DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングが人件費調達におすすめできる理由!急な人件費調達を要する業種ごとに解説します

事業活動を行う場合、事前にある程度予想できる資金使途であれば、借入やキャッシュフローを潤沢にすることによって対応できます。

しかし、突発的な予期しない資金使途、あるいはいきなり大型の案件が舞い込んできて、先払いする必要があるなど、数日、一週間で資金調達しなければならないことがあります。

大型案件を見送ってしまうと今後の経営に差し障ります。せっかくのチャンスをみすみす見逃すことになってしまうため、急な資金調達をしてでも仕事を受けたいものです。

急な資金調達として特に必要になるのが人件費です。なぜ人件費の迅速な調達が必要なのか、またそのためにファクタリングが有効なのか、今回説明していきます。

もし、人件費の迅速な調達が必要な業種、業界の方がいれば、ぜひファクタリング利用を検討してみてください。

迅速な人件費調達が必要な業種とその理由

資金調達計画を立てて、余裕をもって進められる業種も多いのですが、以下に挙げる各業種は急に多額の人件費を調達する必要があります。融資などで調達できれば良いのですが、なかなか難しいです。数週間、1か月単位の時間が必要だと、迅速な人件費の調達ができません。

特に

  1. 運送業
  2. 建設業
  3. 飲食店(サービス業)

については迅速な調達が必要な場合があり、その選択肢としてファクタリングが有効な場合があります。

運送業の人件費の迅速な調達が必要な理由

運送業はAmazonなど宅配サービスの広がりによって仕事は増えましたが、ドライバーが増えておらず、その結果激務となり、人が減り(辞めてしまい)通販などが配達できないという大問題が起きました。

仕事内容と給料が見合わないので、それを解消するためにドライバーの人件費を大きく上げ、人材確保を図りました。

人件費の引き上げは経営を圧迫し、かつ、価格に転嫁できず、特にAmazonの「デリバリープロバイダ」など中小の運送事業者の収益や資金繰りを圧迫します。

運送費がAmazonや楽天などから支払われる場合、そのサイトが長く、ドライバーへ給料を払えなくなってしまいます。

あるいは、引っ越しを行う運送業の場合、繁閑期の差がありすぎます。繁忙期にはアルバイトを大量採用しますが、トラックを一時的に借りることはできず、閑散期には使わないトラックも維持コストがかかります。

閑散期にも維持コストがかかりますが、閑散期には現金収入がなく、キャッシュフローが回らなくなる恐れがあります。

建設業の人件費の迅速な調達が必要な理由

建設業の場合、原則的に、自社が請け負った工事については、それにかかる諸費用を自社で建て替えて支払い、その後、工事が終わり問題ないことが確認されてから振り込みがあります。

人件費については工事をする建設作業員、「一人親方」などの報酬もまず自社で建て替えします。

そのため、大型工事を受注したくても、キャッシュフローが潤沢にないと、請負ができなくなります。

融資に頼る方法もありますが、審査に時間がかかり、万が一通らなかった場合、信用問題になります。

ファクタリングを使うことで、迅速で確実な資金調達が可能になります。

飲食店の人件費の迅速な調達が必要な理由

食店は現金商売のイメージが強いです。日銭を稼がないとキャッシュがすぐになくなってしまいます。

店主1人(あるいは家族)で回せるお店ならば良いのですが、そうではないお店の場合、売上が少ないと支払う人件費がなくなります。

そして、飲食店は風評被害を受けやすい業界でもあります。昨今のコロナによる会食の忌避だけではなく、食中毒事件など健康にかかわる事件が起きると、同業他社は大きな影響を受けます。

ユッケの食中毒、毒入り餃子、乳製品の異物混入など食べ物関係の時間は、メディアがセンセーショナルに報道しやすく、それに抗うことはできません。

もちろん、自然災害の影響も受けやすく、台風や大雪があれば売り上げは一気に数分の1まで減少してしまいます。人件費を含む運転資金の融資ができればいいのですが、なかなか売り上げ減少の中では大変です。

