DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

高知県の資金調達はファクタリングがおすすめ!最新の経済動向を踏まえて詳しく解説

近年、急速に普及しているファクタリング。
売掛金の売却によって資金を調達でき、様々なメリットがあるため利用する会社が増えています。
政府もファクタリングを推奨しているため、今後も普及していくことでしょう。
高知県も例外ではなく、ファクタリングが徐々に浸透してきました。
高知県の経済動向から考えても、ファクタリングは非常に役立つ資金調達方法です。
なぜ、高知県の会社にはファクタリングが役立つのでしょうか?
この記事では、高知県の最新の経済動向と、高知県で利用できる資金調達方法、高知県の会社がファクタリングで調達するメリットと注意点などを詳しく解説します。

高知県の経済動向

 
経営を続けるには、資金繰りを回し続ける必要があります。
当然ながら、不足資金を確実に調達し、資金ショートを避けることが前提です。
とはいえ、資金調達には色々な方法があります。
高知県の会社が資金を調達する際には、数ある資金調達方法の中から、自社にとって最適な方法を選ばなければなりません。
資金調達方法を選ぶうえで重要となるのが、広い視点を持つことです。
自社の業績・財務はもちろんですが、自社の属する業種の動向、さらには県内の経済動向も踏まえて考えることで、自社に最適な資金調達方法が見えてきます。
高知県におけるファクタリングの活用を解説するにあたり、まずは高知県の最新の経済動向 をみていきましょう。

高知県の生産活動は改善

 
高知県に限らず、経済動向を把握するポイントは製造業にフォーカスすることです。
日本のGDPにおける製造業の割合は約20%を占めており、これは全産業の中で最も大きな割合です。
したがって、鉱工業生産指数の推移をみることによって、生産活動の動向がよくわかります。
都道府県別の産業比率(2019年) をみると、高知県では8.7%を製造業が占めています。
全国平均(20.1%)に比べると低いものの、約1割という高い割合を占めることは事実です。
高知県が発表している資料 によると、2023年12月、高知県の鉱工業生産指数は93.9ポイントとなりました。
2022年12月(93.1ポイント)から0.8ポイントの上昇となっており、高知県の生産活動は緩やかに回復していることが分かります。
さらに、四国全体と比較した場合、高知県の生産活動は好調といえます。
四国全体の鉱工業生産指数は、2022年12月は89.1ポイント、2023年12月は86.4ポイントとなっており、2.7ポイントの低下です。
このほか、同時期における全国の鉱工業生産指数は0.6ポイントの上昇にとどまり、高知県は0.2ポイント上回る結果となりました。
このことから、高知県の経済はゆるやかに回復していることが分かります。
製造業に限らず、高知県では売上が伸びている会社も多いことでしょう。
売上の上昇は運転資金の増加を伴い、資金繰りの負担が増大します。
今後も回復傾向が続くならば、高知県の会社は資金繰り悪化に注意すべきです。

高知県の融資環境は悪化傾向

 
会社の資金調達は銀行融資が基本となります。
高知県の会社も例外ではありません。
そこで、高知県の融資環境の変化を把握することが重要です。
2023年6月8日に発表された貸出・預金動向によると、同年5月における銀行貸出の平均残高の伸び率は、前年同月比で3.78%を記録しました。
この伸び率は、2021年4月に依頼の高水準であり、融資環境が良好であることを示唆します。
しかし、高知県の融資環境は芳しくありません。
2023年5月、高知県における国内銀行の県内貸出残高はおよそ1兆9830億円。
前年同月より増えているものの、伸び率はわずかに0.54%に過ぎません。
ちなみに、2022年5月の伸び率は2.25%でした。
これらのことから、高知県の融資環境が悪化していることが分かります。
少なくとも、高知県の銀行は、平均的な銀行よりも融資に消極的になっているのです。
この傾向が長期化すれば、やがて高知県の県内貸出残高が微増から減少に転じ、融資による資金調達が難しくなる可能性があります。
現在、高知県で銀行融資への依存度が高い会社は、速やかに資金調達の多様化を図るべきでしょう。

高知県の倒産件数は増加

 
高知県の経済動向に暗い影を落としているのが、高知県内の倒産件数です。
2023年、高知県内の倒産件数は17件となりました。
高知県の倒産件数は、2021年から2022年にかけて減少していた(17件→13件)のですが、2023年になって再び2021の水準に戻ったのです。
倒産件数は、県内経済の実態を如実に表します。
倒産件数は、経済が良くなれば減少し、悪くなれば増加します。
このように単純に考えただけでも、高知県の経済は必ずしも良いとは言えません。
高知県の休廃業・解散件数からも、高知県経済の実態がわかります。
東京商工リサーチ高知支店のデータ によると、2022年に高知県内で休廃業・解散した企業は247件に上りました。
2020年の321件に比べると少ないものの、2021年から10件増加しています。
さらに、247件という数値は、高知県で過去3番目に高いものです。
高知県で休廃業や倒産件数が増加している背景に、ゼロゼロ融資の返済があります。
コロナ対策の一環として、政府は実質無利子・無担保の融資、通称「ゼロゼロ融資」を実施しました。
高知県においても、ゼロゼロ融資で資金繰りをつないだ会社は多かったはずです。
実質無利子とはいえ、経済が回復の途上にある高知県において、元金返済は大きな負担になるでしょう。
実際、2023年に倒産件数が増加した背景には、ゼロゼロ融資の返済があったと考えられます。
このほか、コロナ関連支援の縮小も、高知県の会社に様々な影響を与えています。
倒産件数が増加する中、高知県の会社が注意すべきは連鎖倒産です。
自社が倒産しないのはもちろんですが、取引先の倒産のあおりを受けて、自社まで倒産する事態はなんとしても避けなければなりません。
高知県の会社にとって、資金調達の円滑化、資金繰りの改善、貸倒れリスクの回避などが急務になるでしょう。

高知県の会社が資金調達するには?

 
高知県の会社が資金を調達する方法は色々あります。
融資以外にも出資、社債発行、リースバック、クラウドファンディング、手形割引などが考えられます。
とはいえ、高知県の会社にとって、資金調達の軸となるのは融資です。
融資には、銀行融資やビジネスローンがあります。
このほか、近年高知県で徐々に広がっているのがファクタリングです。
ここでは、高知県の会社が資金を調達する方法として、銀行融資・ビジネスローン・ファクタリングを解説します。

銀行融資

 
高知県でも、銀行融資は重要な資金調達方法です。
銀行融資は、金利が安いため低コストで調達でき、多額の資金調達も可能です。
経済が緩やかに回復している高知県では、今後、新規事業展開や設備投資などに取り組む会社が増えていくでしょう。
その際、最も頼りになるのは銀行融資といえます。

高知県は無担保・無保証融資が難しい

 
ただし、元来高知県は他の都道府県よりも融資環境が悪く、最近は融資環境が悪化している状況です。
このことは、保全状況をみるとよくわかります。
多くの場合、銀行は貸倒れリスクに備えて保全を図ります。
一部の優良企業を除いて、無担保・無保証で融資を受けることは困難です。
帝国データバンクの資料 から、高知県を含む四国全体でみると、無担保・無保証融資の割合は7.3%となっています。
全国平均でみた場合、無担保・無保証融資の割合は9.8%となっており、7.3%は全地域で最も低い数値です。
これは、四国では無担保・無保証での借り入れが難しいことにほかなりません。
融資環境が悪化している高知県では、なおさら難しいと考えるべきです。

高知県は「担保付融資>保証付融資」

 
高知県を含む四国では、担保付融資が主流となっています。
有担保融資の割合を比較すると、全国平均が65.3%であるのに対し、四国は82.3%。
全ての地域で最も有担保融資の割合が高いのは四国です。
高知県で銀行融資を受ける際も、担保がカギとなるでしょう。
担保が不足している会社には、信用保証協会の保証付融資が役立ちます。
ただし、高知県は保証付融資の割合が低いです。
保証付融資の割合は、全国平均が25.0%であるのに対し四国は10.5%であり、全ての地域で最も低い割合になっています。
四国では有担保の割合が高いため、自然と有保証の割合が低くなるといえますが、有担保と有保証のバランスが明らかに偏っていることは軽視できません。
少なくとも、高知県で銀行融資を受ける際には保証よりも担保が重視されること、保証付融資への依存が危険であることなどは知っておくべきでしょう。

ビジネスローン

 
ビジネスローンは、高知県の会社にもポピュラーな資金調達方法です。
銀行系のビジネスローンや、大手消費者金融業者のビジネスローンならば全国対応が基本ですから、高知県の会社でも利用できます。
高知県の融資環境が悪化していることから、今後、銀行融資を受けられずにビジネスローンを検討する会社が増えるかもしれません。
しかし、安易にビジネスローンで調達するのは危険です。
事前にビジネスローンのメリットとデメリットをよく知り、一時的な利用にとどめる必要があります。

ビジネスローンのメリット

 
高知県の会社がビジネスローンで調達するメリットは、ずばり「銀行融資よりも審査に通りやすい」ということです。
ビジネスローンのメリットはこれだけ、といっても過言ではありません。
そもそも、ビジネスローンは銀行融資を受けられない会社をターゲットとしています。
銀行融資と同じように審査すれば融資先が見つかりません。
だからこそ、銀行よりも緩く審査し、銀行融資を受けられない会社にも積極的に融資するのです。
特に、ビジネスローンの多くはスコアリングシステムを採用しています。
これは、決算書などの数値から会社の信用力をスコア化し、融資の可否を機械的に判断するものです。
銀行のように定性的な要素を考慮せず、あくまでも定量的な要素だけで判断するため、審査に通りやすいといえます。
高知県の会社も、銀行融資は不可能でもビジネスローンなら調達できる可能性があります。

ビジネスローンの問題点

 
ビジネスローンは、メリットよりもデメリットの方が多いため注意が必要です。
大まかに挙げると、ビジネスローンには以下のデメリットがあります。

  • 金利が高い
  • 調達できる金額が少ない
  • 銀行の評価が悪化する

ビジネスローンの金利は、法定上限付近になることが多いです。
高知県の会社がビジネスローンで調達する場合、事業性の資金である以上、数百万円単位の調達になるでしょう。
上限金利は借入総額によって変動し、100万円以上では年15%が上限となります。
したがって、ビジネスローンの金利も年15%を目安と考えるべきです。
銀行融資の金利が年2%程度であることを考えると、かなり高いと言わざるを得ません。
当然、調達額に対する支払利息も大きく、調達コストが高くつきます。
また、ビジネスローンは経営内容に問題のある会社に貸し付けるため、リスク分散のために小口融資が基本となります。
ビジネスローンの利用経験がない場合、複数のビジネスローンから借り入れても300万円くらいが精いっぱいでしょう。
高知県の経済は徐々に回復しており、今後、資金需要が活発になっていくはずです。
そんな中、数百万円程度では心もとなく、ギリギリの資金繰りを強いられる可能性があります。
となると、やはり銀行融資で調達したいところですが、ここでビジネスローンが問題になります。
銀行は、ビジネスローンでの借り入れを極端に嫌うのです。
実際に、ビジネスローンから借りていることによって、銀行の融資審査に落ちるケースが珍しくありません。
つまり、ビジネスローンは融資正常化の妨げになるのです。
したがって、高知県の会社がビジネスローンを利用する際には、一時的な利用にとどめるべきでしょう。
短期間の借り入れであれば、利息の支払いを抑えることができ、調達金額が小さくとも問題にならず、融資正常化の妨げにもなりにくいです。

ファクタリング

 
高知県の会社が、安易にビジネスローンに頼るのは望ましくありません。
銀行の融資審査に落ちた場合、事前の方法として、ビジネスローンよりもファクタリングのほうがおすすめです。

ファクタリングとは?

 
ファクタリングは、会社が所有している売掛金を売却する資金調達方法です。
高知県の会社の多くが、信用取引を行っています。
信用取引は、取引先の信用に基いて代金の後払いを認める取引です。
そのため、商品やサービスを提供した後、取引先に請求することで売掛金が発生します。
売掛金は、支払期日に代金を受け取る権利であり、売掛債権の一種です。
支払期日までは代金を受け取れないのが難点であり、資金繰りの負担にもつながります。
この売掛金をファクタリングで売却すれば、支払期日を待たずに代金を回収できます。
つまり、ファクタリングは売掛金の早期資金化にほかなりません。
金融庁も、ファクタリングを以下のように定義しています。

一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。

出典:出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」
金融庁も定義しているように、ファクタリングは債権譲渡です。
具体的には、ファクタリングは「自社の売掛金をファクタリング会社に有償譲渡し、譲渡の対価として現金を受け取ることによって、結果的に支払期日を待たずに売掛金を回収できるサービス」といえます。
高知県の会社も、ファクタリングを利用することで、売掛金を簡単に資金化できます。

