カテゴリー: ファクタリング

沖縄でファクタリングの人気が上昇中!沖縄でのファクタリング活用を徹底解説

ファクタリングは、業種や事業形態を問わず、広く利用できる資金調達方法です。
ただし、エリアによってファクタリングの利便性やメリットが異なります。
それが顕著に表れるのが沖縄です。
沖縄の経済環境や金融環境は、他の都道府県とは大きく異なり、資金調達に苦労する場合が少なくありません。
そんな沖縄だからこそ、資金繰りの維持・改善のためにファクタリングが役立ちます。
この記事では、沖縄特有の事情を踏まえて、ファクタリングを利用するメリットや注意点、活用事例などを詳しく解説します。

沖縄でもファクタリングは利用できる?

2010年代に入ってから、ファクタリングが徐々に普及してきました。
コロナ禍の影響もあり、ここ数年の普及には目覚ましいものがあります。
全国的に普及率が高まっていますが、沖縄でもファクタリングに人気が高まっています。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、会社が所有している売掛金を売却し、資金を調達する方法です。
多くの業種では信用取引を行い、代金を後払いの条件で商品やサービスを提供します。
商品やサービスの提供後に請求書を発行し、売掛先が請求書を受理した時点で発生するのが売掛金です。
売掛金は売掛債権の一種であり、支払期日に代金を受け取る権利ですから、売掛金のままでは現金のように使うことはできません。
しかし、この権利には「額面金額を受け取ることができる」という価値があります。
この価値を売買するのが、売掛債権譲渡取引(売掛債権の譲渡を行う取引)であり、ファクタリングも売掛債権譲渡取引に含まれます。
自社が持っている売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却(譲渡)し、対価を受け取る(取引)のがファクタリングです。
ファクタリング業界には悪質業者がいるとされますが、正確には「ファクタリングを装った闇金業者」であり、「ファクタリング会社=悪質業者」ではありません。
ファクタリングは売掛債権譲渡取引であり、民法で認められている合法的な取引です。

沖縄でもファクタリングは利用できる!

売掛金は、貸借対照表では流動資産に分類されます。
したがって、売掛金を売却するファクタリングは、資産売却による資金調達といえます。
資産売却の共通点は、価値のある資産を所有していれば、買い手を見つけることで確実に資金を調達できることです。
ファクタリングも例外ではありません。
価値のある(不良債権化していない)売掛金を持っていれば、ファクタリングは利用できるのです。
沖縄の企業も、手元に売掛金があればファクタリングで資金調達できます。

沖縄のファクタリング事情

沖縄のファクタリング事情について、簡単に見ていきましょう。
大きく分けると、ファクタリング会社の営業形態は以下の2つです。

  • 実店舗を構えて営業しているファクタリング会社
  • 実店舗を構えずに営業しているファクタリング会社

沖縄でファクタリングする際にも、このどちらかを選んでファクタリングすることとなります。

実店舗のあるファクタリング会社

多くのファクタリング会社は、実店舗を構えて営業しています。
大手のファクタリング会社になると、全国の主要都市に複数の店舗を構えていることも多いです。
No.1も、東京本社以外に名古屋・福岡に支社があります。
沖縄に本社または支社を構えているファクタリング会社は、以下の4社です。

  • SSK株式会社(沖縄県那覇市に本社を構えるファクタリング会社)
  • ファーストプラン(沖縄県浦添市に本社を構えるファクタリング会社)
  • 株式会社ビジネスアシスト(沖縄県浦添市に本社を構えるファクタリング会社)
  • ファインディングラボ(東京に本社を、沖縄県糸満市に支社を構えるファクタリング会社)

つい最近まで、株式会社沖全サポート(沖縄県浦添市)もよく知られていましたが、2022年1月に登記閉鎖済みとなっています。
沖全サポートは、違法性の高い給与ファクタリング(個人の給与債権を買い取るファクタリング)を取り扱っていました。
近年、給与ファクタリングが摘発されるケースが相次いだことで、給与ファクタリング業者は軒並み廃業しています。
沖全サポートもそのうちの1社であったと考えられます。

