DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

鳥取県は日本で最も人口が少ない!ファクタリングで資金調達する場合どうすればよいのか解説!

鳥取県と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?まず「砂丘」という人も多いはずです。あるいは「梨」でしょうか?

鳥取県は過疎化が進む山陰地方を島根県とともに構成する県です。過疎化が進み、人口が減少していく中で事業主様が資金調達したくなった場合、どのようなファクタリングをすればよいのでしょうか?

地元の銀行や信金も整理統合が進む中で、鳥取県でファクタリングによって資金調達する方法を考えていきましょう。

鳥取県の産業、地理、交通などの特徴をまとめました

鳥取県は中国地方にあり山陰地方を島根県と構成しています。山陰地方は交通アクセスの面で他の地域と比べて整っていません。また人口も少なく、過疎化が進んでいる地域とも言われています。

しかし、豊かな自然や山海の恵みは我々を大いに豊かにしていて、とても大切な文化、産業があることは忘れてはいけません。

鳥取県の文化

まず、鳥取県の文化的特徴についてみていきましょう。

鳥取県を代表する観光名所と言えば鳥取砂丘です。鳥取と言えば砂丘とイメージする人も多いはずです。美しい砂丘の風景は、観光客だけでなく、多くのアーティストや芸術家も虜にしています。

因幡の白兎神社は、鳥取県因幡町にある古代の神社で、日本最古の神社の1つとされています。この神社は、八百万の神々の一柱として尊ばれています。「因幡の白兎」の寓話はここから来ています。

鳥取県の境港市には「水木しげるロード」があります。「ゲゲゲの鬼太郎」作者水木しげる氏によって描かれたキャラクターたちがモチーフとなっています。このエリアは、彼の作品で埋め尽くされています。

鳥取県の産業

鳥取県の平野部では米、野菜、果物などの農産物が栽培されています。特に、スイカ、らっきょうなどがブランド化されています。また、最近では有機農法や高付加価値な農産物の生産も進んでいます。

また、幸水や二十世紀などのブランドを持つ梨の生産も広く知られています。

鳥取県は日本海に面しており、新鮮な海産物が豊富です。松葉ガニ、カレイ、岩ガキ、マグロなどが獲れます。獲れた海産物は内陸部や他の地域に供給されています。

鳥取県は観光資源に恵まれており、上述のように鳥取砂丘や境港の水木しげるロードなどの観光名所があります。これらの観光地には国内外から多くの観光客が訪れ、地域経済に貢献しています。

最後に工業、製造業です。鳥取県では、繊維産業や食品加工業などの製造業も盛んです。特に、織物や編物の技術が高く評価されており、鳥取織や鳥取手拭いなどの伝統工芸品が生産されています。また、食品加工業では、米菓や酒などの加工品が生産されています。

割合的にはそこまで大きな産業ではありませんが、日本の工業や食料品を陰で支える重要な存在になっています。

鳥取県の地理

鳥取県の東部には、中国山地が広がっています。特に大山(だいせん)は、鳥取県の最高峰であり、標高は約1,729メートルです。山岳信仰の対象としても知られ、多くの人々が登山や参拝に訪れます。

鳥取県の西部には、広大な平野部が広がっています。これは主に日本海に面しており、鳥取市や米子市などの主要都市があります。

もちろん、鳥取県は、日本最大の砂丘である鳥取砂丘で知られています。これは日本海岸に広がる砂丘であり、その景観は非常に美しく、観光客が多く訪れる名所となっています。映画やドラマの舞台としても欠かせない存在です。

水系: 鳥取県には多くの川が流れており、それらの川は水源や農業用水として重要な役割を果たしています。また、県内には湖やダムもあり、水資源管理が行われています。

以上が、鳥取県の主な地理的特徴です。山岳、平野、砂丘、海岸など、多様な地形が鳥取県の風景を形作っています。

鳥取県の交通

鳥取県内を走る主要な鉄道路線としては、JR西日本の山陰本線があります。この路線は、鳥取市を起点に米子市や境港市、松江市などを結んでおり、県内外へのアクセスに利用されています。