ファクタリングは内部資金調達

 
ポイントは、売掛金が会社の資産(流動資産)であり、その売却によって資金を調達していることです。
つまり、自社の内部留保から資金を調達しており、このような資金調達方法を「内部資金調達」といいます。
融資は、銀行や貸金業者といった外部から資金を調達するため、「外部資金調達」にあたります。
当然ながら、外部資金調達は外部の判断に左右され、希望通りに資金調達できないことも多いです。
これに対し、ファクタリングは内部資金調達ですから、外部の判断に左右されることはありません。
あくまでも、売掛金の価値に基づいて資金を調達できます。
高知県の会社の多くが信用取引を行っており、手元に売掛金を持っています。
その売掛金をファクタリングすれば、柔軟に資金を調達できるのです。

ファクタリングの法的根拠

 
高知県はファクタリングの普及が遅れています。
そのため、ファクタリングに対して誤ったイメージを抱く経営者も少なくありません。
弊社では、高知県の会社からお問い合わせをいただくことも多いのですが、その際によく聞かれるのがファクタリングの法的根拠です。
ファクタリングを違法あるいはグレーなものと考える人がいるのです。
しかしながら、ファクタリングは合法的な資金調達方法であり、法的根拠もあります。
ファクタリングの法的根拠は、金融庁の定義にある「法的には債権の売買(債権譲渡)契約」ということです。
債権譲渡取引は法律で認められた取引であり、民法第466条には以下の通り明記されています。

(債権の譲渡性)
第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
2 当事者が債権の譲渡を禁止し、又は制限する旨の意思表示をしたときであっても、債権の譲渡は、その効力を妨げられない。

出典:出典:e-Gov法令検索「第四節 債権の譲渡」
債権譲渡取引が法律で認められている以上、債権譲渡取引の一種であるファクタリングも合法というわけです。
したがって、高知県の会社がファクタリングで資金を調達しても、何ら法律に触れることはありません。
もちろん、高知県の会社を対象とするファクタリング会社も、正規の業者は全て法律を遵守しており、違法・グレーな取引とは無縁です。

高知県のファクタリング事情

 
ファクタリングは、売掛金を持っていれば利用できます。
売掛金に求められるのは、請求内容が確定していること、そして支払期日前であることの二点です。
この二点を満たせば、高知県の会社でもファクタリングできます。
高知県は全国的にみてファクタリングの普及が遅れています。
もっとも、ファクタリングの歴史は浅いため、高知県に限らず地方都市はファクタリングの普及が遅れているのが現状です。
東京、大阪、福岡といった首都圏・大都市圏であれば、多くのファクタリング会社が本社や支社を構えており、実際に営業所を訪問することもできます。
これに対し、高知県内にはファクタリング会社の営業所がひとつもありません。
このことからも、高知県でファクタリングの普及が遅れていることがよくわかるでしょう。
しかし、営業所がなくてもファクタリングは利用できます。
No.1のように、全国対応のファクタリング会社を選ぶことで、高知県の会社もファクタリングできるのです。
詳しくは後述しますが、ファクタリング会社が高知県まで出張対応するほか、オンラインや郵送で手続きすることも可能です。
特に、近年ではオンラインファクタリングサービスも増えており、高知県の会社でも利用しやすくなっています。

高知県の会社がファクタリングするには?

 
高知県で資金を調達する方法として、銀行融資、ビジネスローン、ファクタリングを解説しました。
融資環境が悪化している高知県では、銀行融資を受けられない会社も多いはずです。
その場合、ビジネスローンよりもファクタリングを優先すべきです。
そこで、高知県でファクタリングする際に必要な知識をお伝えします。

買取型と保証型

 
一口にファクタリングといっても、いくつかの種類があります。
ファクタリングを大別すると「買取型」と「保証型」があり、どちらも高知県から利用可能です。

買取ファクタリングとは

 
買取型のファクタリングは、「買取ファクタリング」などと呼ばれます。
売掛金を買い取るファクタリングであり、ここまでの解説に挙げたファクタリングは全て買取型です。
金融庁の定義も買取型を指しています。
つまり、現在の日本では買取型が圧倒的に普及しており、単に「ファクタリング」といえば買取型を指すほどです。
高知県におけるファクタリングの普及状況をみても、買取型が大多数となっています。
買取ファクタリングは出張対応やオンライン対応を行っているため、高知県の会社も簡単に利用できます。

保証ファクタリングとは

 
保証型は、一般的に「保証ファクタリング」と呼ばれるものです。
売掛金の早期資金化・資金調達を目的とするものではなく、売掛金の支払保証を目的とするサービスです。
売掛先の倒産などによって売掛金が回収できなくなった場合、保証限度額を上限として支払補償を受けることができ、貸倒れリスクを軽減できます。
保証ファクタリングは、大手の銀行やノンバンク系列のファクタリング会社による取り扱いがほとんどです。
メガバンクや大手信販会社の営業網は全国規模ですから、高知県にも営業所があります。
したがって、高知県でも保証ファクタリングを利用できます。

高知県では買取ファクタリングがおすすめ

 
高知県の会社は買取ファクタリング・保証ファクタリングのいずれも利用できますが、おすすめは買取ファクタリングです。
保証ファクタリングは資金調達に利用できません。
おそらく、この記事を読んでいる方の多くは、高知県での資金調達を模索しているはずです。
ならば、資金を調達できない保証ファクタリングでは意味がなく、あくまでも買取ファクタリングを利用すべきといえます。
また、後述の通り買取ファクタリングも貸倒れリスクに効果があります。
高知県で貸倒れリスクに悩みを抱える会社であっても、買取ファクタリングは役立つのです。
「資金調達は全く必要ない、貸倒れリスクに備えたいだけ」という場合を除き、高知県の会社には買取ファクタリングをおすすめします。

※以下、単に「ファクタリング」と表記しているものは、全て買取ファクタリングを指します。

ファクタリング方式は2種類

 
高知県でファクタリングする第一歩は「買取型か保証型か」であり、買取型と決まったら次は方式を選びましょう。
以下の通り、ファクタリングの方式は2種類あります。

  • 2社間ファクタリング:ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する方式
  • 3社間ファクタリング:利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式

方式別の違いを簡単にみていきましょう。

2社間ファクタリングとは

 
2社間ファクタリングは、売掛先が関与しない方式です。
手続きは利用会社とファクタリング会社の2社間で行います。
これにより、簡単な手続きでスピーディに資金を調達できるのが特徴です。
高知県の会社にとって、2社間ファクタリングの手軽さと資金調達スピードは大きなメリットになるでしょう。
売掛先に知られずファクタリングできることもメリットといえます。
また、2社間ファクタリングはオンラインに対応しています。
全ての手続きをオンライン完結できる「オンラインファクタリング」は、2社間ファクタリングの一種です。
オンラインファクタリングは、従来の2社間ファクタリングよりも安全性・スピード・コストに優れています。

3社間ファクタリングとは

 
高知県の会社が3社間ファクタリングを利用する場合、売掛先の関与が必須です。
手続きの一環として、売掛先に対する債権譲渡通知・承諾を必ず行うほか、ファクタリング会社によっては事前に売掛先の内諾を求めることもあります。
このため、2社間ファクタリングに比べて利用しにくいのが難点です。
手続きが煩雑になり、資金調達にも時間がかかります。
それだけではなく、売掛先が債権譲渡を拒否すれば3社間ファクタリングは利用できません。
ただし、安全性が高いことや手数料が安いことは、3社間ファクタリングならではのメリットです。
高知県の会社で、売掛先がファクタリングに理解を示しているならば、3社間ファクタリングを検討してもよいでしょう。

高知県では2社間のオンラインファクタリングがおすすめ

 
実際に高知県の会社がファクタリングすることを考えると、3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングのほうがおすすめです。
というのも、高知県はファクタリングの普及があまり進んでおらず、知識も浸透していないため、売掛先がファクタリングをネガティブにとらえる可能性があります。
その場合、3社間ファクタリングでは資金調達できないだけではなく、売掛先から資金繰り悪化を疑われ、信用悪化につながる恐れがあります。
したがって、売掛先との関係が特に親密である、または売掛先からの協力が得られることが事前にわかる(売掛先がファクタリングに好意的(売掛先もファクタリングを活用しているなど)場合を除いて、高知県の会社は2社間ファクタリングを利用した方が無難です。
さらに、高知県ではオンラインファクタリングの活用がポイントとなります。
オンラインファクタリングも2社間ファクタリングの一種ですが、オンラインで完結できる点で大きく異なります。
従来の(オフラインの)2社間ファクタリングでは、対面や郵送によって契約するのが一般的です。
ところが、高知県にはファクタリング会社の営業所がありません。
対面契約のためには、高知県外(例えば大阪府)のファクタリング会社を訪問する、もしくはファクタリング会社に高知県まで出張対応を依頼する必要があります。
高知県から出向くには移動の負担が大きく、高知県まで出張してもらうにも出張費その他のコスト負担がかさみます。
郵送契約ならば、高知県からでも移動・コストの負担がかかりませんが、契約書類のやり取りに時間がかかるため、スピーディな資金調達は不可能です。
その点、オンラインファクタリングはオンラインで契約を結ぶため、移動やコストの負担がなく、なおかつ資金調達スピードも損ないません。
高知県という地理的要因を考えると、ファクタリングはオンラインを活用すべきです。

高知県の会社がファクタリングする流れ

 
高知県の会社がファクタリングする流れをみてみましょう。
上記の通り、高知県では「2社間ファクタリング」かつ「オンラインファクタリング」がおすすめですが、従来の2社間ファクタリングや3社間ファクタリングも利用できないわけではありません。
そこで、「2社間ファクタリング(オフライン)」、「2社間ファクタリング(オンライン)」、「3社間ファクタリング」のそれぞれの流れについておおまかに説明します。

高知県の2社間ファクタリング(オフライン)の流れ

 
高知県の会社が、オンラインを利用せずに従来の方法で2社間ファクタリングする場合、以下の流れで手続きします。

    1. 高知県の会社で信用取引を行う。売掛先に請求書を発行することで売掛金が発生する。
    2. 高知県の利用会社は、資金調達のために2社間ファクタリング(オフライン)を申し込む。申し込み方法はメール、電話、FAX、公式HPの申し込みフォームなど。
    3. ファクタリング会社からサービスの説明やヒアリングを行う。高知県の利用会社は説明に応じ、必要書類を提出する。
    4. 必要書類が揃った時点でファクタリング会社は審査を実施し、買取りの可否と条件を決定する。
    5. ファクタリング会社は、高知県の利用会社に審査結果とファクタリング条件を通知する。
    6. 条件に依存がなければ、高知県の利用会社・ファクタリング会社の2社間でファクタリング契約(債権譲渡・債権譲渡登記・売掛金回収に関する契約)を結ぶ。このとき、対面契約ならば利用会社が高知県から出向く、あるいはファクタリング会社が高知県まで出向くことによって契約する。
    7. 契約締結後、ファクタリング会社は高知県の利用会社に買取代金を振り込む。対面契約の場合、ファクタリング会社によってはその場で手渡しも可能。
    8. 後日、高知県の利用会社からファクタリング会社に売掛金を決済し、2社間ファクタリングが完了する。

高知県で2社間ファクタリングを利用する際のポイントは、決済の流れ(8)です。
2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、当然ながらファクタリングを利用したこと(売掛金の譲渡によって債権者が変わったこと)を知りません。
したがって、支払期日になると、売掛先は高知県の利用会社へ直接売掛金を支払います。
この時点で債権はファクタリング会社に移っていますから、高知県の利用会社は受け取った代金をファクタリング会社に支払う必要があります。
つまり、売掛金を「売掛先→高知県の利用会社→ファクタリング会社」の流れで回収するということです。
このように、「契約後、買取代金を受け取ったら終了」ではないため注意してください。

高知県のオンラインファクタリングの流れ

 
次に、高知県でオンラインファクタリングを利用する流れをみていきましょう。

    1. 高知県の会社で信用取引を行い、売掛金が発生する。
    2. 高知県の利用会社は、オンラインファクタリングを申し込む。ファクタリング会社との商談もオンラインで行うのが一般的。
    3. 必要書類をオンライン(アップロードなど)で提出し、ファクタリング会社は審査を実施する。オンラインファクタリングはAIによって機械的に審査するケースも多い。
    4. 審査結果に問題がなければ、高知県の利用会社・ファクタリング会社の2社間でファクタリング契約(債権譲渡・売掛金回収に関する契約)を結ぶ。クラウド契約を用いるため対面・郵送は不要。
    5. 契約締結後、ファクタリング会社は高知県の利用会社に買取代金を振り込む。
    6. 後日、高知県の利用会社からファクタリング会社に売掛金を決済し、オンラインファクタリングが完了する。

