DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング ・ 未分類

ファクタリングで即日入金を実現するために利用したい東京のファクタリング会社7選!これで大丈夫!

ファクタリングは新しい資金調達方法として注目されています。融資とは異なり、迅速な資金調達が可能です。そのため「即日資金調達可能」とアピールしているファクタリング会社も増えています。

即日入金されるファクタリングを期待する場合、東京が有利なのでしょうか?

東京には日本で一番多くのファクタリング会社があります。それだけ多ければ競争などによって、即日資金化可能なファクタリング会社もあるはずです。

今回は、東京、あるいは東京近郊で事業を行っている方が、即日資金化可能なファクタリング会社を利用したい場合、どのようにすればよいのか解説します。また、具体的に即日資金化可能なファクタリング会社を紹介します。

その中でぜひみなさんの希望に合ったファクタリング会社を選んでください。東京ならばそのチャンスも多いはずです。

また地方在住の方も、競争が多い東京のファクタリング会社を利用する方法があります。地方の事業者の方も東京のファクタリング会社を利用し、即日資金化することもできます。むしろ東京のファクタリングを利用した方が即日資金化になるケースもあります。

今回は即日資金調達可能な東京のファクタリング、および東京のファクタリング会社について多角的に検証していきます。

新宿、渋谷、池袋、3つの街を中心に発展する今の東京

東京都内、特に23区はいくつもの大きなターミナルがあります。その中でも新宿、渋谷、池袋を中心に発展しているのは周知のとおりです。

当たり前の知識かもしれませんが、改めて新宿、渋谷、池袋がどのような特徴を持っているのか概観してみましょう。

新宿、渋谷、池袋の場所

新宿、渋谷、池袋ともに東京の「副都心」と呼ばれるところになります。具体的には、東京23区の西部にあり、政治、経済の中心地である丸の内や霞が関とは少々離れています。

ファクタリング会社は経済の中心である丸の内や霞が関よりもこれらの街に多くあります。新宿には東京都庁がありますが、どちらかと言うとこの3都市は、商業や娯楽、文化の中心地と言っていいと思います。普通の人が丸の内や霞が関に行くことはあまりありませんが、新宿、渋谷、池袋に行く人は多いと思います。

この3都市ですが、ご存じのように山手線の主要駅として知られています。山手線の各駅間の時間ですが

池袋→7分→新宿→9分→渋谷

となっています。それぞれの駅間は10分以内で行くことができるので、それほどの手間ではありません。ただし、どの駅も広く、非常に混んでいるため、駅ナカで迷子になってしまう人もいます。ある意味、日本最大の「迷宮」が3つあると言えるかもしれません。

どの駅にも山の手線をはじめ、埼京線などのJR各線、私鉄各線、地下鉄(東京メトロ、都営地下鉄)が乗り入れています。特に、新宿、渋谷、池袋の混雑を解消するために作られた「東京メトロ副都心線」はまさに副都心であるこの3駅を結ぶもので、途中駅にも停まり、直通運転で横浜中華街まで延びているため、横浜に住んでいる人も1本で行きやすく、アクセスは非常に便利です。

新宿の地理的特徴

東京都新宿区にあります。ただし南口にある高島屋などの住所は渋谷区になるため、新宿区の南端付近が「新宿」という町だとイメージしてください。

多くの鉄道が乗り入れしている東京の大動脈です。新宿駅はたいへん広く、西口と東口、南口を間違えると大変なことになります。新宿駅の1日平均乗降者数は約342万人(2015年)であり、世界一(桁違いに)人が行き交う駅です。その周囲の町も常に人であふれかえっています。総武線や地下鉄新宿線で千葉方面からも来やすくなっています。

大久保寄りには日本最大の歓楽街「歌舞伎町」があります。かつては治安が日本一悪い町として知られていましたが、条例などによって取り締まりが強化されて、現在では普通に中を通ることができるようになりました。