実店舗がないファクタリング会社

実店舗がないファクタリング会社には2通りあり、場合によっては危険なため注意が必要です。
まず、オンラインファクタリング専業のために実店舗を構えていない場合、安心して利用できます。
オンラインファクタリングとは、申し込みから手続きまで全てオンラインで完結するファクタリング方式です。
通常、ファクタリング契約の際には対面取引が必要になりますが、オンラインファクタリングならば契約もオンライン上で締結するため、対面取引が不要です。
したがって、実店舗を持たずとも営業が成り立ちます。
例えば、オンラインファクタリング大手のOLTAは、多くの金融機関と提携しており信頼性の高いファクタリング会社ですが、実店舗がありません。
注意すべきは、オンラインファクタリングを提供しておらず、なおかつ実店舗がないファクタリング会社です。
そのような業者は、ファクタリングを装った闇金業者の可能性が高いです。
沖縄にも違法業者が潜んでいると考えて間違いないでしょう。

沖縄ではオンラインファクタリングがおすすめ

沖縄の資金調達には、オンラインファクタリングがおすすめです。
上記の通り、沖縄に実店舗を構えているファクタリング会社はわずか4社です。
この4社のうち、ビジネスアシストは医療報酬ファクタリングに特化したファクタリング会社ですから、多くの会社には利用できません。
沖縄のファクタリング会社にこだわると、選択肢はほぼ3社だけになります。
この3社が自社に適していない場合、不利な条件でファクタリングせざるを得ません。
そこで、オンラインファクタリングが役立ちます。
No.1をはじめ、オンラインファクタリングを提供しているのは優良ファクタリング会社に限られ、悪質業者の心配がありません。
さらに、通常のファクタリングよりも安く、スピーディにファクタリングできます。
実店舗が少ない沖縄だからこそ、オンラインファクタリングの活用を心掛けましょう。

沖縄の企業がファクタリングすべき理由とは?

「沖縄の企業はファクタリングを利用すべき」と断言できる理由は、沖縄の金融環境にあります。
沖縄の企業だけではなく、中小企業の資金調達は銀行融資が軸になります。
銀行融資は、設備投資や新規事業展開の際に多額の資金を調達でき、調達コストも安いです。
銀行から安定的に融資を受けられる会社は、資金繰りが安定します。
しかしながら、銀行融資への過度な依存は危険です。
銀行融資を受けられなくなると、資金ショートに陥る危険があります。

沖縄は金融機関が少ない

特に、沖縄は他の都道府県に比べて、金融環境が特殊です。
第一に、沖縄は全国の都道府県の中で唯一、遠く海を隔てた場所に位置します。
このため、隣県の地方銀行が容易に進出できません。
加えて、沖縄は歴史的にも特殊であり、他県とは産業構造が著しく異なります。
これも、他県からの進出が難しい大きな理由となっています。
実際、沖縄県以外の金融機関は、みずほ銀行と鹿児島銀行しかありません。
沖縄を地盤とする金融機関は、以下の4行だけです。

  • 琉球銀行
  • 沖縄銀行
  • 沖縄海邦銀行
  • コザ信用金庫

このほか、公的金融機関として沖縄振興開発金融公庫が利用できます。

資金繰りが行き詰りやすい

他の都道府県ならば、近隣エリア(地続きのエリア)から地方銀行が進出することも多く、銀行間の競争に乗じて融資を引き出すことも可能です。
沖縄ではこのような競争がほとんど期待できず、沖縄地盤の4行だけが頼りです。
このうち1行から融資を断られると、他行も一斉に手を引き、融資の道が断たれることが珍しくありません。
その場合、銀行融資に依存してきた沖縄の企業は資金繰りに行き詰り、黒字倒産の危険もあります。
現在、銀行融資に依存している沖縄の企業は、資金調達方法の多様化が急務です。
上記の通り、ファクタリングは売掛金さえあれば資金調達できるため、資金調達方法の多様化につながります。