また、鳥取県内を通る主要な高速道路としては、中国自動車道があります。これにより、大阪や広島などの主要都市との間を結ぶ高速道路が整備されています。

しかし、新幹線は通っておらず、在来線を乗り継ぐか飛行機になります。当然、飛行機であれば電車の倍以上の金額になります。

鳥取市(鳥取駅)から大阪、神戸、広島、福岡、東京への時間を比較表にしました。飛行機ではなく電車、新幹線、バスで計算しました。

目的地 移動手段 時間 価格
大阪 電車+新幹線 2時間 8,280円
神戸 電車 2時間10分 6,190円
広島 新幹線+電車 2時間30分 12,960円
福岡(博多) 新幹線+電車 3時間40分 18,590円
東京 新幹線+電車 4時間30分
(飛行機の場合2時間30分)
19,610円
(飛行機の場合44,000円)

いちばん近いのは神戸市になります。それでも2時間超かかります。これは鳥取駅からなので、それ以外の地域の場合もっと時間がかかります。

往復を考えるとかなりきついことになります。

東京へ行ってファクタリング契約しようとなると、1日がかかりになってしまいます。やはり、時間的金銭的コストは無視できません。

鳥取から大都市部へ行き、対面でファクタリング契約するのはかなり時間がかかり、コスパが悪いことになります。

次の項では鳥取県内のファクタリング会社について調べてみましょう。

鳥取県にあるファクタリング会社の諸条件を比較してみた

鳥取から大都市に出ようとしても、工場まで3時間(バスを乗り継ぎ)、広島に至っては7時間かかってしまいます。

そんなに時間がかかっては、ファクタリングの「迅速な資金化」というメリットが生かせません。

では、鳥取県内の少数あるファクタリング会社を利用すべきなのでしょうか?そこで、鳥取県にあるファクタリング会社の諸条件を表にまとめました。

A社 手数料率5.0%~ 取扱金額100万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3.9%  取扱金額100万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率3.5%~  取扱金額230万~8,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率3.8%~  取扱金額150万円~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率3.1%~  取扱金額500万円~1.5億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.2%~  取扱金額200万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.9%~  取扱金額500万円~2億円 資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率3.2%~  取扱金額200万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率3.5%~  取扱金額200万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
№1  手数料率1%~ 取扱金額50万~5,000万円 資金調達スピード 最短即日    (※当社「株式会社No.1」)

鳥取県は人口全国最小の県なので、事業者も少なく、競争がありません。競争がないということは価格、条件面も必然的に悪くなってしまいます。

鳥取県にあるファクタリング会社の買い取り条件は、全国のファクタリング会社の中でも下位になります。正直、全都道府県の中でもかなり条件が悪い部類になるため、鳥取県のファクタリング会社を利用することはおすすめできません。

何とか他都道府県の好条件なファクタリング会社を探すべきです。

鳥取県の事業者の迅速な資金化にはオンラインファクタリングを利用しよう!

鳥取県内のファクタリング会社は条件が悪い、しかし近隣の大都市部へ出るには時間がかかってしまいます。

そのため、鳥取県の事業主様は採れる方法がないのでしょうか?条件が悪い鳥取県内のファクタリング会社を利用するしかないのでしょうか?

そこで役立つのが「オンラインファクタリング」です。オンラインファクタリングはWEB上で申し込み~面談~入金まで完了するファクタリングです。一度も店舗へ赴かず手続き可能です。

融資の場合、銀行法や貸金業法、利息制限法などの規定を厳格に守らなければならず、地元の金融機関を利用せざるを得ないのですが、ファクタリングはそうではありません。

ファクタリングは民法上の契約行為であり、当事者間の自由な契約になります。当事者がOKならファクタリングは公序良俗に反するような反社会的内容でない限り成立します。

当事者の合意は対面で話す必要はなく、文章にサインすることも要件ではありません。そのため、完全オンラインで電子署名の契約であっても有効になります。

ファクタリングは当事者が合意できればOKであり、オンラインファクタリングはそれを全部WEB上で行うものです。

全部WEB上ならば場所を問わないで申し込みできるので、鳥取県の事業主様でも問題なく利用できます。

鳥取県の事業主様がまず考えるのは、競争があり利用者にとって条件が良い大都市部のファクタリング会社を探し、オンラインファクタリングで申し込むことです。

オンラインファクタリングの手続きやそのフローはどうなるのか?

