カテゴリー: ファクタリング

東京の会社がファクタリングを活用すべき理由とは?東京の金融事情から紐解く

日本の首都であり、経済の中心地である東京。
総務局のデータによれば、令和元年度の都内総生産は115兆7000億円でした。
これは、国内総生産の20.7%を占めるのですから、東京の経済規模がよく分かります。
日本の企業のうち、99.7%は中小企業です。
東京でも中小企業の割合が高く、東京の会社の99%を中小企業が占めています。
当然、中小企業による資金需要も活発ですから、東京の資金調達事情は他の道府県に比べると様々な点で異なります。
ファクタリングを活用していく上でも、東京の事情を踏まえて取り組むことが重要です。
この記事では、東京の金融事情を詳しく分析し、東京の会社のファクタリング活用を考察します。

東京の会社の資金調達方法

経済・金融の中心地である東京は、最新の資金調達方法の普及も早く、多種多様な方法によって資金調達が可能です。
まずは、東京の金融事情と資金調達の関係について解説します。

東京の銀行融資

東京に限らず、多くの会社は銀行融資をメインと考えます。
確かに、銀行融資は調達コストが安く、多額の資金調達も可能ですから、会社の経営に問題がなければ安定して資金調達できる方法です。
また、東京は金融機関の数が非常に多いです。
他のエリア、特に地方都市であれば、その地域を地盤とする地方銀行や信用金庫が選択肢になりやすいのですが、東京は全国の地方銀行が支店を構えているため、色々な金融機関が借入先となります。
これも、東京の会社にとって、銀行融資が資金調達の軸になりやすい理由のひとつです。
もちろん、融資で資金調達する場合、銀行だけではなくノンバンクも候補となります。
東京にはノンバンクの業者数・店舗数も多いため、ノンバンクからの資金調達でも有利です。

資金調達方法は進化する

融資以外にも、色々な資金調達方法があります。
東京においても、手形割引やリースバックはよく利用される方法です。
これらの一般的な方法に加えて、新たな資金調達方法も登場しています。
例えば、出資は元来敷居が高い方法でしたが、最近では不特定多数の個人に出資を募る「クラウドファンディング」が登場したことで、中小企業でも資金を集めやすくなりました。
縁故者に限って社債の引き受けを募集する「少人数私募債」も、東京では徐々に受け入れられつつあります。
銀行融資自体は古典的な資金調達方法ですが、東京は新たな融資制度の導入も盛んです。
売掛債権を担保に融資を受ける「売掛債権担保融資」や、在庫などの動産を担保に融資をうける「ABL(動産担保融資)」などが好例です。
東京を中心として、企業の資金調達方法は日々進化を続けています。
そんな中、最近特に注目されているのが「ファクタリング」です。

コロナ禍で広がったファクタリング

ファクタリングは、会社が所有している売掛金を売却する資金調達方法です。
発祥は16世紀のイギリスといわれ、資金調達方法の中でも長い歴史を持っています。
とはいえ、日本で普及してきたのはごく最近のこと。
ここ数年の間に急速に普及率が高まり、特にコロナ禍の影響によって一気に認知度が高まりました。
東京は感染拡大が最も激しく、他の道府県に比べて規制も厳しいため、東京の会社はコロナ禍の影響を受けやすい環境にあります。
実際に、コロナ禍による急激な景気の悪化に伴い、東京では融資を求める会社が急増しました。
融資希望が短期間に殺到した場合、金融機関や保証機関のキャパシティーを超え、スピーディな対応が困難になります。
東京はこの傾向が特に顕著で、保証付融資を希望する会社が数ヶ月間の審査待ちを強いられることもありました。
資金繰りが苦しい状況で、数週間や1ヶ月程度であればなんとかやり繰りできても、2ヶ月、3ヶ月となると話が変わってきます。
多くの中小企業が留保している手元資金は「月商1ヶ月分(あるいはそれ以下)」であり、月商3ヶ月以上を確保している中小企業は稀です。
融資実行までに数ヶ月かかる場合、手元資金が枯渇し、資金繰りが破綻することは目に見えています。
ファクタリングが急速に普及した理由はここにあります。
ファクタリングが売掛金を売却する方法であり、銀行融資とは根本的に異なる資金調達方法です。
売掛金さえ持っていれば、ファクタリングによって資金調達できます。
このため、銀行融資を受けられない会社、あるいは融資実行までに資金繰りがショートしてしまう会社の間でファクタリングの利用が広がり、普及率が高まったのです。
東京は、ファクタリング会社の数が多く、行政の取り組みも盛んです。
実際に、東京都産業労働局では、ファクタリングの自主規制に取り組む業界団体を支援しています。
今後、ファクタリング業界は、東京を中心として一層盛んになっていくでしょう。

