DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングは面談なしで申し込める!?最低限オンライン面談は行った方がよさそうな理由とは?

ファクタリングは迅速な資金調達方法として急速に広がっています。
迅速な資金調達を可能にするのは、融資に比べてさまざまな手続きが不要になりショートカットできることが挙げられます。

契約の際、対面で面談し契約するのが苦手という人がいます。
また面談していては迅速な資金調達に間に合わないという危惧をしている人もいます。

もし面談なしで審査が行われ、買い取りまでしてくれるファクタリングがあれば、利用者にとってはありがたい一面もあります。
逆に、面談なしでできるファクタリングに何かデメリット、落とし穴のようなものはないのでしょうか?

今回は面談なしで申し込みできるファクタリングについて解説します。
メリットやデメリットも含めて、みなさんの中で最適解を見つけてください。

ファクタリングは民法上の契約!面談なしでも可能

そもそも融資が銀行法や貸金業法、利息制限法などで厳しく規制されている、あるいは手形割引が手形法で規制されているのに対して、ファクタリングは民法の一般原則が規定するのみです。

民法上の契約行為は、「申し込み」と「承諾」の意思表示があれば契約として成立します。

それは対面で話さなくても成立し、書面によるものでも構いません。
もっと言うと、書面、署名捺印も必要なく、口頭で合意できれば民法上の契約は成立します。

つまり、契約の過程で面談は必須ではありません。

法的には対面で会わなくても、面談しなくてもファクタリング契約ができます。
面談してもいいのですが、面談なしでも法的に何か契約の要件を欠くことにはなりません。

そして、面談なしでも法的に問題となりません。しかし、実際には面談なしでファクタリング契約しているファクタリング会社はごく少数にとどまっています。

つまり、面談なしよりも面談ありの方がメリットがあるということです。
実際にファクタリングにおける面談をどう考えればよいのでしょうか?
次の項では「面談なし」でファクタリング契約することのメリットとデメリットを考えます。

面談なしでファクタリング契約するメリットとデメリットを考える

面談なしでもファクタリング契約に法的問題はありません。
面談なしで問題なく、かつメリットが多ければ、ファクタリング会社が面談なし契約を採用するはずです。
ここで面談なしでファクタリング契約するメリットとデメリットを考えます。

なお、この場合の面談なしは、対面面談なしに限らず、オンライン面談(後述)もしない、一切ファクタリング会社のスタッフと事業主様が会わない、顔も知らない状況になることを指します。

面談なしでファクタリング契約するメリット

面談なしでファクタリングするメリットは以下になります。

資金調達までの時間をショートカットできる

手続き上面談なしなので、その時間をカットできます。
書類審査だけでファクタリングが決定するので、「即日資金化」を希望する場合は、面談なしのファクタリング会社に依頼すると、余計な手続きを踏まずに済みます。

面談準備など時間的コストがかからない

ファクタリングの審査手続きをショートカットできるだけでなく、申請者(事業主様)側が面談にかける準備や移動時間なども減らせます。

オンライン面談の場合も、ネット環境の確認やオンライン会議ツールのインストールなども必要になります。

迅速な資金調達を目指している場合、これら数時間であっても無駄にはできません。
時間的コストを減らす意味でも、面談なしのファクタリングはメリットがあります。

ファクタリングをバレずに進めやすい

オンラインファクタリングの場合は気にしなくてよいのですが、ファクタリング会社の店舗に行くのは憚られるという人もいます。

面談なしならば、そのために店舗へ行かずに済みます。
書類は郵送やデータ送付などができれば、誰にもバレずにファクタリングの手続きが完了します。

ファクタリングは合法であり、そこまで隠したいことではないはずですが、人によってそれぞれなのでメリットとして挙げました。

面談なしでファクタリング契約するデメリットを考える

面談なしでファクタリング契約をすることにはデメリットがあります。
そのデメリットが大きいと感じる場合、民法上の必須要件ではありませんが、ファクタリング契約時に面談を行います。

