DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

実は関西圏!?徳島県のファクタリング事情とファクタリングする方法を解説していきます

四国各県は相互になかなか行けない地理的な位置にあります。かといって、本州へ出るのも瀬戸内海を越えないといけないのでなかなか大変です。

今回紹介する徳島県は、四国4県の中では南東に位置します。実は徳島県は四国の中ではいちばん関西地方と結びつきがあり、交通アクセスも(比較的)容易な場所にあります。

その徳島県の事業主様が急な資金需要に迫られたときには何をすれば良いのでしょうか?今回は徳島県においてファクタリングで資金調達する場合の特徴や方法について考えます。

関西へのアクセスが比較的容易な徳島県ですが、ファクタリングで資金調達する場合、関西方面まで出なければならないのでしょうか?今回はこの辺りの事情や資金調達の対策法について解説します。

徳島県の産業、地理、交通などの特徴をまとめました

まず徳島県でのファクタリングを考えるうえで、徳島県がどのような県なのか確認しておきましょう。徳島県は江戸時代までの令制国では阿波国(あわのくに)と呼ばれていました。阿波踊りもここからネーミングされています。

徳島県は大鳴門橋・明石海峡大橋や南海フェリーなどの交通網があり、淡路島経由で関西との結びつきが強くなっています。四国の他県よりも兵庫や大阪と文化的な結びつきがあります。

徳島県のローカルテレビ局は「徳島放送」のみですが、その代わり関西広域局の電波が入り、四国の中でも唯一、ケーブルテレビに入らなくても、大阪(関西)のTVが映ります。

そのような徳島県の特徴をまとめました。

徳島の文化~徳島県と言えば阿波踊り

徳島県と言えば何と言っても阿波踊りです。徳島の文化、徳島の命、徳島の宝だと言われています。

阿波踊りは徳島の伝統的な盆踊りで、毎年夏に行われるお祭りで、江戸時代より400年の歴史があります。徳島県の代表的な文化的イベントです。多くの人々が浴衣や甚平を着て踊り、その躍動感あふれる様子は国内外から多くの観光客を魅了しています。

阿波踊りをめぐり政治的な対立もあります。単なるお祭りを超えているのが阿波踊りです。

また、徳島の新しい文化として「マチアソビ」があります。「マチアソビ」とは、徳島市で年に数回行われる、アニメやゲームなどのポップカルチャーにフォーカスしたイベントです。新しい文化として多大な経済効果をもたらしています。

このイベントでは、コスプレやイラスト、音楽、映像など、さまざまなジャンルのクリエイティブな活動が展示やパフォーマンスとして行われます。『鬼滅の刃』を制作したufotableが徳島の会社で、同社バックアップのイベントでしたが、この開催についても政治的対立があるようです。

徳島県の産業

徳島県の産業では農作物(すだち、にんじん、鳴門金時など)と畜産(阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏)、化学工業が有名、盛んです。

徳島県は温暖な気候と豊かな水源を活かして、柑橘類(特に「阿波晩柑」やすだちが有名)、麦、サツマイモ、野菜などの生産が盛んです。また、徳島県は日本で最も蓮根の生産量が多い都道府県でもあります。

徳島県は太平洋に面しており、鰹、アジなどの豊富な魚が獲れます。漁業だけではなく、魚の養殖業も盛んで、ブリやハマチなどの魚類が生産されています。

徳島県には化学工業や機械製造業などの工場が集積しており、産業の多様化が進んでいます。特に、化学工業では大塚製薬や王子製紙など有名な企業の工場があります。

観光業も徳島県の重要な産業です。阿波踊りや四国八十八箇所(お遍路)などの観光名所があり、年々観光客数が増加しています。

徳島県の地理

徳島県は四国地方の南東部、東部に位置していて、地理的な特徴についても知っておきましょう。徳島県は吉野川や那賀川、四国山地、讃岐山脈、紀伊水道をはじめとする自然が多く残っています。

