DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング ・ 未分類

ファクタリングの審査通過率は法人ならどのくらい?ファクタリング会社を選ぶ際の指標を示します

ファクタリングを申し込む際にまず意識するのが審査通過率です。実際に申し込みをしても審査通過率が低ければ、資金調達ができなくなってしまいます。

迅速な資金調達を主目的にファクタリングを行う事業主様が多いはずで、ここで審査通過率の影響を受けてしまうのは大きなリスクになります。

特に法人の場合、資金調達できなかった場合のリスクは非常に大きなものがあります。

そこで今回は、ファクタリングの審査通過率の中でも、法人の審査通過率に焦点を当てます。法人のファクタリング審査通過率の現状と、望ましい法人のファクタリング審査通過率を知ってください。

望ましいファクタリング審査通過率について知っていただき、法人のみなさまにはぜひ自社の資金調達を迅速かつ確実に可能にするファクタリング会社を選んでいただければと存じます。

法人のファクタリング審査通過率は果たしてどのくらいのものなのでしょうか?本記事でぜひ知ってください。

ファクタリングの平均審査通過率と人気ファクタリング会社の審査通過率の現状を知ろう

まずファクタリング全体の審査通過率を見ていきましょう。大手ファクタリング会社の中には「審査通過率93%以上!」などとアピール、宣伝しているところもあります。

しかし、実際のところは、」現状のファクタリングにおける審査通過率は、平均すると70%超、あるいは70%を少し超えるくらいだと言われています。90%超えというのはレアケースです。

ファクタリングは銀行や消費者金融と異なり、許認可業種ではないので、誰でも開業でき、統計的な資料を出せません。つまりファクタリング会社すべての平均を出せません。

それを踏まえても、70%超の審査通過率を現状だと考えると、資金調達方法の中では悪くありません。いわゆる「悪徳業者」の審査通過率は低いのではなく高いことが予想されます。

ヤミ金融と同様に悪徳ファクタリング業者の場合、間口を広くして、そこから搾り取る手法を採っているところもあります。

したがって、明らかに審査通過率が高すぎる場合は注意が必要です。

しかし、ファクタリングまとめサイトなどで登場する有名大手ファクタリング会社の審査通過率は90%を超えています。

これは大手ファクタリング会社が悪徳業者であることや、審査が甘いことを意味しません。大手ならば大手なりに過去の審査をデータベース化して、しっかりしたノウハウがあるから、本当にヤバそうな売掛債権(売掛金)以外は、リスクが低いと判断して買い取っています。

そのため審査通過率を高くできます。

中小のファクタリング会社は、売掛債権(売掛金)の回収不能リスクを適切に評価できないところも多いため、あまり危険ではない売掛債権(売掛金)についても大事を取って落とす、そのため審査通過率が低くなっています。

問題は、中小の聞いたことがないファクタリングの審査通過率が95%など非常に高い場合です。この場合は、上述のようにヤミ金融に近い悪徳業者であり、まず審査を通過させるものの、買い取り手数料を法外に取る(もともとファクタリング手数料は法の縛りはありませんが)などして、暴利を貪ろうとしています。

このケースはダメですが、個人、法人問わず大手で審査通過率90%超えは1つの狙うべき指標になります。

審査は厳格に行われますが、売掛債権(売掛金)の請求書が実物ならば、実際には多くのケースで売掛債権(売掛金)を回収できます。

よほど危険な売掛債権(売掛金)に手を出さない限り、大手ファクタリング会社が示す90%超という審査通過率は高すぎるものではありません。

融資における審査通過率が現状50%~60%と言われています。

融資と比較してみるとファクタリングの審査通過率は平均して高くなっています。審査通過率を重視する場合、より確実に資金調達をしたい場合は、ファクタリングを候補にしてください。

ファクタリングは融資ではないので、利用歴が信用情報に記載されることもありませんので安心してください。

ファクタリングで法人の審査通過率を把握しよう

ファクタリングの審査通過率70%前後というのは、個人事業主やフリーランス、法人合わせた数字です。

法人だけのファクタリング審査通過率を考えましょう。

法人のファクタリング審査通過率は70%よりも高くなります。80%を超えることもあり、審査通過率の高さを売りにしている大手ファクタリング会社の中には、95%超え、あるいは98%など、まず落ちない数字を出しているところもあります。

法人のファクタリング審査通過率は個人事業主やフリーランスと比べても極めて有利な状況になります。

なぜ、法人のファクタリング審査通過率は高いのでしょうか?