審査基準が異なる

資金調達の多様化で重要となるのが審査基準です。
銀行融資は、融資先の経営状況(特に業績・財務)から返済力を見極め、貸し倒れリスクが低いと判断した場合のみ貸し付けます。
資金調達方法を多様化する際、銀行融資と同じように自社の経営状況がカギとなる方法では意味がありません。
「経営に問題あり」として銀行から融資を拒否された場合、ノンバンクの融資、出資、少人数私募債なども利用できない可能性が高いです。
これらの方法は全て経営状況を重視するため、「経営に問題あり」では資金を調達できないのです。
そこで、銀行融資と審査基準が異なる資金調達方法を見つける必要があります。
それがファクタリングです。
沖縄でファクタリングする際、重視されるのは「自社の経営状況」ではなく「売掛先の経営状況」です。
ファクタリング会社にとって重要なのは、買い取った売掛金を回収し、利益を確保できるかどうか、これに尽きます。
自社の経営に問題がなくとも、売掛先の経営に問題があれば売掛金を回収できず、ファクタリング会社は損失を被るのです。
逆に、売掛先の経営に問題がなければ、自社が以下のような悪材料を抱えている場合にも、難なく資金調達できます。

  • 連続赤字である
  • 債務超過に陥っている
  • 税金を滞納している
  • リスケジュール中である

沖縄の金融機関から融資を受けられない場合に備えて、普段からファクタリングを利用しておくと安心です。

沖縄でファクタリングを利用するメリット

沖縄の環境を考慮すると、ファクタリングが優れた方法であることが分かります。
このほかにも、沖縄の企業がファクタリングを利用するメリットはたくさんあります。
中でも、特に大きなメリットを見ていきましょう。

1.資金調達スピードが圧倒的

ファクタリングの大きなメリットは、スピーディに資金調達できることです。
通常、沖縄の銀行から融資を受ける際には、数週間~1ヶ月以上の時間がかかります。
沖縄の銀行と長期間にわたって取引を続けており、業績・財務も良く、銀行にとって「優良顧客」であれば、2週間程度でプロパー融資を引き出せるでしょう。
そうでなければ、融資実行までに1ヶ月程度を要します。
特に、以下のような場合には1ヶ月以上を費やした上で「融資謝絶」となることも珍しくありません。

  • 新規取引の銀行に融資を依頼する(信用が乏しいため審査に時間がかかる)
  • 沖縄振興開発金融公庫から融資を受ける(民間金融機関に比べてスタッフや支店の数が少なく、対応が遅くなる)
  • 信用保証協会の保証付きで融資を受ける(銀行の審査に加えて信用保証協会の審査を受ける必要があり、やりとりする書類の数も多い)
  • 不動産を担保に融資を受ける(不動産の評価などに時間がかかる)

ファクタリングはどのくらいスピーディなのでしょうか。
沖縄でファクタリングを利用する場合、資金調達スピードの目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する方式。最短即日で資金調達できる。
  • オンラインファクタリング:オンライン完結の2社間ファクタリング。最短数時間で資金調達できる。
  • 3社間ファクタリング:利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式。最短1週間程度で資金調達できる。

このように、ファクタリングは銀行融資に比べて圧倒的にスピーディです。
もちろん、その他の資金調達方法と比べても、ファクタリング以上にスピーディな方法はありません。

2.資金繰りを改善できる

ファクタリングといえば、銀行に頼らず資金調達できることや、資金調達スピードが早いことが注目されがちですが、資金繰り改善効果にも注目すべきです。
資金繰りが悪化する理由は色々ですが、経営者が気づかないところで資金繰りが悪化し続けることもあります。
例えば数年前、沖縄の観光ブームで売上が急成長したA社がそうでした(詳しくは後述します)。
売上が伸びると、必要経費も大きくなります。
さらに、回収サイトが長期化することも多いです。
必要経費が大きくなれば、資金繰りを回すために多くの現金が必要になるわけですが、回収サイトが長期化すれば現金が入ってくるタイミングも先送りになり、資金繰りの悪化は避けられません。
会社としては、売上が伸びているだけに「経営は絶好調」と思っています。
しかし現実的に資金繰りは悪化の一途をたどり、資金ショートの危険性も高まっていく、というわけです。
お金が入ってこない期間が長いほど、つまり回収サイトが長くなるほど資金繰りは悪化します。
逆に、回収サイトを短縮することで、資金繰りを簡単に改善できます。
そこで役立つのがファクタリングです。
ファクタリングすれば、支払期日に関係なく売上を回収できるのですから、回収サイトの短縮と全く同じ効果が得られます。
資金繰りを改善したいと考えている沖縄の企業は、ぜひファクタリングを活用しましょう。

3.回収不能リスクを回避できる

回収不能リスクを回避できることも、ファクタリングの大きなメリットです。
回収不能リスクとは、売掛先の倒産などによって売掛金が回収できなくなるリスクです。
ファクタリング契約は、原則として償還請求権なしの契約となります。
償還請求権は、売掛金が回収できなくなった場合に、ファクタリング会社から利用会社(ファクタリングを利用した沖縄の企業)に対し、売掛金の買い戻しを求める権利のことです。
ファクタリングには償還請求権がないため、回収不能リスクは全てファクタリング会社が負担します。
これは、本来利用会社が負担すべきリスクを、ファクタリング会社に移転できるということです。
このメリットは、類似の資金調達方法と比較するとよく分かります。
ファクタリングと同じように、売掛債権を活用する資金調達方法として、売掛債権担保融資や手形割引があります。
売掛債権担保融資は、売掛金や受取手形などの売掛債権を担保として、銀行から融資を受ける資金調達方法です。
沖縄の金融機関でも、売掛債権担保融資に取り扱っています。
手形割引は、受取手形を銀行に買い取ってもらうことで資金を調達します。
売掛債権担保融資と手形割引は、回収不能リスクに対応していません。
売掛債権担保融資はあくまでも銀行融資の一種ですから、返済義務があります。
売掛金が回収不能になっても、返済義務がなくなるわけではありません。
また、手形割引は償還請求権ありの契約ですから、割り引いた受取手形が不渡りになれば買い戻す必要があります。
ファクタリング、売掛債権担保融資、手形割引のうち、ファクタリングだけが回収不能リスクに対応しているのです。

沖縄でファクタリングする際の注意点

ファクタリングはメリットが大きく、沖縄の企業にもおすすめです。
ただし、実際に利用する際にはいくつか注意点があります。

利用できるとは限らない

まず、ファクタリングだからといって、必ずしも利用できるとは限りません。
確かに、沖縄の銀行から借り入れるよりもハードルは低く、利用しやすいことは間違いありません。
しかし、ファクタリングも審査に通らなければ利用できないのです。
すでに解説した通り、ファクタリング会社は売掛先の信用力によって判断します。
売掛先の支払い能力に問題がなければ買い取りに応じ、問題があれば買い取りを拒否します。
沖縄の銀行から融資を受けられずにファクタリングを利用したところ、売掛先の信用に問題があってファクタリングも利用できない…といったこともあり得るのです。
そのような場合には、沖縄県内のファクタリング会社にこだわらず、様々なファクタリング会社に依頼するのがポイントです。
売掛金の審査基準はファクタリング会社ごとに異なります。
沖縄のファクタリング会社では断られても、全国展開のファクタリング会社ならば買取可能、といたケースも非常に多いです。

調達コストが高め

次に、ファクタリングは調達コストが高めです。
沖縄でファクタリングする場合、ファクタリング会社に支払う手数料が調達コストとなります。
手数料の設定は大きく分けて以下の2つです。

  • 全ての手数料を「ファクタリング手数料」として一括で請求する
  • 事務手数料、審査手数料、出張費用、登記費用などを個別に請求する

いずれの場合も、手数料率の相場は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%

沖縄の銀行で融資を受ける際には、利息や事務手数料、保証料が調達コストとなります。
調達コストは、一般的な融資ならば年利2~3%、ビジネスローンならば年利10~15%程度が相場です。
ファクタリングの手数料率を年利換算すると、調達コストの違いがよくわかります(回収サイト2ヶ月の売掛金をファクタリングした場合)。

  • 2社間ファクタリング:年利60~180%
  • 3社間ファクタリング:年利6~60%

もっとも、この相場はかなり広く見積もったものであり、実際にはもっと安くなるのが一般的です。
例えば、No.1の手数料を同様の条件で年利換算すると、以下のようになります。

  • 2社間ファクタリング(手数料率5~15%):年利30~90%
  • オンラインファクタリング(手数料率2~8%):年利12~48%
  • 3社間ファクタリング(手数料率1~5%):年利6~30%