鳥取県でファクタリングを行いたい場合、以下の手続き、フローになるので知っておきましょう。

オンラインファクタリングではWEB面談を行うため、ビデオ通話できるツールが必要になります。

WEBカメラ付きのパソコンがあれば望ましいのですが、なくてもスマホで代用することもできます。

オンラインファクタリングのためにわざわざWEBカメラ付きのパソコンをそろえなくて大丈夫です。

鳥取県でオンラインファクタリングする際に必要な書類

鳥取県からオンラインファクタリングする場合、下記の書類が必要になります。オンラインファクタリングに地域差はありませんので、これらはほぼ全国共通の必要書類になります。

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

郵送で送らないので、各書類を紙ではなくデータ化することが必要です。データ化の際にはスキャナーで読み込みPDFファイルにするのが望ましいですが、それ以外の方法もあります。

スキャナーがない場合は、スマホで丁寧に撮影して(書類1ページ全部が画像に入るように)画像ファイルとしての保存でも大丈夫です。

法人の場合、自社の商業登記簿謄本が必要になります。商業登記簿謄本は「3か月以内に発行されたもの」が必要になります。

商業登記簿謄本については期限内のものをデータ化してください。商業登記簿謄本はオンライン申請でき、法務局から郵送で送ってもらえます。マイナンバーカードも不要なので、オンラインファクタリングの練習として、商業登記簿謄本のオンライン申請をしてみてはいかがでしょうか?

いろいろ勉強になることも多いはずです。オンライン申請に慣れることは、オンラインファクタリングに限らず、今後地方の事業主様にとっては不可欠のスキルになるでしょう。

鳥取県からオンラインファクタリングをするときの流れ・フローを解説

鳥取県からオンラインファクタリングを利用することで、都市部へ時間と交通費をかけて行くことが不要になります。オンラインファクタリングの仕組みを覚えてしまえば、他の補助金などのオンライン申請にも応用できるようになるためおすすめです。

それではオンラインファクタリングの流れについて押さえておきましょう。

オンラインファクタリングの流れ、フローは以下のようになります。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話も併用)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

オンラインを活用することで、対面よりも大幅にスピードアップできます。ポイントはオンライン面談で、ZOOMなどのオンライン会議ツールを使います。

最近のオンラインツールは画面もきれいであり、動画が止まることも少なくなりました。しかし、直接対面で会った方が熱意や個別事情を詳しく伝えられるケースもあります。

資金調達まで多少の時間的余裕があり、なおかつ鳥取県から都市部へ出るだけのコストを支払えるという場合、対面で熱意や個別事情、やる気などを伝えても良いでしょう。これは事業主様の個々の事情によります。

審査については、AIを用いたものが年々進んでいます。AIはどんどん賢くなっていて迅速な審査に寄与します。

また、消費者金融などで用いられている「スコアリングシステム」を活用しているファクタリング会社もあります。過去のデータをもとに、各経営指標で返済できないリスクを算出します。

ファクタリングは融資ではないので、各法律の縛りを受けず、審査も各会社独自のものを行えます。オリジナリティがあるので、その中で、鳥取県の事業主様がふさわしいと思うファクタリング会社をぜひ選んでください。

消費者金融系の「ビジネスローン」はファクタリングのように気軽に使えないことに注意しよう

オンラインファクタリングと同じように即時、即日資金化ができる資金調達方法に「ビジネスローン」があります。ビジネスローンは主に消費者金融が行う事業者向け融資です。ビジネスローンもオンラインでの手続きが可能で、最短即日で資金化、資金振り込みもできます。

