資金繰り悪化の原因とファクタリングの関係とは?

資金繰り悪化の原因とファクタリングの関係とは?

ファクタリングを利用したい理由にはどのようなものがあるでしょうか?

もちろん資金繰りが悪化したからではありませんか?

会社にとって資金繰りの悪化はなんとしてでも避けなければなりません。

そもそも会社の倒産には黒字であるとか赤字である、ということは直接的に結びついてくることはありません。

なぜ倒産がおこるのかというと、会社に資金がなくなってしまうからなのです。

仮に大赤字になっていたとしても、会社に潤沢な資金があれば問題はありません。

大赤字をその資金で補填できるわけです。

一方で黒字であったとしても出ていく資金が多くなってしまえば、会社の資金が枯渇してしまいます。

一気に資金繰りが悪化することになってしまうわけです。

黒字倒産といった言葉を聞いたことはありませんか?

会社の資金がなくなったらどうなるでしょうか。

仕入先にも支払いができないので、取引先からの信頼を失ってしまいます。

従業員に給与も支払えません。

特にダメージが大きいのが不渡りです。(当座預金をもっている会社の場合)

手形の不渡りを起こしてしまうと、銀行から取引停止にされてしまいます。(半年間に2回以上の不渡りを出したケース)

この事実によって倒産に至るケースがほとんどなのです。

こちらではファクタリングにも関係してくる資金繰りの悪化原因を探ります。

売掛金の貸し倒れにより資金繰りが悪化する

・予定していた売掛金が入ってこない


自社だけが資金繰りが悪化するわけではありません。

取引先(売掛先)の資金繰りが悪化することもあるのです。

取引している最中に倒産してしまう、といったケースも珍しいわけではありません。

取引先(売掛先)に売掛金があったとしても、資金繰りが悪化したり倒産したりしてしまえば回収ができなくなってしまいます。

「売掛債権の貸倒れ」といった状況を生むことになってしまうわけです。

そこで注目してほしいのがファクタリングです。

ファクタリングは売掛金の貸し倒れを防ぐ方法としても広く認知され始めました。

ファクタリングは「償還請求権なし」に設定されているのです。

償還請求権なし、という事になれば仮に売掛金が貸し倒れてしまったとしても、自社に請求が来ることはありません。

貸し倒れのリスクはファクタリング業者が負うことになるわけです。

過去に売掛金が入ってこなくて大変な思いをしたことがある方は、ファクタリングの定期的な利用を計画しましょう。

特に信用出来ないと思っている取引先(売掛先)があれば、信用できるまで継続的にファクタリング利用を行うべきです。

経費の増大により資金繰りが悪化する

・日常的にかかってくる経費が経営の負担となる


会社にとって必須の支出となるのが経費です。

日常的にかかってくるので、経費過多になっている場合には、なかなか経営が上向くことはありません。

経費については様々なものがあります。

例えば人件費もその一つです。

店舗の家賃やオフィスの家賃といったものも経費となります。

経費の中には固定費と呼ばれるタイプのものもあり、削るのが難しいものもあるのです。

経費に対してしっかりと対応したいのであれば、ビジネスカード(法人カード)を利用するのも一つの方法です。

会社の経費を法人カードで支払うようにするわけです。

どれだけの経費を支払っているのかも簡単に把握できるようになります。

中には会計ソフトと法人カードの利用明細が連動しているものもあるのです。

経費の増大に頭を悩ませているのであれば法人カードの導入を考えておきましょう。

ちなみに人件費に関してはリストラをする、といった方法もあります。

しかし人件費を削りすぎると従業員のモチベーションを下げることになるので、やりすぎは禁物です。

仮に想定以上の退職者が出てしまうと、今後は求人にかかるコストが発生するのです。

本末転倒のような状況にもなりかねないので注意してください。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら