DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングは茨城でも利用可能!今、茨城でファクタリングを活用すべき理由を徹底解説

売掛金を売却することで資金を調達できるファクタリング。
近年、全国的にファクタリングの人気が高まっており、茨城も例外ではありません。
特に茨城では、経済環境の悪化が続いていることから、ファクタリングの活用を模索する会社が増えています。
この記事では、茨城の資金調達事情、茨城の最新の経済動向などを踏まえて、茨城でのファクタリング活用について詳しく解説します。

茨城の会社の資金調達方法は?

茨城の会社で資金調達が必要になったとき、どのような資金調達方法が考えられるでしょうか。
資金調達といっても様々な方法があります。
銀行の融資、公的な融資、貸金業者の融資などは、茨城の会社でもよく利用される方法です。
また同じ茨城でも、会社の規模によって使い分ける必要があり、特に出資や株式の発行といった方法は中小規模の会社には不向きといえます。
まずは、茨城の会社でも利用できる資金調達方法として、各種の融資、そしてファクタリングについてみていきましょう。

茨城の地方銀行から融資を受ける

銀行融資は、茨城でもごく一般的な資金調達方法です。
茨城に限らず、全国どこでも企業の資金調達は銀行融資が基本になると考えて良いでしょう。
一口に銀行といっても、大規模なメガバンク、主として大都市圏で営業する都市銀行、地方に根を張る地方銀行、地方銀行よりもさらに狭い特定エリアで営業する信用金庫などがあります。
メガバンクは大企業向けの融資がほとんどであり、年商が10億円くらいなければ相手にされません。
このため、中小企業では主に地方銀行を利用します。
茨城の地方銀行として有名なのが、常陽銀行と筑波銀行です。
常陽銀行は茨城県水戸市、筑波銀行は茨城県土浦市に本店を構えています。
令和4年3月末時点で、常陽銀行は185店舗を営業しており、貸出金は6兆7674億円、このうち中小企業等向け貸出残高は4兆4562億円です。
筑波銀行は148店舗、貸出金は1兆8825億円、このうち中小企業等向け貸出残高は1兆3303億円となっています。
年商が1億円~10億円の中小企業は、地方銀行をメインバンクとするのが一般的です。
茨城の会社も、基本的には常陽銀行や筑波銀行など、茨城を地盤とする地方銀行から融資を受けるのが良いでしょう。
貸出金総額を比較すると、筑波銀行よりも常陽銀行の方が大きく、メインバンクに適しています。
ただし、全体の貸出金に占める中小企業向けの割合を比較した場合、常陽銀行が約67%であるのに対し、筑波銀行は約71%です。
大きな差はありませんが、茨城の中小企業向け融資は、筑波銀行の方がやや積極的と考えられます。
もっとも、資金調達は複数行取引(複数の銀行から融資を受けること)が基本ですから、常陽銀行と筑波銀行のどちらか一方だけではなく、両方から融資を受けるのが理想的です。

茨城の信用金庫で融資を受ける

年商10億円以下の括りの中でも、年商が低くなるにつれて、地方銀行よりも信用金庫の方が使いやすくなります。
とりわけ年商1億円以下の会社は、地方銀行よりも信用金庫の方が融資を受けやすいです。
茨城の信用金庫には、茨城県水戸市に本店を構える水戸信用金庫、茨城県結城市に本店を構える結城信用金庫があります。
令和4年3月末時点の店舗数は、水戸信用金庫が66店舗、結城信用金庫が24店舗です。
貸出金は、水戸信用金庫が4585億4400万円(うち中小企業等向けは4000億9400万円)、結城信用金庫は1428億2800万円(うち中小企業等向けは1327億1700万円)となっています。
貸出金の大部分が中小企業向け(水戸信用金庫は約87%、結城信用金庫は約93%)であることから、信用金庫が中小企業向け融資に強いことがよく分かります。
したがって、茨城の中小企業には、信用金庫からの調達もおすすめです。
信用金庫は地域密着型の金融機関ですから、地元との関係が深い企業ほど積極的な支援が期待できます。