ファクタリング会社は新宿に多く開業しています。

渋谷の地理的特徴

東京都渋谷区にあります。渋谷駅の1日の平均乗降人員は約230万人で、新宿、池袋、梅田(大阪)に次いで日本4位の人が行きかう駅になります。JR線のほか、地下鉄半蔵門線、銀座線、京王井の頭線が乗り入れています。

「SHIBUYA 109」や道玄坂など若者ファッション、文化の中心地として知られています。ワールドカップ絡みのサッカーの日本戦があったときなどスポーツイベントで混雑します。

町自体が若いため、ファクタリング会社も若い人向けのところが多いようです。かつては「給料ファクタリング」の店舗もありました。他の駅と比較して、駅を出てから迷ってしまうのが渋谷です。特に坂道が多いので、一度上ってしまうと戻りにくくなります。

池袋の地理的特徴

東京都豊島区にあります。池袋駅全体の1日平均の利用者数は約262万人で、日本2位。東京都内の人だけではなく、埼玉県民が東京都内に行くときには通過する駅になります。JR線のほか、地下鉄、私鉄の東武、西武が乗り入れています。

家電量販店のCMにもありますが、「東口→西武百貨店」「西口→東武百貨店」ですので間違えないようにしてください。最近ではアジアからの観光客や現地の人のコミュニティが形成されています。

「おばあちゃんの原宿」である巣鴨にも近いため、渋谷とは逆で町の年齢層は高めになっています。家電量販店が集積していて買い物をするには便利な街です。

東口、西口それぞれに百貨店などがあり、繁華街も形成されています。

3都市のイメージは?

以上、新宿、渋谷、池袋について以下で簡単にイメージをまとめてみましょう。

新宿:利用者日本1位。あらゆるものが集積する。千葉方面から来やすい。年齢層は普通
渋谷:利用者日本4位。おしゃれで若い町。横浜方面から来やすい。年齢層は若い
池袋:利用者日本2位。少し猥雑な感じがする。埼玉方面から来やすい。年齢層は高め

3都市で結構違うイメージがあります。そして共通するのはどれも非常に大きな町なので、すぐに迷ってしまうことです。ファクタリング会社も多数ありますが、迷って時間がかかってしまうと、即日資金化になりません。

これらの街に詳しくないのであれば、後述のように、オンラインファクタリングも使って、即日資金化、迅速な資金調達にチャレンジしてください。

東京のファクタリング会社数をチェックしよう

まず東京都内に現在どのくらいのファクタリング会社があるのか、簡単にチェックしておきましょう。

ファクタリング会社はその開業にあたっては、銀行や消費者金融のように許認可制ではないため、正確な数の把握は難しくなっています。

ホームページを持ち、「ファクタリング」と謳っている東京都内の「ファクタリング会社」はおおよそ100社を超えるくらいになっています。

それ以外にもファクタリングメニューを提供している東京の会社はあるかもしれません。ただし、ファクタリングは融資ではなく参入障壁が低いので、悪徳業者やヤミ金融、反社会的勢力などのフロント企業が混ざっている可能性も否定できないので、しっかり選ぶことが大切です。

銀行や消費者金融の場合、開業にあたり許認可があり、その許認可番号が掲げられているので、それを選べばまず大丈夫ですが、ファクタリングはそのようにいかないので注意が必要になります。

ファクタリング手数料やファクタリング条件について規定した法律がないので、民法の自由な契約が優先されます。よほど公序良俗に反するような契約でない限り、利用者不利でも合法になるのでご注意ください。

ちなみに、東京都内で利用できる「金融機関」(銀行)については以下になります。

  • 都市銀行:4行
  • 地方銀行:75行
  • 信託銀行:4行
  • ネット専業銀行・外資系銀行:6行
  • 信用金庫:31行
  • 信用組合:19行
  • 農協:15行
  • ゆうちょ銀行
  • 日本政策金融公庫(政府系金融機関)
  • 商工中金
  • 日本政策投資銀行