オンラインファクタリングの特徴は、手続きの一部だけではなく、全てをオンラインで完結することです。
商談にはWeb会議システム(No.1ではZoom)を用い、契約にはクラウド契約(No.1では弁護士ドットコム株式会社の「CLOUDSIGN」)を用います
このほか、オンラインファクタリングは債権譲渡登記を不要とするケースが多く、その場合には債権譲渡登記に関する契約も不要です。
従来の2社間ファクタリングと同様に、売掛先が関与しないため決済の流れは「売掛先→高知県の利用会社→ファクタリング会社」となります。

高知県の3社間ファクタリングの流れ

 
高知県の会社も、事情が許せば3社間ファクタリングを利用できます。
売掛先が関与する点に注意しながら、3社間ファクタリングの流れをみていきましょう。

    1. 高知県の会社で信用取引を行い、売掛金が発生する。
    2. 高知県の利用会社は、3社間ファクタリングを申し込む。この時点で売掛先の内諾が必要になることも多い。
    3. 必要書類を提出する。審査に先立ち、ファクタリング会社から売掛先に対して売掛金の内容を照会することも。問題がなければ審査を実施する。
    4. 審査後、条件に合意すれば、高知県の利用会社・ファクタリング会社の2社間でファクタリング契約(主に債権譲渡契約)を結ぶ。対面や郵送によって契約するのが一般的。
    5. 契約締結後、高知県の利用会社から売掛先に対して債権譲渡通知を行う。債権譲渡通知は高知県の利用会社が単体で行うか、もしくは高知県の利用会社とファクタリング会社の連名で行う。
    6. 債権譲渡通知後、ファクタリング会社は高知県の利用会社に買取代金を振り込む。
    7. 支払期日になると、売掛先からファクタリング会社に直接決済し、3社間ファクタリングが完了する。

高知県で3社間ファクタリングを利用する場合、特徴的なのは契約内容と債権譲渡通知です。
3社間ファクタリングの契約は債権譲渡契約を軸とし、債権譲渡登記や売掛金回収に関する契約は結びません。 
というのも、3社間ファクタリングでは債権譲渡通知が必須となり、これにより第三者対抗要件を具備できるため、あえて債権譲渡登記を行う必要がないのです。
また、売掛先は債権者と支払先が「高知県の利用会社→ファクタリング会社」に変わることを承諾しています。
したがって、支払期日にはファクタリング会社に直接決済するため、売掛金回収に関する契約も不要なのです。

高知県の会社がファクタリングするメリット

 
高知県の会社は、ファクタリングによって様々なメリットを得られます。
ここでは、高知県特有の事情も踏まえつつ、ファクタリングのメリットを解説します。

高知県の銀行よりも調達しやすい

 
ファクタリングは、銀行よりも資金を調達しやすいです。
これは高知県の会社に限ったメリットではなく、ファクタリングならば全国どこでも共通です。
とはいえ、昨今の高知県の融資環境を鑑みるに、これは非常に大きなメリットになるでしょう。

高知県の銀行の審査基準

 
銀行から資金を調達するには、銀行の融資審査に通らなければなりません。
高知県の会社にとって、これが大きなハードルになります。
第一に、近年、高知県の銀行では貸出残高の伸びが鈍化しており、融資姿勢が慎重になっています。
実際に、高知県では、数年前まで難なく融資を受けられていた会社が、徐々に融資を受けられなくなるケースが多いです。
これは、高知県の会社の業績があまり良くないことも理由でしょう。
休廃業・解散・倒産の件数からもわかる通り、高知県の経済環境はまだまだ厳しいといわざるを得ません。
銀行は、融資先の経営状況、具体的には業績と返済力を基準に審査し、少なくとも「返済原資相応の利益が得られていること」が前提となります。
業績が悪化傾向にある会社や赤字の会社では、融資を受けられない可能性が高いのです。
高知県で倒産の危機にあえいでいる会社は、銀行からの調達は絶望的です。
以上の理由から、高知県の会社は銀行融資のハードルが高いといえます。

ファクタリングの審査基準

 
業績その他を理由に、銀行の融資審査に落ちてしまった会社でも、ファクタリングならば調達可能です。
銀行融資は融資先を基準に審査するのに対し、ファクタリングは売掛金を基準に審査します。
ファクタリング会社は、高知県の会社から売掛金を割安に買い取り、支払期日に満額回収することで利益を得ています。
ファクタリング会社に利益をもたらすのは、あくまでも売掛先です。
売掛先から売掛金を回収できなければ、利用会社の経営がどれほど良くても、ファクタリング会社は損失を被ります。
だからこそ、ファクタリングでは「高知県の利用会社の経営状況」ではなく「売掛先(売掛金の支払人)の経営状況」を基準に審査するのです。
したがって、ファクタリングは、高知県で銀行融資を受けられない会社でも難なく利用できます。
以下のように、銀行融資がほぼ不可能な状況でさえ利用できるのです。

  • 長期にわたって業績が悪化している
  • 2期以上の連続赤字に陥っている
  • 債務超過に陥っている
  • 税金を滞納している
  • リスケジュール中である

ファクタリングは利便性が高い

 
高知県の会社が「銀行融資かファクタリングか」を選択するとき、重要となるのは審査難易度だけではありません。
利便性もポイントとなります。
高知県の銀行から融資を受ける場合、銀行員と面談したり、多くの書類を求められたり、なにかと手間がかかるものです。
高知県の経営者で、銀行融資が便利と思っている人はおそらく皆無でしょう。
元来、ファクタリングは利便性に優れています。
2社間ファクタリングの手続きは簡素であり、必要書類も少ないためです。
高知県の会社ならば、一層の利便性が期待できます。
高知県でファクタリングする場合、地理的要因からオンラインファクタリングの利用が推奨されます。
オンラインファクタリングは、契約を含め全てオンラインで手続きすることから、従来の2社間ファクタリングよりも利便性が高いです。
さらに、必要書類も少ない傾向があります。
参考までに、No.1の2社間ファクタリング(オフライン)とオンラインファクタリングの必要書類を比較してみましょう。

  • 2社間ファクタリング(オフライン)…通帳のコピー、2期分の決算書、請求書、売掛先との基本契約書
  • オンラインファクタリング…通帳のコピー、直近の決算書、請求書

