DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: 未分類

フリーランスの人が使えるおすすめファクタリングを紹介!フリーランスでも資金調達を諦めないで!

フリーランスで活躍している方の中で銀行と取引がある人はどのくらいいますか?

資金が必要になった「いざという時」に金融機関と取引がないと、審査などに時間がかかってしまいます

また、10万円、20万円単位で融資してくれる金融機関も多くありません。

彼らのお客は一定規模の会社であり、1人で仕事をしているフリーランスや個人事業主の方は対象外というところも多いのです。

そうしたフリーランスの方の資金調達を助けるのがファクタリングです。

しかし、どんなファクタリングサービスでも良いわけではないのでフリーランスに適した会社を選びましょう。

今回は選び方のポイントと利用時の注意点も解説していくので参考にしてみてください。

フリーランスが資金を調達しやすいファクタリングサービスの選び方

フリーランス、あるいは個人事業主の方が資金調達しやすいファクタリング会社というものはあるのでしょうか?

自分らしい働き方がもてはやされる現在、フリーランスという生き方を選ぶ方も増えています。しかし、資金調達方法が限られてしまえば、せっかくの意欲が台無しになってしまいます。

多様な価値観を尊重した働き方がもてはやされるならば、資金調達についても多様な価値観を反映させるべきだと思いませんでしょうか?

そうであるならば、ファクタリング会社についても、フリーランス、あるいは個人事業主を尊重するところを選ぶことも重要な要素を言えるのではないのでしょうか?

ファクタリング会社は金融機関と異なり、開業に際してのハードルが低くなっています。そうであるならば、フリーランスという多様性ある働き方を選んだ人向けのメニューを用意しているところもあるのです、

ファクタリング会社には法人のみを対象としているところや、フリーランスについては限定的に諸条件を満たしたところのみを対象にしているところもあります。あるいは、フリーランスや個人事業主を積極的にお客様とし、売掛債権(売掛金)を買い取っているところもあります。

そこで、今回はフリーランスや個人事業主向けのファクタリング会社はどういうところなのか紹介していきます。

フリーランスが利用したい、おすすめできるファクタリングサービスの選び方は以下になります。

      

  • 手数料が安い
  •   

  • フリーランスを明確に対象としている
  •   

  • 少額(売掛金額が少ない)ケースでも現金化できる
  •   

  • 2社間ファクタリング中心のサービスである

それぞれについて解説します。

手数料が安い

フリーランスの場合、おすすめできるファクタリング会社は、少なくとも2社間ファクタリングで10%台のところを選びましょう。

「フリーランス大歓迎」と謳っているところの中には、通常のファクタリングよりも高額の手数料を求めるところがあります。

実質「給与ファクタリング」(融資であるという最高裁判決が出ています。ファクタリングとしては違法になります)と変わらないところ、ヤミ金や反社会的勢力が経営しているところもあると聞きます。

フリーランスは立場が弱い傾向にあるので悪徳業者に食い物にされないためにもしっかりした業者を選んでください。

フリーランスを明確に対象としている

フリーランスに対応した信頼と実績のあるファクタリング会社を選んでください。

取引先と契約書を交わさない事例など、フリーランス特有の事情も分かっています。

フリーランス「も」対象ではなく、フリーランス「を」対象にしているファクタリングサービスです。

少額(売掛金額が少ない)ケースでも現金化できる

フリーランスの場合、売掛金額が少ないので、1万円あるいは多くても20万円くらいからファクタリングできるとありがたいです。

少額から買い取り、現金化可能なファクタリングサービスがおすすめできます。

2社間ファクタリング中心のサービスである

3社間ファクタリングで売掛先にバレると、ただでさえ立場が弱いフリーランスが不利になります。

2社間ファクタリングならば当事者間で解決するので、売掛先にバレず、追い込まれてしまうことを防げます。

フリーランスはファクタリングで資金調達できないケースがありなぜ苦戦するのか

資金調達する場合、法人の場合は比較的問題なく売掛債権(売掛金)をファクタリングで調達できますが、フリーランスの場合それが難しいケースがあります。なぜフリーランスがファクタリングしようとすると大変になるのでしょうか?

