DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

資金繰り改善のカギ!ファクタリング利用率が高い業種とその理由を解説

すべての企業にとって、運転資金はビジネスの成長に不可欠です。一方で、売掛金の回収サイトが長く、待つ間に資金が不足する問題を抱える企業は少なくありません。
資金繰りの問題を改善する策のひとつとして、注目を集めているのがファクタリングです。

ファクタリングは一部の業種で利用率が高くなっています。利用率が高い業種には、売掛金が現金として手に入るまでの期間が長いという共通点があります。
こうした業種では、難しい資金繰りを改善するためにファクタリングが活用されているのです。
この記事では、ファクタリングの利用率が高いのはどのような業種なのか、その背景にある理由について解説します。さらに、ファクタリングの利用がビジネスに与える影響についても言及します。

ファクタリングのしくみ

日本では、商取引は基本的に掛取引で行われるのが一般的です。
掛取引では、商品やサービスを提供したあとに売上の代価を請求書で請求し、売掛金という形で受け取ります。売掛金が支払われるまでの期間は2~3か月が多く、長いところでは半年先ということもあります。

ファクタリングは、発生した売掛金(売掛債権)を、ファクタリング会社に譲渡(売却)することで現金化する資金調達の方法です。売掛金を回収するまでに発生する、運転資金が不足する問題を解消し、資金繰りを改善できる手段として注目されています。

ファクタリングの契約方式は「2者間ファクタリング」と「3者間ファクタリング」に分けられます。

2者間ファクタリング

ファクタリングの利用者と、ファクタリング会社の間で行うファクタリングです。利用者は売掛債権をファクタリング会社へ譲渡し、ファクタリング会社は一定の掛け目(割引率)で買い取ります。ファクタリング会社は後日、売掛金を利用者から回収します。

3者間ファクタリング

利用者とファクタリング会社、売掛先の企業の3者間で行うファクタリングです。利用者が売掛金をファクタリング会社へ譲渡して、ファクタリング会社が一定の掛け目で買い取るのは2者間と同じです。異なるのは、売掛先にファクタリングの事実を周知・承諾を受ける必要がある点と、ファクタリング会社が直接売掛先から売掛金を回収する点です。

ファクタリングを導入して資金調達するメリット

ファクタリングによる資金調達の最大のメリットは、現金化までの時間が短い点です。
現金が予定よりも早く手元に入ることで、資金繰りが大幅に改善し、資金を生産的な活動に集中させることが可能になります。

そのほかにも企業にとって、さまざまなメリットがあるのがファクタリングの特徴です。

・銀行の融資と比較すると審査通過率が高く利用しやすい
・ファクタリング会社が売掛先の信用調査を行うため、自社で調査・管理しなくてもよくなる
・利用に担保は不要

うまく活用すれば、資金繰りの困難を解消する強い味方になります。

ファクタリングの利用率が高い業種の特徴

ファクタリングは、前述のように売掛金を早期に現金化し、必要な支払いに充てるなど資金繰りの改善に役立つ手段のひとつです。
そのためファクタリングによる資金調達は、売掛金が多く、支払いが行われるまでの期間が長い業種で利用されることが多くなります。

売掛金を多く保有する業種

たとえば、製造業は売掛金が発生しやすい業種です。製造業では、大量の製品を製造して一度に提供(販売)し、その後で支払いを受けるという取引が慣例となっているためです。
また卸売業は製造業者から製品を仕入れ、小売業者に仕入れ値よりも高く販売することで利益を出します。この場合も製品の購入代金を支払った後で、小売業者から支払われる売掛金を待つことになるため、売掛金が発生します。

取引先から売掛金が支払われるまでの期間が長期に渡る

製造業や卸売業、建設業においては、売上代金の支払いを受けるまでに時間がかかることがよくあります。
建設業は、通常プロジェクト単位で仕事を受注します。ひとつの建設プロジェクトが完了するまで何年もかかるなど長期間にわたることが多いのが特徴です。そして支払いはたびたびプロジェクトの完了後に行われます。こうしたビジネスモデルになっているため、大量の売掛金が発生するのが普通です。