茨城で公的融資を受ける

茨城の地方銀行や信用金庫から融資を受けられない会社もあるでしょう。
例えば、業歴が短い会社や業績・財務が悪化している会社などは、民間金融機関の融資はハードルが高いです。
茨城の民間金融機関から融資を受けられない場合、日本政策金融公庫が有力候補となります。
日本政策金融公庫は、政府の100%出資によって成り立っている公的金融機関です。
民間金融機関とは異なり営利目的ではないため、民間金融機関が融資できない会社にも融資を検討してくれます。
公的金融機関の問題点は、民間金融機関に比べて店舗数が少ないことです。
日本政策金融公庫の茨城県内の支店は、茨城県水戸市の水戸支店、茨城県日立市の日立支店、茨城県土浦市の土浦支店の3店舗のみ。
民間金融機関に比べて圧倒的に店舗数が少なく、融資担当のスタッフも少ないため、対応力は限られています。
特に、経済が急激に悪化した場合には、茨城の会社がこの3店舗に殺到するため、あまり親身になってくれない、融資実行までに何ヶ月もかかる、といった問題が起こります。
公的融資は、あくまでも民間金融機関の補完と考えてください。

ビジネスローン

茨城で金融機関の融資を受けられない場合、ビジネスローンでの借入れも選択肢となります。
ビジネスローンにも色々なものがありますが、大手消費者金融のビジネスローンを利用することで、茨城の会社でも手軽に利用できます。
ただし、ビジネスローンはやむを得ず利用するもので、積極的に利用すべきものではありません。
というのも、ビジネスローンは銀行融資に比べて圧倒的に金利が高く、信用の悪化にもつながるからです。
銀行融資の利息は年2%程度ですが、ビジネスローンは年15%が目安となります。
また、ビジネスローンで借りている場合、銀行からの評価が悪化し、ますます融資を受けにくくなる危険があります。
したがって、茨城の会社がビジネスローンを利用する際には、金利負担と信用悪化に十分注意すべきです。
銀行融資やファクタリングによって資金調達できるならば、ビジネスローンは避けた方が賢明です。

ファクタリング

最後に、茨城の会社はファクタリングでも資金を調達できます。
詳しくは後述の通りですが、簡単に言えば、ファクタリングは売掛金の買取サービスです。
茨城の金融機関から融資を受けられない会社でも、ファクタリングならば資金を調達できる可能性が高いです。
ビジネスローンのように信用が悪化する心配もありません。
ファクタリングを取り入れることによって資金調達の選択肢が増え、資金繰りの安定性が高まります。
例えば、茨城の金融機関から融資を受けられる会社は、設備投資などの大きな資金需要は金融機関の長期借入で調達し、比較的少額の資金需要や、緊急性の高い資金調達ではファクタリングを利用するのが理想的です。
茨城の金融機関から融資を受けられない会社は、ファクタリングを資金調達のメインとし、足りない部分をビジネスローンで補完しましょう。

ファクタリングとは?

ファクタリングが急速に普及している昨今、茨城でもファクタリングの人気が高まっています。
資金繰りが苦しい会社は、銀行融資などの伝統的な資金調達方法だけではなく、ファクタリングのように新しい方法を積極的に取り入れるべきでしょう。
茨城でファクタリングを活用するために、まずはファクタリングの基礎知識を解説します。

ファクタリングは売掛金の売却

上記でも述べた通り、ファクタリングは売掛金の買取サービスです。
会社が所有している売掛金を、ファクタリング会社に売却することによって資金を調達できます。
売掛金の売却で資金を調達することには、様々なメリットがあります。
茨城でも、多くの会社が信用取引を行っていることでしょう。
信用取引を行った際には必ず売掛金が発生します。
つまり、茨城の会社の多くが売掛金を所有しており、それを売却することによって簡単に資金調達できるのです。
また、売掛金は売掛債権の一種であり、貸借対照表では流動資産として計上します。
これは、ファクタリングが資産の売却による資金調達(内部資金調達)であることにほかなりません。
資産の売却という意味では、ファクタリングは不動産や在庫の売却と変わらず、融資や出資などの外部機関からの調達(外部資金調達)とは根本的に異なります。
外部から調達する場合、自社の経営状況を厳しく審査されるのに対し、ファクタリングはあくまでも売掛金の価値に応じて買い取るため、経営状況に関係なく資金を調達できるのです。
経営状況が健全な会社はもちろんのこと、経営が悪化している会社でも無理なく資金調達できることから、茨城でもファクタリングの人気が高まっています。

ファクタリングは100%合法!

