DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングの申込タイミングは多種多様!迅速に資金化できるので思い立ったが吉日で動こう!

ファクタリングは融資と同じように計画的に申し込むべきでしょうか?

ファクタリングの申込タイミングは融資とは違います。ファクタリングを上手に活用することで、迅速な資金調達だけではなく、自社の経営指標を改善できます。

今回はさまざまなファクタリングの申込タイミングについて解説します。これらの申込タイミングに貴社の状態は1つでも当てはまるならば、ファクタリングは有効な解決策になりえます。

ファクタリングは怪しい資金調達方法ではなく、非常に有望な資金調達方法であり、それが政府(中小企業庁)の「売掛債権(売掛金)担保融資保証制度の改善」方針などにもつながっています。ファクタリングを上手に活用して、自社に降りかかるさまざまな危機を乗り越えられます。そのために、ファクタリングの申込タイミングを見誤らないようにしてください。

今回はファクタリングの申込タイミングについて、20を超えるケースを解説していきます。

ファクタリングの申込タイミングが1つではない、融資と異なる理由

ファクタリングは融資と異なり、好きなタイミングで売掛債権さえあれば資金調達に使えます。

融資は信用情報に記載されるため、何本も借りることはできません。金融機関からチェックが入ってしまいます。借りすぎ防止や返済不能リスクも考慮され、申込タイミングは資金が必要なはっきりした目的が求められます。

しかしファクタリングは融資と異なり、自分が保有する「売掛債権」という資産の売却です。借りて負債になるわけではなく、余剰資産の売却によって資金調達するので、売掛債権(売掛金)がある限り有効に使えます。

そのため漠然とした資金調達という目的でもチェックで跳ねられることは少なく、あくまで現実の売掛債権(売掛金)があれば売却して資金化できます。

そうしたことから、ファクタリングの申込タイミングは1つではなく多種多様なシーンで可能です。さまざまなシーンのリスクを減らすため、比較的自由にかつ迅速に資金調達できるのは、ファクタリングが持つ大きなメリットになります。

以下では、ファクタリングの申込タイミングについて20のシーンをお示しします。これだけの使い方ができるファクタリングは新しい資金調達方法としてぜひ知っておいいください。損はありません!

知っておきたいファクタリングの申込タイミング20の事例

では、この記事の本論に入っていきます。ファクタリングの申込タイミングとして知っておきたい事例を解説します。どれかに貴社の状態が当てはまる場合、ファクタリングの利用を検討してください。まさに正しい申込タイミングになります。

ファクタリングの申込タイミング1 銀行融資が厳しい

資金調達の基本は銀行融資ですが、融資が難しい場合の代替手段の第一候補がファクタリングです。

ファクタリングの申込タイミングとしては、

      

  • 融資では資金調達が間に合わない
  •   

  • 融資審査に落ちてしまった
  •   

  • 「信用情報ブラック」で融資を受けられない状況にある

のいずれかのケースでは融資よりもファクタリングの申込タイミングになります。

ファクタリングは融資と異なり信用情報照会がないので、「信用情報ブラック」の事業主様にとって貴重な資金調達方法になります。

また、融資は申込みから実際に資金が入金されるまで最短で半月、長ければ1か月かかってしまいます。急な資金需要が発生した場合、融資では間に合わないのでファクタリングの申込タイミングとなります。ファクタリングならば最短即日、申込みから数時間で資金調達可能です。

さらに、融資審査に落ちてしまうと、よほど経営状態が改善している決算書で示さない限り、リトライが難しくなります。「融資審査に落ちた」ということも信用情報には掲載されており、当然他の銀行に申し込んでもバレて、大幅なマイナス評価になってしまいます。

ファクタリングは融資の審査に落ちても、信用情報とは無関係であり、売掛債権(売掛金)の宛名(売掛先)の信用があれば、買い取りして資金調達可能です。

融資では間に合わない、融資が利用できない場合、ファクタリングについて絶好の申込タイミングになります。

ファクタリングの申込タイミング2 融資を受けるための評価を上げたい

ファクタリングをすると、貴社の貸借対照表から「売掛金」の勘定科目が消え、それが資本(純資産)、キャッシュへコンバートします。

融資の審査では、あまり「売掛金」勘定が多いと「不良債権化しているのでは?」と金融機関に邪推されてしまいます。売掛金勘定が不良債権化していると判断されれば、それは「資産」ではなく「負債」になって審査されてしまいます。

この負債になるかもしれない「売掛金」を現金に換えて、貸借対照表の項目を消すのが「オフバランス化」であり貸借対照表をオフバランス化することで、余計な「贅肉」のない経営を行っていることになります。