材料費や人件費などの負担割合が高い

たとえば製造業や建設業では、機械や設備・材料・人件費など、大規模な初期投資が必要です。こうした費用の支払いは初期段階で必要となり、回収までの間、資金繰りを圧迫する原因になることが考えられます。

機材や設備導入などの資金需要が発生しやすい

製造業や建設業では、事業活動を進めるために、材料費や設備費、人件費などの各種コストが発生しやすく、また活動が始まる前に支払う必要があります。
製造業では、製品を作るための原材料や部品、機械設備の維持・更新費用、労働力(人件費)が必要です。これらは製品が完成・販売され、売上が上がる前に発生します。
同様に建設業では、建設プロジェクトを開始するために建材や機械、人件費などのコストを先に支払う必要があります。これらは工事完了後、顧客から支払いされる前に発生します。
こうした業種では、収入(売上)を得る前に大きな支出が発生するため、資金繰りの管理が非常に重要です。

ファクタリングの利用率が高い業種とは?

ファクタリングは、売掛金が発生しやすい、売掛金を回収するまでに時間がかかる、売掛金を回収するより先に支払いする必要がある業種において、役に立つ資金調達の方法です。
ファクタリングの利用率が高い業種は、以下の通りです。

利用率が高い業種1.建設業

建設プロジェクトは通常、長期間にわたります。請求してから実際、支払いが行われるまでの期間が何年かになることも珍しくありません。そのため、運転資金の確保が難しい事態になりやすい業種です。ファクタリングの利用により売掛金をスピーディーに現金化することで、資金繰りを改善できるでしょう。
また、建設業は大規模なプロジェクトが多く、それに伴い大量の資金が必要となります。ファクタリングにより売掛金を活用して資金を確保すれば、資金不足によるプロジェクトのストップを避けられるでしょう。
建設業ではプロジェクトの遅延や契約者の財政状況により、債権回収が困難になるリスクにも注意が必要です。しかし、とくに3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が直接売掛金の回収を行うため、回収リスクを軽減できます。

そのほか建設業は天候や災害、プロジェクトの遅延など、予期しない要因により収益が大きく変動する可能性があるのも無視できません。予定していた収益が得られない場合や、予期せぬ出費が発生した場合に資金繰りが難しくなります。
こうした理由により、建設業ではファクタリングが有効な資金調達手段として利用されることが多くなります。

利用率が高い業種2.製造業

製造業では、原材料の購入、製品の生産、製品の販売という一連のプロセスがあります。これらのプロセスの中で売掛金が発生しやすく、運転資金が不足しやすいといえます。
また製造業は大量生産を行うことが多く、大量の原材料を購入したり、新たな設備投資を行う必要があったりすると、大きな資金が必要です。
製造だけでなく販売の面でも、一度に大量の製品を販売することになるため、取引先の状況によっては債権回収が困難になるリスクがあります。

こうした製造業で発生しやすい問題は、ファクタリングを利用して解決するのが適しています。ファクタリングでは売掛金をスピーディーに現金化でき、資金繰りを改善することが可能です。売掛金を活用して資金を確保し、生産の進行をスムーズにすることもできます。

債権の回収リスクが高い場合は、3者間ファクタリングを利用すると、ファクタリング会社が直接売掛先に回収を行うため、損失リスクを軽減できます。こうした理由により、製造業にとってファクタリングは、有効な資金調達手段です。

利用率が高い業種3.運送業

運送業も代金の請求はサービス提供後となり、支払いを待つ形となるため売掛金が発生しやすいうえに、運送業は燃料費や車両メンテナンス費、人件費など常に一定の運行資金が必要です。さらに他の業種同様、取引先の経営状況によって債権回収が困難になるリスクもあります。
こうした問題を解決するために、運送業でもファクタリングは資金調達手段として、今後も利用されるでしょう。