関東圏で最もファクタリングが普及しているのは東京都です。
ファクタリングに関する正しい知識も広まっており、ファクタリングを違法と考える人もかなり減ってきました。
一方、茨城はまだまだファクタリングの普及率が低く、ファクタリングに対して誤ったイメージを抱く人も多い印象です。
実際に、「ファクタリング=グレーな取引」と考える人も少なくありません。
これは、ファクタリング業者の中に違法業者が紛れ込んでいるのが大きな理由です。
しかし、ファクタリングは100%合法な取引であり、茨城の会社でも安心して利用できます。
ファクタリングの法的裏付けは至ってシンプルです。
ファクタリングは債権譲渡取引の一種です。
金融庁の公式HPにも、ファクタリングは売掛金を期日前に買い取るサービスであり、法的には債権譲渡契約であると明記されています。
ファクタリングが100%合法といえるのは、債権譲渡取引が法律(民法第466条)で認められているからです。
つまり、

  • 債権譲渡取引は合法である
  • ファクタリングは債権譲渡取引である
  • 債権譲渡取引であるファクタリングは合法である

というわけです。
ファクタリング業界には、事実として違法業者も存在しますが、これは「ファクタリング業者」ではなく、あくまでも「ファクタリングを装う違法業者」に過ぎません。
このような違法業者の存在は、ファクタリングの合法性を何ら損なうものではないのです。

ファクタリング方式の基礎知識

茨城でファクタリングを利用する際には、2つの方式から選びます。
ひとつは、ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する「2社間ファクタリング」です。
最近徐々に普及しつつある「オンラインファクタリング」は、2社間ファクタリングの手続きを全てオンライン化したもので、茨城の会社にも利用しやすいサービスです。
もうひとつは、利用会社・ファクタリング会社・売掛先の3社間で取引する方式を「3社間ファクタリング」といいます。
それぞれの方式の特徴を簡単にみていきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの最大の特徴は、売掛先が関与しないことです。
利用会社と売掛先のやり取り、あるいはファクタリング会社を売掛先の取引が不要のため、より簡単な手続きで、スピーディに資金を調達できます。
2社間ファクタリングの多くは最短即日対応を謳っており、茨城で資金調達を急いでいる会社にはうってつけです。
また、売掛先に知られることなくファクタリングできることもメリットです。
茨城には、まだまだ「ファクタリング=グレーな取引」と考える経営者がいます。
ファクタリングの利用を知られると、「あんな方法でなければ資金を調達できないのか?(それほど経営が悪化しているのか?)」と疑われ、信用悪化の危険があります。
それを避けるためにも、茨城の会社には2社間ファクタリングがおすすめです。
実際、茨城でファクタリングを活用している会社の多くが、2社間ファクタリングを利用しています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、利用会社・ファクタリング会社・売掛先の3社で取引します。
したがって、売掛先の関与は必須です。
ファクタリングの手続きにあたり、利用会社から売掛先に債権譲渡通知を送ったり、ファクタリング会社と売掛先の間で書面を交わしたりする必要があるため、どうしても時間がかかってしまいます。
また、売掛先の協力がなければ3社間取引が成立しないため、そもそも資金を調達できないケースも珍しくありません。
申込前の段階で売掛先に内諾を取れていない場合、申し込みを拒否されることもあります。
このほか、売掛先の信用悪化にも注意が必要です。
その反面、悪質業者の危険が少ない、手数料が安いなどのメリットがあります。
茨城からでも、3社間ファクタリングは利用可能です。
実際には2社間ファクタリングの利用が現実的ですが、会社によっては3社間ファクタリングでの資金調達もあり得ます。
その場合には、No.1など3社間ファクタリングを取り扱っている業者を選びましょう。

茨城でファクタリングを利用するには?

茨城でファクタリングを利用する場合、申し込みや手続きはどのように行うのでしょうか。
ここでは、茨城でファクタリング会社を選ぶ方法と、茨城でファクタリングする流れを紹介します。

茨城県内のファクタリング会社を選ぶ

茨城の会社がファクタリング会社を選ぶにあたり、真っ先に思いつくのが茨城県内の業者を探すことです。
しかしながら、茨城県にはファクタリング会社の本店・支店が一切ありません。
インターネットで「茨城 ファクタリング」などと検索すると、複数のファクタリング会社がヒットしますが、これは「茨城からでも利用できるファクタリング会社」であって、「茨城県内のファクタリング会社」ではないため注意が必要です。

関東地方のファクタリング会社を選ぶ

茨城県内にファクタリング会社がないとなれば、次に考えられるのが「茨城に対応しているファクタリング会社を選ぶこと」です。
茨城に店舗がなくとも、東京などに店舗を構えて関東全域に対応するファクタリング会社があります。
No.1も東京都内に本店を構えており、関東全域への出張対応が可能です。
この場合、コスト面と資金調達スピードに注意すべきです。
まずコスト面ですが、ファクタリング会社によっては茨城までの出張費用を請求するケースがあります。
コストを抑えるには、No.1のように出張費不要のファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。
次に、資金調達スピード。
2社間ファクタリングは即日での資金調達に役立ちますが、茨城まで出張対応を受ける場合、スケジュールの都合で対面契約が数日後になることがあります。
当日中に契約までこぎつけても、銀行の振込時間を過ぎていれば、実際に振り込まれるのは翌営業日です。
したがって、茨城の会社が出張対応を受ける際には、ある程度時間に余裕を持って申し込みましょう。

全国対応のファクタリング会社を選ぶ

三つ目は、全国対応のファクタリング会社に選ぶことです。
ここでいう「全国対応」には、以下の2つの意味があります。

  • 全国どこでも出張対応可能
  • 全国どこからでもオンラインで手続き可能(対面不要)

どちらも茨城から利用できますが、実際にはオンラインファクタリング一択と考えてください。
出張対応の場合、関東エリアに対応している業者を選べばよく、あえて全国対応の業者を選ぶ理由はありません。
それよりも、対面不要のオンラインファクタリングを利用し、出張対応を受けずにファクタリングした方が賢明です。
オンラインファクタリングは、申し込みから契約まで全てオンラインで手続きします。
このため、出張費が発生することはなく、スピーディに資金調達できます。

茨城でファクタリングする流れ

上記の3つのうち、茨城の会社に最もおすすめなのはオンラインファクタリングです。
近所にファクタリング会社があれば手軽に利用できるのですが、茨城県内にファクタリング会社が存在しない以上、オンラインファクタリングが最も便利といえます。
そこで、茨城の会社がオンラインでファクタリングする流れを簡単にみていきましょう。
ここでは、No.1のオンラインファクタリング「Easy factor」を利用する場合の流れを紹介します。

  • 利用会社と売掛先に商品を提供し、売掛金が発生する。
  • 利用会社は、No.1にオンラインファクタリングを申し込む。
  • No.1が申し込み内容を確認し、折り返し連絡する。ファクタリングの説明や商談にZoomの利用も可能。
  • 利用会社は、必要書類(直近の決算書、請求書、通帳コピー)を提出する。アップロードによって提出可能。
  • 提出書類をもとに審査を実施。ファクタリングの可否と条件を決定する。
  • 手数料などの条件が合意に至ったら、ファクタリング契約を結ぶ。契約には弁護士ドットコム株式会社のクラウド契約サービス「CLOUDSIGN」を利用するため対面は不要。
  • 契約を締結したら、No.1は買取代金を振り込む。ここまで最短60分で対応。

この流れをみれば、オンラインで完結する仕組みが分かることと思います。
茨城の会社も、事務所にいながら簡単に資金調達できるのが魅力です。

茨城でファクタリングする8つのメリット

茨城の会社は、融資をはじめ色々な方法で資金を調達できます。
そんな中、あえてファクタリングを利用するメリットはあるのでしょうか。
ここでは、茨城でファクタリングする大きなメリットを8つ紹介します。

1.融資より調達しやすい

何といっても、ファクタリングは資金調達のハードルが低いです。
融資よりも調達しやすいことは間違いありません。
これは上記でも述べた通り、ファクタリングは資産(売掛金)の売却による内部資金調達だからです。
融資のように利用会社の経営状況を厳しく審査されることはありません。
ファクタリング会社にとって重要なのは、「買い取った売掛金を支払期日に満額回収できるか?」ということです。
このため、売掛先の支払能力に問題がなければ、利用会社の経営がどうであろうと買い取ってくれます。
連続赤字、債務超過、税金滞納といった問題を抱えている場合、融資を受けることはまず不可能ですが、ファクタリングならば利用できます。
茨城で融資を受けられない会社は、ファクタリングで調達するのがおすすめです。