海兵隊のような軽武装でかつ筋骨隆々の経営ということで、融資にあたって金融機関の評価が高くなります。

このオフバランス化を果たし、融資を受けるための金融機関の評価を上げるためにファクタリングは使えます。大型融資を申し込む前に、「売掛金」勘定を消してオフバランス化するのが、良いファクタリングの申込タイミングになります。

ファクタリングの申込タイミング3 売掛先の経営状態が悪く貸し倒れのリスクを感じた

ファクタリングは本来の売掛債権(売掛金)の回収日(入金日)以前に資金化できる手法です。もし、売掛先の経営状態が悪く、倒産のリスクがある、あるいは入金が遅れる危険性を察知した場合、その「期日に回収できないリスク」をファクタリングに買い取ってもらうことができます。

100万円の売掛債権(売掛金)があった場合、ファクタリングの買い取りは80万円~90万円で全額の回収とまではいきませんが、1円も回収できず売掛先が倒産し貸し倒れになってしまうよりもはるかにマシです。

売掛先への売掛債権(売掛金)が不良債権化してしまう前に、ファクタリング会社に買い取ってもらい、全額ではないにせよ80%~90%回収できるのがファクタリングの魅力です。

売掛先に経営上のリスクを感じた場合、ファクタリングのよい申込タイミングになるでしょう。

ファクタリングの申込タイミング4 開業後間もない

融資を受けるためには開業後少なくとも1期の決算が必要になります。そうでない場合「創業融資」のカテゴリになります。

開業1期経っていない事業主様は融資を受けたい、しかし、創業融資は難しいという場合、融資ではなくファクタリングで資金調達するほうがよいケースがあります。

ファクタリングならば売掛先がしっかりしていれば、取引開始後数か月でも売掛債権(売掛金)を買い取ってくれる可能性があります。

もちろん、開業後翌月に請求書を買い取るというのは難しいですが、通常の融資が可能になるタイミングよりも早くファクタリングによって資金調達できるようになります。ファクタリングの申込タイミングとしては融資の申込タイミングよりも前にOKになります。

ファクタリングの申込タイミング5 融資をうけるための担保・保証人がない

無担保、無保証人の「プロパー融資」もできますが、審査に通るためのハードルは高いものがあります。しかし、提供できる担保もなってくれる保証人もいない場合、融資よりもファクタリングの方が良いケースがあります。

ファクタリングは資産を売却する「アセットファイナンス」であり、ある意味売掛債権(売掛金)が担保になります。売掛債権(売掛金)をまさに担保にする「動産担保融資」というものもありますが、融資なので各種法律の規制があります。

ファクタリングならば売掛債権(売掛金)を担保的に使いながらも、融資ではないので弾力的な運用が可能です。

担保や保証人を提供できない場合、プロパー融資で条件を下げるよりも、まさに売掛債権(売掛金)を使ってファクタリングする申込タイミングだと言えます。

ファクタリングの申込タイミング6 調達方法を多様化したい

融資だけではなく、さまざまな資金調達方法を駆使したい人も、ファクタリングの申込タイミングだと言えるでしょう。

資金調達方法は下の表のようにさまざまあります。

     内容 資金調達方法の選択肢
アセットファイナンス 自社の資産を現金化する ①不動産売却
②知的財産権(特許、商標、著作権等)売却
③独占販売権、営業権などの無形資産の売却
④ファクタリング
⑤でんさい(電子記録債権)譲渡
⑥債権回収
⑦セール&リースバック
デットファイナンス 「借入金融」お金を借りる、返済義務あり ⑧銀行融資(無担保、無保証人)
⑨自治体等の公的融資(無担保、無保証人)
⑩不動産担保融資
⑪消費者金融、ビジネスローン
⑫手形割引
⑬社債、私募債発行
⑭ABL(動産・売掛金担保融資)
エクイティファイナンス 他社、第3者から出資を受ける、返済義務なし ⑮新株発行公募
⑯IPO(新規公開株)による資金調達
⑰株主配当増資
⑱第三者配当増資
⑲クラウドファンディング

ファクタリングはその中でも「アセットファイナンス」と呼ばれる方法です。新株発行はエクイティファイナンスであり、同じ資金調達方法でもこれだけの違いがあります。

さまざまな資金調達方法を確保することは自社のリスクヘッジになり、経営を守ることにつながっています。

ファクタリングの申込タイミング7 急いで資金調達したい

融資の場合、申し込みしてから入金まで最短で半月、長いと1か月かかります。急な資金需要が発生した場合、融資では間に合いません。

しかし、「ビジネスローン」など消費者金融系のローンに頼ると「融資=信用情報に記載」となり、以後大幅なマイナスになります。消費者金融から借りる人は信用できない人です。

したがって急いで資金調達したい場合、融資も消費者金融も頼れません。ファクタリングならば、融資ではないので信用情報に記載されることもありません。

一方で、最短即日資金化も可能であり、自社の信用を守りながら迅速な資金調達を可能にします。数日内に資金調達が必要な場合、融資には頼れないのでファクタリングの申込タイミングといえるでしょう。

ファクタリングの申込タイミング8 負債を増やしたくない

融資は「デットファイナンス」であり負債を増やします。借りた金額と同額の負債が増え、貸借対照表上もマイナスポイントになります。

しかし、ファクタリングは資金化しても負債になりません。資産を純資産(キャッシュ)にコンバートする「アセットファイナンス」であり、経営が圧迫されるリスクが下がります。

負債を増やしたくない、しかしキャッシュ(自己資本)を増やしたいという場合、融資は不適切であり、ファクタリングによって資金化するための申込タイミングだと言えるでしょう。

ファクタリングの申込タイミング9 信用情報のマイナス点を避けたい

融資を受けると消費者金融であるかどうかにかかわらず、銀行融資でもその内容が信用情報に記載されます。

必要な銀行融資であれば、堂々と信用情報に書かれても問題ないのですが、そうではない借入、特に消費者金融からの融資は、みなさまの信用情報にマイナスとなります。

消費者金融からの借入がある人は「信用がない人」だと判断され、以後の融資の際にかなりのマイナス点になります。

迅速な資金調達のため、消費者金融系の「ビジネスローン」を利用すると、大きな罠にはまってしまいます。これで信用情報はマイナス点がついてしまいます。

一度信用情報に掲載されたマイナス点、マイナス材料は5年以上経過しないと消えません。一度のうかつな融資で、5年間融資が受けにくくなるようなことは避けたいはずです。

ファクタリングならば信用情報に記載されないので、好きなタイミングで好きなだけ利用していただいて構いません。利用したい時が申込タイミングだと言えるでしょう。

ファクタリングの申込タイミング10 手軽に手間をかけずに資金調達したい

銀行融資を受けての資金調達、あるいは株式発行による資金調達、補助金や助成金、クラウドファンディングなどは膨大な手間がかかります。

その時間を別のことに使えば、もっと生産性が向上するかもしれません。

ファクタリングは少数の書類をアップロードして、オンライン面談するだけで即日資金化可能です。

手軽に手間をかけずに資金調達したい場合、ファクタリングは大きなメリットがあります。資金が必要だと感じたときが申込タイミングで、迅速な資金調達が可能になります。

ファクタリングの申込タイミング11 資金繰り悪化に悩んでいる、キャッシュフローを見直したい

資金繰りに常に悩んでいる事業主様は、借入だけでは運転資金を確保できない可能性があります。

自社のキャッシュフローを見直す際に、売掛金の回収サイトも早められるか考えてください。売掛先と交渉して、回収サイトを早くしてもらえるのが望ましいのですが、なかなかそれが難しいのも現実です。

あまりに回収サイトの変更を強く売掛先に申し出ると「経営が危ないのでは?」「銀行からお金を借りられないのでは?」「借金が多くて返済できないのでは?」などと邪推されかねません。

売掛先にバレずに売掛債権(売掛金)の回収サイトを早くする方法がファクタリングです。ファクタリング会社に請求書を買い取ってもらい、本来の支払日前に売掛債権(売掛金)を手にできます。

全額の回収とはなりませんが、自社の資金繰りは改善します。一時しのぎかもしれませんが、資金繰り悪化で経営危機になるくらいならば、ファクタリングによってキャッシュフローを改善させましょう。

その間に全体的なキャッシュフローの見直しを行っていきます。ファクタリングの申込タイミング次第で、資金繰りは大きく改善します。

ファクタリングの申込タイミング12 与信管理のリスクをアウトソーシングできる

売掛先の与信管理、つまり本当に信用できるかどうか、信用情報調査が本来は必要になります。しかし、信用情報機関を使って1つ1つ与信管理するのは手間も時間もコストもかかります。

ファクタリングによってそれがファクタリング会社に移転します。「売掛債権(売掛金)を回収できないリスク」「回収不能になるリスク」も、償還請求権がないファクタリングならば、ファクタリング会社に移管されます。

リスクを移管できない「償還請求権ありのファクタリング」は「融資である」という判決が裁判所から出ており、現在償還請求権付きのファクタリングを堂々とメニューに出しているファクタリング会社はごく少数です。

売掛先に信用に問題ありと思った時点がファクタリングの申込タイミングになります。ひとまずファクタリングで与信管理リスクをアウトソーシングすることも可能です。

ファクタリングの申込タイミング13 財務状況次第でキャッシュフローを改善したい

ファクタリングによって迅速な資金調達が可能になりますので、自社の財務状況を見ながら臨機応変にキャッシュを増やせます。

キャッシュフローの改善は本来、自社の経営を俯瞰して中長期的な見地で取り組んでいくものですが、それでは「血液」が足りなくなるかもしれません。

健康改善を目標にしても、輸血をしなければ死んでしまう状態では、まず死なないことを優先させるべきです。

ファクタリングによって迅速に資金という血液が供給されるため、キャッシュフロー見直しのための時間稼ぎができるようになります。

ファクタリングの申込タイミングは、自社への輸血のタイミングでもあります。

ファクタリングの申込タイミング14 物価高や原料高で運転資金が足りない

世界情勢や災害、気候などによって昨今は物価高、原料高が続いています。売上を回収する前に仕入の資金がなくなってしまう可能性もあるため、ファクタリングによって早期に売掛債権(売掛金)を資金化して、運転資金を確保します。

当面の運転資金を確保できれば、急場をしのぐことができ、その間に仕入先への交渉や別の仕入れ先の開拓、固定費の見直しなどに着手できます。

ファクタリングの申込タイミング15 売上が急速に伸びていて買掛金や固定費支払いが間に合わない(黒字倒産の危機)

いわゆる「黒字倒産」は、売上を計上しているにもかかわらず、売掛金を回収できないため、帳簿上は黒字でもキャッシュがなく、その間に支払い期日が来て不渡りを起こしてしまうことで生じます。

売掛債権(売掛金)を回収できていればキャッシュがあり支払いが可能ならば、ファクタリングによって早期に資金化することで黒字倒産を防ぎます。

買掛金や固定費の支払いに間に合わないことがなくなります。

ファクタリングの申込タイミング16 大型の案件を受注したい

建設業やIT業の場合、大型案件を請け負うと、外注費や仕入れに多額のキャッシュが必要になります。

しかし、発注元から支払いがなされるのは、工事や成果物ができて検収が終わることが必要であり、通常のビジネスよりも、売掛金として回収できるのは(売掛金回収サイトは)半年後などになってしまいます。

手持ち資金がなければ大型案件を受注できない、しかし自社の業績を伸ばすためには必要、そのためには売掛債権(売掛金)の早期回収が必要、しかし検収が終わらない・・、これを解決するのがファクタリングです。

ファクタリングは請求書を発行していれば、支払い日までに資金化できます。したがってファクタリングの申込タイミングは大型案件を受注して、多額の運転資金を確保したいときになります。

なお、2020年の民法(債権法)改正によって、請求書は発行する前の注文書や発注書でも「将来債権」として譲渡できる旨明文化されました。

既存の大型案件の納品前にもファクタリングで資金調達することが可能になり、将来債権を買い取るファクタリング会社も増えていることはぜひ知っておいてください。

ファクタリングの申込タイミング17 新規取引先のリスクヘッジ

新規取引先の中には本当の支払日に売掛債権(売掛金)を入金してくれるか不安なところもあります。ファクタリングによって「回収できないリスク」をファクタリング会社に移管すればリスクヘッジになります。

しかし、ファクタリングの際には初回債権を買い取ってくれることはまれであり、少なくとも数回期日に入金されていることの確認が必要になります。

まだ取引して数か月だが、完全に信用できない新規取引先だと思った場合、ファクタリングの申込タイミングとなるでしょう。

ファクタリングの申込タイミング18 海外企業と取引したい(国際ファクタリング)

海外企業は国によりますが、日本企業ほどの信頼がありません。本当は事前に信用情報調査をした方がよいのですが時間とお金がかかります。

そこで「国際ファクタリング」の枠組みを使います。国際ファクタリングは「現地のファクタリング会社による信用情報調査」と「貸し倒れになった場合の100%保証」がセットになっている保険のようなイメージです。