法人ならば商業登記簿謄本でその代表者や所在地などを確認できますが、フリーランスはそうした公的書類がないので、第3者への信頼がそれよりも劣ります。

ファクタリングサービスにどのように信頼してもらうかが重要です。なぜフリーランスはファクタリングで苦戦するのか、その理由をまとめてみました。

フリーランスの事業規模による理由

フリーランスは法人と比較してどうしても規模が小さくなります。

それゆえ、ファクタリングが厳しいことがあります。

具体的には次の理由によるものです。

      

  • 十分な売上がない
  •   

  • 安定的な売掛債権(売掛金)が少ない
  •   

  • 売掛債権(売掛金)の信頼性が低い

これらをさらに詳述します。

十分な売上がない

フリーランスの売掛債権(売掛金)は1件(1社)に付き数千円~数万円ということもあります。

この額で買取ってもファクタリング会社にうまみはありません。

手数料を請求してもそれ以上に手間やコストがかかってしまっては商売になりません。

安定的な売掛債権(売掛金)が少ない

フリーランスの場合、超大手企業や有名企業と継続的な契約をするわけではなく、仕事があったときだけです。

業務請負の形で行うケースも多く、売掛債権(売掛金)としての安定性に欠けます。

法人であれば、毎月100万円単位の売掛債権(売掛金)があるなど、受け取る売掛金は安定します。

しかし、フリーランスの場合、今月10万円で来月はわずか2万円、翌々月はこのクライアントからの仕事がないかもしれない、そういうケースが問題です。これでは売掛債権(売掛金)の継続性に疑問符がついてしまいます。

売掛金の見込みが不安定な事業主の債権をファクタリング会社は買いづらいということになります。

売掛債権(売掛金)の信頼性が低い

フリーランスの取引先、クライアントは同じフリーランスや新興企業、さらによくわからない個人、匿名のクラウドソーシングサイトが相手ということも多いです。

結果的に売掛債権(売掛金)の信頼性が低い傾向にあります。

有名企業の債権があれば別ですが、名前も知らない、どこの誰かわからない人の売掛債権(売掛金)を買い取るのはファクタリング会社にとってもリスクです。

フリーランスという立場、固有の事情

法人ではなくフリーランス固有の事情により、ファクタリングリスクを感じることも下記のように資金調達できない理由になります。

      

  • フリーランスの社会的信用度が一般的に低い
  •   

  • 事業用資金なのかわかりにくい
  •   

  • 納税の義務を果たしていない人もいるかもしれない

フリーランスは社会的に信用されにくく、事業用口座とプライベート口座が同じ人もいて、本当に事業用資金が欲しいのかわかりません。遊興費に使われるのは困ります。

法人が納税の義務を果たさなければ厳しく指弾されます。納税は国民の義務です。

しかし、フリーランスや個人事業主の場合、税務調査が法人よりも入りにくいということもあり、怠っている人がいる可能性もあります。

納税していない人の売掛債権を買い取ることはできません。ファクタリング会社も共謀していると思われかねず、そうした事態を未然に防ぐためにも、個人事業主やフリーランスの方の売掛債権(売掛金)を買い取りしない会社もあります。

フリーランスがファクタリングの審査に通りやすい条件とは?

このように、フリーランス向けのファクタリングは、社会的信用度が低い傾向にあるため、審査が厳しくなる可能性があります。

少しでもファクタリングを容易に、可能にする条件が何なのでしょうか。おすすめしたいのは以下の要件を満たすことです。

      

  • 自分のホームページがある
  •   

  • 青色申告・複式簿記(55万円 or 65万円控除)で確定申告している
  •   

  • 信頼できるクライアントと継続的な取引をしている
  •   

  • 100万円以上の売掛債権(売掛金)をファクタリングする

これらについて紹介します。

自分のホームページがある

ホームページの内容は薄くても構いません。

数ページしかなくてもいいのでホームページを作り、事業主情報を掲載してください。

法人登記簿謄本のように法的担保にはなりませんが、第3者へ自分の情報を公開することで信頼度が増します。

青色申告、複式簿記(55万or 65万円控除)で確定申告する

法人に準じた存在として認められるためには、開業届けだけでは不十分で、青色申告の届けも出して、単式簿記の10万円控除ではなく、複式簿記の55 万円or65万円控除(2021年分から紙の申告55万円か電子申告65万円)で確定申告をしてください。