2.業歴1年未満でもOK

これも融資と関連するメリットですが、ファクタリングは業歴に関係なく利用できます。
このメリットにより、ファクタリングを活用するスタートアップも多いです。
茨城は全国的にみて開業率が高く、2017年の開業率は5.9%で全国9位となっています。
2017年時点の数値目標は、10年後までに開業率7.0%の到達としており、県としても積極的に取り組んでいることがうかがえます。
茨城で起業を考えている人も多いでしょうが、起業で最も難しいのは資金繰り・資金調達です。
ほとんどの資金調達方法では、業歴が重要な判断材料になります。
なぜならば、業歴が信用の裏付けになるからです。
「業歴が長い」ということは、当然ながら長期間にわたって経営を続けてきたこと、つまり長期間にわたって収益を出し続けてきたことを意味します。
この過去の実績が信用となり、銀行融資でも大きなプラス材料になります。
逆に、業歴が短い会社にはこの信用がありません。
むしろ、「信用に値する実績がないこと」が悪材料となります。
実際に、業歴1年未満の会社が銀行から融資を受けることは非常に困難です。
茨城で起業したばかりの会社も、融資での資金調達は期待できません。
そこでファクタリングがおすすめです。
ファクタリングは、あくまでも売掛金の信用によって買い取るため、茨城で開業後間もない会社でも簡単に資金を調達できます。

3.無担保・無保証で調達できる

無担保・無保証で利用できることも、ファクタリングの大きなメリットです。
ファクタリング以外の資金調達方法、特に融資では担保・保証が重視されます。
茨城の銀行も、基本的には担保・保証によって保全を図ります。
このため、経営や信用に何らかの問題があり、なおかつ担保・保証が不足している会社は融資に苦労するでしょう。
特に注意したいのが、茨城で保証付融資を利用している会社です。
コロナ禍では政府の金融支援策もあり、中小企業向けの政府系金融・保証付融資の貸出が大きく増加しました。
経産省が2022年2月17日に公表した資料によると、2020年4月~2021年12月までに約55兆円の貸出となっています。
保証付融資の申請件数は2020年4~6月がピークとなり、その後は徐々に減少、2021年4月以降はコロナ前の水準に落ち着いているようです。
しかし、これは経済が回復したこと、保証付融資の需要が減少したことを意味するものではありません。
実質無利子・無担保融資や保証付融資の特別措置が終了したり、条件が引き上げられたりしたことによって、申し込みが減少しただけです。
つまり2023年現在、コロナ前のように担保・保証が重視されるようになっています。
茨城でも、コロナ禍で担保を利用したり、特別枠で保証を受けたりした会社は多く、しばらくは担保枠・保証枠に余裕のない状況が続くでしょう。
だからこそ、担保・保証不要の資金調達方法を確保しておくことが重要です。
ファクタリングは無担保・無保証が原則であり、「担保・保証付きのファクタリング」は存在しません。
なぜならば、担保・保証付きの条件の場合、ファクタリングではなく実質的に貸付けとみなされるためです。
売掛金を売却するならばファクタリングですが、売掛金を担保として資金を調達した場合、それはファクタリングではなく「売掛債権担保融資」です。
売掛債権担保融資も政府が推奨している資金調達方法ですが、あくまでも融資の一種であり、ファクタリングとは異なります。
ファクタリングである以上、必ず無担保・無保証でなければなりません。
茨城で担保・保証不足に悩んでいる会社は、ファクタリングで資金を調達しましょう。

4.最短即日で資金調達

ファクタリングは、他の資金調達方法に比べて圧倒的にスピーディです。
茨城の金融機関で資金調達する場合、融資実行までに1ヶ月程度を要します。
経営良好な会社は数週間で融資を受けられることもありますが、それはあくまでも例外です。
取引のない銀行に新規融資を申し込んだ場合には、1ヶ月以上を要するケースもあります。
消費者金融系のビジネスローンは、スピード融資を謳っているサービスも多いです。
しかし、事業資金として数百万円単位で借り入れるのですから、簡易審査だけでポンと貸してくれる業者はありません。
ビジネスローンとはいえ、やはり数営業日は見積もっておくべきでしょう。
となると、「今日中に」「今週中に」といった緊急の場合には、融資は不向きです。
銀行融資での調達はほぼ不可能、ビジネスローンでも間に合わない可能性があります。
だからこそ、緊急の資金調達にはファクタリングが役立ちます。
ファクタリング方式別の資金調達スピードの目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:最短即日
  • 3社間ファクタリング: 最短1週間程度
  • オンラインファクタリング:最短数時間

2社間ファクタリングの多くは最短即日を謳っているため、緊急の資金調達に非常に役立ちます。
オンラインファクタリングはさらにスピーディです。
茨城で緊急の資金調達が必要になった際には、ぜひファクタリングをご検討ください。

5.手軽に利用できる

手軽さもファクタリングの魅力です。
ファクタリングは、公式サイトや電話、メールなどで簡単に申し込むことができ、簡単な手続きで利用できます。
他の資金調達方法と比べて、差が出やすいのは必要書類です。
茨城の銀行から融資を受ける場合、決算書、試算表、資金繰り表、事業計画書、返済計画書など様々な書類を求められます。
資金使途によっては、さらに多くの書類を求められることがあるため、書類の準備に手間がかかるのが難点です。
しかしファクタリングは、簡単な書類だけで申し込むことができます。
例えば、No.1でご提出いただく書類は以下の4点です。

