DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングの乗り換えで注意点は何?乗り換えのメリットを生かせるような会社選びをしよう

ファクタリングは融資と比べ手数料を年利換算すると非常に割高になるのは事実です。また、どのような事業者もファクタリングに参入できるため、良質なファクタリング会社、悪徳業者が玉石混交状態なのも理解できます。

今利用しているファクタリング会社から新しいファクタリング会社に乗り換えるのは、戦術的に正しい判断になるかもしれません。

少しでも良い条件でファクタリングするため、ファクタリング会社を乗り換える際に注意すべき点はどのようなものなのでしょうか。

今回はファクタリング会社を乗り換える際の注意点について解説していきます。

ファクタリング会社の乗り換えは原則バレないので積極的に行ってもよい

ファクタリング会社の乗り換えは、利用しているファクタリング会社を変更することになります。

頻繁に利用している会社を乗り換えることについて、マイナスにならないか危惧する人もいるかもしれません。

しかしファクタリングは融資と異なり、融資には信用情報照会がありません。つまり、以前どの会社とファクタリング取引をしていたのか、乗り換えたファクタリング会社からはわからないようになっています。

つまり、条件が悪いファクタリング会社から乗り換えても、相手のファクタリング会社は「よくファクタリング会社を変える人だ。これでは自社もすぐに乗り換えて捨てられそう。最初から取引をやめておくか」という先入観を持たれずに済みます。

注意点として、過去に利用していたファクタリング会社を聞かれることはあるかもしれませんが、すべて答えなくても大丈夫です。ウソをつくのと言わないのは異なります。

頻繁に乗り換えをしても、それはよりよい条件のファクタリング会社を求めているわけで、経営者として正しい姿勢です。

融資の場合、頻繁に乗り換えをして金融機関を多数利用していると、信用情報照会でわかってしまいますが、ファクタリングは異なります。

ファクタリング会社の乗り換えは、経営手腕を発揮できる重要なポイントになるので、ぜひ積極的に取り組んでください。

ファクタリング会社を乗り換えるメリット

ファクタリング会社を乗り換えるメリットを知っておきましょう。融資とは異なり、どんどん良い条件のファクタリング会社を探していただいて構いません。

      

  • ファクタリング手数料を下げられる
  •   

  • 買い取りできる売掛債権(売掛金)の上限が上がる
  •   

  • より信頼できるファクタリング会社に変わる
  •   

  • 買い取りまでの期間を短縮できる
  •   

  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを変更できる

ファクタリング手数料を下げられる

ファクタリング会社を乗り換えることで、よりファクタリング手数料が安いところに変更できます。注意点として手数料率だけではなく、掛け目(買取率)についてもしっかり調べてください。

手数料率低、買取率高が乗り換えるべきファクタリング会社になります。

買い取りできる売掛債権(売掛金)の上限が上がる

ファクタリング会社によって買い取りできる売掛債権(売掛金)の金額が異なります。上限1000万円のファクタリング会社もあれば、上限3億円の会社もあります。

事業主様がどのくらいの事業規模かにもよります。必ず買い取り可能額が多いからよいというわけではありませんが、ぜひ乗り換えによって売掛債権(売掛金)の買い取り可能額を貴社の事業規模に合わせてください。

より信頼できるファクタリング会社に変わる

ファクタリング会社を乗り換えることで、確固たる社会的信用を得ている会社と取引できるようになります。

ただし、ファクタリング会社になるには許認可が必要ないので、逆にダメなファクタリング会社を選んでしまうかもしれません。

今利用しているファクタリング会社の評価が高いならば、あえて乗り換える必要はないので、注意点として押さえておいてください。

買い取りまでの期間を短縮できる

ファクタリング会社によっては「即日資金化」などが可能なところがあります。従来のファクタリング会社では申し込みから資金化まで数日かかっていて、迅速な資金調達に課題がある場合、ファクタリング会社の乗り換えによって、資金化までの時間を短縮できます。

迅速な資金調達が必要な事業主様の場合、

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを変更できる

ファクタリング会社を乗り換えるときに、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを変更できます。

どちらか事業主様に都合がよいほうに切り替えられます。新しいファクタリング会社は、今まで2社間ファクタリングを使っていたのか、3社間ファクタリングを使っていたのかわかりません。

ファクタリング会社を乗り換える際の注意点

ファクタリング会社を乗り換える場合、上記のようなメリットがありますが、注意点もあります。すべてのケースでファクタリング会社を乗り換えると条件がよくなるわけではありません。

注意点1 売掛債権(売掛金)の二重譲渡にならないかチェック

ファクタリング会社を乗り換えることは問題ありませんが、A社で買い取り契約した甲債権を、乗り換えたB社でも買い取り契約してしまうと、債権の二重譲渡になり違法です。

当然そのファクタリング契約は無効になりますし、乗り換えた先のファクタリング会社(B社)と以後の取引もできなくなってしまうでしょう。

買い取り条件が悪くてもファクタリング契約してしまえば、その売掛債権(売掛金)は譲渡されます、乗り換えた先のファクタリング会社では、二重譲渡にならないよう、何の契約もしていない売掛債権(売掛金)の譲渡、売却をお願いします。

注意点2 乗り換え先が悪徳業者でないかチェック

次の注意点として、乗り換えた先のファクタリング会社の方が質が悪い業者だったということを避けてください。

繰り返しになりますが、ファクタリングは許認可業でないため、悪徳業者、ヤミ金融、反社会的勢力なども参入しています。融資のように行政の許認可やチェックが働きません。

乗り換えた先のファクタリング会社は本当に信用できるのか、しっかり事前に情報収集をお願いします。

注意点3 複数のファクタリング会社利用はバレる可能性も・・・

ファクタリングは融資と違いバレないと書きましたが、ファクタリング申し込みの際に通帳コピーを提出します。

その際、通帳に「〇〇ファクタリング」などの印字があれば、すでにファクタリング会社と取引していることがわかります。

「〇〇ファクタリング」「△△ファクタリング」「□□ファクタリング」など多数の別のファクタリング会社の名前があれば、多数のファクタリング会社と取引していることがバレます。

それが説明できれば良いのですが、見境なくファクタリングしている人という評価になるリスクがあり注意点として、押さえておいてください。

注意点4 債権譲渡登記を求めるファクタリング会社への乗り換えはデメリットがある

ファクタリングの際、多くのファクタリング会社では債権譲渡登記まで求めませんが、乗り換え先が債権譲渡登記を求める会社の場合、そこから売掛先にファクタリングの事実がバレる可能性があります。

当初から3社間ファクタリングを行っているケースでは、ファクタリング会社が変わることくらいで済みますが、2社間ファクタリングの場合、バレずにファクタリングしていたのが、債権譲渡登記によってバレてしまいます。

ファクタリングの事実がバレると、売掛先との関係が悪化する可能性もあり、注意点として知っておいてください。

一般的に債権譲渡登記まで求めるファクタリング会社は、よほど売掛債権(売掛金)額が多い場合を除き「地雷」である可能性も否定できません。

注意点5 3社間ファクタリングで相手の心証を落とさないようにする

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社を乗り換えたことがわかります。頻繁にファクタリング会社を変える買掛先について、売掛先はあまりよい印象を持たなくなるかもしれません。

ファクタリング会社を乗り換える場合、3社間ファクタリングしているならば、売掛先に丁寧な説明をした方がよいかもしれません。

ファクタリング会社の乗り換え先として株式会社No.1がおすすめ!注意点も問題なく解決できます

ファクタリング会社は全国でかなりの数あるので、気軽に乗り換えていただいて構いません。条件の悪いファクタリング会社と付き合うくらいならば、どんどん新しいファクタリング会社に乗り換えてしまいましょう。

ファクタリング会社を乗り換える際には、注意点として、悪徳業者に引っかかってしまわないように、評判の良いところを探すのが最低条件です。

手数料が下がり、迅速な買い取りを実現できる、丁寧な対応をしてくれるファクタリング会社に乗り換えましょう。

「株式会社No.1」は老舗のファクタリング会社で乗り換え候補としては最適です。乗り換えの際の注意点として挙げられる買い取り条件の悪化や、悪徳業者という点ではまったく当てはまりませんのでご安心ください。

口コミ評価もよく、多くの方々に支持されています。

ファクタリングまでの時間も早く、オンラインファクタリングも利用できるため、ファクタリング申し込みから実際の資金化までの時間も大幅に削減できます。今利用しているファクタリング会社の反応が遅く、資金化までに時間がかかってしまうとお悩みの方は、ぜひ株式会社No.1への乗り換えを検討してみてください。

乗り換えについて必ずご満足いただけるはずです。懸念すべき乗り換えの注意点についても、株式会社No.1ならば杞憂に終わります。ぜひ今取引のあるファクタリング会社に不満をお持ちの方は、株式会社No.1への乗り換えをご検討ください。

株式会社No.1へ実際にファクタリング依頼するかどうかは別にして、お問い合わせだけでも大歓迎です。

何卒よろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top