DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングアプリとは?クラウドや対面サービスとの相違点を紹介

ファクタリングの利用時に、短時間で資金調達を済ませたいと考えていませんか。
そこでおすすめなのが、ファクタリングアプリです。
アプリなら場所や時間を問わずアクセスでき、売掛金を短時間で換金できるでしょう。
一方事前インストールや、情報量が少ないことなど、注意点もあります。
それでもファクタリングアプリを使えば、簡単な手続きで資金を得られます。
今回はファクタリングアプリについて定義やメリット、デメリットなどをまとめました。

ファクタリングアプリとは?

ファクタリングアプリとは、売掛金の譲渡による資金調達を扱うアプリです。
通常のファクタリングと同様、支払期日前の売掛金を換金できます。
オンラインでスムーズに手続きできるので、企業にとって便利です。
アプリ化により、従来より簡単に手続きできます。
ファクタリングアプリはスマートフォンを使って、時間帯や場所を問わずアクセスできます。
そのため資金が足りないと思ったら、すぐに行動できるでしょう。
アプリによっては、最低買取可能額が1万円のように、小口取引にも対応可能です。
フリーランスや個人事業主を中心に使いやすいでしょう。
ファクタリング業界にはアプリもあり、従来より活用しやすいといえます。

ファクタリングアプリのメリット3つ

ファクタリングアプリには、さまざまなメリットがあります。
少額の資金調達や自由なアクセスなどが強みです。
ここでは以下の3つのメリットを見ていきましょう。

1.少額の資金調達に役立つ
2.スマートフォンで場所を問わずアクセスできる
3.短時間でサービスを受けやすい

1.少額の資金調達に役立つ

ファクタリングアプリは、少額の資金調達に役立ちます。
アプリ形式のメインターゲットは、個人事業主やフリーランスです。
そのためアプリでは、小口取引への対応が目立ちます。
以上から小規模な事業主にとって、使いやすいイメージです。
ファクタリングアプリは多くの場合、買取可能額の下限が低いといえます。
簡便さがウリで、小規模事業主の利用を想定しているからです。
事業者はアプリをインストールすれば、資金が足りないときにすぐ使えます。
固定費や人件費のカバーだけでなく、経費に対して手元の資金が少しだけ足りないときも役立つでしょう。
アプリ形式のファクタリングは、小口の売掛金の換金におすすめです。

2.スマートフォンで場所を問わずアクセスできる

アプリならスマートフォンやタブレットを使い、場所を問わずアクセスできます。
アプリを通して、売掛金を換金できて便利です。
オンライン完結なので、早朝や深夜でも利用できます。
お金が足りないとわかったら、すぐに相談できるしくみです。
またファクタリングアプリは、関連アプリとの提携も見られます。
事業者の多くは、請求書や会計のアプリを使っているでしょう。
別アプリで管理中の財務情報から、資金不足に気づくケースがあります。
そこでファクタリングアプリがあれば、必要なときにいつでも活用できるでしょう。
このように時間帯を問わず、柔軟に使えるのが強みです。

3.短時間でサービスを受けやすい

ファクタリングアプリの最後のメリットは、短時間でサービスを受けられる点です。
専用フォームへの必要事項の記入と、必要書類のアップロードを済ませるだけで、審査を受けられます。
審査自体も、短時間で終わる場合が多いでしょう。
審査通過ならすぐに売掛金を買い取ってもらえるので、申請当日の入金もあります。
ファクタリングアプリは、オンライン特有のスピーディな対応が見逃せません。
インターネットにアクセスするだけで、サービスを受けられるからです。
企業によってはすぐに資金が必要だったり、売掛金の売却手続きを短時間で済ませたりしたいでしょう。
そこでファクタリングアプリがあれば、短時間で資金調達を実現できます。

ファクタリングアプリのデメリット3つ

ファクタリングアプリの使用時は、デメリットにも注意しましょう。
該当サービスの数が少なく、従来の業者より情報量が少ない点もリスクです。
このようなデメリットを、以下で詳しく見ていきましょう。

1.2024年時点で数が少ない
2.事前インストールが必要
3.通常の業者より情報が少ない場合も

1.2024年時点で数が少ない

ファクタリングアプリの最初のデメリットは、2024年時点で数が少ないことです。
全国にはさまざまなファクタリング業者がいるものの、アプリを扱うケースはまだ少ないといえます。
そのため企業にとって、選択肢が少ない状況です。
アプリ同士の連携も少なく、不便を感じる方もいるでしょう。
会計アプリのユーザーは、ファクタリングアプリとの連携を望むことがあります。
たとえば別アプリから、直接ファクタリングアプリにアクセスしたい方もいるのです。
連携がないと別アプリを閉じてから、ファクタリングアプリへ向かわなければいけません。
この点で面倒に感じる方もいるでしょう。
2024年時点ではファクタリングアプリの数が少なく、便利なものを探しにくい場合があります。

