DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: 資金調達情報 ・ ファクタリング

秋田新幹線開業で移動しやすくなった!米どころ秋田県のファクタリングを考えます!

東北の豪雪地帯というイメージが強い秋田県ですが、1997年の「秋田新幹線」開業によって、東京(関東)や仙台へのアクセスが大幅に向上しました。

過疎化が進む地域というイメージがありますが、学力が高く先進的な教育をしており、あの国際教養大学も秋田県にあります。

秋田県で事業を営む方の資金調達方法として、融資だけではなく別の選択肢も用意すべきです。そこで現実的な選択肢となりえるのがファクタリングになります。

秋田県でファクタリングを利用する場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?今回は秋田県におけるファクタリング活用法について解説します。

ファクタリングするうえで知っておきたい秋田県の産業的、地理的特徴

秋田県のファクタリングを考えるうえで、まず今の秋田県の現在地を確認しておきましょう。

秋田県の人口は約95万人で多くありません。人口増減率は全国最下位で人口が減り続けています。過疎化が全国一進んでいると言ってもよい県であり、若い世代は秋田県を出ていき、高齢者が残っているという厳しい環境にあります。人口減少率は山陰地方以上で、歯止めがかかっていません。

田舎の場合、出生率が高いイメージがありますが、秋田県の出生率は全国最下位が続いています。

高齢化が進み、子供が生まれない、人口が減り続け過疎化が止まらない、婚姻率全国最下位、乳児死亡率上位レベル、自殺率全国1位。なぜそうなってしまったのか理由についてはさまざまありますが、この現実を受け止めて、前に進んでいく必要が秋田県にはあります。

要は既存のインフラの維持が全国の中でもかなり難しくなっている県です。この中では金融機関の店舗統合や撤退なども覚悟しなければなりません。従来の資金調達方法以外の道も知っておく必要があります。

明るい話もあります。お米の産出額は新潟県、北海道に次いで全国3位で「あきたこまち」などいくつものブランド米があります。

お米を原料にした日本酒の生産高は、兵庫県、京都府、新潟県、埼玉県、愛知県に次いで全国6位です。お米を使った郷土料理「きりたんぽ」も有名です。

2020年代にはエダマメの出荷量が全国1位になり、風力発電を中心とした新エネルギー産業に力を入れています。過疎化が進んでいても新しくさまざまなことにチャレンジしている秋田県です。

携帯電話やPC、タブレットなどの通信機器に不可欠な固定コンデンサの出荷額は約1800億円で全国1位など精密機械の分野で今後成長が期待できます。

冒頭から書いているように、1997年の秋田新幹線開業によって、都市部とのアクセスが大幅に改善されました。ただ、秋田新幹線は、厳密には「新幹線」ではなく、通常の鉄道と軌道を同じにしています。在来線が「新幹線」としてそのまま乗り入れているイメージです。それでもアクセスが改善されたことで、秋田県と首都圏はかなり近くなりました。

過疎化はネガティブなことだけではなく、時間や場所を問わないビジネスのチャンスでもあります。秋田県に住みながら、IT業などを行う人も増えています。ピンチはチャンス、さまざまな物価が安い秋田県で起業するのは大きなメリットがあります。

秋田県にあるファクタリング会社の諸条件を比較してみた

秋田新幹線が開通しても、まだまだ大都市部には出にくいのが現状です。そこで、秋田県内(多くは秋田市内)にあるファクタリング会社についてその利用条件を表にまとめました。

表の最後は、当社株式会社No.1のファクタリング条件になります。

A社 手数料率4.3%~  取扱金額50万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3.2%~  取扱金額100万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率3.1%~  取扱金額100万~8,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率2.8%~  取扱金額100万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率2.8%~  取扱金額150万円~1.5億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.2%~  取扱金額80万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.5%~  取扱金額500万円~2億円  資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.9%~  取扱金額200万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2.5%~  取扱金額200万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
No.1 手数料率1%~  取扱金額50万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日(※当社「株式会社No.1」)

