DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングは原則保証人不要!保証人がいらないファクタリングの仕組みを解説します

資金調達を考えているとき、頭をよぎるのは担保と保証人という人も多いはずです。

特に保証人は、悲惨な結末になった話を聞きます。保証人の印鑑を押したおかげで、全財産を失った、一家離散した、行方不明になったなど悲劇的な結末になることもあります。

担保は自分の財産を失うだけ、自分(と家族)の人生がおかしくなりますが、保証人は第三者の人生もおかしくしてしまいます。

保証人になってくれと頼むのは、非常に精神的にストレスであり、これまでの人間関係が壊れてしまうかもしれません。

保証人がなく、審査も緩く、迅速な資金調達を求めている場合、ファクタリングがそれを可能にします。

ファクタリングがなぜ保証人なしでの資金調達を可能にするのか、今回説明します。頼める保証人がいない方、ぜひファクタリングに注目してください。

そもそも保証人とは?

よく言及される「保証人」とはどのようなものなのでしょうか?保証人には「保証人」と「連帯保証人」がいてそれぞれ引き受ける責任が異なります。

(通常)保証人とは

(通常)「保証人」とは、他人の債権について、返す義務がある人(主債務者)が返済しないときに、代わりに返済する法的義務を負う人のことを言います。

例えば、融資を受けて返済しない借主(主債務者)がいた場合、貸主(銀行=債権者)は、代わりに(通常)「保証人」から融資を法的に回収できますし、(通常)「保証人」になった人は融資の返済(元本+利子)を支払う法的義務がある、ということになります。保証人も返済を無視すると法的に罰せられてしまいます。

(通常)「保証人」については、民法446条と447条に規定があります。主債務者が返せない場合、債権者が「あなたが代わりに返して」と言われた場合、保証人は利子も遅延利息もつけて返済しないといけません。

ただし、返済義務があるのは、あらかじめ書面で署名捺印し同意した債権のみです。債務者の全負債を弁済する必要はありません。

口約束で「保証人になってよ」「わかった」ということではダメで、

「○○についての■■の借金△△△万円を保証します」 (署名・捺印)

この同意の署名・捺印が必要になります。

主債務者の融資の保証人ならば、返済の保証をするのは返せなかった融資(A銀行)のみで、主債務者が他で作った借金(B銀行、C銀行・・)まで返済する義務はありません。

連帯保証人とは?

一方「連帯保証人」は(通常)「保証人」よりもさらに重い責任、法的義務を負うことになっています。

「保証人になり家を失った」「一文無しになった」「一家離散した」

と引き合いに出されるのは、こちらの「連帯保証人」の方が多いです。

なぜなら、連帯保証人になると、(通常の)保証人で認められていたいくつかの権利を失い、主債務者と完全に同等の責任や義務を負うことになります。

「いや私はこの人の保証人だけど他人だし、まず本人に言ってくれ」ということが一切できなくなり、主債務者の「身代わり」として債権者からの法的追及を一手に引き受ける事態も想定されます。

そして、家や財産を失います。連帯保証人は自分の家などを担保に入れている状態になります。

連帯保証人は保証人よりもさらに重い法的義務を負います。

「まずは借りた本人に請求して、その人があらゆる手を尽くして、それでもダメな場合に保証人が支払うべき」というのが保証人の義務ですが、連帯保証人になると、連帯保証人は実質的に、債務者と同じ義務を有するもう1人の人だとみなされてしまいます。

A銀行だけではなく、B銀行、C銀行の融資についても連帯保証人が返済しなければならないことも予想されます。そして家や財産を失います。

保証人、連帯保証人ともになってくれる人がいない

このような保証人、連帯保証人になってくれる人がいれば、自社の経営状態があまりよくなくても、金融機関が融資に応じてくれる可能性があります。借主が返済できなくても保証人や連帯保証人から代わりに返済してもらえばよいわけで、保証人や連帯保証人にはそれに応じる法的義務があります。

しかし、保証人にメリットはないわけで、よほど人間的な恩義がある人の依頼ではないと応じてくれないでしょう。

無担保、無保証人の融資が難しい事業者で、担保を持たない場合、実質的には融資が受けられないとも考えられます。それだけ保証人になる人はリスクばかり大きくメリットがありません。

また、融資の場合審査に時間がかかり、迅速な資金調達が難しい面もあります。数日以内に100万円必要、みたいなケースでは通常の無担保無保証人融資が受けられません。リスク制限法の上限金利で「ビジネスローン」から借りる方法もありますが、その場合信用情報に大きなマイナスとなります。

以後の融資が受けられなくなる可能性もあります。

担保や保証人がいらない資金調達方法としてファクタリングがおすすめ!

融資による資金調達の場合

・審査に時間がかかる
・経営状態が良くないと担保や保証人を求められる

というデメリットがあります。

これらのデメリットを払しょくするには、ノンバンクが行っている「ビジネスローン」の利用がありますが、これを利用すると、信用情報が大幅な減点になり、以後の融資に影響してしまいます。

たった1回、緊急の利用であってもビジネスローンは悪手です。では時間がなく、無担保無保証人融資が難しい事業者は諦めるしかないのでしょうか?

ここでおすすめしたいのがファクタリングです。

売掛金、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらいます。

ファクタリングは融資と違い、担保や保証人が不要です。

なぜなら、売掛金は取引先、クライアントがしっかりしていれば必ず振り込まれるからです。
申込人が振り込まれた売掛金をファクタリング会社に支払わないリスクを考えても、「3社間ファクタリング」という、取引先からファクタリング会社が直接売掛金を回収する方法でリスクヘッジできます。

それらが用意できない人には、銀行からの融資よりも有利な条件で現金化できる可能性があります。

ファクタリングはビジネスローンのように信用情報に記載されず、迅速な資金調達が可能です。

ファクタリングで売却する請求書がそのまま担保としての役割を果たします。保証人はある意味売掛金です。

逆に売掛先、取引先の経営が危なく、期日に請求金額が振り込まれるかどうかわからない場合、ファクタリング審査に落ちたり、手数料が高額になったり、償還請求権付きの契約になったりします。

償還請求権とは、売掛先が期日に請求書額を振り込めなかった場合、そのお金を依頼人(債権者)がファクタリング会社に支払う契約です。

依頼人が売掛先の保証人になるようなものであり、そうしたファクタリング契約を子止めてきた場合はやめておいた方が良いでしょう。

ファクタリング審査については、銀行法や貸金業法の規定も適用されないため、各ファクタリング会社で弾力的な運用ができます。

保証人が要らずかつ迅速な現金化が可能になります。

保証人不要で迅速な資金調達にはNo.1のファクタリングをご検討ください

通常の融資は審査に時間がかかるうえ、経営状態が悪い事業者の場合、担保や保証人を求めることがあります。

保証人になる人はデメリットしかなく、人間関係が崩壊してしまいます。では、土地や建物など担保を持たない人は、人間関係崩壊を覚悟して誰かに保証人をお願いしなければならないのかというとそうではなく、ファクタリングという方法があります。

ファクタリングによって売掛債権を現金化し、早期の資金調達につなげます。ファクタリング会社候補の1つとして「株式会社No.1」をおすすめします。

「株式会社No.1」は経験と実績があり、全国各地の事業者に利用していただいております。

みなさまが資金調達できる金額が高く、とても使い勝手がよくなっています。もちろん保証人不要です。

「株式会社No.1」のみなさまが希望する目的に合わせて、複数のファクタリングメニューをお示しします。迅速で保証人が要らない資金調達を考えてみてください。

融資にはないメリットがファクタリングにはあります。保証人不要で審査も緩い資金調達法としてぜひNo.1のファクタリングをご検討ください。

よろしくお願いいたします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top