この55 万円or65万円控除の確定申告書コピーを申し込みの際に提出すれば、かなりしっかり経理を行っていることの証明になります。

信頼できるクライアントと継続的な取引をする

有名企業や官公庁など信頼できる取引先、クライアントと継続した取引があれば、それらの売掛債権(売掛金)であれば評価が高く、ファクタリングで買取ってもらえる可能性が上がります。

フリーランスの場合、クラウドソーシングサイトなどでの単発の仕事が多い傾向にあります。

単発仕事は収入が安定しないのですが、信頼できるクライアントと継続取引していれば、ファクタリングサービスも安心します。

可能ならば100万円を超える売掛債権(売掛金)がある

細々した仕事ではなく、大口の売掛金があると望ましいです。

できれば100万円以上の売掛債権(売掛金)があれば、実質法人取引に近いものとみなして、ファクタリングしやすくなります。

この金額の売掛金を得られる仕事はなかなかないかもしれませんが、もし、大口の売掛債権(売掛金)を得られれば、資金使途によってはファクタリングを検討してもいいでしょう。

これらの条件を満たせれば、フリーランスや個人事業主の方でもファクタリングできます。迅速な資金調達はフリーランスや個人事業主の方こそ必要なのかもしれません。

フリーランスにおすすめのファクタリングサービス6選

それではおすすめしたいフリーランスや個人事業主の方向けのファクタリング会社を紹介していきます。

具体的には、フリーランスにおすすめできるファクタリングサービスの

      

  • 株式会社No.1
  •   

  • PAYTODAY
  •   

  • ペイトナー ファクタリング
  •   

  • OLTA株式会社
  •   

  • ビートレーディング
  •   

  • えんナビ

の6つを紹介します。

フリーランスにおすすめのファクタリング会社その1 株式会社No.1

東京(池袋)や名古屋、博多などに店舗を持つファクタリング会社です。老舗ファクタリング会社として口コミ評価も高く、個人事業主やフリーランスの方向けに特化したプラン、メニューがあるので安心してご利用できます。

10万円の売掛債権(売掛金)から買い取りできますので、少額債権をお持ちの方も安心できます。

業界最低水準の手数料で即日、最短30分で買い取りいたします。遠隔地にお住まいの方は全部WEB上で完結する「オンラインファクタリング」をご利用いただけます。

「初回買取手数料50%割引」or「他社より高額買取保証」という新規利用者向けの特別サービスも用意しています。

幅広い事業主様にご利用いただけるおすすめのファクタリング会社になります。

<特徴>

      

  • 即日融資可能(最短30分)
  •   

  • オンラインファクタリング可能
  •   

  • 審査通過率79%(約80%)
  •   

  • 手数料1%~15%
  •   

  • フリーランス専用プランあり
  •   

  • 2社間ファクタリング

フリーランスにおすすめのファクタリング会社その2  PAYTODAY

フリーランス1期目でも利用可能なファクタリングサービスです。

つまり、確定申告書を提出しなくても請求書があればファクタリングによって資金化可能です。

面談や電話の必要がなくすべてWEB上で完結するオンライン完結型になります。

<特徴>

      

  • 即日融資可能
  •   

  • オンラインファクタリング可能
  •   

  • 年中無休
  •   

  • 手数料1%~9.5%
  •   

  • 2社間ファクタリング

フリーランスにおすすめのファクタリング会社その3 ペイトナー ファクタリング

ファクタリング申し込みの際の必要書類が簡潔で、ファクタリング手数料も一律10%とわかりやすいファクタリングサービスです。

ファクタリングが初めてという人も、簡潔な手続きでスムーズに現金化できます。

初回利用時の買取上限額が25万円ので、まずファクタリングをやってみたいというフリーランスにおすすめです。

<特徴>

      