高知県は、オンラインファクタリングによって、銀行融資よりもはるかに便利に資金を調達できます。

高知県で開業したばかりの会社でも利用可能

 
高知県で開業したばかりの会社にとって、ファクタリングは非常に役立ちます。
中小企業庁が発表している都道府県別の開廃業率(2018年度) によれば、高知県の開業率は3.4%です。
開業率の全国平均は4.4%ですから、高知県の開業率は低く、新規開業の会社も少ないといえます。
しかしながら、高知県の会社のうち、少なくとも3.4%が「開業後間もない」という状況です。
創業1年未満の会社だけではなく、起業から数年目の会社も含めると、2024年現在、高知県で「開業後間もない」といえる会社はかなりの数に上るでしょう。
開業したばかりの会社が最も苦労するのが資金調達です。
業歴が短い会社は信用が不足しており、売上も安定しないため、事業が軌道に乗るまで苦しい資金繰りが強いられます。
経済の回復が遅れている高知県では、起業後の生存率も低くなっていると考えるべきです。
高知県の銀行も、業歴が短い会社への融資に消極的です。
もちろん、高知県内外で注目を集めているスタートアップ企業であれば、融資を受けられる可能性があります。
スタートアップ企業は成長力があり、それだけに資金需要も旺盛です。
高知県の銀行にとって、スタートアップ企業は「将来の優良顧客」にほかならず、早いうちから関係を築くためにも積極的に融資するのです。
逆にいえば、そのような一部の会社を除いて、高知県の銀行は融資しません。
基本的に、業歴が短いほど経営基盤が弱く、財務内容も貧弱です。
さらに、返済力を判断するための材料(長期の決算書など)も乏しいのですから、融資できないのも無理はありません。
そこで、高知県で起業したばかりの会社、業歴が短い会社はファクタリングを利用しましょう。
ファクタリングの審査基準は売掛金・売掛先であり、利用会社の業歴を重視しません。
高知県で開業したばかりの会社でも、信用取引を行っていれば売掛金を持っており、ファクタリングで調達できます。
なお、一部では「業歴1年未満は不可(業歴2年以上であれば可)」とするファクタリング会社もあります。
高知県で業歴1年未満の会社は、No.1のように業歴1年未満でも利用できる業者を選んでください。

無担保・無保証で調達できる

 
高知県でファクタリングする際、担保・保証は不要です。

高知県の銀行融資は担保を重視

 
高知県と銀行融資の関係でもみたように、高知県は他の都道府県に比べて担保・保証を重視されます。
高知県の会社が無担保・無保証で融資を受けることは難しく、特に担保付融資の割合が高いのが特徴です。
なぜ高知県の銀行が担保・保証を重視するのかといえば、保全のためにほかなりません。
融資は資金の貸し付けであり、法的には金銭消費貸借にあたります。
民法において、消費貸借は以下のように定められています。

(消費貸借)
第五百八十七条 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

出典:出典:e-Gov法令検索「第五節 消費貸借」
ここにある通り、高知県の会社が融資を受けた場合には、現金によって返済すること、またはその等価物によって弁済することが前提です。
不動産などの資産を担保にとる、あるいは高知県信用保証協会の保証を取り付けておけば、高知県の銀行は貸倒れリスクを大幅に軽減できます。
担保付融資の場合、担保資産の売却によって残債を回収でき、信用保証協会の保証付融資は残債の8割以上を弁済してくれるのです。
だからこそ、担保・保証があることによって、高知県の会社は融資を受けやすくなります。
逆にいえば、担保・保証が不足している会社は融資を受けにくいということです。
高知県の経済動向でもみたように、高知県の生産活動は緩やかに回復しています。
これに伴い、高知県の事業者が設備投資を検討する機会も増えてくるでしょう。
その場合、多額の融資が必要になるわけですが、それに見合う担保や保証がなければ融資を受けるのは困難です。

ファクタリングは無担保・無保証

 
ファクタリングは、原則として無担保・無保証で利用できます。
これは、融資とファクタリングの法的な違いを考えるとわかりやすいです。
融資が金銭消費貸借であるのに対し、ファクタリングは債権譲渡です。
消費貸借とは異なり、債権譲渡は返済義務を伴いません。
お金を借りたわけではないのですから、返済義務もないというわけです。
返済義務がなければ、債務不履行に備えるための担保・保証は必要はありません。
したがって、ファクタリングは無担保・無保証で利用できます。
なお、高知県でファクタリングを利用する際には、不動産・動産による担保、保証機関による保証だけではなく、第三者の連帯保証や代表者個人の保証も一切不要です。
高知県で担保・保証の不足に悩んでいる会社は、ぜひファクタリングを活用してください。

貸倒れリスクを回避できる

 
ファクタリングは、貸倒れリスクの回避にも役立ちます。
これは、どの会社にとってもメリットとなりますが、高知県の会社にとっては特に大きなメリットといえるでしょう。
なぜならば、高知県は廃業率が高く、倒産件数も増加傾向にあるためです。

高知県の貸倒れリスク

 
2018年度、高知県の廃業率は3.7%となっています。
高知県の開業率は3.4%ですから、廃業率が開業率を上回っていることがわかります。
高知県のように、「開業率<廃業率」となっている都道府県、全国47都道府県のうち8県のみ。
また、全国平均の廃業率は3.5%であることから、高知県の廃業率は全国的にみても高い水準といえます。
このほか、高知県の経済動向でも解説したように、高知県では休廃業・解散・倒産件数が高止まりの状況です。
したがって、高知県の会社は基本的に貸倒れリスクが高いと考えるべきです。
高知県の会社のうち、特に中小規模の会社にとって、貸倒れは非常に大きなリスクとなります。
貸し倒れに陥った売掛金は回収できなくなり、貸倒損失を補填しなければなりません。
これにより、手元資金が流出し、資金繰りが悪化します。
赤字を補填するだけの手元資金がなければ、銀行から赤字補填資金の借り入れが必要です。
高知県の融資環境は悪化しており、前向きの資金でさえ融資を受けにくくなっています。
赤字補填資金のような、いわゆる「後ろ向き資金」であれば、融資交渉は難航するでしょう。
その結果、資金を調達できなければ資金繰りがショートし、売掛先の倒産のあおりを受けて連鎖倒産に至るわけです。