秋田県は地理的にも大都市部へのアクセスが厳しいため、なかなか競争が生まれず、どうしても秋田県内のファクタリング需要のみで決定されてしまいます。

そのため、都市部のファクタリング会社と比較しても諸条件はあまりよくありません。一方、当社株式会社No.1のファクタリングは手数料が安く、資金化できる金額も高めになっています。

手数料が安いのはファクタリングするにあたってきわめて重要な要素になります。何とか、株式会社No.1のファクタリングが利用できれば、秋田県の事業主様もかなり助かるはずです。

秋田県の事業者の迅速な資金化はオンラインファクタリングがおすすめ!

秋田新幹線に乗れば、秋田-東京間は約4時間になります。しかし、片道20,000円近くかかり、往復で8時間、行って帰るだけで1日が終わってしまいます。

これではコストパフォーマンスがよくなく、もし書類に不備があれば、また行くのは厳しいので郵送になります。郵送は今時間がかかるため、速達で送ることになります。

なかなか手間と時間がかかり、お目当てのファクタリング会社へ行くハードルが高くなってしまいます。

そこで活用していただきたいのが、オンラインファクタリングです。オンラインファクタリングはその手続きがすべてWEB上で完結するファクタリングで、秋田県のどこで事業をしている方でも問題なく利用できます。

オンラインファクタリングを上手に使いこなせれば、自由自在に迅速な資金調達が可能になります。

オンラインファクタリングの手続きやその進め方の流れを解説

秋田県でファクタリングを行いたい場合、オンラインファクタリングを活用すれば、全国各地にあるより有利な条件のファクタリング会社で利用が可能です。

オンラインファクタリングにはネット環境が必要です。パソコンがなくてもスマホで代用できるので問題ありません。書類のデータ化や送信について一通りできるようにしておきましょう。データ容量が多くなるので、4G回線、5G回線ではなく、Wi-Fi環境ないし光回線があるとよいです。

ネットカフェなどで行っても個室ならば問題ありません。

秋田県でオンラインファクタリングする際に必要な書類

秋田県からオンラインファクタリングする場合、下記の書類が必要になります。

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

書類をデータ化する際には、スキャナーでPDFファイルにするか、スマホなどで撮影して画像ファイルにします。通帳などは枚数が多くなるので注意してください。

法人の場合、併せて、法人の商業登記簿謄本のデータも必要になります。商業登記簿謄本はオンライン申請→郵送対応も可能なので、わざわざ法務局まで出向かなくても大丈夫です。

ファクタリング申し込みに必要な謄本は商業登記簿謄本だけで、不動産の登記簿謄本は不要です。逆に不動産登記簿謄本も求めるファクタリング会社があれば注意してください。

商業登記簿謄本についても3か月以内のものをPDFか画像データ化します。郵送対応の場合、法務局から届くまで2日~3日かかるので余裕を持って進めてください。

秋田県からオンラインファクタリングをするときにはどうするのか?/h5>

 

秋田県からオンラインファクタリングを使えば、全国各地にあるファクタリング会社へファクタリングを申し込みできます。

その際の流れについて押さえておきましょう。多くのファクタリング会社に共通するものになります。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

ファクタリングの審査は、融資と異なり落とすためのものではありません。よほど問題がありそうな人をスクリーニングするものであり、売掛債権(売掛先)の宛名(売掛先)に信用があれば大丈夫です。

面談でもよほど変な人でない限り通ります。あまり緊張せずリラックスして臨んでください。

オンライン面談はパソコンがなくてもできます。スマホ+Wi-Fi環境があれば大丈夫です。どうしても難しい場合は、WEBカメラがあるインターネットカフェの個室に行けば大丈夫です。

自宅、事務所でなくても構いませんが、個室環境が望ましく、ルノアールなど喫茶店の個室+Wi-Fiでも構いません。

ファクタリングは問題ないのに「ビジネスローン」はダメ?

オンラインファクタリングと同様に、最短即日で資金化でき、実際に店舗へ行かなくても手続きできるものに「ビジネスローン」があります。

ビジネスローンでもよいのでは?と思われるかもしれませんが、ビジネスローンの利用は「最後の手段」にすべきです。

なぜビジネスローンとファクタリングは異なるのでしょうか?ファクタリングなら迅速な資金調達方法として積極的に使うべきなのに、ビジネスローンは最後の手段になるのでしょうか?

ビジネスローンの特徴をまとめました。

  • ノンバンク(消費者金融)が行う事業者向け融資
  • 利用限度額が約1000万円と非常に少ない
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報ブラック、金融ブラックの場合借りられない
  • 1000万円では必要な資金調達ができない場合がある
  • 消費者金融からの借入になるので、以後、特に銀行融資にあたり大きなマイナスとなる

ビジネスローンは「融資」になります。融資ということは、融資に関係するさまざまな法律に規制されます。銀行法や貸金業法、そして利息制限法が適用され、信用情報照会も必須になります。

融資である以上、信用情報に問題がある人については、ビジネスローンを受けられない可能性があります。ファクタリングは信用情報照会がないので、信用情報ブラックの方でも利用できるのと対照的です。

ビジネスローンはノンバンク、消費者金融からの融資であり、利用すると信用情報に「消費者金融の利用歴」が記載されます。これは以後、融資を受ける際に大きなマイナスになります。消費者金融を利用する人は「信用できない」というのはビジネスでの共通認識になります。

また、ビジネスローンで融資を受けられる上限額は1000万円です。事業主様の規模を問わず、この金額ですので、秋田県内のビジネスローンでも都市部のビジネスローンでも変わりません。

以上のことから、ビジネスローンの利用はハイリスクローリターンであり、ファクタリングできる売掛債権(売掛先)がない、しかし数日以内にお金が必要、それがないと不渡りを起こしてしまうような例外的なケースの「最後の手段」になります。本当に背水の陣を敷かなくてはならない場合の方法ですので、通常の迅速な資金調達でビジネスローンを利用するのはデメリットが多すぎることになります。

ファクタリングはビジネスローンと同じくらいの迅速さ、信用情報とは無関係、売掛債権(売掛先)の金額があれば多額の資金調達も可能、というメリットがあり、ビジネスローンよりも前にファクタリング利用を考えるべきです。

秋田県のように周囲の金融機関が少なく、かといってビジネスローンでは経営が追い込まれてしまうような場合、ファクタリング利用を積極的におすすめします。

秋田新幹線開業も移動コストを考えると株式会社No.1のオンラインファクタリングがおすすめです!

秋田新幹線の開業で都市部とのアクセスがかなり便利になった秋田県ですが、大都市部のファクタリング会社店舗へ出向くのはなかなか大変です。

また秋田新幹線は正式には「新幹線」ではなく、自然災害に対しては東海道新幹線などと比べると幾分の脆弱さは否定できません。

そこで、実際にファクタリング会社へ行くのではなく、WEBを活用した「オンラインファクタリング」で時間を短縮しましょう。書類もオンライン上で提出できるので、手間が大幅にカットされます。

遠隔地からでも都市部で競争に勝ち残っているファクタリング会社を利用できるのは大きな強みであり、それはファクタリングが融資ではなく当事者間の自由な意思表示でできる民法上の契約行為だからです。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、他社と比較しても安心してご利用いただけるファクタリング会社になります。

もちろん、オンラインファクタリングにも対応していますので、秋田県のどこにお住いの事業主様でも問題なく株式会社No.1をご利用いただけます。

有利な条件での迅速な資金調達は、みなさまの事業所にとってとても役立つはずです。ぜひご利用ください。

何卒株式会社No.1をよろしくお願い致します。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top