DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

事業者の切実なニーズに応える資金調達としてファクタリングがおすすめできる7つの理由を紹介!

事業者、特に中小企業や小規模事業者、個人事業主の方は常に資金繰りとの戦いになっています。

折からの物価高の中で、発注元からは「今まで通りの価格でやってくれ」という依頼も多く、なかなか価格への転嫁(価格を上げる)ができません。

下手に価格を上げると、発注元からの取引を切られてしまうのでは?という危惧があります。

そうした中では仕事を増やし、積極的に受注していくことが求められますが、受注時には費用を一括で支払うなど運転資金が必要になります。

また、急に機械や設備が故障し、納期までに仕上がらなくなってしまうピンチもいつ訪れるかわかりません。

そうした中で、申請から実際に振り込まれるまでに半月~1か月かかる融資だけでは、資金調達方法として不安が残ります。

中小企業のニーズとして、融資以外の資金調達方法があると助かります。本当に急な資金調達のニーズに応えるためには融資だけでは不十分なのです。

今回紹介する「ファクタリング」は、そうしたニーズに応えられる、融資以外の資金調達方法になります。どうして、急な切実な資金調達のニーズに応えられるのか、この記事で説明いたします。

ファクタリングとは売掛債権を現金化(売却)する資金調達方法

みなさんの事業で、掛売をしていることがあります。毎月〇日締め1か月~2か月くらい後に取引先から振り込みがあります。

締め日に請求書を取引先に出します。この取引先を売掛先と言います。請求書を出した日に「売上」として計上されますが、売掛金入金日までは現金、預金として入金されませんので「〇日に△△△万円売掛金を受け取る権利」を債権として持っていることになります。

この△△△万円の売掛金が期日に振り込まれれば一連の取引は完了しますが、売掛先に何かあると、その期日(〇日)に振り込まれないこともあります。その場合、貸し倒れになってしまい、売掛債権(〇日に△△△万円売掛金を受け取る権利)は不良債権化してしまいます。

売掛債権を期日前に現金化できれば、不良債権化リスクも減り、資金が早めに振り込まれます。

この売掛債権を第三者(ファクタリング会社)に買い取ってもらうのがファクタリングという手法です。中古ゲームやCD、DVDなどを買い取りしてもらうのと同じ感覚で、「〇日に△△△万円売掛金を受け取る権利」(売掛債権)を買い取ってもらいます。

ファクタリングは融資ではなく、あくまで中古品の買い取りです。100万円を受け取る権利は、100万円で買い取られることはなく、80万円~90万円くらいになります。それでも、当初の売掛金入金日前に現金化できるので、期日まで待てずお金が無くなってしまったという事態を避けられます。

事業者、特に中小企業や小規模事業者、個人事業主のニーズとして、融資ではない迅速な資金調達があり、そのニーズに応えるものとして、借りるのではなく権利を売って現金を手に入れるファクタリングという手法が注目されています。

ファクタリングは融資ではないので、審査も簡略化されていて、すぐにお金が欲しい中小企業や小規模事業者、個人事業主の資金調達ニーズに応えられます。

融資をやめてすべてファクタリングにすべきというわけではありませんが、ファクタリングを資金調達の手段として考えておくことは、経営者として意味のあることだと言えるでしょう。

事業者、経営者のニーズをまとめてみた

中小企業や小規模事業者、個人事業主の経営者がファクタリングによる資金調達に求めるもの、つまり融資では得られないニーズを汲み取るものがあるはずです。

それらのニーズが以下のようになるはずです。

  • 審査が融資よりも柔軟で早い
  • 過去に返済事故などがあるが、その信用情報が影響しない資金調達方法
  • 仮に請求書を出した売掛金が回収できなくても請求されない(ノンリコース)
  • 資金調達にあたり融資のように担保や保証人がいらない
  • 最短即日現金化が可能、とにかくスピード感がよい
  • 自社の経営状態が悪く赤字決算でも資金調達できる
  • 取引先、売掛先に資金調達で困っていることがバレない

大きくはこの7つのニーズに応えられる資金調達方法としてファクタリングがおすすめできます。

その理由は何なのでしょうか?以下で紹介します。

事業者のニーズに応えるファクタリング7つの特徴

事業者、特に資金力が厳しい中小企業や小規模事業者、個人事業主の資金調達ニーズに対応できるファクタリングの特徴について7つまとめました。これらの特徴から、融資を受けなくても資金調達が可能になります。

審査が融資よりも柔軟で早い

    <要点>

  • 審査時間は融資と比べてファクタリングのほうが早い
  • 決算書等の審査がなく、売掛先の信用度で決まる

銀行や消費者金融からの借入の場合、銀行法や貸金業法で定められた手続きに沿って、決算書、既存借入をもとにした審査が行われます。

また、過去の信用情報の照会も必須で(後述)、「信用情報ブラック」の人などは融資が受けられない可能性があります。

決算書等の数字が悪く赤字決算が続いている、借入金が多すぎる、最近の経営状態がよくないなど、経営環境が悪いと融資を受けられません。

しかし、ファクタリングは、売掛債権の金額と売掛先の信用(依頼主の信用ではなく売掛先の信用)で判断するので、審査は簡便で迅速に現金化できます。

ファクタリングを規制する法律がなく、民法の一般原則による当事者間の意思が優先されます。契約自由の原則に沿ってファクタリングを行うので、細かい手続きがありません。

資金調達までの障壁が少ないのがファクタリングです。現金化を急いでいる人にはメリットになるでしょう。

過去に返済事故などがあるが、その信用情報が影響しない資金調達方法

    <要点>

  • ファクタリングはその審査の中に信用情報照会がない
  • 「信用情報ブラック」「金融ブラック」の人でも問題なく利用可能

ファクタリングは融資ではないので、融資の手続きで定められた信用情報機関への照会がありません。

つまり、過去に返済事故を起こした人や自己破産をした人など、いわゆる「信用情報ブラック」や「金融ブラック」と呼ばれる状態にある人も問題なく利用できます。

逆に信用情報ブラックの人は融資の利用が非常に難しく(ゼロではないくらいの確率)、そうした人はファクタリングによって資金調達するしか手がありません(後はヤミ金融すれすれの高利貸し)。

信用情報ブラックの人は、そのブラックな信用情報が消えない限り(5年~10年かかる)、融資による資金調達が非常に難しくなります。そうした人の資金調達ニーズに応えられるのがファクタリングになります。

仮に請求書を出した売掛金が回収できなくても請求されない(ノンリコース)

    <要点>

  • 売掛先が倒産などをして売掛金の回収ができなくてもファクタリング会社に債権を譲渡してしまえば請求されない

通常のファクタリング契約の場合、売掛先が倒産などをして売掛金を回収できなくなっても、売主(債権者)が回収できない部分を請求されません。ファクタリングによって「回収できないリスク」もファクタリング会社に買い取ってもらえるからです。

倒産しそうな会社や、経営状態が危ないと言われる会社と取引がある人は、多少回収額は減っても、ファクタリングによって不渡りを起こす前に現金を回収できるメリットがあります。

リスクヘッジ、保険の意味で当初の売掛金支払日以前にファクタリングで回収し、不良債権化を防ぎたいというニーズに応えます。

資金調達にあたり融資のように担保や保証人がいらない

    <要点>

  • ファクタリングは担保や保証人が不要
  • 売掛金そのものが一種の担保(動産担保)として機能する
  • 保証人を誰かに頼み込む必要がない

ファクタリングは融資と違い、担保や保証人が全く必要ありません。

担保や保証人の準備は非常に大変で、これまでの人間関係が崩壊する可能性もあります。それらが用意できない人には、無担保、無保証人の銀行融資よりも有利な条件で資金調達できる可能性があります。

担保や保証人を用意できない方の資金調達ニーズにファクタリングは応えます。

無担保、無保証人の融資を使える人は、そちらを頼ってもよいですが、無担保無保証人融資は、利率が高く条件も厳しいので、審査が簡便なファクタリングの方がおすすめできるケースも多いのです。

最短即日現金化が可能、とにかくスピード感がよい

    <要点>

  • 銀行融資のような厳しい審査がないので迅速な資金調達ができる
  • 消費者金融などよりもスピード感ある資金調達が可能

ファクタリングは融資ではないので、銀行法などの縛りがなく、審査が早いこととも関係します。

急な資金需要が必要な人にとっては、融資による資金調達は消費者金融でさえも審査に時間がかかります。消費者金融も「貸金業」であり、貸金業法や利息制限法に縛られます。

ファクタリングは売掛債権を売るのですぐ現金化できます。また、消費者金融の場合、融資なので、利用した場合信用情報に記載されます。消費者金融利用歴は、返済事故に匹敵する「信用情報ブラック」です。消費者金融から借入するような経営者にまともな金融機関はお金を貸しません。