ファクタリングの基礎知識

東京をはじめ、全国的に普及が加速しているファクタリング。
中小企業の資金調達の多様化に効果的な手段として、政府もファクタリングの利用を推奨しています。
東京都も制度の整備に取り組んでおり、今後に期待が集まる資金調達方法です。
もっとも、ファクタリングの仕組み自体に地域性はなく、東京でも地方都市でも、同じ仕組みによって資金を調達できます。
では、実際にはどのような仕組みで資金を調達するのでしょうか?

売掛金を売却(譲渡)するファクタリング

上記でも述べた通り、ファクタリングは会社が所有している売掛金を売却する資金調達方法です。
東京の会社であれば、売掛金の売却先は東京のファクタリング会社や銀行になるでしょう。
売掛金は、信用取引によって発生します。
売掛先の信用を担保として、代金を後日支払う条件で取引した場合に、「後日代金を受け取る権利」として売掛金が発生するのです。
ファクタリングは、手元に売掛金さえあれば利用できます。
地方では、一部の業種で現金取引が根強いケースも見られますが、東京ではほとんどの会社が信用取引をしています。
これは、東京の会社は基本的に売掛金を所有しており、ファクタリングで資金を調達できるということです。
なお、ここまで「ファクタリングは売掛金の売却」と説明してきましたが、厳密には(法的には)ファクタリングは債権譲渡取引に分類されます。
債権譲渡取引とは、売掛債権を譲渡する取引のことです。
「(売掛債権の一種である)売掛金をファクタリング会社に譲渡し、その対価として現金(売却代金)を受け取る取引」と考えると分かりやすいでしょう。

ファクタリングの二方式

一口にファクタリングといっても、ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があります。
それぞれの違いを簡単に見ていきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引するファクタリングです。
2社間ファクタリングを利用することで、売掛先が一切関与することなくファクタリングでき、売掛先から資金繰り難を疑われて信用を損なうリスクがありません。
また、あくまでも「利用会社―ファクタリング会社」だけでやり取りするため、手続きの工程が少なく、最短即日での資金調達も可能です。
近年、オンラインファクタリングも徐々に普及してきました。
オンラインファクタリングは、2社間ファクタリングの手続きをオンラインで完結するものです。
申し込みから契約まで全てオンラインで行うため、最短数時間で資金調達できるサービスも増えています。
No.1のオンラインファクタリングも、最短60分での入金に対応しています。
2社間ファクタリングの難点は、手数料が高いことです。
手数料率は、売却する売掛金の額面金額に対して10~30%が相場です。
優良ファクタリング会社は相場より安く提供していることが多く、特にオンラインファクタリングがおすすめです。
No.1の2社間ファクタリングは、以下の条件でご利用いただけます。