  • 直近3ヶ月の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近2期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書

基本的に、手元の書類だけで申し込むことができ、「〇〇計画書」などの作成に手間がかかる書類は一切不要です。
さらに、オンラインファクタリングならば対面取引が不要となるため、一層手軽に利用できます。
これは、茨城の会社にとって非常に重要なメリットです。
上記の通り、茨城県内にはファクタリング会社の営業所がなく、対面取引のハードルが高いのが現状です。
対面取引が必要となる場合、この一点によって手軽さが大きく損なわれます。
茨城の会社が手軽にファクタリングするには、対面不要のオンラインファクタリングを活用しましょう。

6.少額から多額まで幅広く対応

様々な金額を柔軟に調達できることもファクタリングのメリットです。
同じ茨城の会社でも、業種や規模によって必要な調達額は異なります。
「いくら調達したいか」ということは、資金調達に少なからず影響します。
多額の資金調達が必要な場合には、それなりに規模が大きい銀行に長期融資を依頼するのが一般的です。
しかし、業績・財務が悪化している会社や、担保・保証が不足している会社は高額の融資を受けることが困難です。
また、少額の調達となると、銀行はあまり積極的には対応してくれません。
銀行の金利は低く、少額の融資によって得られる利息収入はごくわずかであるため、採算の低さを嫌います。
つまり、融資をはじめとする資金調達方法は、調達額によって対応が大きく変わり、柔軟な資金調達が難しいのです。
そこでファクタリングが役立ちます。
ファクタリング会社によって利用可能額の設定が異なりますが、法人向けのファクタリング会社は数千万円~数億円を上限とするケースが多いです。
また、法人向けでも少額に強いファクタリング会社や、個人事業主向けのファクタリング会社では、数万円~数十万円から利用できます。
No.1のように、少額から高額まで幅広く対応している(10万円~5000万円、5000万円以上も相談によって可能)ファクタリング会社もあります。
茨城の個人事業主や小規模事業者は、銀行融資での調達が難しいため、少額で利用できるファクタリング会社がおすすめです。
また、茨城の中規模の事業者も、売掛金をまとめてファクタリングすることで、設備投資資金などの大きな資金需要にも対応できます。
多額の資金調達の際には、例えば必要調達額の半分をファクタリングで調達し、残りの部分を銀行に依頼することで、融資のハードルを下げることも可能です。

7.財務の維持に役立つ

茨城の会社のうち、財務の悪化に悩んでいる会社は、ぜひファクタリングを検討してみてください。
資金調達方法の中には、財務悪化を招くものが少なくありません。
資金繰りのためとはいえ、資金調達によって財務の悪化が加速することは避けたいところです。
分かりやすいのが、銀行融資で調達した場合です。
銀行からの借入金は、返済義務を伴う「他人資本」であり、融資を受けることで他人資本が増加します。
他人資本が増加し、一方で自己資本(返済義務のない資本、資本金や利益剰余金など)に変化がなければ、自己資本の比率が相対的に低下します。
つまり、融資を受けると自己資本比率が悪化するのです。
自己資本比率が低いほど外部から影響を受けやすく、また他人資本の返済・償還に伴う財務負担も大きくなるため、自己資本比率の低下や経営・財務の悪化に直結します。
当然、銀行からの評価も低くなり、融資環境の悪化も避けられません。
このような悪影響を避けるには、他人資本を増やさない方法で資金調達するのが最適です。
ファクタリングは借り入れではないため、他人資本が増えることはありません。
つまり、ファクタリングで資金調達すれば自己資本比率が低下しないのです。
後述の通り、茨城では経済環境の悪化傾向が見られ、財務の悪化に悩む会社も増えていくと考えられます。
この苦しい時期を乗り切るためにも、ファクタリングで財務の維持を図るのが賢明です。

8.リスクマネジメントにファクタリングを

ファクタリングはリスクマネジメントに役立ちます。
分かりやすくいえば、ファクタリングで貸し倒れリスクを回避できるのです。
これは、ファクタリングが「償還請求権なし(ノンリコース)」を原則とするためです。
「償還請求権あり(ウィズリコース)」の条件で債権を譲渡した場合、譲受人は譲渡人に対して債権の買い戻しを請求できます。
例えば、売掛先の経営悪化などによって譲渡した債権が回収できなくなった場合、譲渡人には買い戻し義務が生じるのです。
ファクタリング契約には償還請求権がないため、(利用会社の契約違反などを除き)いかなる場合にも買い戻し義務が発生しません。
ファクタリングした売掛金が回収不能になった場合、貸倒損失はファクタリング会社が全額負担します。
これは、貸し倒れリスクをファクタリング会社が肩代わりしてくれることを意味します。
ファクタリングの手数料がやや高めに設定されているのは、このようなメリット(ファクタリング会社からみればデメリット)も含まれるためです。
一旦ファクタリングしてしまえば、その売掛金に関する与信管理は不要となり、リスクマネジメントが容易になります。
これは、茨城の会社にとって非常に魅力的なメリットになるでしょう。
というのも、茨城の経済環境は悪化傾向にあり、倒産件数も増加しているためです。
東京商工リサーチが2023年1月13日に発表した「全国企業倒産情報」によれば、2022年(1-12月)の全国倒産件数は、前年比6.6%増の6,428件となっています。
負債総額には、前年比2倍増(102.61%増)の2兆3314億4300万円となりました。
負債総額が2兆円を超えるのは2017年以来のことで、全国的な悪化傾向がうかがえます。
全国と比べて、茨城はさらに深刻な状況です。
2022年の茨城県内の倒産件数は、前年比17件増の121件。
増加率に換算すると約16.3%の増加となり、全国の増加率(6.6%増)を遥かに上回ります。
また、100億円を超える大型倒産が発生したことにより、2022年の負債総額は314億円となりました。
この負債総額は前年比の約3倍であり、全国の増加率(約2倍)を大きく上回っています。
倒産件数と負債総額から、茨城の経済が全国的にみても特に悪化していることは明らかです。
今後、茨城の会社では、売掛先が倒産して売掛金が回収できなくなる事態も想定されます。
大型倒産に巻き込まれた場合、連鎖倒産に至る可能性も高いです。
このようなリスクを避けるためにも、茨城の会社はファクタリングでリスクヘッジを図ることをおすすめします。

茨城でファクタリングする2つのデメリット

茨城の会社に多くのメリットがあるファクタリング。
しかし同時に、デメリットがあることも事実です。
茨城でファクタリングする際、特に注意すべきデメリットを2つ紹介します。

1.違法業者の存在

茨城でファクタリングする際に最も気を付けなければならないのは、違法業者の存在です。

ファクタリングの違法業者とは

ファクタリングに限らず、様々な業界で違法業者が存在しています。
しかしながら、ファクタリングは特に違法業者が紛れ込みやすい環境です。
ファクタリングが急速に普及している今、市場の拡大に伴い業者数の増加が続いています。
政府はファクタリングを推奨しており、法整備にも積極的に取り組んでいますが、現状ではファクタリング業者に対する規制などはありません。
例えば、ファクタリング業者として新規に開業する際、登録や免許などは一切不要です。
このため、違法な金融業者がファクタリング業者を装うケースが少なくないのです。

茨城でも違法業者に注意

金融庁では、ファクタリングを装う違法業者をヤミ金と断定し、注意を喚起しています。
茨城でも同様の注意喚起が行われており、例えば茨城県阿見町の公式HPでは悪質な金融業者の例として以下のように記載しています。

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取りを装い、高額な手数料を差し引いた売掛債権の買い取り代金を支払う(貸し付ける)一方、同債権の売り主をして売掛債権を回収させた後、回収した売掛金を原資として返済させるもの。ファクタリング契約や売掛債権売買契約において、譲受人に償還請求権や買戻請求権が付いている場合、売掛先への通知や承諾の必要がない場合や、債権の売り主が譲受人から売掛債権を回収する業務の委託を受け譲受人に支払う仕組みとなっている場合は、ファクタリングを装ったヤミ金融の可能性がある。

出典:出典:茨城県阿見町ホームページ「違法な金融業者にご注意!」
気をつけたいのは、違法なファクタリング業者と正規のファクタリング業者の区別が曖昧ということです。
例えば茨城県阿見町の注意喚起のうち、利用会社が回収を代行すること、売掛先に通知を行わないことなどは、2社間ファクタリングではごく一般的です。
上場企業の系列のファクタリング会社でも、同様の仕組みを採用しています。
したがって、この仕組み自体には何ら違法性はありません。
あくまでも、正規のファクタリングの仕組みを踏襲する(あるいは装う)形で、違法行為を行う悪質業者が存在するということです。

