株式会社No.1 > No.1のファクタリング ー 資金調達ブログ ー > ファクタリングについて > ファクタリングの発祥と歴史

カテゴリー: ファクタリングについて

ファクタリングの発祥と歴史

ファクタリングの発祥と歴史

ファクタリングって最近になってでてきたものだと思っていませんか?

確かに国内でファクタリングにそれなりの知名度がでてきたのは最近のことです。

しかしその発祥はかなり古いんです。

こちらではファクタリングの歴史についてお伝えします。

いつ生まれたのでしょうか?

いつ頃日本に入ってきたのでしょうか?

また今後のファクタリングの展望についてもお伝えしますね。

ファクタリングの発祥について

ファクタリングはイギリスで生まれたとされており、16世紀と日本でいう江戸時代に発祥したといわれています。

すでに数百年の歴史がファクタリングにはあるわけです。

意外に感じた方も多いのではありませんか?

ただし当時は日本にファクタリングは入ってきませんでした。

日本の江戸時代は一部の国以外との交易を行っていない、いわゆる鎖国と呼ばれる政策を採用していたからです。

ファクタリングが活発になったのは18世紀から19世紀にかけての頃です。

アメリカにヨーロッパから移住する人が増えている時期であり、その時期にイギリスとアメリカの移住者との交易で利用されていたことになります。

アメリカとイギリスとの交易では、主に衣装に関するものが行われていました。

国際ファクタリングに近いような利用をされていたのです。

ただしこの時代については、現在のファクタリングとは少し利用目的が異なっていました。

現在では資金調達目的として利用されていますよね。

しかしこの時代は支払い補償制度としてファクタリングが利用されていたに過ぎません。

では資金調達目的としてのファクタリング利用はいつ頃から始まったのでしょうか?

19世紀半ばから早期現金化目的として利用をされ始めます。

19世紀のイギリスは産業革命の真っ只中です。

時代の変革期なので商人は機敏に対応しなければなりません。

よってファクタリングという選択肢が用いられることになるのです。

ファクタリングであれば支払いの期日まで待っている必要はありません。

早期に現金化できるようになるので、設備投資などもそれだけ早く行えるようになります。

ファクタリングによって当時の産業革命が後押しされた面も少なからずあるということになります。

ファクタリングが成熟したのはいつか?

比較的新しい時代になりますが20世紀に入ってファクタリングの利用方法が安定してきます。

資金調達目的として活発に利用され始めます。

特にアメリカで爆発的に利用されることになります。

売上をすぐに原材料費に回せる仕組みを持っているのがファクタリングですよね。

連続的な生産が可能になるということであり、特にアメリカの製造業でよく用いられるようになりました。

このようにイギリスやアメリカといった世界の覇権をとったとされる国でファクタリングが大いに利用されてきたのは注目に値します。

ファクタリングはいつ日本に入ってきたのか?

日本に入ってきたのは1970年代とされており、国内ではファクタリングの歴史はそれほど古いわけではありません。

なぜ日本ではファクタリングの導入が遅れたのでしょうか?

実は日本は掛取引ではなく手形取引が一般的だったのです。

手形はファクタリング出来ませんよね。

手形取引額ですが、バブル期になると年間5,000兆円にもなりました。

掛取引が出る幕はなかなかなかったわけです。

そもそも手形であれば、銀行に持ち込むことで手形割引が利用できます。

早期現金化が出来たわけです。

よって国内ではファクタリングの導入が遅れてしまいました。

日本におけるファクタリングの今後とは?

手形決済が減少しており、掛取引が増えています。

ファクタリングの利用者も確実に増えており、今後はさらに拡大します。

さらに注目は電子決済サービスです。

いわゆる「でんさい」を取り入れている企業も多くなっており、今後はでんさいファクタリングが増えることになるでしょう。

ファクタリングなら株式会社No.1 詳細情報

株式会社No.1の各サービスの紹介は下記からご覧ください。
ご不明点やご質問はお気軽にお問い合わせください。

・総合ファクタリングプロモーションサイト
・建設業特化型No.1ファクタリングサービスサイト
・他社からの乗り換え専門サイト
・株式会社No.1コーポレートサイト
・簡単スピード査定依頼
・お申込みお問い合わせはこちらから