つまり、迅速性重視で消費者金融を使ってもデメリットしかありません。それなら、迅速な資金調達のニーズに応えられるのはファクタリングしかありません。

ファクタリングは融資ではなく売却なので即時現金化ができます。今すぐお金が必要な人のニーズにはファクタリングは最も適している方法かもしれません。

自社の経営状態が悪く赤字決算でも資金調達できる

    <要点>

  • ファクタリングの審査において決算書の内容はそこまで重視されない
  • 返済能力ではなく、売掛先の信用が重視され、そこが問題なければ資金調達可能

融資の場合、赤字決算が続いていると審査に通りません。赤字の場合返済するお金が捻出できないので、当然と言えば当然です。

赤字で融資を通す場合には、よほどの理由が必要になります。大きな設備投資をした結果、前年度「経費>売上」になり一時的に赤字決算になってしまった、売上自体は落ちていない、など特段の事情があれば別ですが、そうではなく、慢性的な営業不振で赤字が続いている場合、資金調達にニーズに融資は応えられません。

しかし、ファクタリングは売掛金が確実に期日に振り込まれるならば、買い取りして資金調達できます。

審査に当たり重視されるのは、依頼人(債権者)の経営状態ではなく、売掛先(債務者)の経営状態や信用です。

期日に売掛金が入金されるならば、買い取った代金も回収できるので、ファクタリング審査に通ります。そこに赤字か黒字かは関係しません。

売掛先に信用さえあれば、資金調達ニーズに応えられるのがファクタリングです。

取引先、売掛先に資金調達で困っていることがバレない

    <要点>

  • 2社間ファクタリングならば売掛先にファクタリングの事実がバレない
  • 急な資金調達のニーズが発生していることを周囲に悟られない

ファクタリングの中でも2社間ファクタリングならば、依頼人(債権者)とファクタリング会社のみで契約しますので、売掛先にファクタリングの事実がバレません。

経営に困っている、経営状態に問題があり、融資ではない資金調達のニーズに迫られていることを売掛先などに悟られずに済みます。

ファクタリングの事実がバレれば、これまでのような関係が維持できなくなるかもしれませんし、売掛先にとっても貴社を「損切り」してくるかもしれません。

ファクタリングの中には、売掛先にも通知し、回収の安定度を高める(結果として手数料が安くなる)3社間ファクタリングという手法もあり、選べますが、内緒で一次的な資金調達のニーズがある場合、2社間ファクタリングというバレない方法を選べます。

これらはファクタリング独自の特徴であり、融資にはないものです。融資ではない資金調達が一定のニーズに応えるものだとお分かりいただけたはずです。

ファクタリングは新しい方法で資金調達のニーズに応えます。それがここ10年ほどの急成長の理由であり、ファクタリングをより使いやすくするため、「将来債権」の買い取りを規定した、2020年の民法(債権法)改正などにつながっています。

ファクタリングを規制する法律は制定されず、ファクタリングのニーズに応えるべく、当社間の合意をサポートする流れになっています。

そうした中で、新しい資金調達のニーズを満たすファクタリングが注目されています。

事業者の融資によらない資金調達のニーズに応えるファクタリングはNo.1のファクタリングにお任せ!

従来の融資による資金調達では、時間がかかり、審査も厳しく、信用情報ブラックの人は事実上利用が難しくなっています。

しかし、仕事を請けるうえでは急な運転資金を調達するニーズなどがあり、それを可能にする手段を確保しておくことが大切です。

ファクタリングは当事者間の自由な契約を重視する、売掛金買い取りという新しい資金調達方法で、事業者のニーズに合致します。ぜひ融資以外の資金調達方法としてご検討ください。

「株式会社No.1」は歴史と実績があるファクタリング会社です。売掛金を記載した請求書があれば迅速に高価買い取りします。融資以外の資金調達方法としてファクタリングを利用するため、当社と一度でもお取引があればいざという時の資金調達にとても役立ちます。

No.1のファクタリングではより迅速な資金調達のため、「オンラインファクタリング」にも対応しています。

店舗にお越しいただけなくても、すべてインターネットやZOOMなどで契約まで進みます。資料は送信していただければOKです。信用情報照会もしませんので、信用情報ブラックの人もご利用いただけます。

融資以外の資金調達のニーズにも対応できるファクタリングをぜひご検討ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top