鳴門の渦潮や祖谷渓、大歩危・小歩危、阿波土柱などは観光資源にもなっていて、自然、地理と観光が結びついています。

徳島県は山岳地帯が多く、中央部から南部にかけての地域は山がちで、四国山地の一部を占めています。北部や沿岸部には平野も広がっています。

徳島県を代表する河川として、四国最長の吉野川があります。吉野川は県内を南北に貫流しています。さたに南部には阿南川や那賀川などの河川が流れています。

四国で島というと小豆島などがある香川県を思い浮かべますが、徳島県にも大小様々な島が点在しています。瀬戸内海にある大武島、粟島、海陽諸島などは観光地としても人気があります。

少子高齢化や若者の都市部への流出に伴う著しい人口減少もあり、高知県ほどではありませんが、近い将来起こると予測される南海トラフ巨大地震への対策も急務です。

徳島県の交通

徳島県は関西と結びつきが強いです。それは交通の便が良いからです。四国の他県へ行くよりも関西へ出た方が早いです。

徳島駅から関西方面へ電車で行く場合、JR特急「しまんと」を利用して岡山駅まで移動し、そこから関西地方の各駅へ乗り換えます。

高速バスは徳島市内や徳島駅周辺から関西方面へ直行する路線があります。これが自家用車を用いない場合の最短路線になります。

自家用車で、中国自動車道や瀬戸中央自動車道を経由して関西地方に向かうことが一般的です。中国自動車道から、鳴門大橋→淡路島→淡路大橋→神戸と進めます。瀬戸大橋以外鉄道がないので、徳島県から関西へ行く場合、非鉄道路線がメインになります。

徳島市(徳島駅)から神戸、大阪、四国各都市への時間を比較表にしました。

目的地 移動手段 時間 価格
大阪 バス+電車 2時間30分 4,120円
神戸 バス+電車 1時間50分 3,620円
高松 バス 1時間40分 2,300円
松山 バス 3時間30分 4,800円
高知 バス 2時間50分(電車の場合4時間50分!) 4,000円

いちばん近いのは高松市ですが、それなら神戸市に出た方が良いでしょう。高知市に至っては隣県なのに、高速バスでショートカットできなければ5時間近くかかります。ならば、対面でどこかのファクタリング会社へ行くのは得策ではないかもしれません。

いちばんは徳島県内に良いファクタリング会社があればまだマシなのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

次の項で徳島県内のファクタリング会社について調べてみます。

徳島県にあるファクタリング会社の諸条件を比較してみた

徳島県内から神戸まで2時間、大阪まで2時間30分かかります。しかも、電車一本ではなく、途中で高速バスに乗らなければいけません。非常に面倒です。

自家用車であれば淡路島経由で兵庫県側に出られますが、駐車場なども気にしなければなりません。

実際の距離以上に時間的なコストがかかってしまいます。関西に最も近い徳島県ですらこのような状況であることを意識してください。

なかなか神戸や大阪のファクタリング会社へ行って、ファクタリングの手続きをするのも大変そうです。

そうではありますが、では徳島県内のファクタリングで何とかなるかというとそうでもないようです。

実際に徳島県内のファクタリング会社はどのような条件なのか、当社株式会社No.1と比較しながら、条件面で考えてみましょう。表にまとめました。

A社 手数料率4.8%~ 取扱金額100万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3.7%  取扱金額100万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率3.3%~  取扱金額230万~8,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率2.9%~  取扱金額150万円~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率3.1%~  取扱金額200万円~1.5億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.2%~  取扱金額150万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.5%~  取扱金額500万円~2億円 資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.8%~  取扱金額200万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2.6%~  取扱金額200万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
№1  手数料率1%~ 取扱金額50万~5,000万円 資金調達スピード 最短即日    (※当社「株式会社No.1」)

徳島県は地理的には四国4県の中では関西都市部へ出やすいのですが、それでも時間がかかります。また、徳島県の人口は70万人余りで、政令指定都市の最低ラインと同じレベルです。1県で非政令指定都市の千葉県船橋市と変わらないという事実を認識してください。

この人口だと競争があまり起きず、結果として徳島県内のファクタリング会社相互の条件は下がりません。やはり、多少無理をしても神戸や大阪に出た方がよいのでしょうか?

徳島県の事業者の迅速な資金化はオンラインファクタリングがおすすめ!

