ファクタリングを国が推奨している理由とは?

ファクタリングを国が推奨している理由とは?

ファクタリングを国が推奨している、ということは知っているでしょうか?

「国が借金を推奨しているなんて信じられない」

上記のように考えている方もいるかも知れませんが、厳密にはファクタリングは借金ではありません。

融資ではないタイプの資金調達であり、そういった意味も含めて国もファクタリングを推奨しているわけです。

今回はなぜ国が企業の資金調達方法としてファクタリングをおすすめしているのかを明らかにします。

より安全な資金調達方法を探している経営者の方は必見です。

ファクタリングを国が推奨する理由その1~融資制度に限界があるため~

・借り入れによる資金調達にはいつか限界が来てしまう


企業の資金調達のメインとなっているのは「融資」であることは間違いありません。

お金を借りることによって、運転資金や設備投資資金をまかなっているわけです。

しかし融資に関してはいつまでも利用できるものではありません。

不動産担保ローンであれば、担保に入れられる不動産を利用してしまえば完済しなければ再度利用はできないわけです。

その他の融資の返済についても大きな問題となってきます。

すでに借り入れがある場合には、そちらの返済もしなければなりません。

その上で新たな借り入れをおこなうとなると、複数の返済先ができてしまうのです。

金融機関としても複数の返済先がある企業に対する貸し出しは避けたいと思うわけです。

結果として、融資による資金調達にはいつか限界がきてしまいます。

・返済が不要なファクタリング


ファクタリングと返済能力には一切関係性がありません。

自社に返済能力がない、と判断されたとしても利用できる可能性があるのです。

そもそもファクタリングは借り入れではなく、売掛金の売却です。

売掛金は自社が支払うものではなく売掛先が支払うものなので、自社の返済能力が審査に影響を与えません。

安定した資金調達ができるからこそ国も推奨しているのです。

ファクタリングを国が推奨する理由その2~世界と比較してファクタリングの導入が遅れているため~

・世界的にはファクタリングによる資金調達が当たり前である


国内ではファクタリングが一般化しているとは言い難い状況です。

以前よりは利用する企業が増えているものの、まだ避けられているわけです。

一方で世界に目を移してみると状況は大きく異なります。

特にアメリカであるとかヨーロッパでは、ファクタリングを利用する企業が多くなっているのです。

資金調達の方法として一般化しており、日常的に利用している会社もあります。

国としては各企業の国際競争力を高めるためにもファクタリングの利用を推奨しているのです。

ファクタリングを利用しなければ、ビジネスチャンスが来たときにも乗り遅れてしまいます。

資金がなければ事業も拡大できません。

後手後手に回ることになってしまうのです。

ファクタリングを国が推奨する理由その3~倒産を防ぐため~

・ファクタリングは安全な資金調達方法である


企業が資金調達を利用する時によく利用しているのが担保型のローンです。

不動産などを担保に入れることで資金調達をしています。

しかしその担保型ローンには大きな問題があります。

事業がうまくいかずに返済ができなくなってしまえば、その担保を失ってしまうことになるのです。

例えば製造業であれば工場などを担保に入れているケースも珍しくありません。

その場合に返済できなくなると事業ができなくなってしまいます。

倒産に至ってしまうことになるわけです。

国としても企業に倒産されてしまうのは大きなダメージとなります。

将来は黒字化して税金を支払ってくれる企業に成長するかもしれないわけです。

そこで担保型のようなリスクのないファクタリングを推奨するのです。

ファクタリングは売掛金を売却するだけなので、リスクはありません。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら