DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

新潟県でファクタリングをしたい場合どうする?新潟県でおすすめのファクタリング方法を紹介!

地方にお住まいの方も事業を行っていれば、資金調達が必要な場面が必ず出てきます。特に急な資金調達に迫られた場合、融資に頼っていればその審査期間で半月程度かかってしまい、資金が必要な日に間に合いません。

そこでファクタリングの出番となるわけですが、ファクタリング会社は銀行と違い全国各地、津々浦々までまんべんなく店舗があるわけではありません。特に地方の場合、ファクタリング会社がない地域も存在します。

仮にファクタリング会社があっても、数が少なければ競争原理が働かず、「殿様商売」になってしまいます。

都市部のファクタリング会社がたくさんある場所ならば条件面でも有利なことが多いのですが、地方の場合は数が少ないのでそこが難点です。

今回は新潟でのファクタリングについて考えます。米どころで有名な新潟県ですが、ファクタリングという面ではどのような現状になっているのでしょうか?

新潟県の産業動向をチェック

まず新潟県の特徴や産業動向についてチェックしておきましょう。

新潟県は、本州の中北部に位置し、北東から南西へ細長い領域を持ちます。また、離島の佐渡島・粟島もあり、広い島を持つ都道府県としても知られています。

面積は約12,584平方キロメートルで、47都道府県のうち第5位。海岸線の長さは約634.0 kmで、横に長い形をしています。その意味では静岡県に似た特徴を持っています。

人口は約220万人前後で、47都道府県のうち第15位となっていますが、実は新潟県は明治初期、戸籍などが整備された時点では、日本で最も人口が多い道府県でした(当時都は存在しない)。

意外なことに東京よりも大阪よりも人口が多かったのが新潟県です。つまり、明治期には日本でも最も栄えていた自治体であり、その名残は今でも残っています。

新潟県は、何地方と呼ばれるのでしょうか?

新潟県は

・東北地方
・甲信越地方
・北陸地方
・関東地方

と異なった分け方をされることがあります。

新潟県は行政上の管轄が分野によって異なります。電力は東北電力の管轄エリアです。行政機関の地方支分部局では、財務省→関東財務局、経済産業省→関東経済産業局、農林水産省外局の林野庁→関東森林管理局、厚生労働省→関東信越厚生局、環境省→関東地方環境事務所の管轄区域になっています。

一方、農林水産省では北陸農政局、国土交通省では北陸地方整備局や北陸信越運輸局の管轄区域になっていて、新潟県は東北として扱われるときも、関東として扱われるときも、甲信越として扱われるときも、北陸として扱われるときもあり、なかなか混乱します。

一般的には、経済分野では東北地方、農業分野では北陸地方、それ以外では関東甲信越地方、ないし甲信越地方に含まれることが多いようです。

県内の分類

新潟県内は地理的観点から、一般に次の上越地方・中越地方・下越地方・佐渡地方の4地域に大きく区分されています。

上越地方 – 県の西部。上越市・糸魚川市・妙高市の3市からなる
中越地方 – 県の中部。長岡市・三条市・柏崎市・南魚沼市などからなる
下越地方 – 県の北東部。新潟市・新発田市・村上市・燕市などからなる
佐渡地方 – 佐渡島。佐渡市のみからなる。

ポイントは、実際の地図と呼び名が逆になっています。つまり上越地方は地図の上(東北地方寄り)ではなく下(北陸地方寄り)です。逆に下越は地図の下側(北陸地方寄り)ではなく上側(東北地方寄り)になります。中越はそのまま新潟県の真ん中になります。

主な都市として、人口の上位3市は以下になり、それぞれ上越、中越にあります。

新潟市(下越地方) – 80万人弱。政令指定都市。
長岡市(中越地方) – 26万人強。施行時特例市。
上越市(上越地方) – 19万人弱。施行時特例市。

東西に長い新潟県は大きく3つのエリア+佐渡に分かれている特徴をつかんでおきましょう。

それぞれの中核となる市にはファクタリング会社がありますが、まだまだ少ないのが実情です。

新潟県の産業

米どころとして知られているように農業が有名です。また海沿いに面しているため漁業や工業、東京電力の発電所もあります。燕の金属食器は歴史的に有名です。

過去には「新潟水俣病」など不幸な公害もありましたが、現在はクリーンな工業に心がけており、そうした心配もなくなりました。

豊富な水資源を活かした工業や化学工業も盛んです。

第3次産業、サービス業は何といってもスキー場です。複数のスキー場へ訪れるお客様も多く、冬場は盛況を極めます。

コロナによって減ったお客様も、この感じですと来シーズンには戻ってくる見込みで、ここ3年分を埋め合わせるべく多額の運転資金が必要になるかもしれません。

ファクタリング会社の条件を比較!

新潟県は上述のように東西に広く、都市も点々としているので集積によるメリットがあまり期待できません。

ファクタリング会社があってもぽつぽつあるという状況なのですが、農業、漁業、工業、サービス業どれをとっても急な資金調達が必要なものがあります。

そのため、融資ではなく、ファクタリングによる資金調達が重要になります。

ファクタリングならば審査に掛ける時間を大幅にショートカットできます。

新潟県で利用できるファクタリング会社の諸条件を比較してみました。

A社 手数料率5%~  取扱金額30万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3%~  取扱金額10万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率3%~  取扱金額30万~7,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率3%~  取扱金額30万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率3.2%~  取扱金額~3億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3%~  取扱金額20万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2%~  取扱金額~1億円  資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.3%~  取扱金額30万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2%~  取扱金額50万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日

No.1 手数料率1%~  取扱金額50万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日    (※当社)

各社とても似ています。しかし、当社(No.1ファクタリング)のみ、買取手数料が1%~になっています。

数百万円のファクタリングを希望でしたら、ぜひNo1ファクタリングまでお問い合わせください。

オンラインファクタリングならば全国どこからも申し込み可能!

新潟にお住まいの方でも「オンラインファクタリング」を利用すれば全国どこのファクタリング会社も利用できます。

ファクタリングは融資と異なり細かい決まりが法律で決まっていないので、臨機応変な対応ができます。

大雪でなかなか外に出られない冬場もオンラインファクタリングならば簡単にやり取りできます。

対面での面接は不要なので、ZOOMなどオンライン会議ツールがあれば、そこでその人の性格や人格、ファクタリングをすることへの信頼度などがわかります。

オンラインファクタリングの大まかな流れは以下になります。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査

書類を郵送する必要はなく、画像やPDFファイルを専用フォーマットからアップロードする方法が主流です。メールやLINEに添付する方法を採るファクタリング会社もあります。

ともかく、すべて在宅で行えるので時間も場所も問わず審査ができます。これなら新潟県の事業者も場所にとらわれずファクタリングを申し込めます。

新潟県にお住まいの方はぜひファクタリング会社候補としてNo.1をご検討ください

新潟県にお住まいの方、お近くに良いファクタリング会社がないと悲嘆されることはありません。そんな時こそ、オンラインファクタリングです。

オンラインファクタリングならば場所を気にせず資金調達ができます。

「株式会社No.1」は経験と実績があり、他社と比較してダントツに条件が良いのは上の比較でご理解いただけるはずです。

また、オンライン契約、オンライン審査ができますので、当社(東京本社、名古屋支社、福岡支社)までいらっしゃる必要はまったくありません。

対面での面談が不要なので、新潟のどちらにお住まいでもネット環境さえあれば大丈夫です。このページをご覧になられているのですからまったく問題ないです。

新潟県内にあるどのファクタリング会社よりもみなさまに有利な条件で売掛債権を買い取る自信が当社にはあります。ぜひお問い合わせいただき、No1ファクタリングでの資金調達をご検討ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top