カテゴリー: ファクタリング

【速報】人気のファクタリング会社をランキング形式で10社紹介!|個人・法人それぞれで人気なファクタリング会社とは?

スピード査定依頼フォーム
 
「初めてファクタリングを利用するけど、どの会社がいいの?」

「ファクタリング会社を乗り換えたいけど、今よりいい会社はどこだろう?」

このような疑問を抱く人も多いことでしょう。

ファクタリング会社選びに悩んでいる人には、「人気のファクタリング会社の中から選ぶ」という方法がおすすめです。

人気があるということは、多くの利用会社から支持を得ているということであり、それだけに充実したサービスが期待できるためです。

この記事では、人気のファクタリング会社の具体例と、選ぶ際のポイントを解説します。

個人事業主に人気なファクタリング会社TOP5を紹介!

ファクタリングといえば法人向けサービスのイメージが強いかもしれません。

しかし近年では、個人事業主向けのファクタリングサービスも普及しています。

それだけ個人事業主の需要も伸びているということでしょう。

もし、あなたが個人事業主でファクタリング会社選びに迷っているなら「個人事業主からの人気の高さ」を基準としてファクタリング会社を検討するのがおすすめ

ここからは、個人事業主から人気が高いファクタリング会社を5社紹介します。

1,No.1

もともとNo.1は、法人向けのファクタリングを提供していました。

しかし近年では、個人事業主やフリーランス向けのファクタリングサービスにも力を入れています。

No.1の個人事業主向けファクタリングの特徴は以下の通り。

  • 買取手数料1%~
  • 最短60分で即日振込
  • 審査通過率90%以上

このように「安さ」「速さ」「柔軟さ」に強みがあります。

特におすすめなのが、AIによる審査を可能とした『オンラインファクタリング』。

No.1のオンラインファクタリング「Easy factor」は、法人・個人事業主のいずれにも対応しています。

このオンラインファクタリングは、No.1の強みである「安さ」「速さ」「柔軟さ」をさらに高めたサービス。

  • 手数料の上限は8%
  • 請求書を送るだけで最短10分見積もり
  • オンライン完結で自宅から簡単手続き

これまで、ファクタリングの一般的な傾向として、個人事業主の利用には色々なデメリットがつきものでした。
例えば、

  • 法人に比べて手数料が割高
  • 法人に比べて審査が柔軟ではない
  • 1人で事業を回しているため対面取引の時間がとれない

などのデメリットです。

No.1の個人事業主向けファクタリングはオンラインを活用することによって、これらのデメリットを払拭しました。

ぜひ、一度No. 1のサービスに触れてみてください。

2,OLTA

OLTAも、個人事業主から高い人気を誇るファクタリングサービスの一つ。

2021年の日本マーケティングリサーチ機構のブランドイメージ調査では「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」としてNo.1の人気を獲得しています

また、OLTAは実績に優れ、信頼性に長けていることも特徴でしょう。

実績はこちら。

  • 累計事業者数:10,000
  • 累計申込金額:500億円

またOLTAのパートナー企業には、メガバンクをはじめ多くの金融機関が名前を連ねています。

No.1の紹介にもある通り、個人事業主にはオンラインファクタリングがおすすめ。

OLTAはオンラインファクタリングに特化しており、個人事業主でも利用しやすい特徴を備えています。

  • 買取手数料は2~9%
  • オンライン完結で対面不要

買取手数料は他のファクタリング会社に比べて安く、諸経費も全てここに含まれるため、安く利用できるでしょう。

ただし、対応スピードはオンラインファクタリングの中では比較的遅く、最短24時間で見積り、契約後即日ないし翌営業日に振り込まれます。

急いでオンラインファクタリングを活用したい個人事業主には、適さない場面もあるかもしれません。

3,フリーナンス(FREENANCE)

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主に特化したファクタリングサービス。

運営元のGMOクリエイターズネットワークはGMOのグループ企業なので、信頼性にも優れています。

GMOが提供している「フリーナンス即日払い」は、請求書さえあれば最短即日でファクタリングできるサービスです。

フリーナンスに登録しておけば、その後は好きなタイミングで請求書をファクタリングし、資金調達が可能。

手数料も「3~10%」と安く、利用するほど手数料が下がるのも嬉しいメリットですね。

ただし、フリーナンス登録直後のファクタリング上限額は25万円であり、利用状況に応じて1000万円まで拡大する仕組みをとっています。

そのため、多額の資金調達には不向きなので注意してください。

さらにフリーナンスでは、ファクタリングだけではなく保険も提供しています。

例をとると「あんしん補償」は、業務中の事故、著作権侵害、納期遅延による損害賠償などの際に補償を受けられる保険。

法人の従業員とは異なり、フリーランスや個人事業主は、事故の際に会社から守ってもらえません。

そんな時に、フリーナンスの保険が役立ちます。

ファクタリングの利用だけではなく、保険への加入を検討している個人事業主にはフリーナンスがおすすめ。

4,ナゲット(nugget)

ナゲットは、東証一部上場企業のセレスが運営するファクタリングサービス。

2020年のGMOリサーチ株式会社のアンケートでは「申し込みが簡単で信頼できるフリーランス・個人事業主むけ資金調達サービス」として紹介されました。

ナゲットの特徴は、手数料設定にあります。

ファクタリングの一般的な傾向として、個人事業主は法人に比べて手数料が割高になることがほとんど。

しかし、ナゲットの手数料は一律10%であり、その他の費用は一切かかりません。

手数料が分かりやすく「個人事業主だから」という理由で変動することもないため、個人事業主にとって利用しやすい設計となっています。

また、1万円の売掛金から利用できることも、資金繰りと家計が密着している個人事業主にとって嬉しいメリット。

このほか、ナゲットのファクタリングでは決算書や入出金明細書、契約書などの提出がいりません。

請求書とエビデンス(取引先とのメールなど、取引を裏付ける資料)があれば利用可能。

手数料が10%より安くなることはなく、他のオンラインファクタリングに比べて割高になることも多いですが、簡単・手軽に利用したい個人事業主におすすめのサービスです。

5,一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、中小企業や個人事業主などの経営支援を手掛けており、その一環としてファクタリングも提供しています。

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人であり、財務局・経済産業局の認定を受けている経営革新等支援機関でもあるため、信頼性が抜群。

事業再生や資金繰り支援など、総合的な経営支援も合わせて行っています。

経営革新等支援機関の認定を受けていることから、日本中小企業金融サポート機構のスタッフは経営全般のサポートが得意。

基本、経営支援は法人を対象としており、個人事業主はサポートを受けにくいかもしれません。

しかし、日本中小企業金融サポート機構は「個人事業主ごとに最適なファクタリングの提案」にも対応しているようです。

さらに、手数料は「1.5~10%」ですから、一般的なファクタリングの相場(2社間ファクタリングならば10~30%)に比べてかなり安い設定。

経営サポートを希望する個人事業主には、日本中小企業金融サポート機構をおすすめします。

法人に人気なファクタリング会社TOP5を紹介

ファクタリングは、まだまだ法人に人気の資金調達方法として有名です。
需要に伴ってファクタリング会社が増えたことから、法人を対象とする中小ファクタリング会社が多くなりました。
そのため、ファクタリング会社選びは簡単ではありません。

会社選びに失敗すると、却って資金繰りが悪化する恐れもあるため注意が必要です。

ここでは、法人に人気なファクタリング会社を5社紹介します。

1,ベストファクター

法人向けファクタリングサービスの中でも、ベストファクターは特に高い人気を誇ります。

2020年の日本トレンドリサーチ機構のサイトイメージ調査では、以下の3部門でNo.1を獲得。

  • 経営成績の向上が期待できるファクタリング会社
  • ファクタリング会社支持率
  • 経営者に紹介したいファクタリング会社

中でも注目したいのが「経営成績の向上が期待できる」という点。

ベストファクターでファクタリングした法人のうち、69.7%がキャッシュフローの改善、59.2%が企業価値の改善に成功しています。

ファクタリングを利用し、なおかつ経営成績を向上させるには、好条件でファクタリングしなければいけません。

特に重要なのは、以下の条件です。

  • 手数料が安い(調達コストが安く、資金繰りへのメリットが大きい)
  • スピーディに調達でき、買取率も高い(審査通過率が高く、必要な時に必要額を調達しやすく、経営資源の確保に役立つ)

これらの条件をベストファクターに照らし合わせてみましょう。

  • 手数料:2%~
  • 調達スピード:最短24時間
  • 平均買取率:92.2%

この条件から、ベストファクターのファクタリングは、法人への経営メリットが大きいことがわかります。
ファクタリングを通じて経営改善を目指す会社には、ベストファクターを利用してみてください。

2,マネーフォワード・アーリーペイメント(MoneyForward Early Payment)

マネーフォワード・アーリーペイメントは、東証一部上場企業であるマネーフォワードのグループ企業。

このことから、特に信頼性に優れたファクタリング会社といえます。

マネーフォワードは金融サービスを手掛ける企業なので、金融関連のノウハウが豊富。

そのノウハウは、グループ企業であるマネーフォワード・アーリーペイメントでも活かされ、手数料の安さや手続きの簡単さ、買取可能額の大きさなどに特徴があります。

マネーフォワード・アーリーペイメントのファクタリング方式は2社間ファクタリングですが、手数料率は買取債権金額の1~10%。

2社間ファクタリングの手数料率の相場(10~30%)に比べて、かなり安い水準といえますね。

また、オンライン上のやり取り(メールなど)だけで手続きが完了し、最大数億円の買い取りにも対応可能

したがって、以下のような会社にマネーフォワード・アーリーペイメントがおすすめです。

  • 2社間ファクタリングを利用したい会社
  • 手数料を抑えたい会社
  • 多額の資金を調達したい会社

注意点は、法人であっても合同会社は利用できないこと、そしてファクタリングに時間がかかること。

2社間ファクタリングは即日対応が基本ですが、マネーフォワード・アーリーペイメントでは2~5営業日を要します。

即日ファクタリングを希望する会社には不向きなので、注意してください。

3,QuQuMo

QuQuMoは、オンライン型のファクタリングサービス。

運営元は、ファクタリング事業・コンサルティング事業を手掛けるアクティブサポートです。

QuQuMoは対応の柔軟性に特徴があり、少額から高額(上限なし)まで幅広く対応可能。

少額を調達したい小規模事業者はもちろんのこと、多額の資金を調達したい中小企業まで活用できるのが魅力の一つです。

また、債権譲渡登記を避けたい会社にもおすすめ

一般的に、ファクタリング会社は債権譲渡登記を求め、対応が柔軟な場合にも「要相談」とします。

しかし、QuQuMoは「債権譲渡登記の設定不要」を明言しているため、登記を避けたい会社も安心して利用できます。

このほか、オンラインファクタリングならではの手数料の安さ、手続きの早さにも注目してください。

  • 手数料は1%~
  • 入金まで最速2時間

債権譲渡登記を避けたい会社や資金調達スピードを重視する会社には、QuQuMoがおすすめ。

4,三共サービス

ファクタリング会社を選ぶ場合、業歴が重要なポイントの一つ。

業歴が浅いファクタリング会社は、実績が乏しいことによって十分なサービスができなかったり、サポートに不満が残ったりするケースがほとんど。

悪質業者の危険性も高まるため、業歴が短い会社は避けたほうが無難でしょう。

その点において、三共サービスは安心です。

三共サービスは創業18年のファクタリング会社であり、中小ファクタリング会社の中でも特に長い業歴を誇ります

それだけに、ノウハウやデータの蓄積も豊富。

元銀行員や元ノンバンク社員などの金融のプロも在籍しているため、利用会社ごとの経営状況に合わせたサポートをしてくれるでしょう。

このほか、手数料の安さも特徴的。

  • 2社間ファクタリング:5~8%(相場は10~30%)
  • 3社間ファクタリング:1.5~5%(相場は1~10%)

相場と比較すると大幅に安いことが分かります。

三共サービスの公式ホームページにある、

  • たった一度の利用で経営改善92.4%
  • 三共サービスに乗り換えることで、平均10%ほど手数料が安くなる

というのもうなずけます。

資金調達スピードは他社より遅い(最短翌日振込)のが難点ですが、調達コストを抑えたい場合には三共サービスがおすすめ。

5,アクセルファクター

審査の柔軟性を重視するならば、アクセルファクターがおすすめ。

ファクタリング会社の審査通過率は90%前後が一般的であり、90%から91%、92%と高めていくにはかなりの柔軟性が求められます。

アクセルファクターの審査通過率は93%ですから、この数値からも審査の柔軟性は明らか

特に、提出書類の対応が柔軟であり、規定の書類をすぐに準備できない場合には代替書類を提示して審査を受け付ける、といった対応を行っています。

スピーディな2社間ファクタリングは、ファクタリング会社にとってもリスクの高い取引。

可能な限りリスクを避けるためにも、書類が足りなければ受け付けないケースも珍しくありません。

他社に申し込んだ際に書類の不備で断られた場合には、アクセルファクターに相談することで解決できることでしょう。

ただし、アクセルファクターの手数料は利用金額によって変動し、少額利用では必ず10%以上の手数料がかかるなど、調達コストが高くなる傾向があります。

したがって、基本的には他社を優先し、書類の不備などで申し込みを断られた場合に、アクセルファクターを利用するのが良いでしょう。

人気なだけではダメ?ファクタリング会社を選ぶ時に押さえるべき5つのポイント

個人事業主と法人から人気のファクタリング会社を10社紹介しました。

人気が高いファクタリング会社は、多くの事業者から支持されているのですから、基本的に優良ファクタリング会社と考えて良いでしょう。

しかし、優良ファクタリング会社といっても、それぞれ特徴は異なります。

いくら人気が高くとも、自社の条件に適していないファクタリング会社を選べば良い結果は得られません

人気だけではなく、以下のポイントを押さえてファクタリング会社を選ぶことが大切です。

ここからはファクタリング会社を選ぶときに押さえるべきポイントを解説します。

1,契約方式が自社の状況と合っているか

ファクタリングの契約方式には、以下の2種類があります。

  • 2社間ファクタリング:自社とファクタリング会社の2社間で取引する方式
  • 3社間ファクタリング:自社とファクタリング会社に売掛先を加えた3社間で取引する方式

ファクタリングは、ファクタリング会社に売掛金を譲渡(売却)する資金調達方法。

2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、売掛先に対する「債権譲渡通知」は必要ありません。
これに対し、3社間ファクタリングは売掛先も含めて取引するため、債権譲渡通知を必ず行います。

売掛先によっては、売掛金を譲渡されることを嫌ったり、資金繰り悪化を疑ったりすることも少なくありません。

実際に、売掛先への配慮のため、多くの事業者は2社間ファクタリングを選びます。

人気のファクタリング会社を選んでも、その結果として売掛先の信用を損なえば本末転倒。

ファクタリング会社には、以下の3パターンがあります。

  • 2社間ファクタリングだけを提供している
  • 3社間ファクタリングだけを提供している
  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を提供している

ファクタリング会社選びの際には、自社の希望する契約方式が利用できるかどうかをしっかり確認しましょう。

2,手数料が相場内かどうか

ファクタリングには手数料がかかります。

手数料の相場は契約方式によって、以下のように異なります。

  • 2社間ファクタリング:10~30%
  • 3社間ファクタリング:1~10%

ただし、最近徐々に普及してきたオンラインファクタリングの場合、2社間ファクタリングでありながら手数料が10%以下のケースも珍しくありません。

ファクタリング会社選びの際には、手数料が相場の範囲内かどうかをよく確認しましょう。

優良ファクタリング会社であれば、大抵は相場の範囲内に収まるものです。

注意したいのは、優良ファクタリング会社の中にも上限を明示していない場合が多い点

その場合、相場より割高になる可能性もあるため注意してください。

3,入金はいつまでに行われるか

入金のタイミングも非常に重要です。

まず、契約方式によって入金スピードが大きく変わります。
2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、自社とファクタリング会社のやり取りさえスムーズに進めば、即日での資金調達も十分に可能
しかし3社間ファクタリングの場合、入金のタイミングは売掛先の対応に左右されるでしょう。