  • 2社間ファクタリング(オフライン):額面金額の5~15%
  • オンラインファクタリング:額面金額の2~8%

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、利用会社・売掛先・ファクタリング会社の3社間で取引します。
売掛先が関与しながら取引するのが特徴です。
「利用会社―ファクタリング会社―売掛先」の3社間で手続きするため、「利用会社―ファクタリング会社」に2社間取引に比べて手続きが煩雑になり、スピーディな資金調達には向いていません。
利用会社から売掛先に対する債権譲渡通知書の送付、売掛先からファクタリング会社に対する債権譲渡承諾書の送付、この2点だけでも1週間程度を要します。
3社間ファクタリングで資金調達するならば、最低でも1週間以上かかると考えましょう。
売掛先がファクタリングに対して悪いイメージを持っている場合、売掛先の信用悪化リスクにも注意が必要です。
実際、ファクタリングが十分に認知されていない現在、「ファクタリング=グレーな資金調達方法」と考える経営者も少なくありません。
ただし、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べて手数料が安く、売掛金の額面金額に対して1~10%が相場です。
No.1の3社間ファクタリングも、1~5%の手数料でご利用いただけます。
東京のファクタリング会社は3社間ファクタリングの取り扱いも多く、東京の金融機関でも3社間ファクタリングを取り扱っています。
手数料を重視する会社は、3社間ファクタリングも検討してみてください。

どちらの方式を選ぶ?

ファクタリングを利用する際には、このどちらかを選んで利用します。
東京には多くのファクタリング会社があり、優良ファクタリング会社のほとんどは東京に本店を構えています。
地方のファクタリング会社ならば、選択肢が「2社間ファクタリングだけ」ということも多いのですが、東京のファクタリング会社は2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの両方を取り扱っていることが多いです。
東京に本店を構えるNo.1も、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を取り扱っています。
中小企業のニーズに合うのは2社間ファクタリングです。
実際、中小企業の多くは2社間ファクタリングを選んでいます。
したがって、東京の会社も2社間ファクタリングが基本となりますが、自社の状況に合わせて柔軟な選択を心掛けましょう。

東京の会社がファクタリングを利用するメリット

東京の資金調達事情を踏まえて、東京の会社がファクタリングを利用するメリットを紹介します。

東京は銀行融資よりファクタリング

ファクタリングは利便性が高く、銀行融資よりも資金調達しやすいことが大きなメリットです。
これは、銀行融資とファクタリングの審査の違いをみるとよく分かります。
皆さんもご存じの通り、銀行融資の審査は厳しく、担保や保証がなければ融資を受けられないことも多いです。
東京の地方銀行といえば、きらぼし銀行・東日本銀行・東京スター銀行の3行ですが、他の道府県の地方銀行に比べて、地域への密着性が低いのが難点です。
地方都市では、地域金融の担い手として地方銀行の存在感が大きく、地方銀行の方でも地域の会社を大切にします。
このため、地方銀行が資金繰りのパートナーになりやすいです。
しかし東京は企業数が非常に多く、顧客の絶対数が多いだけに、会社と地方銀行の関係が「1:1」になりにくいのです。
これは、東京と地方の「銀行の支店(1店舗)あたりの企業数」を比較すると良く分かります。

  • 東京都:地域企業約25万5000社÷金融機関店舗数1965店舗≒130
  • 北海道:地域企業約7万社÷金融機関店舗数847店舗≒83
  • 大阪府:地域企業約11万社÷金融機関店舗数1217店舗≒90
  • 福岡県:地域企業約5万社÷金融機関店舗数674店舗≒74

金融機関1店舗あたりの企業数は、東京が圧倒的に多いことが分かります。
金融機関から見ると「融資候補先が多い」ということですから、どうしてもパワーバランスが「銀行>会社」になりやすいのです。
したがって、東京の融資環境は決して良いとはいえません。
これに対し、東京のファクタリングの利用環境はおおむね良好です。
東京では多くのファクタリング会社がしのぎを削っていますが、まだまだファクタリングの普及率は低く、顧客の絶対数も限られています。
このため、東京の会社がファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社から何らかの(新規利用キャンペーンなどの)優遇を受けたり、好条件を提示されたりすることも多いです。
銀行融資のように、審査に落ちて資金調達できないという失敗も少なく、資金繰りに活用しやすいです。

銀行融資を受けられない会社でも利用できる

銀行融資とファクタリングは審査の基準が異なるため、銀行融資を受けられない会社でもファクタリングならば利用できます。
そもそも売掛金は、貸借対照表でいえば「資産の部」の流動資産に計上する資産ですから、これを売却するファクタリングは「資産の売却による資金調達」といえます。
これは、ファクタリングの際立った特徴と言えるでしょう。
自社の内部に留保している資産によって資金調達するのですから、ファクタリングは「内部資金調達」の一種です。
融資や出資など、外部機関から資金を調達する「外部資金調達」とは根本的に異なります。
審査に落ちると融資が受けられないように、外部資金調達は外部機関の判断に左右されるのが難点です。
融資先の決算内容を詳細に分析し、返済能力に問題がないと判断した場合に限って融資します。
現在の経営における返済能力に加えて、将来(融資期間中)の返済能力まで考慮されるのですから、非常にハードルが高いといえるでしょう。
これに対し、ファクタリングは資産の売却ですから、自社が所有している売掛金の範囲内であれば、自社の裁量で柔軟に資金調達できます。
ファクタリング会社にとって重要なのは、「買い取った売掛金をスムーズに回収できるかどうか」、つまり「売掛先の支払能力はどうか」ということに尽きます。
利用会社の支払能力に大きな問題があっても、売掛先の支払能力に問題がなければ、ファクタリング会社は売掛金を買い取ってくれるのです。
このような違いにより、東京の銀行から融資を受けられない会社でも、東京のファクタリング会社ならば資金を調達できます。

経営再建に役立つファクタリング

ファクタリングは、経営が順調なときだけではなく、経営が厳しい時にも役立ちます。
特に、経営再建にあたってはファクタリングの利用が欠かせません。
中小企業は、信用金庫もしくは地方銀行をメインバンクにします。
しかし、東京では会社と銀行の結びつきが比較的弱く、メインバンクから積極的な支援を受けられないこともしばしばです。
メインバンクから融資を断られた時、会社は危険な状況に陥ります。
なぜならば、「メインバンクから融資を断られた」という事実によって、サブバンクが一斉に手を引く可能性が高いからです。
メインバンクは、複数取引している銀行の中でも、最も積極的に支援してくれる存在です。
そのメインバンクも見放すほどですから、サブバンクはなおさら支援できません。
このような場合には、銀行融資は諦めたうえで経営再建を目指すためにも、まずはリスケジュールを行うのが一般的です。
リスケジュールを実施すると、リスケジュール期間中と、リスケジュール完了後の一定期間にわたって融資を受けられなくなります。
東京には多くの銀行がありますが、この期間中は全ての銀行から借入できません。
そこで、融資を受けずに資金繰りを回すために、ファクタリングを活用しましょう。
事業を継続する以上、取引先と信用取引を行い、売掛金が発生し続けるはずですから、それをファクタリングすることで資金を調達できます。
No.1のお客様でも、「リスケジュール+ファクタリング」によって経営再建に成功した事例が多数あります。

スピーディに資金調達できる

スピーディに資金調達できることも、ファクタリングの大きなメリットです。
東京のファクタリング会社の多くが、2社間ファクタリングでの即日資金調達に対応しています。
最短数時間で資金調達できるオンラインファクタリングも、基本的には東京のファクタリング会社しか取り扱っていません。
東京の銀行は、融資実行までに長い時間を要する傾向があります。
普通、銀行融資の資金調達スピードは数週間~1ヶ月程度ですが、東京では1ヶ月以上かかるケースも珍しくありません。
東京の企業数が非常に多く、短期間のうちに融資希望が殺到した場合に、銀行のキャパシティを簡単に超えてしまうからです。
ファクタリングならば、このような心配がほとんどありません。
東京のファクタリング会社は非常に多いため、特定のファクタリング会社に依頼が殺到し、資金調達スピードに問題が生じることは考えにくいです。
また、オンラインファクタリングならばオンライン上で手続きが完結するため、ファクタリング会社のキャパシティを超える可能性も低いです。
コロナ禍のように、突発的な事態によって銀行融資が利用しにくくなる事態は、今後もしばしば起こるでしょう。
そんな時、東京の銀行だけではなく、東京のファクタリング会社から資金調達を図ることによって、資金繰りを維持しやすくなります。

資金繰り改善に役立つ

ファクタリングは資金調達だけではなく、資金繰りの改善にも役立ちます。
資金繰りが悪化する最大の原因は「売掛金の増加」です。
さらに、売掛金が増加する原因は、主に「売上の増加」と「回収サイトの長期化」にあります。
なぜ売掛金が増加すると資金繰りが苦しくなるのでしょうか?
それは、資金繰りを回すために経常的な必要資金、つまり「運転資金」がより多く必要になるためです。
必要なお金の量が増えるのですから、資金繰りが苦しくなるのも当然といえます。
売上増加が原因であれば、業績は好調ですから、銀行から増加運転資金の融資を受けやすく、資金調達は比較的容易でしょう。
しかし、回収サイトが長期化している場合には要注意です。
東京は企業数が多く競争も激しいため、パワーバランスが「売り手<買い手」になることが少なくありません。
買い手に有利な条件で契約を結んだ結果、回収サイトが長期化するケースが多いです。
このように回収サイトが長期化している場合、たとえ売上が増加していても業績が好調と言えず、銀行融資にも苦労します。
こんな時こそファクタリングを活用しましょう。
ファクタリングによって即日で売掛金を資金化した場合、実質的には回収サイトが0日になったことと同じです。
手元の売掛金を減らすことで運転資金を圧縮し、資金繰りを改善できます。
回収サイトの問題を解消すれば、融資審査にも通りやすくなり、資金調達環境そのものを改善することも可能です。

助成金・補助金を利用しやすくなる

助成金・補助金を利用する際にも、ファクタリングの利用がおすすめです。
政府の働き方改革により、助成金・補助金を利用する会社が増えています。
特に雇用関係の助成金は、多くの会社にとって利用しやすく、人材不足の解消や生産性の向上に効果的です。
助成金制度の多くは厚生労働省が手掛けており、利用のハードルに地域差はありません。
経済産業省が手掛ける補助金制度も同様です。
しかし、助成金・補助金の中には自治体が独自に手掛けるものがあり、こちらは地域差が顕著です。
経済規模が小さい地域ほど自治体に資金力がなく、また地域企業からの需要も乏しいため、助成金・補助金制度も手薄になる傾向があります。
逆に、経済規模が大きい地域ほど、自治体の助成金・補助金制度が充実しており、東京都も様々な助成金制度によって企業を支援しています。
受給した助成金や補助金の資金使途は自由で、もちろん返済は不要です。
東京の会社は、東京都の助成金・補助金制度を積極的に利用すべきでしょう。
ただし、助成金・補助金は会社の取り組みの成果に応じて支給されるものであり、取り組みに要するコストが先行します。
このため、資金不足によって断念してしまう会社も多いです。
助成金・補助金の先行コストは、取り組みに応じて散発的に発生することが多いため、柔軟性の高いファクタリングが最適です。
必要に応じてファクタリングで資金を調達し、助成金・補助金の受給を目指しましょう。

ファクタリング会社の数が多い

これまでもしばしば述べた通り、東京はファクタリング会社の数が非常に多いです。
地方都市を本拠とするファクタリング会社もありますが、大多数は東京を本拠としています。
したがって、東京の会社がファクタリングを利用する際には、「自社の周辺(東京都内)にファクタリング会社の営業所がある」ということがメリットとなります。
自社の周辺にファクタリング会社があれば、オフラインでのファクタリングに好都合です。
オンラインファクタリングはクラウド契約を利用しますが、オフラインのファクタリングは未だに紙媒体の契約書を用いて、対面での契約が一般的です。
このため、ファクタリング契約の段階で、

  • 利用会社の代表者がファクタリング会社を訪問する
  • あるいはファクタリング会社のスタッフが利用会社を訪問する

のいずれかによって、対面する必要があります。
ファクタリング会社の営業所が遠方にある場合、移動に時間を要するためスピーディな契約が難しく、資金調達に時間がかかります。
即日での資金調達はかなり困難になるでしょう。
また、ファクタリング会社からの訪問を受ける場合、出張費を請求されることも珍しくありません。
東京の会社は、東京都内のファクタリング会社を利用することによって、この問題を解消できます。
自社もファクタリング会社も東京都内ですから、自社から出向くにしても、利用会社の訪問を受けるにしても手間がかかりません。
午前中に2社間ファクタリングを申し込み、午後にはファクタリング会社を訪問して契約・入金というように、即日で資金調達できる可能性が高いです。

東京の会社がファクタリングを利用する際の注意点

東京の会社は、地方都市の会社に比べてファクタリング環境が良いため、積極的に利用していきたいところ。
ただし、東京だからこそ注意すべき点もあります。
特に注意したいのは以下の2点です。

手数料に要注意

まず、ファクタリングの手数料に注意してください。
ファクタリングの調達コスト(資金調達にかかるコスト)は、他の資金調達方法に比べて割高です。
ファクタリングの手数料は方式によって異なり、相場は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%
  • オンラインファクタリング:額面金額の10%以下

手数料率は審査によって決まります。
審査の結果、ファクタリング会社の負うリスクが高いと判断した場合には手数料が割高になり、リスクが低いと判断した場合には手数料が割安になるのです。
審査の結果によって資金繰りへの負担が変わるわけですが、そこで気になるのが「なぜそのような結果になったのか?」ということです。
ファクタリング会社によって、それぞれ審査の方針は異なります。
これまでの実績やノウハウも、審査の結果に大きく影響してくるでしょう。
例えば、開業したばかりで実績が少なく、ノウハウにも乏しいファクタリング会社であれば、審査の精度は低くなります。
審査の精度が低いほど想定外のリスクが起きやすいため、手数料を高めに設定するなどして対処しなければなりません。
市場の拡大が続いている今、ファクタリング会社の数が増え続けており、東京には業歴の短いファクタリング会社も多いです。
新規開業のファクタリング会社は、実績とノウハウの欠如から審査に問題があり、手数料が高くなりやすいため、そのようなファクタリング会社は避けた方が賢明です。
東京はファクタリング会社の数が多いからこそ、手数料に要注意と考えてください。

悪質業者に要注意

次に注意したいのが悪質業者です。
ここでいう悪質業者とは、「悪質なファクタリング業者」ではなく「ファクタリングを装って違法な取引を行うヤミ金業者」のことです。
現在、ファクタリングに関する法整備が整っておらず、開業にあたって登録や免許なども必要ありません。
このため、悪質業者が紛れ込みやすい環境にあります。
実際に摘発された悪質業者もありますが、これは氷山の一角であり、まだまだ多くの悪質業者が存在するはずです。
悪質業者は、摘発を逃れるために偽装しながら営業します。
うまく偽装するには、多くのファクタリング会社の中に紛れ込み、違法性を粉飾するのがベストです。
東京はファクタリング会社の数が多く、悪質業者が偽装しやすいため、他の地域に比べて悪質業者が多いです。
悪質業者を利用すると、年利換算で数百%超の高金利で借金を背負うこととなり、違法な取り立てを受けて事業に支障を来すこともあります。
ファクタリングを活用するためには、悪質業者を避けることが前提です。
「東京は悪質業者が多い」ということを十分に意識した上で利用してください。

まとめ:東京でのファクタリングはNo.1におまかせ!

東京の資金繰り事情、東京の会社とファクタリングの関係について詳しく解説しました。
東京は金融経済の中心地であり、他の地域に比べて資金調達方法が豊富で、金融機関の数も多いです。
しかし、企業の数も多いだけに、銀行からの資金調達が困難になることも。
そんなとき、ファクタリングで資金調達できるかどうかによって、資金繰りは大きく変わってくるでしょう。
東京の会社は、ファクタリングを活用して資金繰りの安定を図ってください。
No.1は東京の本店を構えるファクタリング会社です。
これまで、東京の会社から多くの依頼を受け、ファクタリングの実績・ノウハウを積み重ねてきました。
ファクタリングをご利用の際には、ぜひNo.1におまかせください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top