高額のファクタリングができない可能性がある

銀行融資でもそうですが、高額取引になる場合、対面で慎重に契約をします。
ファクタリングの買い取り金額が大きい場合、申込者(事業主様)と一度も会わず、面談なしで契約は避けたいはずです。

どういう人がファクタリングしたいのか、面談しないと100%信用できないということもあります。
もし、しっかりした人であれば、今後有利な条件を提示し継続取引を打診するかもしれません。

双方の人となりがわからない

面談なしだと、申込者(事業主様)、ファクタリング会社双方がどのような人なのかわかりません。
ファクタリングは融資ではないので信用情報照会がありません。

明らかに怪しい人を面談ではじくことができません。
何となく「問題がありそうなオーラ」というものはあり、面談すればどのような人かがわかるかもしれません。

事業主様にとっても、ファクタリング会社にとってもどういう人か確認でいない面談なしは、信用情報照会がないファクタリングでは大きな不安要素になります。

熱意が伝わらない、面談が加点要素にならない

試験であれば、筆記がだめでも面接で逆転できます。融資の場合も、決算書等の数字がよくなくても、面談で挽回できるかもしれません。

面談なしということは「プレゼンテーション」がないのとイコールです。
もしかするとプレゼンテーションで買い取り金額を増やせるかもしれません。
ファクタリング会社に強く訴えたい場合、熱意ややる気を示したい場合は、面談なしはデメリットになります。

面談なしファクタリングのメリットとデメリットまとめ表

以上、面談なしのファクタリングについてメリットとデメリットを表にまとめます。

面談なしのメリット 面談なしのデメリット
資金調達までの時間をショートカットできる 高額のファクタリングができない可能性がある
面談準備など時間的コストがかからない 双方の人となりがわからない、反社会的勢力などがやっている可能性もある
ファクタリングをバレずに進めやすい 熱意が伝わらない、面談が加点要素にならない

実際に面談なし、お互いの顔も知らないでできるファクタリング会社はごく少数

ファクタリング契約において面談は義務ではないので、完全に面談なしで売掛債権(売掛金)を買い取るファクタリング会社も存在します。

しかし、その数は多くありません。「ファクタリング会社 面談なしで」で検索すれば数社がヒットします。

面談なし、何もしないで書類のみの契約はファクタリング会社にとってもリスクが大きいです。

面談なしでは身分証明書の人と申し込み人が同じ人かわかりません。
他人の書類で申し込む、なりすましの可能性を否定できません。
本人ではない人と契約した場合、別の問題が発生してしまいます。

代理(表見代理)とも言わず、本人と信じてしまった場合、何かトラブルが起きると、ファクタリング会社にも責任が出てくる可能性があります(善管注意義務など)。

身分証明書の人が本当に本人なのか、オンライン面談ならばわかります。
合わせて、本当に信用できるのか、ファクタリングは信用情報照会がないので、面談なしではやはりファクタリング会社としても不安です。

したがって、オンライン面談で最低限、プロの目から見て信用できる人かどうか確認します。
そのため、オンライン面談もせず、面談なしで契約できるファクタリング会社はごく少数にとどまります。

事業主様におかれましては、オンライン面談くらいはしてもよいという気持ちを持ってください。オンライン面談ならば在宅でも15分くらいで終わります。

面談のメリットとデメリットを解決するためのオンライン面談

面談なしではデメリットがあり、可能ならば面談した方がよさそうです。
しかし、ファクタリング会社の店舗に来ていただくのは時間やコストがかかります。
迅速な資金調達というファクタリングのメリットを消してしまう可能性もあります。

そこで、最近では多くのファクタリング会社でオンライン面談が取り入れられています。

世界中を大混乱に陥れた新型コロナウィルスの影響が残した数少ない長所として、オンライン会議が広がったことにあります。

これまで知られていなかったZOOMなどのオンライン会議ツールによって、職場の会議室や店頭へ来なくても、WEBカメラを使って相手の顔を見ながら話せるようになりました。
電話は声だけですが、オンライン会議ツールならば相手の顔や表情、しぐさなどもわかります。