しかも、「融資」なので利息制限法などが適用され、公序良俗に反するような高金利は明確に違法となります。

しかし、ビジネスローンについてはその使い方が要注意であり、ファクタリングが可能な場合、ビジネスローンではなくファクタリングを選ぶべきです。

それはなぜなのでしょうか?理由を考えてみましょう。

以下がファクタリングの特徴になります。

  • ノンバンク(消費者金融)が行う事業者向け融資(ローン)の総称
  • 利用限度額上限(借入可能上限)が約1000万円と非常に少ない
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報照会があるので信用情報ブラック、金融ブラックの場合判明する。結果、借りられないor大幅な減点査定
  • 上限額1000万円では大企業の場合必要資金額を調達できない
  • 消費者金融からの借入になるので、対外的な信用がなくなる。以後、特に銀行融資にあたり大きなマイナスとなる
  • 支払利息は利息制限法の上限付近張り付き(15%~20%)

簡潔にまとめると、ビジネスローンは消費者金融からの借入になるので、対外的な信用を落とす可能性が高く、最後の手段(これを使わないと倒産する)以外では利用すべきではありません。

ビジネスローンは融資なので、利息制限法の範囲内に手数料がおさまるのは長所です。しかし、信用情報照会があり、また利用歴も信用情報に記載されます。

つまり、消費者金融を利用すると、信用情報がマイナスになります。信用情報がすでにマイナスの人はビジネスローン(消費者金融)を利用できない可能性もあります。

ビジネスローンを利用すると、良い結果になりません。

唯一、ビジネスローンを利用すべき場合は、ファクタリングする売掛債権(売掛金)がなく、ビジネスローンで迅速な資金調達をしないと運転資金不足になり、会社が不渡りを起こしてしまうような場合です。

ビジネスローンの利用によって会社の信用情報がマイナスとなっても、不渡り→倒産するよりはマシというケースの「最後の手段」としてなら使えます。

そのような状態にならないことが何より大切なのですが、そのためには鳥取県の場合、オンラインファクタリングを積極的に活用して、迅速な資金調達を行うことが不可欠です。

鳥取県から迅速な資金調達をしたい場合、ビジネスローンではなくまずファクタリングが第一選択肢に入ります。まず急な資金需要が発生した場合は、ファクタリングする売掛債権(売掛金)があるかどうか確認してください。

鳥取県でファクタリングしたい場合はオンラインファクタリングが不可欠!株式会社No.1をご利用ください

鳥取県は山陰地方で過疎化が進み、周囲の大都市圏へ出るのも難しい場所にあります。鳥取市などにはファクタリング会社もありますが、競争がないのでその条件は良いとは言えません。

少しでも良い条件で、かつ迅速な資金調達を希望する場合、オンラインファクタリングができる会社を選んでください。オンラインファクタリングならば、全国どこのファクタリング会社も申し込めます。

オンラインファクタリングならば鳥取県から東京や大阪のファクタリング会社にタイムラグなく申し込めます。申し込み、手続き、面談、入金まですべてオンラインで進みますので、一度も都市部のファクタリング会社に出向かなくて大丈夫です。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、その都市部の条件が良いファクタリング会社の代表格と言えるものです。

東京(池袋)に本社がありますが、全国各地の事業主様から申し込みをいただき高い評価を受けています。名古屋と博多の支社も遠いため、ご利用の際にはぜひ「オンラインファクタリング」をご活用ください。

株式会社No.1のオンラインファクタリングシステムは最新式で、とても審査が早く、最短1時間程度で資金化(資金振り込み)まで可能です。ぜひ積極的にご利用いただき、鳥取県の事業へお役立てください。

株式会社No.1ならば鳥取県の事業主様も安心して資金調達にファクタリングを利用できます。相談だけでも大歓迎です。ぜひ株式会社No.1までお問い合わせください。

何卒株式会社No.1はみなさまの期待に応えられます。

何卒よろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top