ファクタリングは償還請求権なし

 
これを避けるためにも、ファクタリングが役立ちます。
高知県の会社がファクタリングする際、契約は「償還請求権なし」が原則です。
償還請求権とは、譲渡した売掛金が回収不能になった場合、譲受人が譲渡人へ買い戻しを請求する権利のことです。
ファクタリングには償還請求権がないため、売却した売掛金が回収できなくなっても、利用会社が買い戻しを求められることはありません。
つまり、本来は利用会社が負うべき貸倒れリスクを、ファクタリング会社に移転できるのです。
回収不能に伴うあらゆる損失は、全てファクタリング会社が負担します。
高知県の会社は、ファクタリングによって貸倒れリスクを回避すれば、連鎖倒産の心配もなくなります。
廃業率が高く、倒産が増えている高知県において、これは大きなメリットになるはずです。
さらに、貸倒れリスクを軽減すれば、与信管理の効率化にもつながります。

個人事業主でも利用しやすい

 
ファクタリングは、法人だけではなく個人事業主でも利用できます。
高知県の個人事業主が年々増加していることを考えると、これも見逃せないメリットです。
高知県産業振興推進部統計分析課が令和5年に公表した資料 によれば、高知県では副業者数は、平成24年は11700人(副業者率3.7%)、平成29年は11600人(副業者率3.7%)、令和4年は15900人(副業者率5.2%)となっています。
令和に入ってから、高知県では副業者が急増しているのです。
また、令和4年、フリーランスを本業とする人は9400人となっており、有業者に占める割合は2.6%。
全国平均(3.1%)を下回るものの、高知県でも本業のフリーランスはかなりの数に上ります。
本業・副業を問わず、フリーランスの事業者区分は個人事業主です。
一般的に、個人事業主は法人に比べて資金調達が難しく、選択肢も限られています。
法人と同じように銀行融資を受けることは難しく、融資環境が悪化している高知県ならばなおさらです。
このため、高知県の個人事業主がビジネスローンで借り入れたり、個人として消費者金融から借り入れたりするケースが目立ちます。
しかしながら、ビジネスローンは返済負担が重いため、あまりおすすめできません。
個人事業主は、事業上の資金繰りと個人の家計が密接な関係にあり、ビジネスローンによる返済負担が家計を圧迫する恐れがあります。
高知県の個人事業主が資金調達する際には、ビジネスローンよりもファクタリングを優先してください。
ファクタリングは、個人事業主でも無理なく利用できます。
もちろん、個人事業主を対象外とするファクタリング会社もありますが、No.1のように法人・個人を問わず受け付けているファクタリング会社も多いです。
最近では、個人事業主のファクタリング需要が高まっていることから、個人事業主に特化したファクタリングサービスも増えています。
個人事業主向けだからといって、法人向けファクタリングよりも条件が悪いわけではなく、なんら遜色ない条件でファクタリングできます。

スピーディに資金調達できる

 
ファクタリングの資金調達スピードは抜群です。
他の資金調達方法に比べて、圧倒的にスピーディに調達できます。
高知県の銀行から融資を受ける場合、優良企業でも数週間、一般的には1ヶ月程度を要します。
高知県で消費者金融系のビジネスローンを利用するとしても、即日融資は期待できません。
事業資金を調達する以上、ある程度まとまった金額の借り入れを希望するのが普通です。
このため、個人向けの貸金(いわゆるサラ金)のように、簡単に即日融資というわけにはいかないのです。
即日融資を謳うビジネスローンは多いものの、実際には数営業日を要すると考えるべきでしょう。
このように考えると、高知県で資金調達を急ぐ会社が、借り入れによって対応するのは困難です。
とりわけ、「今日中に」「明日まで」「今週中に」といった緊急の場合、銀行融資はもとより、ビジネスローンでも間に合わないケースが多々あります。
ファクタリングは、そのような緊急の資金需要に適しています。
方式別の資金調達スピードの目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:最短即日
  • 3社間ファクタリング: 最短1週間程度
  • オンラインファクタリング:最短数時間

高知県のファクタリング事情を踏まえると、高知県の会社はオンラインファクタリングが現実的といえます。
つまり、高知県の会社は、ファクタリングによって数時間中に資金を調達できるのです。
実際に、No.1のオンラインファクタリングサービス「Easy factor」では、高知県からのご利用に対し最短60分入金の実績が多数ございます。

高知県の会社がファクタリングする際の注意点

 
高知県の会社は、ファクタリングによって様々なメリットを享受できますが、同時に注意点があります。
高知県の会社がファクタリングする際、特に注意すべきは手数料と違法業者です。

手数料の負担に注意

 
ファクタリング会社は、売掛金を割安に買い取り、満額回収することで利益を得ています。
このため、ファクタリングによって売掛金がいくらか目減りします。
この目減りする部分が、ファクタリングにおける調達コストであり、一般的には「ファクタリング手数料」「買取手数料」などと呼ばれるものです。
支払期日まで待っていれば満額回収できるところを、早期回収することで目減りし、利益を損なうため注意しなければなりません。

ファクタリング手数料の目安

 
現在、ファクタリングの手数料に関する規制はなく、業者が審査結果に応じて自由に設定できます。
したがって、ファクタリングする売掛金の内容や、ファクタリング会社の方針・審査能力などによって手数料率は変化します。
ごく大まかな参考ではありますが、ファクタリング手数料の相場は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%
  • オンラインファクタリング:額面金額の10%以下

経済が回復の途上にある高知県だからこそ、ファクタリングの手数料負担はできるだけ抑えたいところ。
手数料率が高い2社間ファクタリングよりも、3社間ファクタリングやオンラインファクタリングのほうが望ましいといえます。

高知県のファクタリングは安い

 
高知県の場合、ファクタリング手数料は大きなデメリットになりにくいです。
ファクタリングの普及が遅れている高知県では、オンラインファクタリングが適しています。
上記の目安からもわかる通り、オンラインファクタリングの手数料は他の方式よりも低いです。
No.1のオンラインファクタリングサービスならば、額面金額の2~8%でご利用いただけます。
実際の調達コストを比較するとよくわかりますが、2~8%という手数料率は、ビジネスローンよりもはるかに安く、銀行融資と比べても見劣りしないレベルです。
とはいえ、無計画なファクタリングは資金繰り悪化につながります。
高知県の会社がファクタリングする際には、計画的な利用を心がけてください。

違法業者に注意

 
高知県でファクタリングする会社は、違法業者に十分注意してください。
近年、ファクタリングの普及が急速に進んだことによって、法整備が追い付かない状況となっています。
ファクタリング業に対する規制はほとんどなく、例えば新規にファクタリング業を開業する際、登録や免許は一切不要です。
このため、ファクタリング業を装う違法業者が存在し、「ファクタリング業界が違法業者の温床になっている」と指摘する専門家もいます。
金融庁は、公式HPで以下のように注意を喚起しています。