対面しての面談か、面談なしか2択ではなく、その間に「オンライン面談」という選択肢ができました。
オンライン面談ならば電話で話すよりも相手の顔が見えるため、お互いにどういう人かわかります。

「怪しい」「ちょっと変」「なんとなく危険そう」というネガティブなことだけではなく、相手の表情やしぐさから熱意ややる気も伝わります。
在宅(あるいは好きな場所)から、オンライン会議ツールを通して面談できるので、移動時間もかからず場所にとらわれず、面談するコストを抑えられます。

面談なしではなく、短時間、在宅で済むオンライン面談が選択できるファクタリング会社の方がよいです。オンライン会議ツールは無料です。ネット環境があればスマホでも大丈夫です。

オンライン面談することで、ファクタリング会社の雰囲気もわかります。
怪しい雑居ビルのような背景であれば、危険を察知できます。これは面談なしではわからない情報です。

ファクタリング会社の中には、悪徳業者、ヤミ金融、反社会的勢力なども混じっていることがあり、そうした邪悪な雰囲気もオンライン面談ならば察知できるかもしれません。それはファクタリング会社によっても同様で、事業主様の顔がわかることで、信頼してファクタリング契約できます。

オンライン面談する場合、以下のような流れになります。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査

オンライン面談はZOOMやSkype、チャットワークなどのオンライン会議ツールで行います。
複数名で同時に会議できるので、先方も担当者、役員などが揃って面談できます。

オンライン面談ツールのアプリをインストールする手間がありますが、基本無料です。

ネット環境があれば大丈夫です。できれば

・パソコン+WEBカメラ+ネット環境(有線LAN or Wi-Fi)
・スマホ+Wi-Fi

のどちらかを使えるようにしておいてください。
パソコンの方が行いやすいですが、スマホでも十分対応できます。
オンライン面談は容量を使うので、Wi-Fiが望ましいです(4G、5G回線でも使いたい放題プランなどならOK)。

面談なしよりもはるかに有意義でお互いが納得してファクタリング契約できます。

面談なしではなく簡易なオンライン面談が最適!手続きの1つとしてできるNo.1のファクタリングにお任せ!

ファクタリングは融資ではなく、民法上の契約になるので、当事者間で合意できれば面談は必須ではありません。

しかし、ファクタリング会社によって、申込者が「なりすまし」している可能性は否定できず顔くらいは見ておきたいのも事実です。

また利用者(事業主様)にとっても、ファクタリング会社が「やばい」会社である可能性がゼロではないため、担当者と面談することで、そこから不穏な空気を読み取れるかもしれません。

ファクタリング会社は融資のように行政から許可を得た銀行やノンバンクではなく、誰でも開業できるので、中には悪徳業者、ヤミ金融、反社会的勢力などもいると聞きます。
面談しただけでそれがわかるかどうかは不明ですが、「危険なオーラ」をしっかりした経営者ならば感じ取れるかもしれません。
面談なしのやり取りだけではそれはわからない可能性が高いです。

そこでおすすめしたいのが、評判の高いファクタリング会社です。

「株式会社No.1」は歴史と実績があるファクタリング会社です。
面談なしではなく、対面での面談かオンライン面談を選べます。
双方が顔を合わせて少しでもお話しすることで、お互いが納得してファクタリング契約できるものと思っております。

遠隔地の方は(近隣の方も)、店舗にお越しいただかなくても申し込みからファクタリング契約、入金まで全部オンラインで完了できます。
面談なしではなく、オンライン会議ツールを使って短時間ですがディスプレイ越しに顔を合わせながらお話ししましょう。

短時間でも面談すれば面談なしよりも事業主様とファクタリング会社、双方の信頼度を高めてファクタリングできます。

ぜひオンラインで手続きできる当社No.1にお問い合わせください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top