沖縄でファクタリングする際には、手数料設定に注意しましょう。

多額の資金調達に不向き

ファクタリングは、多額の資金調達には不向きです。
基本的に短期資金の調達に活用するものと考えてください。
ファクタリングは手元の売掛金の売却によって資金を調達するため、手元の売掛金の総額以上に資金を調達することはできません。
例えば、手元に1000万円の売掛金を所有している会社が、手数料率5%の条件で利用する場合、調達できる資金の上限は950万円です(額面金額1000万円-手数料50万円=950万円)。
調達可能額の大まかな目安は、月商の1ヶ月程度をイメージしてください。
月商1000万円、回収サイト1ヶ月の場合、当月分の売上1000万円を1ヶ月後に回収します。
「回収サイト1ヶ月・額面1000万円」の売掛金が常時手元にあるため、1000万円程度ならばいつでもファクタリングで調達できます。
もちろん、沖縄は観光業や飲食業などのサービス業が盛んですから、季節によって売上の変動が激しい会社も多いでしょう。
その場合、売上が大きい季節は調達可能額が大きくなり、売掛金が小さい季節は調達可能額が小さくなります。
この点に注意しておくと、ファクタリングを活用しやすくなります。

ファクタリング会社選びが難しい

最後に、ファクタリング会社選びに要注意です。
ファクタリング会社選びの難しさは、ファクタリングの大きなデメリットといわれます。
ファクタリング市場が成長を続けている現在、新規に開業するファクタリング会社が相次いでおり、ファクタリング会社の数が非常に多くなっています。
ファクタリングを活用するためには、自社に最適なファクタリング会社を選ぶことが重要です。
自社の属する業種や売掛金の特徴、ニーズなどにミスマッチなファクタリング会社を選ぶと、条件が悪くなりやすく、資金繰りが悪化することもあります。
とはいえ、ファクタリング会社があまりにも多いため、最適な会社選びが困難です。
また現在、ファクタリングに関する法的整備が不十分であるため、ファクタリングを装う悪質業者も少なくありません。
悪質業者に引っかかってしまうと、高金利の借金を背負ってしまったり、会社の業務に支障を来したりする危険があります。
No.1コラムでは、悪質業者を避けつつ最適なファクタリング会社を選ぶ方法もお伝えしています。
ファクタリング会社選びについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。
URL:【保存版】失敗しないファクタリング会社の選び

沖縄のファクタリング事例

ファクタリングの具体的なイメージをつかむために、沖縄のファクタリング事例を紹介します。

広告代理店業の資金繰りの特徴

紹介するのは、沖縄でファクタリングを利用するメリットの「2.資金繰りを改善できる」でも取り上げたA社です。
A社は広告代理店業を営んでいます。
広告代理店業は、代金の回収以前に多くのコストを負担しなければなりません。
案件を受注した後に広告の出稿に取り掛かるわけですが、その際の広告費の支払いが先行します。
平均的な回収サイトは1ヶ月ですが、売掛先によっては売上の回収が1.5ヶ月後や2ヶ月後になることもしばしばです。
A社は、月中に広告費を支払うことにより、月末には手元資金がほとんどなくなってしまう状況が続いていました。

売上増加で資金繰り難に

A社が窮地に陥ったのは数年前。
新型コロナウイルス感染症が拡大する以前、2019年頃まで、沖縄の観光業は右肩上がりに成長していました。
この時期、A社では観光業関連の広告の受注が増え、売上が急成長しています。
手掛ける案件の数が増えると、それに伴う広告費の支払いも膨らみます。
しかし、回収サイトに変化はないため、資金繰りは一層苦しくなっていきました。
それから間もなくのこと、売掛先の1社が支払いに遅れ、入ってくるはずのお金が入ってこなくなりました。
A社の資金繰りは、収入・支出のバランスが少しでも崩れてしまうと回らなくなる状況です。
このままでは資金ショートに陥り、黒字倒産の危険さえあります。
メインバンクの沖縄銀行に相談したものの、良い返事はもらえません。

No.1のオンラインファクタリングを利用

そこでA社は、インターネットでファクタリング会社を検索し、No.1にファクタリングを申し込みました。
No.1のコンサルタントがヒアリングを実施し、A社の事情を踏まえて以下のようにご提案しました。

  • 支払いが数日後に迫っているため、スピーディに資金調達できる2社間ファクタリングを利用すること
  • No.1は沖縄に営業所を構えておらず、対面での取引が困難なためオンラインファクタリングを利用すること
  • 資金繰り改善のために、額面金額が大きく、回収サイトが長めの売掛金をファクタリングすること

A社はこの提案を快諾。
すぐにオンラインファクタリングに着手しました。
売掛先は全国展開のリゾートホテルであったため、信用力の高さを評価し、額面金額の3%でファクタリングすることに成功。
お申し込みから数時間後でのご入金となりました。
これによりA社は資金ショートを回避できました。
同時に、額面金額が大きい売掛金をファクタリングしたことで手元資金が厚くなり、資金繰り改善にも成功しています。

沖縄のファクタリングはNo.1におまかせ

沖縄でファクタリングをご利用の際には、ぜひNo.1におまかせください。
以下の通り、No.1には様々な強みがあり、沖縄の中小企業様・個人事業主様からご好評をいただいております。

手数料が安い

No.1の手数料は業界最安水準です。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の5~15%(相場は10~30%)
  • オンラインファクタリング:額面金額の2~8%(相場は3~10%前後)
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~5%(相場は1~10%)

他社よりもお安くご利用いただけます。
特に、初めてご利用いただくお客様には、初回買取手数料50%割引のキャンペーンも実施中です。
すでに沖縄のファクタリング会社をご利用中のお客様も、No.1へのお乗換えをご検討ください。
他社からお乗換えのお客様には、他社より高額買取を保証しています。

どこよりもスピーディにファクタリング

2022年4月現在、沖縄県内で営業するファクタリング会社は4社です。
それぞれの対応スピードは以下の通りです。

  • SSK:最短即日
  • ビジネスアシスト:1週間程度
  • ファーストプラン:最短即日
  • ファインディングラボ:最短翌日

最短即日で対応するファクタリング会社もありますが、「最短翌日」のように即日対応ができない会社もあります。
No.1の2社間ファクタリングは最短即日対応が基本です。
オンラインファクタリングをご利用いただく場合、最短60分での入金実績も多数あります。
緊急の資金調達はNo.1にお任せください。

対応力が高い

No.1は2016年の創業以来、多くの実績を積み重ね、対応力を磨いてきました。
あらゆる業種に柔軟可能ですが、特に建設業界に強みがあります。
No.1の「建設業特化型ファクタリングサービス」は、建設業向けのファクタリングでは売掛金の買取率No.1を誇ります。
建設業界に精通した弊社コンサルタントがサポートすることにより、お乗換えいただいたお客様の満足度は95%以上です。
このほか、No.1は法人だけではなく個人事業主への対応力にも定評があります。

オンラインファクタリング可能

現在、沖縄で営業しているファクタリング会社は、全てオンラインファクタリングを取り扱っていません。
したがって、契約の際には対面取引が基本となります。
対面取引不要を謳う会社もありますが、オンライン非対応であれば郵送などでやり取りすることとなり、資金調達スピードに問題が生じます。
スピーディに、対面不要でファクタリングするためにも、オンラインファクタリングがおすすめです。
No.1は、中小ファクタリング会社としてはいち早くオンラインファクタリングの導入に踏み切り、実績も重ねてきました。
オンラインファクタリングだからこそ、沖縄県内のファクタリング会社にとらわれず、より好条件でファクタリングできます。

コンサルティング可能

沖縄県内のファクタリング会社には、コンサルティングを提供している会社がありません。
もちろん、スタッフによるサポートは実施していますが、専門性は期待できません。
ファクタリングによって資金繰り改善を目指すならば、コンサルタントによる専門的なサポートが不可欠です。
No.1には、資金繰り専門のコンサルタントが複数在籍しています。
ファクタリングプランの提案、資金繰り改善のサポート、経営全般のトータルサポートなど、なんでもご相談ください。

まとめ:沖縄だからこそファクタリングの活用を!

この記事でも紹介した通り、沖縄は産業構造や金融環境が特殊です。
特に、金融機関のほとんどが沖縄地盤の地銀・信金であり、他県の銀行はほぼ皆無に近いため、銀行融資が難しい環境にあります。
だからこそ、沖縄の企業はファクタリングの活用をおすすめします。
沖縄に営業所を構えているファクタリング会社は限られますが、オンラインファクタリングを使えば全国どこからでも好条件でファクタリング可能です。
実際に、No.1のオンラインファクタリングサービスは、沖縄の中小企業様・個人事業主様からも多数のご利用をいただいています。
沖縄でファクタリングをご利用の際には、No.1までお気軽にお問い合わせください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top