DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングの審査は激甘!?融資とは異なる審査基準で甘く感じるだけ!審査はしっかり行います

ファクタリングは融資に代わる資金調達方法として近年注目されつつあります。
その理由として、迅速な資金化が可能であることに加えて、審査が融資と比べて激甘だと言われていることがあります。

果たして本当にファクタリング審査は激甘なのでしょうか?
審査なのに激甘ならば審査の意味はないのか?
そういう疑問も起きてしまいます。

今回はファクタリングの審査が激甘かどうか、その審査基準も含めて考えていきます。
その時々で必要な資金調達方法は融資もファクタリングもあり得るということを知っていただけるとありがたいです。

なぜファクタリング審査が激甘だという印象があるのか?

ファクタリングの審査が融資と比べて激甘だと思われている理由は、利用者(事業主様)が主観的に「楽勝」と感じることが多いからのようです。
本当は違うのですが、ファクタリングは融資と比べてこのようなケースがあります。

信用情報ブラックの人でも通る

過去に融資で返済事故を起こした、クレジットカードの支払いを滞納した、自己破産をしたなど、信用情報にマイナス情報が書かれている「信用情報ブラック」の方でもファクタリングは問題なく通ります。

融資の場合、信用情報ブラックの方の審査は非常に厳しくなります。
基本的に融資不可、特段の事情を分かりやすく納得できるように説明できた場合に限定的に許可される、そうしたイメージです。

しかし、ファクタリングの場合は利用者の信用情報ブラックは関係ありません。
したがって審査が激甘だと思われてしまいます。

審査が迅速で即日資金化も可能

ファクタリングの審査は迅速に行われ、最短即日の資金化も可能です。
審査が早いということは時間をかけて審査をしていないということであり、審査が激甘で誰でも通る、実質審査をしていないと思われてしまいます(実際はそうではありません)。

必要書類が少なく担保も保証人も不要

融資の場合、申請にあたってはたくさんの書類提出を求められます。
しっかり厳格な審査をするのだなと思わせるものがあります。

しかし、ファクタリングの審査にあたっての必要書類は

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これくらいです。少ない書類で審査を行うので、審査項目も少なく、結果として激甘だと思われる要素があります。

ファクタリングの審査が激甘だと思われる理由は主にこのようなことからですが、実際には異なります。

ファクタリングの審査が融資と仕組みが異なり激甘というイメージを与える

ファクタリングは融資と比べて激甘だと思われるのは、上記のような状況があるからです。しかし、それは融資とファクタリングでそもそも仕組みが異なることを無視して語れません。

融資は貸借対照表で負債になる「デットファイナンス」であるのに対して、ファクタリングは資産を資金化する「アセットファイナンス」という仕組みになります。

融資は、銀行法や貸金業法に厳格に規定されている行為です。
金融機関を開業するためには厳しい条件をクリアして監督官庁の許可を得ないといけません。

そのうえで、融資業務は各種法令(利息制限法など)によって厳しく規定されています。
もちろん、融資の儲け、利益である金利も「利息制限法」によって上限が決められていて、それを上回る金利を受け取ると違法行為になります。

各種法令に違反すると金融機関には監督官庁から厳しいペナルティが下されます。
営業停止や免許取り消しなども含めてかなり重いものになります。

そうしたこともあり、法令に違反しないよう、審査は慎重に行い、時間も2週間~1か月程度かかります。
そのため、融資の審査は厳格になります。

一方ファクタリングは融資と異なるシステムになっています。

ファクタリングは自分の資産を換金するアセットファイナンスです。
アセットファイナンスは負債にならず返済義務もありません。
中古ゲームや本を売って、負債になることはないです。それと同じです。

資産(アセット)の買い取りであれば、返済不能になるリスクもないため、審査は簡単で通りやすく、そこが激甘だと思われる一因になっています。
中古ゲームでもレアなものは高額買い取りされますが、ワゴンセール行きになったものは1個100円などの価値になってしまいます。

さらにファクタリングには「ファクタリング法」のような特別法がなく、民法の一般原則が適用されるのみです。
当事者間の自由な意思によって契約され、それが優先します。
よほど公序良俗違反や暴行、脅迫などがない限り契約は有効です。
当事者間でOKならファクタリング契約は成立するので、激甘だと思われるほど早く資金化が進みます。

公序良俗違反や詐欺、脅迫などでなく、適切な契約に基づくファクタリングならば合法で、法律による審査基準が緩いので、通りやすいのです。
ファクタリングは融資が難しい場合でも資金調達できる方法なので、ぜひ活用していただきたいものになります。

激甘ではない!ファクタリングの審査基準を紹介します

融資と比較してファクタリングは激甘審査だと思われがちですが、そうではありません。
制度的に激甘だと取られる要素はありますが、高額のお金が動く契約行為であり、ファクタリング会社もしっかり審査します。

ここでファクタリングの審査基準をしっかり見ておきましょう。

ファクタリングと融資の必要書類は違う

まず審査に必要な書類を確認しておきましょう。
上述のようにファクタリングの必要書類は融資よりも少ないのですが、激甘だと思われるほど少なくもありません。
融資の場合は、既存の借入や納税関係の書類が必要になります。

ファクタリングの審査に必要な書類 融資の審査に必要な書類
売掛金の請求書
(例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
売掛金が発生する旨の契約書
確定申告書、決算書(それほど重視しない)
本人確認書類(身分証明書)
銀行の通帳(売掛金の入金確認のため)
商業登記簿謄本(法人のみ)
決算書(2期分)
試算表
資金繰り表(共通)
事業計画書
銀行取引一覧表
納税証明書
商業登記簿謄本(法人の場合)
本人確認書類(個人の場合)

審査で重視するのが売掛先の信用度であり申込人(事業主様)の信用度ではない

融資の審査とファクタリングの審査で大きく違うのは何を重視して審査を行うか、審査の力点です。

融資の場合は、貸したお金を回収できなければ話にならず、お金を借りる人の信用力が大切になります。

そのため、金融機関(銀行や信用金庫)は信用情報機関に、融資申込人が過去に返済事故などを起こしていないか信用情報照会を行います。
その人にお金を貸しても返してもらえそうな信用があるかを最重視します。

しかし、ファクタリング審査で重要となるのは、申請者本人ではなく売掛先の信用力になります。

ファクタリングでは、融資と異なり売掛債権(売掛金)の支払日に買い取ったお金を確実に売掛先から回収できることが大切です。支払いは申込人ではなく売掛先から行います(3社間ファクタリング)。

そのため、売掛先が倒産や不渡りを起こしてしまうと売掛債権(売掛金)を回収できなくなってしまいます。
売掛債権(売掛金)を回収できなければ、ファクタリング会社が持ち出しになってしまうため、売掛債権(売掛金)が不良債権化しないかが最重要視されます。

売掛先が官公庁、自治体、有名企業の場合はまず売掛債権(売掛金)の回収漏れはあり得ません。
したがって、請求書の宛名が上記したような公的機関などの場合、確認できれば速やかにファクタリングによる資金化が果たされます。
それが「激甘」だと思われる一因になっています。

逆に知らない会社や個人を相手にした売掛債権(売掛金)ではそうはいかず、激甘とは程遠い厳格な審査が行われます。
売掛先が実在して、本当に経営的に問題がないのか、期日に回収できるのか審査されます。

ファクタリングが激甘だという印象をお持ちの方は、安定した優秀な売掛先と取引されているのでしょう。実際には、そこまで激甘ではありません。

信用情報照会がない

ファクタリングは融資ではないので信用情報照会がありません。
金融機関からの借入履歴や返済ぶり、クレジットカードの利用歴、返済履歴などは信用情報機関に集まります。

信用情報照会がないことで、審査が激甘になっているという印象を受けるのは上述の通りですが、信用情報ブラックの人でもファクタリングによって資金化できることに加えて、信用情報照会がないことで、審査の時間が大幅に短縮できます。

信用情報ブラック云々だけではなく、物理的に信用情報機関へ「この人の信用情報はどうですか?」と聞き、返事が返ってきて、それをもとに審査を行う時間が短縮されます。

融資の審査が2週間~1か月かかるのに対して、ファクタリングの審査が数日で終わるのはこの信用情報照会の手間がかからないことも大きいです。

売掛金の支払い実績を確認

官公庁、行政機関、大企業であれば信用度がありますが、そうでない場合は、売掛債権(売掛金)の支払い実績を確認します。

ファクタリングの審査が激甘だと言われていますが、売掛債権(売掛金)の支払い実績を確認する中で、期日遅れなどがある場合、融資における返済遅延と同じ評価になります。

ファクタリングは信用情報照会できないので、依頼人(事業主様)の事業用口座通帳のコピーで、決まった売掛債権(売掛金)支払日に振り込まれているか、数か月にわたりチェックします。

必ず期日までに振り込んでいる売掛先の評価は高くなります。
毎月末日払いの場合、30日が土曜日だと仮定すると、29日金曜日に振り込む売掛先は評価が高くなります。
逆に翌月初日に振り込む場合評価が低くなります。

尤も、今なら銀行のシステムが改善されたので土日関係なく多くの金融機関の口座へは振り込めるようになりました。

支払日までの残り日数を考える

売掛債権(売掛金)の支払日までの残り日数が短いほどファクタリング審査に通りやすくなります。

支払日までのサイトが長いと、その間に突発的な事態が起きる可能性があります。
いくら優良企業でも、同業他者の不祥事や災害によって売り上げが急降下する可能性もあります。

支払日まで半月の売掛債権(売掛金)と支払日まで2か月の売掛債権(売掛金)では、当然後者の方が支払い不能リスクが高くなります。

そうしたことも踏まえて、支払日までどのくらいあるかもファクタリングの審査で検討されます。

尤も、支払日まで数日ならば、よほど緊急の資金需要がなければ、待った方が満額支払われるわけで、そのあたりは事業主様の判断になります。

売掛債権(売掛金)の金額によるファクタリング会社の損益勘定

売掛債権(売掛金)の金額が大きければ、ファクタリング会社の手数料収入=利益も大きくなりますが、支払い不能になったときの損害も大きくなります。
償還請求権のないノンリコース契約が今のファクタリングでは原則なので、支払い不能リスクを依頼人にかぶせられません。

しかし、ファクタリングによる買い取り金額が少ないと手間ばかりかかり「コスパ」がよくありません。

ハイリスクハイリターンの高額売掛債権(売掛金)の買い取りと、ローリスクローリターンの低額売掛債権(売掛金)の買い取り、どうすればよいのかファクタリング会社は考えます。

少額の売掛債権(売掛金)の買い取りは受け付けないファクタリング会社もありますし、少額の場合手数料率を高くすることもあります。

審査は激甘かもしれませんが、それによって事業主様が資金化できる金額は少なくなってしまうかもしれません。

売掛債権(売掛金)の金額が高くても低くてもファクタリング会社は慎重な姿勢になります。
審査が激甘ではなく逆に厳しくなってしまう可能性もあるため、ファクタリング会社が買い取り対応可能と公表している金額を超えない、下回らない額真ん中あたりの売掛債権(売掛金)の金額で申し込んだ方が激甘審査に近くなります。

AIなどコンピューターによる審査が進む

ファクタリングでは融資の審査よりも早く、AIなどを活用した審査を行っています。

現状、融資でAI審査を行っているのは、一部のネット専業銀行などに限られています。

AI審査だから基準が激甘になるわけではありませんが、審査スタッフの主観が入る余地がないので、問題ない売掛債権(売掛金)ならばどんどんスムーズに審査が進みます。

結果的に激甘だと思われるくらいあっさり通ってしまうことになるかもしれません。

審査基準は激甘ではない!あくまで融資とポイントが異なる

以上、ファクタリングの審査基準について解説しました。
ファクタリングの審査基準が激甘だと思われるのは、そもそも融資と基準が異なるからで、融資の審査に慣れている人が、思っていた基準と異なることで拍子抜けしてしまうことにあります。

実際にはファクタリングの審査も厳格にしっかり行っています。
わざと優しくしているわけではなく、買い取り不能な売掛債権(売掛金)の場合は、お断りします。
買い取れるということはしっかりした売掛債権(売掛金)だということです。

最後に審査基準について、ファクタリングと融資を比較し表にしました。

ファクタリングの審査基準 融資の審査基準
売掛先の信用力を重視する
信用情報照会はしない
決算内容が悪くても売掛金があれば可能
売掛先の支払い実績を確認
売掛債権(売掛金)の支払日までの日数(短い方がよい)
コストとリスクを勘案する
AIなど機械的な審査
申請者の信用力を重視する
信用情報照会でチェック
財務内容重視、借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
消費者金融からの借入があると厳しい
ベテラン担当者による経験をもとにした審査

既存の融資の審査基準では資金調達するのが大変な場合も、ファクタリングの審査基準は異なるので、激甘と感じてしまうことがあります。

激甘ではなくしっかり審査して信頼があります!No.1のファクタリングに相談しよう!

ファクタリング審査が激甘だと思われるのは、融資と審査の方法において重視する点が異なるからであり、実際には厳格に審査しています。
したがって、ファクタリング審査に通る事業主様は、しっかりした経営を行っていて信用がある方々です。ご安心ください。

ファクタリング審査では何より売掛先の信用が重視されます。
売掛先が官公庁、行政機関、大企業であれば、激甘だと思われるくらいスムーズに買い取り、資金化まで進みます。

しかし、売掛先が中小企業や個人の場合でも、与信が確認できればしっかり買い取りできます。
信頼できるファクタリング会社は買い取れる売掛債権(売掛金)の射程(幅)も広いのです。

信頼できるファクタリング会社として「株式会社No.1」をおすすめします。

ファクタリング会社の中でも「株式会社No.1」は経験と実績があり、他社と比較しても安心してご利用いただけます。
官公庁、行政機関、大企業については激甘と思われるくらい高価買い取り、迅速買い取りできますが、これは長年の経験でしっかり回収できるというデータがあるからです。
単に有名だから激甘審査になっているわけではありません。

もちろん、売掛先が中小企業や個人の場合も、しっかり経験に裏打ちされた審査によって適切な金額で買い取りいたしますのでご安心ください。

ファクタリングは激甘なのではなく、売掛先の信用を重視するという融資とは異なる仕組みによって資金化する手法です。

融資は難しい「信用情報ブラック」の方も含めて、まずNo.1までご相談ください。詳しくお話させていただきます。

激甘審査ではなく適切審査で融資にはないメリットを感じてください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top