カテゴリー: ファクタリング

急場のつなぎ資金ならファクタリングを利用しよう!

スピード査定依頼フォーム

ほとんどの経営者は、「つなぎ資金」という言葉を知っているでしょう。
基本的に、つなぎ資金は緊急的な資金需要です。事前に備えておくことができないため、つなぎ資金の調達に苦労することもあります。
つなぎ資金をスムーズに調達するには、ファクタリングがおすすめです。本稿では、つなぎ資金の基礎知識と資金調達方法、ファクタリングとの相性などを解説していきます。

つなぎ資金とは?

つなぎ資金とは、その名の通り会社の資金繰りをつなぐお金のことです。
会社の資金繰りをつなぐ資金といえば、つなぎ資金以外にも運転資金があります。運転資金のほうが一般的によく知られています。
どちらも資金繰りをつなぐことを目的としているため、混同しやすい資金です。しかし、つなぎ資金と運転資金は明らかに異なります。
つなぎ資金と運転資金の最大の違いは、「経常性の有無」にあります。

運転資金とは

運転資金は経常的な資金です。多くの会社では、売上の回収と経費の支払いにズレがあり、大抵の場合は支払いが先行します。売上が上がっていても、先行する支払いができなければ黒字倒産です。
運転資金とはこれを防ぐための資金であり、経常的に必要となります。このため、運転資金を特に「経常運転資金」と呼ぶこともあります。

つなぎ資金とは

一方、つなぎ資金は経常的な資金ではなく、緊急的・臨時的に必要となる資金です。
経営をしていると、想定外の出費や資金繰り負担が発生することがあります。つなぎ資金とは、このような負担に対応するものです。
つなぎ資金の発生事由には色々ありますが、例えば以下のようなケースがみられます。

  • 売掛先の支払いが遅れ、資金繰り負担が一時的に大きくなった
  • 仕入先が倒産し、新たな仕入先と契約した。このとき、保証金が必要となった
  • 法令違反により一部の事業所が営業停止命令を受け、資金繰り負担が増大した
  • 売掛先の倒産によって売掛金が回収できなくなり、手元資金だけでは資金繰りが回らなくなった

これらは想定外のことであり、資金繰り計画にも織り込まれていません。臨時的・緊急的に生じる資金繰り負担です。
つなぎ資金の発生事由を考えると、経常的に準備しておく運転資金との違いが分かるでしょう。

つなぎ資金の調達方法

つなぎ資金を調達する方法は、色々考えられます。
極端にいえば、緊急的な資金需要を埋め合わせることができれば良いのですから、それさえできればどのような資金調達方法でも構いません。緊急的であるからこそ、このように考えるべきです。
強いて挙げるならば、銀行融資かファクタリングで調達するのがおすすめです。

銀行融資で調達

ほとんどの会社にとって、資金調達の基本は銀行融資です。銀行融資は調達コストが安く、多くの点で優れています。
銀行との関係が良好であり、つなぎ資金の発生事由がそれほど深刻でなければ、銀行融資で調達できるでしょう。
銀行融資が受けられない場合には、ノンバンクからの借入れを考える人も多いと思います。つなぎ資金は短期の資金需要であることも多いため、ノンバンクも選択肢のひとつといえます。

ファクタリングで調達

銀行融資で対応できないとき、ノンバンクよりもおすすめしたいのがファクタリングです。
ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却し、資金を調達する方法です。近年、中小企業の間で急速に普及しています。
ファクタリングは、銀行融資とは本質的に異なります。銀行融資は借入れであるのに対し、ファクタリングは売掛金(流動資産)の売却です。このため、ファクタリングでは銀行融資のように自社の業績・財務に関して審査を受ける必要がなく、会社の経営状況に関係なく調達可能です。
また、スピーディに資金調達できるメリットもあります。

つなぎ資金はファクタリングで調達を

銀行融資とファクタリングのふたつをおすすめしましたが、つなぎ資金の調達にはファクタリングが最適です。
これは、つなぎ資金と銀行融資の相性が悪いためです。

つなぎ資金は後ろ向き資金

銀行融資とつなぎ資金の相性が悪い第一の理由は、つなぎ資金が後ろ向き資金であることです。
後ろ向き資金とは、赤字やイレギュラーな損失をカバーするための資金のことです。後ろ向き資金の目的は、緊急的に資金繰りをつなぐことであり、利益を生み出すことではありません。
「前向き資金」という言葉はありませんが、運転資金や設備資金などは前向きです。運転資金によって健全な資金繰りを維持すれば、利益が安定的に得られます。設備投資によって売上が増加すれば、利益も増えます。
上記のように、つなぎ資金は想定外の出費です。また、出費が発生する理由は売掛先の経営悪化や倒産、営業停止、損害賠償などです。特に多いのが、売掛先の支払い遅延や倒産ですが、つなぎ資金によって埋め合わせても、利益にはつながりません。
銀行は、きちんと返済できる会社にしか融資しません。返済原資を確認することが重要であり、貸付金の活用で生み出された利益による返済をベストと考えます。
つなぎ資金の融資が不可能というわけではありません。しかし、つなぎ資金は後ろ向きと見なされることが多く、平常時に比べて借入れのハードルが上がることは間違いありません。

つなぎ資金の緊急性

また、つなぎ資金は基本的に緊急性を帯びています。
例えば、売掛金の支払い遅延によってつなぎ資金が発生する場合、自社はそれを予測することが困難です。会社は経営悪化の事実を隠すのが普通ですから、売掛先は支払い期日までひそかに資金調達に奔走します。自社は、支払い期日に支払われなかったことによって、初めて売掛先の経営悪化を知るのです。
事前に予測できれば余裕をもってつなぎ資金を調達できますが、現実的には困難です。他のイレギュラーな出費も同様ですから、つなぎ資金の調達は後手に回るのが普通といえます。
計画的な資金調達ができず、つなぎ資金が発生した時点で、すでに調達までのリミットが残りわずかということもあり得ます。
このような緊急性があるために、つなぎ資金の調達はスピードが重要です。ところが、銀行融資はスピード感に欠け、早くても数週間、一般的には一カ月前後の期間を要します。
銀行の融資実行を待っている間に資金繰りがショートすれば、元も子もありません。これも、銀行融資とつなぎ資金の相性の悪さです。

つなぎ資金とファクタリングは相性が良い

ファクタリングならば、銀行融資のような問題は起こりません。つなぎ資金に最適な資金調達方法といえます。
つなぎ資金が後ろ向き資金であっても、ファクタリングには関係ありません。銀行は、融資するからには資金使途が重要であり、後ろ向き資金を避けたいと考えます。しかし、ファクタリングは売掛金の買い取りであって融資ではありません。買取代金を会社がどのように使おうと、ファクタリング会社には関係がないのです。
また、あらゆる資金調達方法の中でも、ファクタリングは極めてスピーディです。優良ファクタリング会社の多くが即日での資金調達に対応しています。
最近ではフィンテックを活用するファクタリング会社も多く、全ての手続きをオンラインで完結するファクタリングサービスも増えてきました。そのような会社でファクタリングすれば、申し込みから数時間での資金調達も可能です。

まとめ

本稿では、つなぎ資金の基礎知識と、調達方法を解説しました。
つなぎ資金が後ろ向き資金であること、緊急性のある資金需要であることなどを踏まえると、銀行融資での調達はおすすめできません。つなぎ資金の調達には、ファクタリングが最適です。
No.1では、これまで多くのつなぎ資金需要に対応してきました。緊急時のスピーディなファクタリングだけではなく、コンサルティングを通した最適なファクタリングのご提案まで、幅広いサービスを提供しています。
つなぎ資金の調達は、ぜひNo.1にご相談ください。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top