例えば、売掛先が繁忙期などで忙しく、なかなか手続きが進まない場合には入金のタイミングが遅れます。
したがって、素早く資金調達したい場合には2社間ファクタリングを選ぶ方が多め。

また、2社間ファクタリングの入金も、ファクタリング会社によってタイミングは様々です。

人気のファクタリング会社の間でも、以下のように大きな違いがみられます。

  • No.1:最短60分
  • 三共サービス:最短翌日
  • マネーフォワード・アーリーペイメント:最短2~5営業日

資金繰りが厳しい場合には、希望通りに入金してくれるかどうかや、入金のタイミングをよく確認しましょう。

4,利用可能金額が利用希望金額と合っているか

ファクタリング会社のほとんどは、それぞれに利用可能金額を設けています。
ファクタリング会社選びの際には、利用可能金額の下限と上限に注目してください

少額のファクタリングを希望する場合、下限が重要

個人事業主向けファクタリングでは、1万円から利用できるファクタリング会社も多いです。
しかし、法人向けファクタリングでは数十万円を下限にするケースが多く、中には「下限は100万円から」といった設定も。

反対に、多額のファクタリングであれば、上限がポイントとなります。

法人向けファクタリングは、ほとんどが数千万円を上限としており、「上限なし」「数億円まで対応」といったケースもあるため、ほとんどの資金需要に対応可能。
しかし、個人事業主向けファクタリングの場合、上限を数十万円とする設定もよくみられます。
自社の利用希望金額に対応しているファクタリング会社を選びましょう。

5,償還請求権があるかどうか

償還請求権の有無は、悪質業者を避けるために欠かせないチェックポイントです。
償還請求権とは、ファクタリングした売掛金が回収できなくなった時、利用会社に買い戻しを請求する権利のこと。

金融庁の公式な見解にもある通り、償還請求権有りの売掛先譲渡はファクタリングではなく「貸金業」に該当します。
ファクタリング業界における悪質業者のほとんどは、「ファクタリングを装って違法金利で貸付けを行うヤミ金業者」です。
したがって、償還請求権がないことを確認した上でファクタリング会社を選べば、悪質業者の多くを避けることができるでしょう。

もっとも、悪質業者が人気を集めることはあり得ないため、人気のファクタリング会社を入口にすれば、償還請求権の有無はほとんど問題になりません。

人気でなくとも信頼できるファクタリング会社の特徴は?

この記事で紹介したファクタリング会社以外を利用する人もいるはずです。
その場合、人気かどうかの判断が難しいと感じるのではないでしょうか。
人気に関係なく信頼できるファクタリング会社の特徴を知っておくことで、ファクタリング会社を選びやすくなります。

ファクタリング会社としての歴史が5年以上

簡単に確認でき、信頼性の参考になる指標に「業歴」があります

基本的に、業歴が長いほど信頼できると考えてください。
違法な悪質業者や、違法性はなくてもサービスに問題があるファクタリング会社は、長く営業を続けることはできません。
業歴が長いということは、「摘発を受けるような違法行為もなく、良いサービスを提供して顧客獲得に務めた結果、長期間営業を続けている」ということ。

当然、ノウハウやデータの蓄積も多く、柔軟な審査やスピーディな対応も期待できます。
「業歴5年以上」を目安に選びましょう。

担当者が誠実に対応してくれるか

担当者の対応も重要なポイント。

信頼できるファクタリング会社は、例外なく顧客対応が丁寧
丁寧で誠実な対応ができるよう、社員に教育や研修を実施しているファクタリング会社もあります。
利用条件などの説明が丁寧であり、不明点や質問には誠実に対応してくれるファクタリング会社ならば、信頼できるといえます。

逆に、担当者が不誠実と感じた場合には注意してください。
説明が分かりにくい場合、以下のような理由が考えられます。

  • 社員がファクタリングをよく理解していない(顧客への配慮が欠けており、満足なサービスを受けられない可能性が高い)
  • 丁寧に説明すれば悪質性が露見するため、曖昧な説明しかできない

いずれにしても信頼できるファクタリング会社とは言い難いので、利用すべきではありません。

自社の状況に合わせて提案をしてくれるか

もっとも、「誠実な対応」は最低限の条件にすぎません。

誠実に対応するだけではなく、利用会社の状況を踏まえて最適なファクタリングを提案するなど、コンサルティング機能も備えているファクタリング会社が理想的です。

例えば、以下のような提案が考えられます。

  • すぐに資金調達したい⇒信用力が高い売掛金を選び、2社間ファクタリングの利用を提案する(審査に落ちにくく、即日で資金調達できる可能性が高い)
  • 資金調達に時間をかけてもいい⇒売掛先からの理解が得られる場合には3社間ファクタリングの利用を提案する(手数料が安く、資金繰りへの負担が軽くなる)
  • 資金繰りを改善したい⇒資金繰り専門のコンサルタントにより、他の資金調達方法とファクタリングの効率的な組み合わせを提案する

ファクタリングのメリットを最大化するためにも、このような提案が役立ちます。

手数料以外に料金が発生するかどうか

手数料の設定にも注目してください。

上記の通り、手数料が相場の範囲内であることを前提に、手数料以外の料金もしっかり確認することが大切です。

悪質業者は、買取手数料は相場の範囲内に設定しておき、その他に事務手数料、審査手数料、〇〇代行手数料などの名目で多額の手数料を請求するケースがあります。
信頼できるファクタリング会社は、「買取手数料〇~〇%(それ以外の手数料は一切不要)」などと明記していることがほとんど。
また、買取手数料以外に費用がある場合、「買取手数料のほか、事務手数料として〇万円」など明記しているファクタリング会社も信頼できます。

このような記載を確認した上で問い合わせ、担当者に手数料を尋ねるのが良いでしょう。

ファクタリング会社に悩んでいるならNo.1にご相談ください!

個人事業主に人気のファクタリング会社として紹介しましたが、No.1は法人向けファクタリングも提供しています。

この記事で述べたファクタリング会社選びのポイントに照らし合わせて、No.1の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 利用対象:法人、個人事業主のどちらも利用可能
  • 契約方式:2社間ファクタリング、3社間ファクタリングのどちらも契約可能
  • 買取手数料:2社間ファクタリングは5~15%(オンラインファクタリングなら2~8%)、3社間ファクタリングは1~5%
  • その他手数料:不要
  • 入金までの日数:最短即日(オンラインファクタリングなら最短60分)
  • 利用可能額:50~5000万円(相談に応じて5000万円以上も対応可能)
  • 償還請求権:なし
  • 業歴:6年目(設立:平成28年1月7日)
  • 担当者の対応:資金繰り専門のコンサルタントによる提案も可能

弊社のファクタリングサービスは、初めてファクタリングをご利用のお客様、乗り換えのお客様にも自信をもっておすすめできます。

ファクタリング会社選びに悩んでいる方は、ぜひNo.1にご相談ください。

まとめ

「人気のファクタリング会社」という観点から、おすすめのファクタリング会社の具体例や、ファクタリング会社の選び方について解説しました。

人気の高いファクタリング会社は、サービスが充実しているからこそ人気を得ています。

このため、人気の高さを基準に選ぶことで、ファクタリング会社選びに失敗しにくくなり、少なくとも悪質業者は確実に避けることができます。

もっとも、「人気のファクタリング会社=自社に最適なファクタリング会社」とは限らないため、各社のサービスをよく比較することが大切です。

ファクタリング会社選びに悩んでいる方は、No.1へお気軽にご相談ください。
 
スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top