2.事前インストールが必要

ファクタリングアプリは、事前インストールが必要です。
基本的にアプリはスマートフォンを準備のうえ、ダウンロードを済ませなければいけません。
次にインストールを終わらせないと、使用開始ができないしくみです。
通信環境次第で準備に時間がかかり、不便に思う事業者もいるでしょう。
オンラインファクタリングなら、PCからのアクセスが可能です。
アプリと違ってインストールもいりません。
そのため事業者によっては、オンライン型を便利に感じます。
PCよりスマートフォンの利用機会が少ないと、アプリを使いにくく感じるでしょう。
アプリは事前インストールを要するため、使用開始の手間が気になる方もいます。
すぐに利用するなら、資金繰りが悪化する前に、備えとしてインストールしておきましょう。

3.通常の業者より情報が少ない場合も

アプリの場合、通常の業者より情報が少ないかもしれません。
スマートフォンはPCより、一画面あたりの文字数が限られています。
アプリとして使いやすくするため、意図的に情報量を絞る業者もいるのです。
そのため必要な情報を得られず、アプリの利便性がわからない方もいるでしょう。
アプリによっては、悪質なものがあるかもしれません。
たとえば売掛金の売却において、法外な手数料の請求も想定されます。
なかにはファクタリングと見せかけて、貸付契約を結び、返済を求める業者もいるのです。
実際のファクタリングは返済義務がないため、このようなやり方は貸金業法で違法の可能性があります。
ファクタリングアプリによっては情報量が少なく、利便性の検証が難しいでしょう。
トラブルを避けるには、アプリの運営会社の評判や実績を調べ、信頼性を検証してください。
事前リサーチを済ませてから、健全なアプリをインストールしましょう。

アプリ型ファクタリングとほかの形式の違い

アプリ型はファクタリングの形式として新しく、従来と異なります。
ここでは対面型やクラウド型との違いを見ていきましょう。

対面型との違い

対面型との違いは、アクセスの柔軟性です。
アプリなら場所を問わず、どこからでもサービスを受けられます。
対面型の場合、店舗へ向かわないと、サービスを受けられません。
以上からアプリの導入で、海外も含め、さまざまな場所からファクタリングを利用できます。
インターネットが発展するまでは、対面型サービスが主流でした。
資金調達が必要な場合、忙しいときでも店舗へ向かう必要がありました。
しかしアプリ型なら、移動の手間を省けます。
つまりどこにいても、ファクタリングの相談が可能です。
このようにアプリ型と対面型との違いは、オンライン完結の有無です。
アプリはオンライン完結なので、場所を問わず利用できます。

クラウド型との違い

クラウド型との違いは、対応可能な媒体です。
クラウド型はスマートフォンやタブレットに加え、PCからのアクセスも可能です。
そのため特定の通信機器さえあれば、時間や場所に関わらずサービスを受けられます。
手元の資金が足りないとわかったとき、すぐにアクセスできるのです。
アクセスが容易な点は、アプリ型と変わりません。
しかしアプリは、スマートフォンやタブレットで使いやすいように設計されています。
さらに多くのアプリが、PCではアクセスできません。
以上からファクタリングアプリも、PCへの非対応が想定されます。
近年は日常生活でスマートフォンの使用機会が多いため、その機器でサービスを受けられるようにアプリが流通しています。
ファクタリングでも、スマートフォンの活用機会のために専用アプリが作られているのです。
以上からアプリ型は、スマートフォンやタブレットに対応する一方、PCでは使えないことがあります。

ファクタリングの検討のため資金繰りアプリもおすすめ

ファクタリングの判断材料を得るため、資金繰りアプリもインストールするとよいでしょう。
資金繰りアプリは、財務表の作成および管理が目的です。
あらかじめ専用フォーマットがあるので、それに従って財務関連の情報を書き込めます。
ビジネスシーンにおいて、日ごろの資金管理に役立つでしょう。
資金繰りアプリは、従来のツールより便利です。
従来はエクセルで自作したり、ダウンロード済みのテンプレートを使ったりできます。
しかし資金繰りアプリは、スマートフォンがあればすぐに立ち上げられるのです。
整理された情報を、短時間でチェックできるでしょう。
以上から資金繰りアプリは、財務関連の情報を短時間で引き出せます。
必要経費に対して、手元の資金が足りないこともわかりやすいでしょう。
その場合は、スマートフォンですぐにファクタリングアプリへアクセスできます。

ファクタリングアプリのまとめ

ファクタリングアプリは、スマートフォンから時間や場所を問わずアクセスできます。
簡単な手続きと短時間の入金を受けられるので、利便性は高いでしょう。
ファクタリングアプリは、基本的に小口取引への対応が多いといえます。
そのため個人事業主やフリーランスにおすすめです。
アプリは対面なしでサービスを受けられる一方、PCからアクセスできないこともあります。
それでもファクタリングアプリを使えば、スムーズな資金調達につながるでしょう。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top