ファクタリング会社Aで審査落ちしてもファクタリング会社Bで審査が通った。その理由は?

ファクタリング会社Aで審査落ちしてもファクタリング会社Bで審査が通った。その理由は?

ファクタリングをサービスとして展開している会社は多く、メガバンク系や都市銀行系も同じようなサービスを展開しています。

そのため、場合によっては、一度ファクタリング会社に申し込みをして審査落ちとなったにもかかわらず、別のファクタリング会社で審査が通るということもあります。

どうしてそんなことが起こるのでしょうか。

別会社のファクタリングなら通る理由 メガバンク系・都市銀行系→民間系の場合

別会社のファクタリングの審査が通った事例として、非常によくあるのが、最初にメガバンクや都市銀行系のファクタリング会社にファクタリングを申し込んだのちに、民間のファクタリング会社にファクタリングを申し込む場合です。

これは、メガバンクや都市銀行系の審査が、ファクタリングに必要な審査とは違った観点が出てくるからといわれています。

メガバンク系や都市銀行系は、ファクタリングを窓口として、最終的には口座の作成や取引・融資など他のサービスの紹介に繋げようとしてくる傾向にあります。

そのため、ファクタリングにもかかわらず、ついでとばかりに、ファクタリングを申し込んだ企業の経営状況なども審査にかけてしまうのです。

ファクタリングは、そもそも申し込み企業の経営体力などはあまり問題にならず、ファクタリングに利用する売掛債権の性格や、売掛先企業の社会的信用性を重んじます。

そのため、本来ならば融資などを受けることが出来ないような経営状況でも利用できるのが大きな特徴のはずです。

にもかかわらず、メガバンク系や都市銀行系のファクタリングサービスは、このメリットを完全にかき消してしまっているのが現状です。

結果として、審査が非常に長引いてしまったり、売掛先企業が一部上場企業などの優良企業であっても審査落ちしてしまったりすることが良くあります。

その後、民間のファクタリング会社にファクタリングを申し込むと、思った以上にスムーズに取引が進むということは本当によくあることだということを覚えておきましょう。

別会社のファクタリングなら通る理由 民間系→民間系の場合

ファクタリングを利用する際の審査において、注目されるポイントはいくつかありますが、特に重んじられるのは以下の3点です。

・売掛債権が現金化されるまでの期間(短いほうが評価が高い)
・売掛先企業の社会的信用性
・申し込み企業と売掛先業との関係性(友好な関係なほど評価が高い)

この3点ですが、業者によっては、どこを重んじるかは違ってきます。

当然、最もポイントが高いのは売掛先企業の社会的信用性ですが、他の二つに関しては、評価基準が明確に定まっていないのです。

つまり、最初の民間系のファクタリング会社の審査は落ちてしまったが、次の民間系のファクタリング会社の審査が通ったという場合は、他の二つの評価に対するプライオリティが逆転していた可能性があります。

加えて、現金化されるまでの期間については、多少手数料を上乗せすることによって審査通過をしてくれる業者も少なくありません。

ファクタリングの審査は、一般的に言われていることはいくつかありますが、その軸やプライオリティは絶対ではないのです。

まとめ

ファクタリングの審査は、融資の審査などに比べると、まだまだ公になっていないことも多く、絶対これと言い切れるものはあまりありません。

そのため、会社によってその審査のハードルや評価軸に違いが出てきてしまうのです。

ファクタリングについては、一度審査落ちしてしまったからといってあきらめる必要はないといえます。

他のファクタリング会社のサービスもぜひ利用してみてください。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら