カテゴリー: ファクタリングについて

2021年ファクタリング会社の選び方

スピード査定依頼フォーム

 

皆さんは、ビジネスローンをご利用されたことはあるでしょうか。
事業経営を行うにあたり、資金を確保することは極めて重要な問題です。しかし、資金を確保するにあたっては担保を用意しなければならず、融資を受けることに対して苦慮されておられる方は多いのではないでしょうか。

ファクタリングとは、資金調達において極めて便利であるシステムとなっています。しかし、選ぶ会社を間違ってしまうと資金調達をして事業経営を改善するどころか、逆に自分の首を絞めてしまって倒産に追い込まれてしまうケースも多々あります。資金調達を一刻も早くしなければならない事態に置かれていることも想定されますが、今一度立ち止まって慎重にファクタリング会社を選ぶようにしてください。それだけ、ファクタリング会社の決定は重要な決定事項であることをご認識いただければと思います。

ここでは、ファクタリングについて詳しくご説明したいと思います。

ファクタリングとは

ファクタリング(factoring)とは、簡単に表現すると企業が資金調達を行う手法の1つです。具体的な内容としては、売掛債権に保険をかけてリスクを回避したり、未回収の売掛金を買い取ってもらえたりします。

日本における基本的な取引では、商品など有形物やサービスなどの無形物を先行してお客様に提供し、その対価として後ほど代金を支払ってもらうパターンが一般的であり、これを信用取引と言います。信用取引では売掛金の入金が遅くなる、貸倒れになることにより資金難に陥るリスクが内包されています。

しかし、ファクタリングを使用すると売掛先が倒産の恐れがある場合など、あらかじめ保険をかけたり未回収のままの売掛金を売却して現金化したりできます。このように、ファクタリングをうまく利用することによりリスクヘッジが可能となるのです。

ファクタリングと融資の違いとは

ファクタリングと銀行などで受ける融資では違いがあります。
最も大きな違いは、銀行などで受ける融資とは借入を指します。しかし、ファクタリングは買取をすることを指すのです。
ファクタリングでは、支払いのタイミングが未到達である売掛債権を業者などに売却することで現金にする資金調達の手法で成り立っています。
ファクタリングと融資で大きく考え方が違うことをご理解頂ければと思います。

ファクタリングの種類について

ファクタリングと大括りにされていますが、詳細を紐解いていくと様々な種類があります。ここでは、ファクタリングの種類ごとに細かくご説明したいと思います。

2社間ファクタリング

利用者(売掛金債権者)とファクタリング会社の2社においてファクタリングの契約手続きを行うパターンです。
売掛金債務者を当事者として加えることなくファクタリングの契約を完了させることができるため、売掛金債務者にファクタリングを利用している事を知られずに行えます。

2社間ファクタリングでは、契約手続きが簡潔になるメリットがあります。しかし、ファクタリングの契約としては権利関係が不安定になりファクタリング会社に不利になることから、ファクタリングを利用する際に売掛金に対する掛目(売掛金の額面金額100%としたときにいくらまで調達できるかの割合)が低くなることにより調達金額が減少したり、手数料率が高くなったりすることがデメリットもありますので注意が必要です。

3社間ファクタリング

利用者(売掛金債権者)とファクタリング会社だけで行うのが2社間ファクタリングですが、そこに売掛金債務者を加えた3社間で手続きを行うパターンです。

これは、債権譲渡手続きと譲渡承諾手続き等、指名債権譲渡に必要な手続きを正式に行うためのものです。
ファクタリングの契約としては権利関係が安定するため、調達金額・手数利率の面では利用者に有利となることがメリットです。

しかし、売掛金債務者にファクタリングを利用していることが知られるため商売上の信頼度に悪影響がでることや、ファクタリングの契約手続きが煩雑になるなどのデメリットもありますので注意が必要です。

一括ファクタリング

自社への納入に対する買掛金に対しての支払いを支払手形で行っている企業が、その支払業務をファクタリング会社へと代行を依頼し、ファクタリング会社が各納入企業に対する支払業務の全般(支払金額の通知、期日における支払業務、期日前での割引支払業務)を一括して取り扱うパターンです。

資金調達が主となる目的ではなく、支払企業側のアウトソーシングとして行われるものです。支払業務にかかるコスト(人件費、印紙代)を大幅に削減できることから、大きな企業ほど重宝されている傾向にあります。
逆に、納入企業サイドにとっても割引手形を出さなくても資金調達することができるため、一般的に調達コストも安くなるメリットがあります。

医療報酬債権ファクタリング

国民健康保険や介護保険等の医療保険を利用した医療・介護サービスの場合、患者の自己負担分は現金での収入となりますが、保険から支払われる分については資金を回収するまでに一定の期間がかかります。

そのため、事業者側が運転資金を調達する必要性がありますが、それを解消するための手法としてファクタリングで資金化を行うパターンです。支払者が国になるため、貸し倒れリスクが低いため、信頼度は高いと言えるでしょう。調達コストが一般的に安くなることから重宝されています。

回収ファクタリング

売掛債権を譲渡して回収を代行することで回収事務にかかる事務負担を軽減するパターンです。売掛債権が回収できなかった場合には、譲渡代金が支払われないため資金調達の代わりになり得ることはできませんが、回収にかかる手間をアウトソーシングできるところが大きなメリットとなっています。

保証ファクタリング

売掛金の回収不能をリスクヘッジするため、売掛金の保証契約を締結しファクタリング会社が債権回収の有無にかかわらず、売掛債権の支払期日に代金を支払うパターンです。この契約形態では、貸し倒れリスクによって手数料率が変化しますので注意が必要です。

最近では、ネットプロテクションなどのようにネット経由で回収ファクタリングと保証ファクタリングを両立したサービスも発出されています。

国際ファクタリング

海外との貿易取引がある場合、相手方の信用調査と売掛金の回収管理を両方行うために利用するパターンです。
海外のファクタリング会社と国内のファクタリング会社との提携に基づいて国際ファクタリングを行うためのFCIという仕組みを利用しています。海外にある企業の信用調査をおこなったり、信用状を利用した貿易為替を利用せずに売掛金を回収することができたり、海外との資金取引が円滑にできるようになるのが大きなメリットです。

ファクタリング会社の選び方!

ファクタリングのメリットは上述したとおりですが、ファクタリング会社も増加傾向にあるため、どこの会社を選べばよいのか迷われている方も少なくないのではないでしょうか。

ファクタリング会社の中には良質な会社もあれば逆に悪質な会社もありますので、じっくりと選定する必要があります。
ここでは、ファクタリング会社を選ぶ際の注意点等をご説明したいと思います。

ファクタリングを使うべきかどうか

ファクタリングは非常に便利な制度であり、有効活用することにより事業運営を円滑に行ったり、事業拡大に寄与したりします。

しかし、便利な制度ではありますがもちろん無料で利用できるわけではありません。利用するためには経費が必要となって来ますので、まずはファクタリングを利用すべきかどうかを立ち返って考えて見られるのも大切なことです。

売掛債権の利益が低い・固定の捻出へと利用することを検討・売掛先の信用状況に問題あり・金融機関から融資を受けられる、以上4項目に該当する場合は逆に資金繰りを悪化させてしまう可能性がありますので、利用を控えた方が良いでしょう。

悪質なファクタリング会社とは

ファクタリング会社は良質なところばかりではありません。
中には闇金まがいの悪質なファクタリング会社もありますので、注意が必要です。もちろん、そのような悪質業者は年々摘発されてきてはいますが、未だに摘発を逃れ経営を続けている悪質ファクタリング会社も少なくありません。

悪質なファクタリング会社と契約を結んでしまっては、事業運営を改善するどころか逆に資金繰りが悪化する危険性すらあるのです。良質なファクタリング会社を選ぶためには、悪質なファクタリング会社がどのような特徴があるのかを理解し、見定める必要があります。
ここでは、具体的な悪質なファクタリング会社の特徴をご紹介したいと思います。

償還請求権があるファクタリングサービスを提供している

ファクタリングは「売掛債権の買取サービス」に基づいていますので、償還請求権がありません。
償還請求権があると仮定すると、売掛債権を担保とした貸付となってしまいます。

貸付となれば、貸金業に該当しますのでそもそもファクタリングの概念から外れることなります。貸金業の場合では、金融免許を持っていないと経営ができませんので金融免許を持っていないにも関わらず貸付を行うことは非違行為に該当します。
ファクタリング会社に償還請求権の有無を確認し、あると言われた場合には契約しないようご注意ください。

ファクタリング手数料が高額

悪質ファクタリング会社では、ファクタリング手数料が法外であることが多くなっています。
一般的なファクタリング手数料の目安は、2社間ファクタリングで10%~30%程度、3社間ファクタリングで1%~10%程度となっています。これを一定の指標とし、これ以上のファクタリング手数料を提示された場合は悪質ファクタリング会社である可能性が極めて高いと言えるでしょう。

法外なファクタリング手数料を払ってしまうと、逆に経営状況を悪化させてしまいますので契約しないようにご注意ください。

ファクタリング手数料は適正だが、その他の費用が高額

ファクタリング手数料については前述したとおりの目安がありますが、手数料のみが適正だから良いというわけではありません。

悪質ファクタリング会社では、手数料以外のその他費用が法外であることもあるのです。
例えば、出張費用で15万円、債権譲渡登記料金で10万円など本来ではありえない事務費を請求されるケースがあります。
契約時においては、ファクタリング手数料だけではなくその他の事務費なども法外でないかどうかを確認する必要があるでしょう。

担保や保証人が必要

悪質ファクタリング会社では、担保や保証人が必要なことケースがあります。一般的なファクタリングは「売掛債権の買取サービス」ですので、担保や保証人が必要ありません。担保や保証人が必要だと仮定すると、売掛債権を担保とした貸付となってしまいます。

本来必要でない担保や保証人が必要と言われた場合には、悪質なファクタリング会社の可能性が極めて高いため契約をしないようにご注意ください。

会社の住所が架空

悪質ファクタリング会社では、会社の住所が全く関係のない民家の住所になっていることがあります。
最近では、地図アプリなどを使用することにより現在地の状況を確認することもできますので、そういったものを利用して登録している自由所に会社が存在しているのかどうかを確認されることをおすすめします。

法人用口座がない

悪質ファクタリング会社では、闇金融業者が運営している可能性が高いです。そういった会社では、法人用口座がありません。なぜならば、法人用口座は面談や調査をしなければ設立することができないからです。

そのため、後ろめたい経営をしている闇金業者では法人用口座が作ることができないのです。振込先が会社名の口座ではなく、個人の口座の場合では悪質ファクタリング会社の可能性が極めて高いため、契約をしないようご注意ください。

担当者と面談ができない

悪質なファクタリング会社では、担当者と面談ができないまま契約をすることがあります。
大切な契約ですので、担当者不在のまま契約が完了することなどありえません。ファクタリングに関する契約をする際に、面談を行わず電話のみで契約を終わらせようとしてくる場合は注意が必要です。

契約書がない

悪質ファクタリング会社では、書面による契約書がない場合があります。
大切な契約をするにあたり、契約書が存在しないことなどありえません。きちんと書面において、契約書の内容を適宜確認するようにしてください。
契約書なしで契約を進めてくるファクタリング会社は悪質である可能性が極めて高いため、契約しないようご注意ください。

資金調達までに要する期間

ファクタリング会社によって、資金調達までに要する期間は異なります。即日で資金調達に対応しているファクタリング会社もあれば、翌日にしか資金調達が不可能なファクタリング会社もあります。

資金調達にあたり、多少の猶予があればあまり気にする必要はないかもしれませんが、切羽詰まっている可能性もありますので、資金調達に要する期間は必ず確認するようにしてください。

相見積の重要性

ファクタリングを利用するには、手数料が発生します。この手数料は各社ではらつきがあるため、できるだけ手数料の安いファクタリング会社を選ぶことが肝要です。資金繰りを改善するにあたり、せっかくファクタリングを利用したのにファクタリング手数料が高額であるがために、逆に事業運営を圧迫してしまう結果となってしまうこともあります。

そのため、極力手数料を抑えるためにも1社だけにお申込みをして決めるのではなく、複数社にお申込みをして相見積をとることを強くおすすめします。1社だけでは、その手数料が適切かどうか判断できません。複数社から見積を取ることによりどの会社の手数料が一番安いかを比較することができるのです。

このように、相見積を取ることにより手数料を抑えることができます。

審査の柔軟性

ファクタリング会社によっては、審査書類に不備がある場合では審査をしてくれない会社と、他の書類で補える場合は対応してくれる会社があります。

書類の作成に不慣れであれば、不備が発生してしまうことも多々あります。その時に、にべもなく審査を断られてしまっては資金調達を急いでいるときに致命的なダメージを被る可能性があります。

多少の書類不備であれば、別の書類で補完することにより柔軟性を持った対応をしてくれるファクタリング会社を選ぶべきでしょう。

調達希望金額が買取下限額と買取上限額に満たしているか

ファクタリング会社によって、通常は買取下限額と買取上限額が設定されています。
具体例としては、買取下限額が50万円・買取取上限が1500万円・買取下限額が100万円・買取上限額が1億円・買取下限額が500万円・買取上限額が3億円などです。

自身が希望している金額が買取下限額以下、または買取上限額以上の場合、断られてしまう可能性が高いといえるでしょう。
契約する前に、売却する売掛金がファクタリング会社の対象範囲であるかどうかを確認するようにしてください。

債権譲渡登記の留保をしてくれるか

2社間ファクタリングで契約をする際においては、債権譲渡登記留保が可能なファクタリング会社を選ぶようにしてください。
2社間ファクタリングでは、利用者(売掛金債権者)とファクタリング会社での契約となりますので、売掛先企業様に知られずに資金調達ができるのが大きなメリットです。

しかし、2社間ファクタリングでも債権譲渡登記が存在すると売掛先企業にファクタリングをしていることを知られてしまうリスクがあります。

債権譲渡登記とは、利用者(売掛金債権者)がファクタリング会社に債権を譲渡したということを法的に記録することです。会社を設立した時に行う法人登記と同様、法務局で登録するものなので、一般に公開される情報となります。

債権譲渡登記をしたからといって売掛先企業に通知が行くわけではありませんので、債権譲渡登記をあえて確認されない限りは発覚しませんが、確認しようと思えば誰でも確認できてしまうものであるということをご理解ください。売掛先企業にファクタリングをしていることを知られたくない場合は、債権譲渡登記を留保してくれるファクタリング会社を選ぶことがおすすめです。

出張訪問の対応について

ファクタリング会社を選ぶうえで、出張訪問をしてくれるかどうかはとても重要なポイントです。
時間的に余裕があれば、ファクタリング会社へ来店して打合せなどを実施すれば問題ありませんが、忙しいときなどでは出向いて打合せをすることができないこともあります。

出張訪問してくれるファクタリング会社であれば、相手方がこちらへと出向いてくれるため時間が取れないときにでも迅速に対応することが可能となります。
出張訪問の可否ついて、契約前にご確認することをおすすめします。

おすすめのファクタリング会社!

ファクタリング会社の選び方は上述したとおりです。
ここからは、具体的におすすめのファクタリング会社をご紹介したいと思います。

株式会社No.1

株式会社No.1が行うファクタリングとは、利用者の売掛金を「完全買い取り」する売掛債権売買契約を構築しています。売掛金の売買契約のためお借入れにはならず、保証等は一切不要となっています。通常のファクタリングに加え、診療報酬ファクタリング・介護報酬ファクタリング・経営支援ファクタリングにも対応しているため、様々にファクタリングから選んでいただくことが可能となっています。

株式会社No.1のメリットは、何と言っても手数料の安さです。とある他社と比較すると、3社間ファクタリングでの手数料が最大8%に対して、こちらは最大5%まで縮減することができます。2社間ファクタリングについても同様で、とある他車が最大30%に対して、こちらは最大15%と半分にまで縮減することが可能です。

手数料以外の費用についても、他社では登記費用などの諸経費が必要となりますが、こちらでは一切不要となります。
前提論ですが、ファクタリングを利用したいと思っていてもファクタリング会社の審査に通過できなければ資金調達は不可能となってしまいます。株式会社No.1では審査通過率90%以上の実績がございますので、安心してご相談できるのではないでしょうか。

また、特にうれしいのはキャッシュフロー改善のコンサルタントがいることです。
キャッシュとは、手もとの現金以外にも普通預金・当座預金なども含めます。それに対して、フローは流れを指しています。
事業運営を行うにあたり必然的にキャッシュの出入りが発生します。

事業に伴い利益が発生すればキャッシュインがあり、事業運営に必要な設備投資や人件費などの事務費が発生すればキャッシュアウトが発生します。キャッシュフローとは、キャッシュインからキャッシュアウトを差し引いた収支のことを指しているのです。

キャッシュインに不透明なところはないことを確認したり、無駄なキャッシュアウトをしていないのかなど、専門のコンサルタントがいることによりキャッシュフローの適正化及び効率化が図れるようになるのです。
株式会社No.1ではキャッシュフロー改善のためのコンサルタントをご用意できるため、資金調達の際には是非ともご検討されることを強くおすすめします。
最短即日で事業資金を調達できるスピード対応を強みとしていますので、全ての点においておすすめのファクタリング会社です。

アクセルファクター

年間2,000件以上の相談実績を誇るファクタリング会社です。
2社間・3社間どちらのファクタリングにも対応可能であり、利用額は下限なし~1億円までと間口が広いことも特徴です。また、審査通過率も9割と高くなっており原則即日振込で対応してくれるため資金調達を迅速に行うことができるのも嬉しいポイントです。

東京の他に仙台、名古屋などにも営業所があるため、全国で事業展開されている方でも利用しやすいでしょう。
審査に必要となる書類等についても、提出はメールやFAXで対応することが可能ですので、遠方から出向かなくても良いという点もポイントです。

手数料についても、売掛債権額501万~1000万円の手数料は2%~、100万円以下の少額取引の手数料も8%~と非常に安価となっているため、ファクタリングを利用しやすい環境が構築されているおすすめのファクタリング会社です。

ウィット

500万以下の小口専門のファクタリング会社となっています。非対面で資金調達ができるため、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からも嬉しいポイントです。

最小で30万円、95%の買取実績があり事務所にいながらスムーズに資金調達を行うことが可能であり、電話1つで資金調達をすることも可能となっていますので、少ない資金でありスピード感を重視される方にとっておすすめのファクタリング会社となっています。

電子請求書早払い

インフォマートとGMOという2つの上場企業が展開する2社間ファクタリング会社です。信頼度の高い実績を誇る2社が共同で運営するサービスであり、急な支払いや資金繰りの悪化の際にも対応が可能となっています。

同サービスは取引先に知られることなく、発行した請求書を売却すると現金がすぐに入金されるシステムであるため、必要な時に必要な分だけ資金調達できることが大きなポイントです。

人材・建設業・製造業など多様な業種の企業が利用しており、幅広い業界から信頼を得ているおすすめのファクタリング会社です。

QuQuMo

オンライン完結を実施していることから、非常にスピーディーな信金調達を可能としています。
最速2時間、準備書類は2点、面談も不要と取引にかかる手間を極力削減したスキームが非常に魅力的であると言えるでしょう。

面談不要のところはリスクがあると上述していますが、契約締結も弁護士ドットコム監修のクラウドサインを用いるため安心してご利用いただけます。

また、情報が外部に漏れることもありませんのでご安心ください。
限りないスピード感を実現しているおすすめのファクタリング会社です。

事業資金エージェント

500万円までの資金調達なら最短3時間、1,000万円まで即日対応可能であり上限は2億円までとなつています。
手数料は1.5%~と業界最低水準で保証人・担保も不要です。100万以下の買取実績を多数あり、最小で20万円を95%で買取しています。500万円までであれば当日の振込が可能です。

1,000万円でも場所によっては担当者が当日出張してくれますので、少し額が大きくてもまずは相談してみることをおすすめします。

手数料は業界最安級で、通常3社間取引で1.5%〜9%、2社間取引で5%〜20%となっているおすすめのファクタリング会社です。

ビートレーディング

問い合わせ累計が50,000件を突破していますので、それだけ信頼度の高いファクタリング会社と言えるでしょう。
最短翌日対応でリピート率も90%以上と、ユーザー満足度が非常に高く信頼感があります。査定料は0円となっていますので、Web上から買取希望金額を指定して調達可能額を調べることができます。

2社間、3社間のファクタリングに対応しており、30万~3億までの資金調達が可能となっているますので、多額の資金調達を必要としている企業にもおすすめのファクタリング会社となっています。

上述したように、ファクタリング会社は多種多様であり会社によって手数料や調達可能資金の限度額など差異があります。今回ご紹介させていただいたファクタリング会社の中で最もおすすめなのが株式会社No.1となっています。

資金調達までの迅速性もさることながら、通常のファクタリングに加え、診療報酬ファクタリング・介護報酬ファクタリング・経営支援ファクタリングにも対応しているため多様性があります。審査に必要な書類も他社ではたくさんの書類を用意する必要がありますが、通帳コピーや請求書などの最低限のものだけで対応可能です。

決算書も2期分や3期分として整理されている書類が必要なのではなく、直近のものだけで審査してもらえますので書類を揃える事務手続きも簡略化することができます。

また、必要経費として一番気になるのが手数料ですが2社及び3社間ファクタリングにおける手数料も安価に設定されていることから、必要経費縮減にも対応していると言えるでしょう。
是非ともご検討のうえ、ご自分にあったファクタリング会社を選ばれることをおすすめします。

適切なファクタリング会社を選びましょう!

ここまでファクタリングに関連する事項について、ご説明をさせて頂きました。
ファクタリングとは、非常に便利なシステムとなっていますが、メリットとデメリットをきちんとご理解頂きたいと思います。

また、資金調達を急がれている場合でも、上述したように良質なファクタリング会社選定するよう努めてください。「急がば回れ」とはよく言いますが、焦ってファクタリング会社を決定してしまうと、事業運営改善どころか改悪につながってしまうことすらあります。

悪質ファクタリング会社を見極めるポイントは多数ございますので、それらの項目を重点的に着目していただき、良質なファクタリング会社を選定するようにしていただければと思います。
ファクタリングを検討されておられる方にとって、この記事が少しでもお役に立てているのであれば幸いです。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

to top