利用率が高い業種4.人材派遣業

人材派遣業は派遣社員への給与支払いが発生する一方で、企業からの支払いは後払いとなることが多く、資金繰りが難しいことがあります。また人材派遣業は、派遣社員の給与支払いを確実に行う必要があります。

ファクタリングを利用することで、資金繰りを改善すれば売掛金を活用して給与支払いのための資金を確保できるでしょう。

利用率が高い業種5.小売業

基本的に小売業の多くは消費者向けに即時決済を行うため売掛金が少ない傾向です。しかしBtoBの小売業では商品の仕入れに先立って支払いを行い、収入はその後になるため、入金までのタイムラグが資金繰りを圧迫することが考えられます。

小売業に特有なのは季節性の対応が必要な点です。
小売業は季節性が強く、たとえばクリスマス前などの特定の期間に売上が集中することが年に何度か発生します。さらに小売業でもとくに卸売や大口取引を行う場合、取引先の財政状況により債権回収が困難になるリスクがあります。

ファクタリングを活用することで、売上が低下する期間でも安定的な資金繰りを維持できるでしょう。

利用率が高い業種6.IT・情報通信業

ITや情報通信業において、BtoBサービスを提供するIT企業や、大規模なプロジェクトを手がけるシステムインテグレータなどでは、ファクタリングが有効な資金調達手段として活用されることがあります。
IT業界でも基本的にはサービス提供後に支払いを待つ形となるため、売掛金が発生します。そのほか、新たなサービスやシステム開発をするために大きな初期投資が必要となることがあります。
こうした問題を解消する手段として、ファクタリングは有効な手段です。
しかしIT業界は業態やビジネスモデルが多様であるため、ファクタリングが必ずしもすべての企業に適しているわけではありません。自社のビジネスモデルや資金繰りの状況に合わせて、適切な資金調達手段を選択する必要があります。

利用率が高い業種7.医療・介護

医療・介護業界においても、ファクタリングは資金調達手段として利用されています。
医療・介護業界では「診療報酬」と「介護報酬」によってサービスの提供に対する対価が支払われます。

診療報酬は、医療機関が提供する医療サービスの対価として、国や地方公共団体、健康保険組合から支払われるものです。また介護報酬は、介護保険法に基づき介護サービス事業者が提供する介護サービスの対価として支払われます。
これらの報酬制度は、医療・介護業界の適切なサービス提供を支える重要な仕組みであり、サービス提供者の経営や資金繰りにも大きな影響を与えます。

サービス提供後、請求から支払いまでに時間がかかることが一般的です。そのため、医療・介護業界も資金繰りが難しいといえるでしょう。
さらに、医療・介護業界では医療機器の維持・更新費用や人件費、薬品費など、継続的な運営資金が必要です。

医療・介護業界に特化したファクタリングサービスの提供も行われています。ファクタリングを利用することで、報酬が支払われるまでの期間の資金繰りを改善でき、必要な運営費を確保しやすくなります。

利用率が高い業種8.農業

農産物の卸売や大口取引を行う業者においては、ファクタリングが有効な資金調達手段として活用されることがあります。
農業は作物の生育期間中に多くのコスト(種・苗の購入費、人件費、肥料・農薬の購入費など)が発生する一方、収入は収穫後に得られます。
また異常気象などにより、農作物が収穫できなかったり、収穫量が減ったりした場合損失が出ます。こうした場合にも、ファクタリングを利用することで、一時的な資金を得られることにより資金繰りを改善することが可能です。

資金繰り改善のカギ!ファクタリングの利用率が高い業種とその理由を解説まとめ

ファクタリングは、売掛金が発生しやすく、売掛金を回収するまでの期間が長い製造業や建設業、運送業などの業種で利用率が高くなっています。
これらの業種では、大量の原材料や設備の購入、人件費など、生産活動や工事に先立つ大きな支出があるのが特徴です。
とくに建設業や運送業においては、プロジェクトの完了後に支払いが行われることがほとんどで、その期間は長期にわたります。売掛金が回収できるまでの期間に運転資金が不足することを防ぎ、資金繰りを改善し運転資金の確保を目的としてファクタリングが利用されています。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top