違法業者を回避するには

茨城でファクタリングする際、違法業者を避けるには優良ファクタリング会社を選ぶのが確実です。
No.1をはじめ、優良とされるファクタリング会社がいくつか存在します。
優良業者としての評価を受けるには、長期(目安は5年以上)にわたって経営を続け、違法性を徹底的に排除する、サービスの向上を図るといった企業努力が欠かせません。
このような姿勢は違法業者とは真逆のものです。
したがって、優良ファクタリング会社を選ぶことが、そのまま違法業者を避けることにつながります。

2.手数料が高くなる場合も

次に気をつけたいのが、ファクタリングの際に支払う手数料です。
ファクタリングの手数料は、他の資金調達方法に比べて割高といわれます。
手数料は資金繰り負担に直結するため、シビアに考えることが大切です。

料金体系は2つ

ファクタリングの手数料は業者ごとに異なりますが、手数料の料金体系は主に2種類あります。

  • 全ての手数料を「ファクタリング手数料」「買取手数料」などの名目で一括請求するもの(諸経費0円)。経費ごとに細かく請求しないため、手数料が分かりやすい。
  • 取引ごとに要した経費を細かく計算して請求するもの。想定していなかった手数料を請求されたり、本来不要な(意味不明な)経費が紛れ込むこともある。

優良ファクタリング会社では、ファクタリング手数料としてまとめて請求するのが一般的です。
しかし、比較的業歴が長いファクタリング会社の中には、一括請求と見せかけて、後から様々な経費を請求するケースがあります。
後者の場合、手数料が高くなる可能性があるため注意が必要です。

手数料が高くなる具体例

料金体系による手数料の違いについて、少し具体的にみてみましょう。
手数料率20%の設定で、100万円の売掛金をファクタリングした場合、一括請求(諸経費0円)ならば手数料は20万円だけです。
しかし、この他に諸経費がかかると、実際の負担はもっと大きくなります。
例えば、買取手数料として額面金額の20%、事務手数料として3万円、審査手数料として2万円、出張費として5万円、債権譲渡登記手数料として10万円を請求された場合、手数料は合計で40万円、最終的な手数料率は額面金額の40%になります。
このように、一括請求よりもかなり高くなる恐れがあるのです。
特に、茨城の会社が出張対応を受けた場合には出張費を請求される可能性があり、それだけでも手数料率が数%高くなります。

手数料を抑えるコツ

茨城でファクタリングする際、手数料を抑えるポイントは以下の3つです。

  • 手数料を一括請求する(諸経費0円を明言している)ファクタリング会社を選ぶこと
  • 手数料が安いファクタリング方式を選ぶこと
  • 手数料が安いファクタリング会社を選ぶこと

上記の通り、一括請求・明朗会計の業者は、意図せぬ形で手数料が上乗せされる危険がなく、結果的に手数料が安くなる傾向があります。
次に重要なのが、手数料が安い方式・業者を選ぶこと。
ファクタリング手数料は方式によって大きく異なり、相場は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%
  • オンラインファクタリング:額面金額の10%以下

このように、手数料は「3社間ファクタリング≦オンラインファクタリング<2社間ファクタリング」となっています。
手数料が安い方式を選ぶだけで、手数料を大幅にカットできるのです。
これに加えて、手数料が安いファクタリング会社を選ぶとなお良いでしょう。
例えば、No.1の手数料設定は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の5~15%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~5%
  • オンラインファクタリング:額面金額の2~8%

上記の相場と比べて、概ね半額程度の手数料でご利用いただけます。
茨城でファクタリングする際には、以上の点を踏まえて手数料の引き下げを図りましょう。

まとめ:茨城のファクタリングはNo.1におまかせ!

茨城でのファクタリングの活用について、最新の経済動向なども含めて解説しました。
他の都道府県と同じように、茨城の会社でも銀行融資を軸に資金を調達し、ファクタリングで補完するのが理想的です。
ただし、茨城の経済環境は悪化傾向にあります。
茨城の倒産件数は全国的にみてもかなり高く、予断を許さない状況です。
融資における担保・保証の必要性も高まっており、今後の茨城では融資で苦労する会社も出てくることでしょう。
そのときに備えて、早いうちからファクタリングを取り入れることをおすすめします。
茨城でファクタリングをご利用の際には、ぜひNo.1にご相談ください。
経験豊富なスタッフがヒアリングを行い、最適なファクタリングプランをご提案します。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top