ファクタリングが人件費調達に有効な理由

ファクタリングは融資とは違い、売掛債権の売却ですので、適用される法律、制度が異なります。

融資の場合、銀行でも消費者金融でも、銀行法や貸金業法、利息制限法などの規定を守らなければなりません。厳格な審査、上限金利20%、総量規制ありなど諸条件によって縛られ、迅速な資金調達が叶いません。

一方ファクタリングの場合、売掛債権を証明するもの(請求書など)があれば、即日買取なども可能です。適用される法律も民法や商法の一般原則がメインで、「ファクタリング規制法」のようなファクタリングに特化した法律は存在しません。

ファクタリング会社を規制する法律がないので、悪徳企業が割り込むリスクはありますが、優良企業も多く、それらにファクタリングを依頼できれば、迅速なタイミングで現金を調達でき、人件費に充てられます。

融資のように申し込みの際に資金使途について厳しく査定されることもなく、発生する人件費の内容にもあまり左右されません。建設業などであれば、委託する一人親方などの保険費用にも充当できます。

  • 規制が緩い
  • 資金使途が比較的問われない
  • 迅速な現金化が可能

これが、急な人件費の調達を求める場合、ファクタリングが非常に有効な手段になる理由です。

各業種、ファクタリングとの相性は?

上で紹介した各業種、ファクタリングとの相性はどうなのでしょうか?ファクタリングは売掛債権、売掛金がないと使えない制度です。

運送業の場合

中小の運送業は大手の下請けを主に行っています。Amazonなど大手通販は、宅配便(ヤマト、佐川、日本郵政)の利用が少なくなり、「デリバリープロバイダ」と呼ばれる中小個人事業主の運送業者が担当しているケースが多くなっています。

デリバリープロバイダが元請けから運送費用を受け取るのは、おおよそ2か月後であり、売掛金のサイトは60日ということになります。

この60日の間に、エネルギー価格高騰などが起きて、一気に運転資金がショートします。人件費も払えなくなりますが、支払いサイト60日の売掛債権を売却して資金調達できます。

建設業の場合

建設工事は、仕事を完了して、実際に当初の契約金額が入金されるまで非常に長く、60日から120日、中には半年というものもあります。

その間に新規大型工事を請けるには、サイトが長い売掛債権を売却するのが効果的であり、ファクタリングとの相性も問題ありません。

仕事をしたのに現入金がない、という悲劇的状況を改善するためにも、ファクタリングでの資金調達は理に適っています。

飲食店の場合

飲食店の場合、よほどの大口でない限り、お客に請求書を出すこともないですし、支払いサイト2か月などということも考えられません。現金商売であり、ファクタリングはなじまないのでは?と思われるかもしれません。

しかし、クレジットカード払いの場合、そのカード会社から受け取る入金(サイトは1か月~2か月)を請求書代わりにファクタリングできます。

また、PayPayなどキャッシュレス決済の場合、末日締め翌月末日払いが多く、支払いサイトは30日です。これも売掛債権としてファクタリングの対象となります。

意外に飲食店でもファクタリングが使えそうです。もちろん、完全現金商売の場合、ファクタリングは難しいことになります。

人件費の迅速な調達をお考えの方はファクタリング会社No.1にご相談ください

業種によって人件費の迅速な調達が必要な理由が変わりますが、いずれにせよ売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、ファクタリングが成立し、本来の期日前に現金化できます。

ご自身の事業に不可欠なタイミングで適切なファクタリングができると、販路拡大や売り上げ増、新規顧客開拓などに利用できます。

何が何でも全部の売掛債権をファクタリングで現金化すべきということではなく、各取引先への請求書を上手に組み合わせて現金化すべき債権を選定してください。

「株式会社No.1」は経験と実績があり、さまざまな業種、業界の事業に詳しいプロフェッショナルによる迅速な審査と高額買い取りに定評があります。

人件費の迅速な調達が必要な理由もわかっていますので、可能な限り皆様のご要望に応えられるようがんばります。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top