この国際ファクタリングを使うことで、わざわざ現地の信用情報機関へ依頼しなくても、取引先の与信管理が可能です。

ファクタリングの申込タイミング19 補助金や助成金を活用したい

補助金や助成金は返済不要の資金であり、有効活用すれば大きな設備投資や新規事業の展開が可能になります。

補助金や助成金については奥が深く、専門のコンサルタントもいます。税金なので資金使途や事業報告は非常に厳格にチェックされます。

そのこととは別に補助金や助成金が支払われるのが、申請した事業や設備投資が終わり、報告書を書き、行政機関のチェックが終わってからになります。

つまり補助金や助成金事業実施時には、自己資金ないし他の資金調達方法で事業実施の資金をねん出しなければなりません。

融資や株式発行も良いですが、ファクタリングならば必要な資金を必要なだけ調達可能です。補助金や助成金事業の審査に通った時点でファクタリングの申込タイミングをいつにするか考えておくことが重要になります。

ファクタリングの申込タイミング20 ファクタリング会社から経営指導、経営コンサルティングを受けたい

ファクタリング会社の中には、経営のプロフェッショナルがスタッフにいて、単に売掛債権(売掛金)の買い取りだけでなく経営上のアドバイスをしてくれるところがあります。

ファクタリング会社は金融機関の融資と異なり誰でも開業できるので、中には怪しい会社、悪徳業者、反社会的勢力、ヤミ金融などが蠱毒のように魑魅魍魎となっています。この百鬼夜行の世界において、事業主様に信用してもらうために能力ある経営コンサルティングを行う会社があります。

そうしたファクタリング会社はとても信頼できます。単なる資金調達方法とせず、総合的に自社の経営を見直す契機にできます。

専業経営コンサルタントに依頼すると多額の専門家報酬を支払わなければなりませんが、ファクタリング会社のコンサルティングならすべて顧客サービスで行っています。それでいて質の高いコンサルティングが期待できます。

自社の経営を見直したい、かつ資金調達もしたい場合、絶好のファクタリング申込タイミングになります。

このようにファクタリングの申込タイミングは多種多様であり、1つでも該当するものがあれば、ぜひファクタリング会社に問い合わせしてみてください。

繰り返しますがファクタリングは信用情報とは無関係で影響しない資金調達方法になります。

機を逃さず申込タイミングに確実に資金化できるファクタリングは株式会社No.1がおすすめ

ファクタリングは単なる融資の代わりではなく、さまざまなケースで自社の経営状態を改善するために使えます。

守りの資金調達というだけではなく、経営を拡大しているときの攻めの資金調達としても、適切な申込タイミングで利用できます。

融資が受けられない時、融資が間に合わない時の代替手段という狭い認識ではなく、幅広い経営改善手法、経営戦略上の武器としてファクタリングをご認識ください。

そのためには、申込タイミングに合わせて迅速で高額な買い取りを実現できるファクタリング会社選びが求められます。

自社の売掛債権(売掛金)を高価買い取り、高価換金できれば、ファクタリングの効果は絶大で、自社の経営に好ましい結果をもたらします。申込タイミングが合っていれば、融資などよりも望ましい結果が得られるでしょう。

そのためには、買い取り条件がよく、迅速な資金調達を可能にするファクタリング会社選びが重要になります。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、口コミ評価で高い得点を上げているファクタリング会社になります。

高額買い取りが特徴で、他社よりも高い金額で事業主様の売掛債権(売掛金)を買い取ります。

また、他社では断られることが多い、個人事業主やフリーランスの方の売掛債権(売掛金)も、専門メニューを用意しており、むしろ優遇させていただきます。

買い取りの迅速性も強調しておきます。

株式会社No.1のオンラインファクタリングシステムは最新のものを準備しています。このシステム(Easy factorイージーファクター)は、審査が早く、最短1時間程度で資金化(資金振り込み)できます。

「弁護士ドットコム」が提供するシステムなので、法的にも全く問題ないもので、とても優れているシステムです。安心してご利用いただけます。申込タイミングが「今だ!」と感じたらぜひ株式会社No.1のファクタリングをお申込みください。

ぜひ積極的にご利用いただき、貴社の事業へお役立てください。

株式会社No.1ならば適切な申込タイミングに迅速で高価な買い取りでお応えできます。さまざまなファクタリング会社の中でも株式会社No.1をぜひ選んでください。

株式会社No.1は、対面でなくてもファクタリング可能な「オンラインファクタリング」ができます。店舗がある、東京(池袋)、名古屋、福岡(博多)の事業主様以外も問題なくご利用いただけます。

ぜひ一度お問い合わせください。適切な申込タイミングについてもアドバイスいたします。

株式会社No.1はみなさまの事業をより豊かにするための応援サポーターです。

何卒よろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top