150行超(158行)あるのですが、地方銀行の支店などもあるため、本店機能を持つ銀行はそこまでありません。

メガバンクは中小企業や個人事業主にとっては使いやすい銀行ではないため、意外に選択肢が限られます。銀行や信用金庫も東京ならばいくらでも選択肢がある、というわけではないようです。

次に消費者金融ですが、

「ITmedia:消費者金融が多い都道府県 3位「福岡県」、2位「東京都」、1位は?」によると東京都内に20社あります。

消費者金融で迅速な資金調達のため即日融資を希望した場合も、それが叶うのはレアケースです。

消費者金融は数が少なく、意外に選択肢にならないかもしれません。

<東京都内で利用できる事業者数>

  • ファクタリング会社:約100社
  • 銀行、信用金庫等:150行超
  • 消費者金融(ノンバンク):20社

これをおぼえておいてください。ファクタリング会社もかなり選択肢として有望だということがわかります。

ファクタリングと融資の審査基準の違いを知り東京でファクタリングするメリットを感じよう

融資とファクタリングではそもそもどのようなことが異なるのでしょうか?融資の方が使いやすいならば、店舗の多い東京都内ならば問題なさそうですが、必ずしも融資の方が優れていると言えない事情もあります。

融資とファクタリングの審査基準の違いを表にしました。

ファクタリングの審査基準 融資の審査基準
売掛先(取引先)の信用力を重視する
財務内容はそれほど問われない
決算が悪くても売掛債権(売掛金)(売掛金)があれば可能
信用情報照会無し
消費者金融からの借入があってもOK
最短即日のポイント審査
申請者(事業主様)の信用力を重視する
財務内容重視、借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
信用情報照会で厳しくチェック
消費者金融からの借入があると厳しい(大幅減点)
最短でも半月、長ければ1か月のじっくり審査

ファクタリングと融資では審査基準が異なります。売掛債権(売掛金)が存在しないとファクタリングは利用できません。そもそも審査する対象がありません。

飲食店や小売店で現金専門の場合、ファクタリングは利用できません。何らかの売掛債権(売掛金)が存在することが、ファクタリング審査に入る最低条件になります。

その他、信用情報調査、信用情報照会の有無や審査時間が違います。融資の場合、幾ら短くても半月程度かかります。

即日資金化可能なファクタリングとは大きく異なります。即日お金が必要な方は、融資はそもそも選択肢にならないことに注意してください。

ファクタリングが即日資金化できるのは審査が緩いからなのか?

ファクタリングの審査に時間がかからない、即日資金化なのは審査が緩い、甘いからなのでしょうか?甘いならば、東京はファクタリング会社が多いので「大盤振る舞い」して集客しているのでしょうか?

ここでファクタリングの審査について改めてチェックしておきましょう。

  • 売掛先の信用力を重視
  • 信用情報照会がない
  • 申込人の信用力は売掛先よりも後の評価
  • AIなどコンピューターによる審査が進む、スコアリングシステムなども一部導入
  • 結果的に審査が早くなり即日資金調達可能なものもある
  • 銀行法や貸金業などの法的規制を受けない。民法をもとにした債権譲渡契約になる
  • 「総量規制」やビジネスローンの1000万円上限がない
  • 3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングより審査が緩い

現在のファクタリング審査は、AIなどコンピューターも活用し、審査のオートメーション化が進んでいます。そのほか、スコアリングシステム(過去に申し込みがあった他の同業種と比較して得点化する)なども一部用いられています。

ファクタリングは融資ではないので、決まりきった審査基準がなく、ファクタリング会社の裁量があります。「これを審査しなければならない」という縛りが融資と比べて薄く、それが即日資金化につながっています。

ファクタリング審査は甘い、緩いわけではなく、ファクタリング会社の裁量と責任にゆだねられていることが原因です。

それぞれのファクタリング会社は自社の責任と顧客サービスの中で、迅速かつ低リスクな審査を行い、即日資金化を可能にしています。

東京で即日資金化できるファクタリング会社の特徴を整理しよう

東京にあるファクタリング会社の中で即日資金化できるところに共通する点をチェックしておきましょう。東京には100社ファクタリング会社があるので、その中で特徴に当てはまるところへ申し込みすればOKです。

審査前に以下の特徴をしっかりチェックしておきましょう。

審査に必要な書類が少ない

ファクタリング審査に必要な書類が少なければ、それだけ即日資金化に近づきます。最低限の書類のみを提出して、迅速な審査をするのが望ましい結果になります。評価が高いファクタリング会社は、余計な書類を求めずスマートに審査します。

ファクタリング会社が事業主様に提出を求める最低限の書類は以下になります。

  • 売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 銀行の通帳(売掛債権(売掛金)(売掛金)の入金確認のため)
  • 売掛契約が発生する旨の契約書
  • 確定申告書、決算書(それほど重視しない)
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これ以上のものを求めては迅速な審査につながらず、即日資金化も難しいでしょう。東京都のファクタリング会社はこれら必要最小限の書類のみを求めるところがあり、ぜひそこに申し込みしましょう。

3社間ファクタリングではなく2社間ファクタリング

ファクタリング手数料を考えると3社間ファクタリングの方が良いのですが(3社間ファクタリングの手数料は安い)、3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングからファクタリングの同意要請(債権譲渡通知)が必要になります。

当然、即日資金化はこれではできません。

しかし、事業主様(債権者)とファクタリング会社のみで完結する2社間ファクタリングの場合、即日資金化が可能になります。当事者間で合意できれば、その日のうちにファクタリングが完了し、買い取り料金の振り込みまで可能になります。

これは2社間ファクタリングだから可能なことです。即日資金化には2社間ファクタリングの契約が必須となります。

少額、小口の買い取りでファクタリング会社のリスクを下げる

高額融資の場合と同じように考えてください。金額が高くなる場合、審査が厳しくなります。しかし、少額ならば何かあってもファクタリング会社が引き受けるリスクが低くなります。

即日資金化を目指す場合、必要最小限の金額をお願いした方が迅速な審査につながります。100万円の売掛債権(売掛金)買い取りと、1000万円の売掛債権(売掛金)買い取りでは、前者の方がファクタリング会社のリスクが低く、迅速な審査、即日資金化につながります。

売掛先が個人ではなく誰もが知っている法人である

ファクタリングする売掛債権(売掛金)の売掛先が法人ならば、法務局で商業登記簿謄本を取得できるため、どこの誰が経営しているかわかります。

特に著名な法人であれば、登記簿謄本を取得するまでもなく、社会的信用があり、ファクタリング審査も迅速に進みます。

一方、売掛先が個人事業主の場合、本当に信頼できる相手かどうかわからないため、審査に時間がかかります。

売掛先が法人、それも著名な法人であるほど、即日資金化に近づきます。東京には有名企業が多いので、そうした先が取引先ならば、即日資金化が可能です。売却する売掛債権(売掛金)は、まず著名な法人が宛先のものを優先させましょう。

オンラインのみで手続きが完了するオンラインファクタリングを選ぶ

東京には多くのファクタリング会社があるので、その中でオンラインファクタリングできる会社を探します。

オンラインファクタリングならば、審査の時間や面談の設定を大幅に簡略化、省力化でき、即日資金化がやりやすくなります。

東京の事業主様の場合、店舗に行った方が早いケースもあります。そこは事前にいくつかファクタリング会社をピックアップしておくと、対面なのかオンラインファクタリングなのか選べます。

遠隔地にお住まいの方が東京のファクタリング会社を利用する場合は、必然的にオンラインファクタリングになります。

<オンラインファクタリングの必要書類>

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これらの書類についてPDF化、あるいは画像化してデータをファクタリング会社に送ります。メール添付やアップロードなどファクタリング会社指定の方法でお願いします。

その後、以下の流れでオンラインファクタリングの手続きが進みます。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

ファクタリング会社によって若干の違いはありますが、おおむねこのような流れで進みます。

オンラインファクタリングはZOOMなどのビデオ会議ソフトを使用します。使用に際してお金はかかりませんが、少なくともWi-Fi環境は必要になります。

パソコン+WEBカメラがあると望ましいですが、スマホでもできます。スマホの場合、通信速度や通信容量の関係で、Wi-Fiは必須になります。

自宅ではなくネットカフェなどでも構いませんが、データ管理についてはきちんとお願いします。うっかりデスクトップに残すことがないようにお願いします。

ファクタリング会社が東京都内、事業主様の近くであれば、データをUSBなどに入れて持ち込むという方法もあります。ファクタリング会社に聞いて最も即日資金化可能な方法にしてください。

即日資金化可能な東京都のファクタリングの特徴まとめ

東京都内にはファクタリング会社が多く、即日資金化を求める場合、多数の候補から選べます。可能な限り迅速で、即日資金化可能なファクタリング会社を選びましょう。

そのためには即日資金調達可能なファクタリングの特徴、ポイントを押さえておきましょう。

即日資金化を実現するためのポイント、まとめとして

  • オンラインファクタリングが可能なこと(よほど東京都内で店舗が近い場合は例外)
  • 2社間ファクタリング
  • 必要書類が少ない
  • 売掛先が(著名)法人
  • ファクタリング希望額がそれほど多くない

となります。ファクタリング会社側の条件と、事業主様側が用意する契約書の宛名(売掛先)などの要件がかみ合うと、すぐに審査が行われ、迅速な資金調達、即日資金化につながります。ぜひ下にある東京のファクタリング会社の中から、即日資金化可能なファクタリング会社を探してみてください。

必要書類が少なすぎるのもかえってリスクありなので注意しよう

即日資金化可能なファクタリングの1要素である、「必要書類が少ない」ですが、あまりに必要書類が少ないと逆に問題となる可能性があります。

ファクタリングは民法上の契約行為なので、当事者間で合意できれば問題ないのですが、書類が少ない=証明するものが少ないということでもあります。

ファクタリング会社が悪徳業者であった場合、「これについて確認できなかった。信用調査会社を使ったので追加費用を払って」(実際は使っていない)などと請求される可能性があります。あるいは、「問題があり調査に手間取ったので手数料を上げる」などです。

ファクタリング会社が「誰でも簡単に買い取ります。即日OK!すぐに買い取りします」という謳い文句を付けている場合は、逆に注意してください。

ファクタリング会社は融資と異なり、許認可制ではないので、必要書類を少なくして、後払いで請求するところがないとも言えません。結果、即日資金化どころか、いつまで経っても資金化できない恐れが出てしまいます。

東京在住の方も実際に店舗に行く必要はない!オンラインで完結した方が即日資金化につながる

このように「必要書類が少ない」「できれば法人が売掛先の売掛債権(売掛金)(売掛金)のファクタリングを少額」「債権者とファクタリング会社で完結する2社間ファクタリング」「多少手数料が高めなのは気にしない」ということが、ファクタリング審査を早くして即日資金化につながる条件になります。

東京都内には、これらを満たすファクタリング会社がいくつもあります(具体的な社名は後述します)。しかし、実際に事業所の近くにファクタリング会社があっても、店舗へ行き書類のやり取りや面談をするとどうしても時間がかかってしまいます。

そこで利用したいのが、ファクタリング手続き、面談、入金がすべてオンラインで完結するオンラインファクタリングです。オンラインファクタリングならば、どこにいてもリアルタイムに手続き可能です。

ファクタリング会社の店舗が徒歩県内にあるなど、東京だからありうる特別な事例を除けば、東京都内であってもオンラインファクタリングを基本に、即日資金化可能なファクタリング会社を探してください。

きっと素晴らしい条件で即日資金化できる東京のファクタリング会社が見つかるはずです。

即日資金化のためぜひ利用したい!東京のファクタリング会社7選

東京にあるファクタリング会社で、即日資金化に適しているところを紹介します。それぞれ若干サービスや条件が異なるため、事業主様の希望に合わせてお店選びをしましょう。

紹介している順におすすめできるファクタリング会社になります。

1.株式会社No.1

東京(池袋)や名古屋などに店舗を持つファクタリング会社です。老舗ファクタリング会社として口コミ評価も高く、個人事業主やフリーランスの方向けのプランもあります。

業界最低水準の手数料で即日買い取りいたします。登記の留保など柔軟な対応が可能です。

幅広い事業主様にご利用いただけるおすすめのファクタリング会社になります。

東京都内住所 〒171-0014 東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3F
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
買い取り手数料率 1%~15%
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 最短30分
審査通過率 90%以上
買い取り可能金額 50万円~5000万円(個人事業主、フリーランスはさらに下限が下がることも)
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://no1service.co.jp/

2.一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング業者ですが、「会社」ではなく「一般社団法人」という形態で事業を行っています。一般社団法人なので会社よりも公益性があり、より利用者本位の運営を行っています。

日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局長及び関東経済産業局長から、経営革新等支援機関として認定を受けています。

経営革新等認定機関とは国や自治体の補助金申請の際に、条件になる、あるいは加点要件になるもので、資金調達に際してプラスになるサポートです。

ファクタリング会社は民間会社というイメージがありましたが、この機関のように公的な意味合いを持つところもあります。

個人事業主も利用できますが、売掛債権(売掛金)の宛名、売掛先は法人のみが対象で、個人事業主が売掛先の売掛債権(売掛金)ではファクタリングできません。その点は小規模な個人事業主は利用できない可能性があります。

東京都内住所 〒105-0011東京都港区芝公園1丁目3-5 ジ-・イ-・ジャパンビル 2階
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
買い取り手数料率 1.5%~10%
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 最短3時間
審査通過率 95%以上
買い取り可能金額 上限、下限なし
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://chushokigyo-support.or.jp/

3.ビートレーディング

ビートレーディングは、東京をはじめ仙台・名古屋・大阪・福岡に支店を持つ、全国展開しているファクタリング会社です。

取引実績は月間契約数1,000件以上、累計買取金額は1,170億円を超える規模(2023年9月時点)になっています。

オンラインファクタリングやスピード審査を売りとしていて、申し込みから入金まで最短2時間で完了します。個人事業主やフリーランスも利用可能です。

見積もりについても、メールやLINEで提出できますので、東京の他のファクタリング会社との合い見積もり用に使い勝手が良いです。

大きな特徴として「将来債権」である「注文書ファクタリング」も利用できます。注文書ファクタリングは2020年の民法(債権法)改正によって、民法に将来債権の譲渡が規定されたことで、メニューに加えるファクタリング会社が増えていますが、東京でもまだそこまで注文書ファクタリングの取り扱いは多くありません。

請求書はないけど、注文書ならある、とにかく即日資金化したい場合は、この会社に相談すると良いでしょう。

東京都内住所 〒105-0012 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、注文書ファクタリング
買い取り手数料率 2%~12%
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 最短2時間
審査通過率 非公開
買い取り可能金額 上限、下限なし
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://betrading.jp/

4.ベストファクター

即日買い取り(専門)を売りにしているファクタリング会社です。建設業や物流業の利用者が多いファクタリング会社です。年間の相談件数は1万件弱、年間の利用者数は1000件となっています。

柔軟な審査が可能で、即日買い取りを会社のモットーにしています。個人事業主も大丈夫です。即日買い取りのためのシステムも構築していて、HP上からさまざまな手続きが可能です。電話相談も積極的に受け付けているので、ぜひお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

東京都内住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目6−1 新宿エルタワー 24階
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
買い取り手数料率 2%~
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 最短24時間(以内)
審査通過率 非公開
買い取り可能金額 30万円~1億円
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://bestfactor.jp/

5.OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)は、提携銀行数が最も多いファクタリング会社です。また、10,000事業者が利用しており、累計申込金額は1,000億円を超えるなど巨大なファクタリング会社になっています。

OLTA(オルタ)は2社間ファクタリング限定で、3社間ファクタリングは実施していません。即日資金化、迅速な資金調達のため、オンラインですべて完結します。店舗での対面契約はしません。また、オンライン面談もよほど必要な場合を除き原則不要です。

迅速かつ、面談を避けたい即日資金化を目指している場合、OLTAが有力な選択肢に入ります。

OLTAは個人事業主やフリーランスの方も利用可能です。ただし、開業届を提出していることや、4か月以上の入出金実績(通帳で確認)が必要になります。

東京都内住所 〒107-6004 東京都港区赤坂1丁目12−32 アーク森ビル 4F(店舗での手続き不可)
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング(のみ)
買い取り手数料率 2%~9%
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 24時間以内も可能
審査通過率 非公開
買い取り可能金額 上限、下限なし
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://www.olta.co.jp/

6.FREENANCE

GMOグループの子会社が運営する個人事業主やフリーランスに特化したファクタリングです。個人事業主、フリーランスに利用者が限定されています。

ファクタリング以外にも、屋号やペンネームでの口座開設やトラブルの補償、フリーランス向け保険などさまざまなサービスを行っています。

「フリーナンス口座」という専用口座を用意すると、即日資金化が可能になります。メインバンクとは別にフリーナンス口座をつくるので、人によっては面倒になるかもしれません。

フリーナンス口座がなくても取引できますが、その場合手数料が高くなります。

2社間ファクタリング限定で、オンライン上ですべて完結します。

ファクタリングの手数料は、サービスを利用すればするほど安くなります。ファクタリング会社というよりも、個人事業主、フリーランス総合サポートとイメージした方が良いかもしれません。月会費がかかるプランもあります。都度利用ではなく、ファクタリング以外も含めて「保険」のように使うことになります。

東京都内住所 〒150-8512東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー(店舗での手続き不可)
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
買い取り手数料率 3%~10%(フリーナンス口座がない場合10%固定)
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 最短24時間以内
審査通過率 非公開
買い取り可能金額 1万円~25万円
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://freenance.net/

7.大黒屋(D-ファクタリング)

ファクタリング会社の老舗大黒屋です。特に最近ではオンラインファクタリング部門を拡充し、即日資金化を強くアピールしています。

業界内でも最安レベルの手数料が特徴で、0.5%〜で売掛債権(売掛金)を買い取ります。ただし、サポートは弱く、すべて自分でできる人でないと時間がかかってしまうでしょう。

審査や振り込みまでのスピードもあり、審査最短30分、入金まで最短1時間です。即日資金化を目指している事業主様の場合、最短1時間というのは大きなメリットになります。

売掛債権(売掛金)のファクタリングだけではなく、「でんさい」(電子記録債権)の取り扱いもある希少な会社です。貸金業許可(福岡財務支局長(3) 第00175号)もあるので、「融資」とみなされる、動産担保融資、給料ファクタリングなどのメニューにも対応している可能性があります。

幅広い資金調達のためにはぜに知っておきたい会社です。

東京都内住所 〒105-0022 東京都港区海岸1丁目2−3 汐留芝離宮ビルディング 21階
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
買い取り手数料率 0.5%~
即日資金化可能か? 可能
入金までの時間 最短1時間
審査通過率 98%
買い取り可能金額 上限、下限なし
オンラインファクタリングの可否 可能
対応エリア 全国各地
ファクタリング会社HPURL https://www.dai-kokuya.co.jp/factoring.php

このように東京都内にはさまざまな特徴を持つ即日資金化可能なファクタリング会社があります。

BtoB限定、個人事業主・フリーランス向け少額、面談不要、ファクタリング以外のメニューの取り扱いあり、など個性豊かなファクタリング会社があるのも、100社以上存在し競争がある東京ならではです。

事業主様のニーズをくみ取れるファクタリング会社はあります。それを探してください。オンラインファクタリングに対応しているところが多いので、地方在住の方も利用できるファクタリング会社があります。

地方在住の方が東京のファクタリング会社で即日資金化するポイントは「オンラインファクタリング」

地方の方が地元のファクタリング会社を利用しなければならないという決まりはありません。ファクタリングは融資ではないので、地元の地方銀行や信用金庫を利用しなくても、資金調達可能です。