その理由をまとめると以下になります。

  • 法人は法人登記するので商業登記簿謄本が取得できる(情報公開)
  • 法人は資本金があり個人事業主やフリーランスと比べて倒産しにくい
  • 法人と契約する売掛先は比較的大手が多く貸し倒れリスクが低い

いずれも法人は個人事業主やフリーランスと比べて社会的信用度が高いことに起因しています。

法人の場合、設立には登記が必要であり、その登記情報を記した商業登記簿謄本は全国の法務局で誰でも取得できます。

そのため「どこの誰かわからない」ということはなく、代表者についても個人事業主やフリーランスと比べて信用があります。本社だけではなく、代表者の住所も商業登記簿謄本に書かれていて、逃げられません。

そうした法人と取引できる売掛先もまた、社会的に信用できそうな法人が多く、法人同士の掛け取引によって生じるリスクは低いと言えます。

売掛債権(売掛金)の回収日に売掛先から支払われないリスクが低いため、ファクタリングの審査にあたっても法人は加点評価になります。結果として、個人事業主やフリーランスと比べて法人のファクタリング審査通過率は高くなり、80%を超えるのも当たり前になります。

法人の方がよりファクタリングを迅速な資金調達方法として、臨機応変に活用できます。それは高い審査通過率に裏打ちされている根拠があるからです。

審査通過率とファクタリング条件反比例、トレードオフ関係を理解する

ファクタリングの審査通過率は、原則ファクタリング条件とトレードオフです。

つまり、審査通過率が高いファクタリングは利用者にとって条件が悪く、逆に審査通過率があまり高くない(低い)ファクタリングは、もし通過できれば利用者にとって有利な条件になります。

審査通過率が高いということは、リスクが低いからです。審査を甘くする代わりに、手数料などを高くすることもあります。

ただし、法人のファクタリングの場合、法人、売掛先双方に信用があれば、高額の売掛債権(売掛金)を買い取っても貸し倒れになるリスクが低いので、「審査通過率が高い」かつ「買い取り条件が良い」が両立します。

やや危ないファクタリングについてはファクタリング会社はリスクを取って買い取ることもあります。その際のリスクヘッジとして、手数料を高くする、買取率を下げるなど事業主様法人にとって条件が悪いと思われることも行います。

法人の場合「審査通過率が高い」かつ「買い取り条件が良い」の両立は個人事業主やフリーランスと比べて容易です。

大手で信頼あるファクタリング会社を選べば、事業主様法人にとって好条件での迅速な資金調達が可能になります。

法人がさらにファクタリングの審査通過率を高めるためにできること

法人がファクタリングでより審査通過率を高められるポイントをこの項ではまとめました。上述のように法人だとファクタリング会社も評価して、結果的に審査通過率が高くなりますが、さらにその確率を上げる方法があります。

可能な限り実践していただき、さらに資金調達を容易にしましょう。

具体的に審査通過率を上げるために何ができるのか、以下で確認していきましょう。

対外的に信頼されている売掛先の請求書をファクタリング手続きに出す

法人のファクタリングで肝なのが売掛先の信用度です。絶対に期日に支払ってくれそう、となれば審査通過率が上がります。

つまり、売掛先が聞いたことがない個人や怪しい会社ではないということが重要です。信頼できれば、ファクタリング会社も簡便な審査で迅速な買い取り資金供給が実現します。

社会的信用度が高い法人が売掛先の請求書をファクタリングする

社会的信用は法人の方があるのは繰り返しお伝えしてきました。

売掛先が誰もが知っている著名な法人であれば、期日に支払い遅延になる可能性は極めて低く、その時点で審査通過率が非常に高くなるでしょう。

売掛金の支払いサイト(入金までの期日)が短い請求書をファクタリングする

ファクタリング申し込みをしてから、当該売掛債権(売掛金)の入金日まで日が短い、つまり支払いサイトが短いならば、審査通過率が上がります。

支払いサイトが短いということは、それまでに天災や事故、不祥事などで回収できなくなるリスクが少なくなるからです。

現状、売掛先が変わらない場合、短い支払いサイトは審査通過率の向上のための媒介変数になります。

請求書だけではなく銀行通帳(複数枚)など売掛先との継続取引がわかるものを追加資料として用意し提出する

3社間ファクタリングならば事業主様法人ではなく、ファクタリング会社が売掛先から直接回収しますので、事業主様法人が返済しないで貸し倒れになる可能性がありません。

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比較し、迅速性には劣り、売掛先にもファクタリングの事実がバレてしまいますが、確実に回収できるので、審査通過率が上がります。

多少時間がかかっても、確実に売掛債権(売掛金)を資金化したい場合、3社間ファクタリングを選んでください。

依頼人自身を証明できる複数の書類、証拠を提出する

ファクタリングは依頼人よりも売掛先の信用度が重視されますが、それでも依頼人(事業主様法人)の信用も重要です。

法人である時点で、個人事業主やフリーランスと比べて審査通過率が上がりますが、それだけではなく、法人の決算書(複数期)や対外的な受賞歴などをアピールできれば、事業主様法人の信用度がさらに上がります。

そうすれば、ファクタリングの審査通過率が上がります。

請求書だけではなく銀行通帳(複数枚)など売掛先との継続取引がわかるものを追加資料としてしっかり準備する

このステップは、売掛先から確かに入金があることを証明するものです。特に通帳はファクタリング申し込みにあたり「必須書類」ですが、数冊用意したらいかがでしょうか?

何年にもわたって売掛先と継続して取引していることを示せれば、ファクタリング会社の心証がよくなり、審査通過率が上がります。

取引の継続性、そして一度も遅れることなく期日(前)に売掛債権(売掛金)が支払われていることが複数の通帳や帳票から明らかならば、ファクタリング会社が回収できない貸し倒れリスクはないので、審査通過率が上がります。

積極的にオンライン手続きを導入しているファクタリング会社は買い取り条件がよく審査通過率が高い傾向にある

ファクタリングは融資と異なり、当事者間の自由な契約、意思表示が優先するので、地元の会社を利用しなくて大丈夫です。

遠方のファクタリング会社でも問題なく契約できます。

その際には遠隔地に行かなくて大丈夫です。ファクタリングは全部オンラインで手続きが完了します。

審査通過率が高く、かつ、買い取り条件が良く、オンライン手続きできるファクタリング会社を全国から探してください。

条件が良いファクタリング会社は、利用者のことを考えているため、オンライン手続きに積極的です。中には個人事業主やフリーランスは不可というところもありますが、法人のみなさまならば問題なく手続きできるはずです。

審査通過率が高く、買い取り条件が良い会社は競争が激しい大都市部にありますが、地方にお住まい方もオンラインを使うことで、大都市部の法人と同じようにファクタリング手続きが可能です。

審査通過率が高いファクタリング会社は、買い取り手続きについてもオンライン含めてしっかり整備していますので安心して利用してください。悪徳業者はそうしたしっかりシステム整備されているところにはいないはずです。

個人事業主やフリーランスでやるくらいならば法人化を検討しよう

ファクタリングの審査通過率を上げるためには個人事業主やフリーランスよりも法人の方が良いことがわかりました。

すでに個人事業主やフリーランスや事業を行っている事業主様も、途中で会社を設立して事業を引き継がせる「法人化」「法人成り」を検討してみてはいかがでしょうか?

法的手続きになるので、なかなか自分たちだけで行うのは大変かもしれませんが、会社設立や法人化に詳しい税理士もいます。

中には、法人化する場合、あるいは会社設立する場合、法定費用(会社設立登記の印紙代)などを除いて完全無料で行ってくれる税理士法人もあります。

法人化後、顧問税理士になることが条件ですが、税理士は資金調達や資金繰りにも強いため、事業規模が大きくなるなら、個人事業主やフリーランスのままでいるのではなく、積極的に法人化を検討してみてはいかがでしょうか?

その方がファクタリングを含めた資金調達の際有利になります。また、インボイス制度導入後も法人の消費税2期免除の特例は存続しています。

事業形態や顧客(BtoBかBtoCか)などで変わりますが、法人化によって消費税免税の恩恵にあずかれる可能性もあります。そうなれば、資金繰りはやや有利になります(消費税納税しなくてよいので)。

そうした法人にするメリットも勘案して、ファクタリングをどのように使うのか戦略を立てて経営をしてください。

法人ならば納得できるファクタリングの審査通過率!まずは株式会社No.1に相談しよう

ファクタリングは融資と比べてもともとの審査通過率が高い(70%前後)なのですが、法人のファクタリング審査通過率はそれよりもさらに高くなります。

法人のファクタリング審査通過率が高くなるのは、法人設立登記をしているため、誰でも法人の情報がわかり、どこの誰かわからないことがないからです。

代表者の住所も記されている商業登記簿謄本によって、法人の社会的信用は担保されています。そのため、ファクタリング審査通過率も高くなります。

どこの誰かわからない個人事業主やフリーランスは審査を厳しくせざるを得ませんが、法人である時点で一定の社会的信用があるので、審査通過率を緩めにしてもファクタリング会社が被る返済不能リスクは低くなります。

そうした中では、デフォルトで審査通過率が高いファクタリング会社を選びましょう。そうすれば審査通過率90%超えも可能です。

当社「株式会社No.1」は審査通過率の高さに定評がある大手ファクタリング会社です。迅速で最短30分での資金調達を可能にします。

法人の事業主様であれば審査も可能な限り簡略化し、迅速な資金調達につなげます。

また、オンライン申し込みを受け付けているので、全国各地の法人事業主様もぜひご利用ください。北海道でも沖縄でも場所を問わず、高い審査通過率で最短即日買い取りをいたします。

ぜひ一度株式会社No.1までお問い合わせください。

株式会社No.1は法人のみなさまの資金調達の強い味方です。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top