徳島県内のファクタリング会社は条件が悪い、神戸や大阪には出るのに時間とお金がかかってしまいます。何か良い方法はないのでしょうか?

実は徳島県内のファクタリング会社を使わず、神戸、大阪だけでなく、東京、首都圏の大都市部のファクタリング会社を利用できる方法があります。

それはファクタリング手続きでオンラインを活用する方法です。オンラインファクタリングというものになります。これはファクタリング手続きから入金まで、すべてオンラインで済ませられる手続きになります。

オンラインファクタリングならば、徳島県のどこでも、県庁所在地の徳島市の事業主様でなくても、WEB、ネットができる環境があればファクタリング手続きが完結できます。

ネット環境を持たない事業主様は、今の時代まずいらっしゃらないと思われます。つまり、事実上、すべての事業主様が全国どこのファクタリング会社も利用でき、自社にとって最も良い条件のファクタリングメニューを利用できることになります。

オンラインファクタリングの手続きやそのフローはどうなるのか?

徳島県でファクタリングを行いたい場合、以下の手続き、フローを押さえておきましょう。このフローは徳島県に限らず、全国のオンラインファクタリング共通のものでもあります。

オンラインファクタリングではWEB面談を行うため、WEBカメラ付きのパソコンが必要になります。WEBカメラはパソコンにUSB接続できます。なお、これがなくても、スマホで代用することもできます。可能ならWEBカメラ+マイクがあるパソコンか、取り付けをお願いいたします。

徳島県でオンラインファクタリングする際に必要な書類

徳島県からオンラインファクタリングする場合、下記の書類が必要になります。これも全国どのファクタリングでも共通するものです。

      

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

各書類をオンラインで提出しますので、紙ではなくデータ化することが必要です。スキャナーで読み込みPDFファイルにするのが望ましいですが、スキャナーがない場合は、スマホで丁寧に撮影して(書類1P全部が入るように)画像ファイルで保存してもOKです。その際には鮮明な画像で、見切れることがないようお願いします。

法人の場合、商業登記簿謄本(自社のもの)が必要になります。商業登記簿謄本は多くのファクタリング会社では「取得から3か月以内のもの」が必要になります。商業登記簿謄本の期限を確認して期限内のものをデータ化しておいてください。

なお、謄本関係は法務局へ行かなくてもオンラインで申請し取り寄せることができます。こちらはマイナンバーカードについては関係なく、オンライオン決済ができれば可能です(マイナンバーカード不要)。謄本のオンライン申請は法務局へ行って取得するよりも100円以上安くなっています。交通費をかけて法務局へ行くのがばからしいです。

オンラインファクタリングの前段階、練習として、商業登記簿謄本のオンライン取得もぜひチャレンジしてみてください。

徳島県からオンラインファクタリングをするときのフローを解説

徳島県からオンラインファクタリングを利用することで、時間をかけて、バスを乗り継ぎ、神戸や大阪まで出なくても大丈夫になります。

全国各地のファクタリング会社へ申し込みできるのですから、ぜひ積極的にチャレンジしてください。

オンラインファクタリングの流れは以下になります。

      

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話も併用)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

オンラインファクタリングの審査については、ファクタリング会社側も、迅速な資金調達のための利用者ニーズを把握しています。

そのため金融機関の審査などと比べて、はるかに早く審査ができるよう、システマティックな審査方法を確立しています。

一部消費者金融が採用しているスコアリングシステムは、各経営指標を得点化して、それと返済事故率の相関関係を見て、返済事故率が低ければ審査を通すというものです。これなら、経営指標の定量面の評価だけで済みます。

また、最近ではAIを活用した審査も盛んに取り入れられつつあります。ファクタリングは融資ではないので、銀行法などの各種法律に縛られません。民法の規定が適用されるのも基本的に当事者間の自由な契約が優先します。

審査にあたってもファクタリング会社の裁量が大きくなっています。そのため、AIを活用したファクタリング審査も全く法的にも問題ありません。

対面でファクタリング申し込みを行うことは、メリットがないということではありません。対面で面談することで、定性面の個別事情を事業主様がファクタリング会社に伝えられます。

熱意や個別事情を伝えることで、ファクタリングの審査通過率が上がるかもしれません。あるいは手数料が安くなる、買取率が高くなるなど、ファクタリングの諸条件がよくなる可能性もあります。

プレゼンテーションに自信がある場合、徳島県から都市部のファクタリング会社へ出向く意味もありそうですが、そうではなく単に迅速な資金調達を考えている場合は、素直にオンラインファクタリングを利用すべきです。

消費者金融系の「ビジネスローン」はファクタリングと同じように使うべきか?

