタリング会社というお金の流れになるので、ファクタリング会社が直接売掛先から売掛債権(売掛金)を回収できます。

貸し倒れになるリスクが下がるため、3社間ファクタリングの方が手数料も低く、審査通過率が高くなります。

2度手間になるより、直接回収できる契約を結べるので、3社間ファクタリングの方がファクタリング会社のリスクが下がります。売掛先の信用が確実なら、回収漏れはあり得ないので、そうした売掛先への請求書については、審査通過率が高いのは当然です。

大企業や行政機関から直接回収する3社間ファクタリングを締結できれば、申込人について多少問題がある人でもあまり関係ないのです。したがって、審査通過率が高いのは3社間ファクタリングになります。

必要書類は融資と比べて少ないことが高い審査通過率につながるかも

ファクタリング審査に必要な書類は融資の申し込みに必要な書類と異なります。両者を比較してみましょう。

ファクタリングの審査に必要な書類 融資の審査に必要な書類
売掛金の請求書
(例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
売掛金が発生する旨の契約書
確定申告書、決算書(それほど重視しない)
本人確認書類(身分証明書)
銀行の通帳(売掛金の入金確認のため)
商業登記簿謄本(法人のみ)
決算書(2期分)
試算表
資金繰り表(共通)
事業計画書
銀行取引一覧表
納税証明書
商業登記簿謄本(法人の場合)
本人確認書類(個人の場合)

ファクタリングの必要な書類は、「売掛債権(売掛金)の証明(請求書)」と「売掛債権(売掛金)が定期的に振り込まれている証明(通帳)」がメインになります。

架空の請求先であることを防ぐため、定期的に振り込まれていることを示さなければなりません。したがって、いくら売掛先が大企業や行政機関でも、初めての請求書の場合、買い取りできないか、審査通過率が低くなる可能性があります。

逆に聞いたことがない中小企業、あるいは個人が売掛先の場合でも、数年にわたって毎月決まった日(末日など)に売掛債権(売掛金)の入金が確認できれば、継続して取引している信頼できる相手ということになり、高いファクタリングの審査通過率になります。

審査通過率が高いのは売掛先の信用度が第一であり、売掛契約した入金日に確実に振り込まれることが確認できれば可能です。

<h3>審査通過率が高いファクタリング会社の選び方

以上を踏まえて、審査通過率が高いファクタリング会社はどのように選べばよいのでしょうか?

まず、ファクタリング会社のHPを見て審査通過率が高いかどうか調べます。ここで「90%超」などと謳っているファクタリング会社があれば候補にします。

しかし、審査通過率と手数料が「トレードオフ」になっている可能性もあります。高い審査通過率はファクタリング会社のリスクでもあり、それをカバーするためにファクタリング手数料を高い率にしているかもしれません。

みなさまが買い取りを希望する売掛債権(売掛金)の宛名(売掛先)が大企業や行政機関であれば、社会的信用度が高いので、審査通過率よりも手数料を重視しましょう。

そうでない場合は、審査通過率と手数料を天秤にとることになりますが、2社間ファクタリングは20%以下、3社間ファクタリングは1桁%という適正な手数料率を上回って契約するのは危険です。

・審査通過率80%超
・ファクタリング手数料 2社間ファクタリング:20%以下 3社間ファクタリング:1桁%

この条件を満たすファクタリング会社の中で、ご自身の希望に沿った提案をしてくれるファクタリング会社を選びましょう。審査通過率が高い最低条件がこれになります。

審査追加率が高いファクタリング会社は株式会社No.1!ぜひNo.1までお問い合わせを!

ファクタリングの審査通過率が高いのは、融資と審査条件が異なるからです。その中でも、売掛先の信用度や3社間ファクタリングを選ぶこと、金額を低くすることなどがより審査を易しくし、審査通過率を高い状態にします。

また、ファクタリング会社として、審査通過率が高い会社、審査通過率が低い会社というものがあり、なるべく審査通過率が高い会社を選びましょう。通常では審査通過率が低くなりがちな条件のファクタリングでも、審査通過率にプラス補正があるはずです。

「株式会社No.1」は審査通過率が90%超のファクタリング会社です。審査通過率が高い理由は、信頼と実績があり、的確にファクタリングの可否を判断していること、長年のノウハウで経営コンサルティング的なことも行い、確実に事業主様が返済できる売掛債権(売掛金)についてアドバイスできるからです。

もちろん、株式会社No.1がある程度のリスクを引き受けていることも審査通過率が高い理由に挙げられます。

審査通過率が高いことで、あらかじめ資金調達のめどがつきます。審査に落ちた場合のプランBを考えずに済むのは大きなメリットです。

ぜひ審査通過率が高いファクタリングのポイントを押さえて、確実な資金調達につなげてください。

ぜひ一度、株式会社No.1までお問い合わせください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top