中小企業の経営者などを狙い、貸金業登録を受けていない者が、ファクタリングを装って、業として、貸付け(債権担保貸付け)を行っている事案が確認されています。

出典:出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

高知県も違法業者のリスクあり

 
高知県においても、ファクタリングを装う違法業者が存在している可能性があります。
高知市市民協働部が発行する「いきいき高知(令和2年9月版)」 では、給与ファクタリングへの注意を喚起しているのです。
給与ファクタリングは、個人の給与債権を買い取るサービスであり、ファクタリングを装う違法行為の典型例です。
ファクタリングを謳っているものの、実態は違法な貸し付けにほかなりません。
取り締まりの強化によって、現在では給与ファクタリング業者は軒並み廃業しています。
しかし、高知市市民協働部の注意喚起から、かつて高知県にも違法業者が存在していたことは明らかです。
同時に、今も高知県に違法業者が存在していることを示唆します。
給与ファクタリングを廃業したからといって、高知県から違法業者がいなくなったわけではありません。
給与ファクタリング以外の方法によって、相変わらず違法行為を働いていると考えるべきでしょう。

ファクタリングを装う違法業者=ヤミ金

 
以下の通り、金融庁でも高知市市民協働部でも、「ファクタリングを装う違法業者=ヤミ金」と断定しています。

近時、ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。

出典:出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

貸金業登録を受けずに貸金業を営む者は違法なヤミ金融業者ですが、給与ファクタリング業者のほとんどは貸金業の登録を受けていません。

出典:出典:いきいき高知(令和2年9月版)
実際の裁判や摘発の事例をみても、年利数百~千%超の高金利設定、違法な取り立て、法外な遅延損害金の請求など、手口はヤミ金そのものです。
高知市消費生活センターに寄せられた相談でも、年利240%を請求された事例があります。
このような違法業者を利用してしまえば、資金調達どころではありません。
高知県の会社がファクタリングを利用する際には、悪質業者には十分注意してください。

高知県でファクタリング会社を選ぶポイント

 
最後に、高知県でファクタリング会社を選ぶポイントをみていきましょう。
ポイントは以下の4つです。

オンラインファクタリングを選ぶ

 
高知県から利用できるファクタリング会社はたくさんあります。
2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社の多くは、「(高知県を含む)全国対応」としています。
しかしながら、高知県の会社には通常の2社間ファクタリングはおすすめできません。
通常の2社間ファクタリングは手数料が高く、高知県にはファクタリング会社がないため対面契約・郵送契約の負担も大きいです。
3社間ファクタリングの手数料は安いものの、契約手続きの負担が大きく、売掛先の信用リスクもあります。
高知県はファクタリングの普及が遅れており、売掛先にファクタリングの利用を知られることは避けたほうが無難でしょう。
オンラインファクタリングを選ぶことは、高知県の会社にとって最大のポイントとなります。
オンラインファクタリングならば、手数料や負担、信用リスクなど、あらゆる面で優れており、高知県の会社でも安心して利用できます。

業歴をチェック

 
高知県で違法業者を避けるには、業歴のチェックが重要です。
近年、ファクタリング市場の拡大によって新規開業のファクタリング会社が増えています。
新興のファクタリング会社ほど、オンラインファクタリングの導入に意欲的であり、オンライン専業のファクタリング会社も少なくありません。
ファクタリングに限らず、新しい流れには違法業者が紛れ込みやすいものです。
実際、オンラインファクタリングに見せかけた怪しげなサービスが登場しています。
高知県の会社は、単にオンラインファクタリングを選ぶだけでは、このような危険なサービスに引っかかってしまう恐れがあります。
この危険を避けるには、ファクタリング会社の業歴をチェックするのが効果的です。
業歴5年以上を目安とするのがよいでしょう。
違法業者は常に摘発のリスクがあり、長期にわたって違法行為を続けることは基本的にありません。
業歴が5年以上のファクタリング会社を選ぶことで、違法業者を簡単に避けられます。

手数料を比較

 
高知県の会社は、オンラインファクタリングによって手数料を抑えることができます。
とはいえ、ファクタリング会社によって手数料率の設定は様々です。
No.1のように「2~8%」などと幅を持たせている業者もあれば、「一律10%」のように明示している業者もあります。
ファクタリング手数料は審査結果に応じて決まるため、一律設定を除けば、見積もりを依頼するまで手数料は不明です。
最も手数料が安い業者を選ぶには、相見積もりを取るのがよいでしょう。
複数のオンラインファクタリングに見積もりを依頼し、一番安いものを選ぶのです。
その場合、すべての見積もり結果が出るまで判断できず、資金調達スピードの点でやや難があります。
資金調達を急いでいる会社は、No.1のように手数料率の基本設定が安いファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

資金調達スピードをチェック

 
最後に、資金調達スピードをチェックしましょう。
基本的に、オンラインファクタリングはスピードに優れており、比較したところであまり差が出ないことも多いです。
ただし、それはあくまでも「オンライン(完結の)ファクタリング」を利用した場合のこと。
業者によっては、一部の手続きをオンライン対応していることを「オンラインでファクタリング」「来店不要」などと表現しています。
高知県の会社にとって重要なのは、「全ての手続きをオンラインで完結できること」です。
オンライン完結だからこそ、高知県の会社でも少ない負担で、スピーディにファクタリングできます。
例えば、「一部オンライン対応、契約は対面で」となれば、高知県の会社がスピーディに調達するのは不可能です。
また、「来店不要」が「郵送契約に対応」の意味であれば、調達に数日を要します。
このように、オンラインを謳うファクタリングの中には紛らわしいものがあるのです。
高知県の会社がファクタリング会社を選ぶ際には、サービスの詳細と資金調達スピードをチェックしましょう。
これにより、高知県の会社もスピーディにファクタリングできます。

まとめ:高知県のファクタリングはNo.1におまかせください

高知県の経済動向、高知県の資金調達方法、高知県とファクタリングの関係などについて詳しく解説しました。
高知県は、全国的にみて資金調達環境が悪く、銀行の融資姿勢も消極的です。
経済の回復がゆるやかであること、倒産件数が多いことなどから、高知県で経営を続けるのは容易ではありません。
高知県の会社が資金を調達する際、ファクタリングが役立ちます。
No.1のファクタリングサービスは、高知県のお客様からもたくさんのご利用をいただいており、高知県での実績も豊富です。
高知県でファクタリングをご検討中の方は、No.1までお気軽にご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top