北海道や沖縄の事業主様が東京のファクタリング会社を利用しても何の問題もありません。ファクタリングは当事者間の自由な契約行為ですので、どこに住んでいても東京のファクタリング会社と契約可能です。

東京のファクタリング会社数は冒頭で挙げたように非常に多く、その競争で生き残っているので、条件も利用者にとってメリットが大きくなっています。手数料が安い、買取率が高い、少額でも利用できるなどサービスのクオリティが高くなっています。

そして何より、即日資金化を考えた場合、東京のファクタリング会社を利用した方が良いです。数が多いということは迅速性に重きを置いたファクタリング会社もあり、そうしたファクタリング会社に依頼すれば、即日、その日の早いうちに資金化できます。

それを可能にするのがオンラインファクタリングです。オンラインで書類提出、手続き、面談まで完結させます。

オンラインファクタリングならば場所を問わないので、地方どこにお住いの方も利用できます。苛烈な競争の中で生き残っている東京のファクタリング会社を利用することで、より有利な条件で即日資金化できます。

歩いて数分のところにあり、オンライン面談のためZOOMをセッティングするよりファクタリング会社の店舗に来てもらった方が早い、など個別ケースによっては、オンラインファクタリング以外の対面手続きの方が早いこともあります。

これは依頼するファクタリング会社と相談になりますが、基本的にオンラインファクタリングできる会社の方が、即日資金化につながります。

地方のファクタリング会社の場合、即日資金化できても、手数料が法外に高いなどデメリットが大きすぎますが、東京の今回紹介のファクタリング会社ならば、手数料も適正であり、即日資金化と安い手数料など条件面の良さが両立できます。

ぜひ、全国どこにお住まいの事業主様も、東京のファクタリング会社でオンラインファクタリングによって、条件の良い即日資金化を実現させてください。

東京で即日資金化を目指す場合、数多いファクタリング会社の中でも株式会社No.1がおすすめ

東京のファクタリング会社は多く、当然競争が発生しています。競争の中で、利用者本位のファクタリング条件、ファクタリングメニューになり、その結果、事業主様にとって非常に使い勝手の良い資金調達方法にファクタリングが変わっています。

即日資金化を目指す場合、競争が激しい東京のファクタリング会社を利用するのは、とても理にかなっています。

今回紹介した東京のファクタリング会社はどこも激しい競争の中生き残っている会社なので、とても使いやすいところばかりです。即日資金化の迅速性と低い手数料率が両立できます。

東京近郊の事業主様をはじめ、全国各地の事業主様もオンラインファクタリングを活用すれば問題なく即日資金化できます。

今回の東京のファクタリング会社で紹介した個別の会社の中でも、「株式会社No.1」によるファクタリングは特におすすめできます。

株式会社No.1のファクタリングは迅速で丁寧な対応、業界最安値レベルの手数料でとてもコスパが良いです。即日資金調達の可能性を上げるオンラインファクタリングも実施しています。

また東京都内(池袋)に本社があるため、お近くの方は来ていただいても構いません。可能な限り即日資金化になるよう努力いたします。

株式会社No.1のファクタリング手続きは、ファクタリング業界の中でも、必要不可欠なもののみの最低限の書類で、的確、迅速な審査を行います。

そして、可能な限り高く事業主様の売掛債権(売掛金)を買い取らせていただきます。即日資金化につながる迅速性、高い買取率、安い手数料と三拍子そろっていて、オンラインファクタリングに対応しているので、高評価いただけるはずです。

東京都内、東京近郊の事業主様だけでなく、全国各地の事業主様もぜひ当社株式会社No.1で即日資金化できるファクタリングを行ってください。

事業主様の要望が多い「即日資金化」をはじめ、安い手数料、使いやすいオンラインファクタリングなど評価いただける内容が多いのが株式会社No.1のファクタリングです。

株式会社No.1をご利用いただき、みなさまの経営改善にお役立てください。

何卒よろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top