  • 即日融資可能
  •   

  • オンラインファクタリング可能
  •   

  • 年中無休
  •   

  • 手数料一律10%
  •   

  • 2社間ファクタリング

フリーランスにおすすめのファクタリング会社その4  OLTA株式会社

24時間年中無休で営業しているオンライン完結型のファクタリング会社です。

手数料が低めで、最短で即日融資もできます。わかりやすい手続きでフリーランスの方も安心できます。

急な資金繰りが必要になった場合、WEBで完結するので、ぜひ利用を検討してください。

<特徴>

      

  • 即日融資可能
  •   

  • オンラインファクタリング可能
  •   

  • 年中無休
  •   

  • 手数料一律2%~9%
  •   

  • 2社間ファクタリング

フリーランスにおすすめのファクタリング会社その5 ビートレーディング

最短12時間で入金可能という超スピード買取が可能です。

買取金額に上限がなく、必要書類は本人確認書類、通帳、請求書の3点のみでOKなので、迅速な買い取りが可能です。

買い取り額は下限10万円以上ですが、対面、出張、WEB査定いずれの方法もでき、利便性が抜群です。

3社間ファクタリングもできます。売掛先と信頼関係があれば、3社間ファクタリングの方が手数料は安くなります。

      

  • 即日融資可能(最短12時間)
  •   

  • オンラインファクタリング可能
  •   

  • 土日休み
  •   

  • 手数料一律2%~20%
  •   

  • 必要書類が少ない
  •   

  • 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング

フリーランスにおすすめのファクタリング会社その6 えんナビ

即日入金可能、24時間365日対応という特徴を持っています。

急な資金調達を必要とするフリーランスの方にはおすすめです。

ファクタリング通過率も97%ととても高いので、「自分はファクタリング難しいのかな?」と思っているフリーランスの方も、相談してみる価値があります。

困ったときのファクタリング先として頼りになるでしょう。

      

  • 即日融資可能
  •   

  • オンラインファクタリング可能
  •   

  • 年中無休
  •   

  • 手数料5%~
  •   

  • 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング

フリーランスのファクタリングはおすすめできるファクタリング会社がよい

フリーランスのファクタリングについて以前は、社会的信用度の低さから敬遠されてきましたが、最近ではフリーランスに対応したファクタリングサービスが増えています。

実績のあるフリーランス向けのおすすめできるファクタリングサービスを選んでください。

なるべく手数料が安く、少額の売掛金でも買い取りしてもらえるところを選びましょう。

会社もフリーランス、個人事業主も急な資金調達の必要性は同じように起きます。

そのためファクタリングを利用することで、融資では間に合わない資金調達を実現させます。

今回紹介したファクタリングサービスはどこもフリーランス向けの実績があり、おすすめなのでぜひ参考にしてみてください。

フリーランス向けファクタリングメニューを用意している株式会社No.1がおすすめ

フリーランスあるいは個人事業主の場合、売掛債権(売掛金)額が少なく、また法人登記簿謄本を取得できないので、ファクタリング会社の中にはファクタリングを避ける傾向にあります。

しかし、積極的にフリーランスの方の売掛債権(売掛金)を買い取るファクタリング会社も存在しています。当社株式会社No.1もフリーランス、個人事業主向けの売掛債権(売掛金)を積極的に買い取るファクタリング会社でおすすめできます。

「株式会社No.1」は歴史と実績があるファクタリング会社です。フリーランス(個人事業主)向けの特別メニューを用意していて、審査通過率約80%以上、業界最低水準(1%~)の買い取り手数料、最短30分での超迅速な入金などフリーランスの方にはとてもありがたいものばかりです。

10万円から買い取りできますので、少額の売掛債権(売掛金)でも問題ありません。ぜひフリーランスの方はその内容を問わずお問い合わせください。

手続きの最初から最後まで完全オンラインで完結する「オンラインファクタリング」も行っています。ネット環境があればできるので、ぜひお問い合わせください。

フリーランスの方の資金調達は、ぜひ当社「株式会社No.1」をご利用ください。フリーランスの方にとって使いやすくおすすめできます。

何卒宜しくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top