オンラインファクタリングと似ていて、即日資金化が可能なものがあります。その、資金調達方法が、消費者金融系が行っている「ビジネスローン」です。

ビジネスローンも一部会社では、オンラインファクタリングと同じように、最短即日の資金化が可能です。しかし、両者は原理的に異なるものになります。

ビジネスローンは融資です。融資ならば貸金業法や利息制限法で利用者が守られるのでメリットが多そうですが、実は融資であることのデメリットが無視できないレベルになっています。

ビジネスローンの特徴について表にまとめました。ファクタリングとどう違うのか意識してみてください。

      

  • ノンバンク(消費者金融)が行う事業者向け融資(ローン)
  • 利用限度額上限(借入可能上限)が約1000万円と非常に少ない
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報照会があるので信用情報ブラック、金融ブラックの場合借りられないor大幅な減点査定
  • 上限額1000万円では企業規模によっては必要資金額を調達できない
  • 消費者金融からの借入になるので、信用がなくなる。以後、特に銀行融資にあたり大きなマイナスとなる
  • 支払利息は利息制限法の上限張り付き(15%~20%)

端的に言うと、ビジネスローンは最後の最後の手段であり、よほどのことがない限り利用を控えた方が良いでしょう。

ビジネスローンは「融資」になります。融資なので、貸金業法や利息制限法が適用されること借主にとってメリットがありそうですが、資金調達に一刻を争う状況では、法の黄瀬がネックになるかもしれません。

一方、ファクタリングは法律で細かな規定はないので、当事者間で合意できれば、テンポよく、契約、資金化まで進みます。

迅速な資金調達を謳っていても、ビジネスローンは融資のため、信用情報照会で引っかかってしまうとそこで審査がストップしてしまいます。即融資不可にはならないかもしれませんが、さらに細かい審査や定性面での判断も必要になってきます。

ビジネスローンはどんな事業規模でも上限1000万円という制限があり、大きな規模の事業主様では「焼け石に水」になるかもしれません。それでいて、利用すればもれなく「消費者金融利用歴」がしっかり信用情報に記載されてしまいます。メリットよりもデメリットのほうがはるかに多そうです。

こうしたことから、ビジネスローンを利用しなければならないケースは限定されます。ファクタリングも利用できない(売掛債権(売掛金)がない)場合で、資金調達できなければ事業主様が不渡りを起こし倒産するなど限られたケースに「背水の陣」として使うものです、

ファクタリングならばいくら利用しても信用情報に記載されることはなく。ノーダメージです。そもそもファクタリングは「デットファイナンス」(負債になる)ではなく「アセットファイナンス」(資産の換金)なので、資金化の種類が異なるのです。

徳島県からでファクタリングによる資金調達は、迅速性あるものとして極めて有効に働きます。

徳島県からの迅速なファクタリングは関西に出るよりもオンラインで行おう!株式会社No.1のオンラインファクタリングがおすすめです!

徳島県は四国4県の中では関西の大都市、神戸や大阪に近いのは事実です。関西のテレビの視聴ができ、文化的にも四国と関西の中間というイメージです。

しかし、徳島県の人口は船橋市並みで、県内のファクタリング会社には競争がなく、条件が
あまりよくありません。そこで、関西に出る・・、のではなく、全国のファクタリング会社へ申し込めるオンラインファクタリングをおすすめします。神戸や大阪のファクタリング会社へ行っても良いですが、直通電車はなく面倒なだけです。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、全国各地の事業主様から申し込みいただいています。

一度株式会社No.1にお問い合わせください。他社と比較しても圧倒的に条件がよく、利用者本位の対応が可能です。

徳島県のみなさまのご利用をお待ちしています。

何卒株式会社No.1をよろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top