ファクタリングと割引手形は何が違うのか

ファクタリングと割引手形は何が違うのか

ファクタリングとは、売掛債権に対して手数料やリスクテイキングのための料金を割り引いて、早期に現金化する手法です。

このように聞くと、「割引手形とはどのような違いがあるのだろうか?」と思う人もいるのではないでしょうか。

事実、割引手形以外にも売掛債権を早期に現金化する手法は有るため、ファクタリングとの違いがよくわからず、今までの手法をそのまま利用してしまうことも多いと思います。

今回は、そうした混乱を避けるために、ファクタリングと割引手形の違いについてみていきましょう。

1.割引手形についてのおさらい

割引手形とは、基本的に取引が発生した際に生まれる約束手形や受取手形という売掛債権を、金融機関などに支払期日前に買い取ってもらい、現金化する手段といえます。

都市銀行や信用金庫などの一般的な金融機関を利用できるため、お互いに信用し合ったもの同士の取引であり、非常に活発に行われています。

とはいえ、最近では支払期日の短い取引も増えてきているため、割引手形を使う機会は少なくなってきているかもしれません。

2.ファクタリングと割引手形の違い① 審査の質

それでは、ファクタリングと割引手形の違いについて確認していきましょう。

まず、ファクタリングと割引手形の違いとして最も大きいのは審査の質です。

基本的にファクタリングの場合、審査をする対象は売掛先企業といえます。

なぜなら、売掛金が入ってこなければファクタリング会社は、ファクタリングしたいと考えている会社にお金を払うだけとなってしまうためです。

一方で、割引手形の場合、「不渡り買戻し」という仕組みがあるため、手形を持ってきた人や会社組織自身の審査もしっかり行います。

「業況」「担保の質」などもしっかり見てくるため、ある程度金融機関などとの取引が太い安定した企業であればすぐに現金化出来ますが、まだまだ信用が弱かったり、経営不振によってキャッシュフローが悪化したりしていた場合、割引を断られてしまう可能性も十分にあるのです。

3.ファクタリングと割引手形の違い② リスクテイキング

先ほど「不渡り買戻し」という言葉が出てきました。

一般的に、割引手形の場合、売掛先企業が手形の支払期日前に倒産してしまった場合、不渡り手形を買い戻す必要があるという仕組みがあるのです。

一方で、ファクタリングの場合、売掛債権の売買取引となっているため、売掛先企業が倒産した場合でも、責任はファクタリング会社が負うことになります。

つまり、売掛先企業の経営問題という手形最大のリスクをファクタリング会社に背負わせることが出来るのです。

手数料などで3社間取引の場合1%~5%程度、2者間取引の場合10%~20%程度回収金は少なくなりますが、それでも未収金となるよりましとばかりに、ファクタリングを行う企業も少なくないのは、これが理由といえるでしょう。

4.ファクタリングと割引手形の違い③ 手数料

ファクタリングと割引手形の違いについて、最も意識しておきたいのはやはり手数料の大きさでしょう。

割引手形では、多くの場合、都市銀行や地方銀行で2~3%、信用金庫や信用組合で3~5%程度と非常に安価です。

これは、基本的に、「不渡り買戻し」という仕組みがあり、金融機関が不渡りリスクを考えずに済むため、早期現金化による手数料だけがかかっていると考えられます。

一方でファクタリングの場合、特に2社間ファクタリングでは、10~20%程度かかってしまうのが現状です。

これは、売掛先企業の倒産リスクに関わる金額も含まれた手数料だからといえるでしょう。

リスクテイキングは出来ますが、確実に回収できるお金は目減りしてしまうというのが、ファクタリングといえるかもしれません。

まとめ

ファクタリングと割引手形の違いは、まさに仕組みや性格そのものの違いといえるでしょう。

ファクタリングと割引手形の特徴をしっかり意識しながら、資金調達手段としてどちらも使えるようにしておくことで、より柔軟で安定した経営を進めていけることになるのです。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら