ファクタリング?ビジネスローン?赤字会社でも資金調達できる方法とは?

ファクタリング?ビジネスローン?赤字会社でも資金調達できる方法とは?

なぜ資金調達したいのでしょうか?

会社の業績が悪いから、といった理由の方が多いのではないですか?

業績が良ければより多くの現金が入ってくることになるので、余程の設備投資をしたい時以外には資金調達の必要がないはずです。

問題は赤字などの業績が悪い時にはどのような資金調達が利用できるのか、というところです。

赤字ということは返済能力に疑問符がついてくるような状況であることは間違いありません。

こちらでは赤字における資金調達についてお伝えします。

赤字のときにはどのような資金調達方法が適しているのでしょうか?

ファクタリングは赤字の時の資金調達に適しているのでしょうか?

赤字の時に適している資金調達方法の特徴とは?

・担保型のローン
・少額のローン
・返済が必要のない資金調達

赤字のときは「返済能力」というものがない、と判断されることになるわけです。

よって高い返済能力があると証明しなければならないような資金調達は基本的には利用できません。

月々数百万円や数千万円の返済が必要になるような資金調達はしづらいわけです。

担保型のローンに関してはなぜ赤字でも利用できるのでしょうか?

その理由は単純です。担保があるので、仮に貸し倒れが発生したとしても融資した企業はそれほどダメージを受けなくてすみます。

返済能力が低かったとしても、担保で回収してしまえば良い、という事になるからです。

ただし担保の価値によっては利用できない可能性もあるので注意しなければなりません。

さらに返済できない場合には担保に入れたものを失ってしまうことになるのです。

少額のローンも赤字会社が利用できる可能性があります。

少額のローンであれば、それほど高い返済能力がなかったとしても貸金業者としてOKを出しやすいわけです。

少額であれば赤字でも対応できる、と判断してもらえる可能性があります。

しかしどの程度の額までが少額と判断してもらえるかは業者次第になるでしょう。

返済が必要のないタイプの資金調達も赤字企業には適しています。

要はお金を出す側としたら返済能力が全く関係ないわけです。

会社の機械設備等を売却して資金調達をする場合ですが、自社の資産を売却するわけなので今後の返済を気にする必要はありません。

業績が悪かったとしても利用できるタイプの資金調達方法3つ!

・その1~ファクタリング~


ファクタリングは業績に関係なく利用できるタイプの資金調達方法となっています。

ファクタリング業者としては売掛金を買取ることになります。

今後の返済能力などを気にする必要はありません。

そもそもファクタリングの審査対象のメインは売掛先です。

ファクタリング利用会社が売掛金を支払うわけではありません。

業者としては売掛金が回収できれば利益が確定できるので、申し込み会社の業績が悪かろうとあまり関係がないわけです。

・その2~不動産担保ローン~


不動産を担保に入れるタイプの資金調達も赤字会社は利用可能です。

特に不動産に関しては価値が高い、ということになります。

土地のある場所や広さによっても異なりますが、価値が数千万円や億単位になることもあるのです。

ある程度高額の資金調達にも対応できるタイプのローンとなっています。

ただし不動産担保型のローンには大きなリスクもあります。

支払えなかった場合にはその不動産を失ってしまうのです。

・その3~ノンバンクのビジネスローン~


ビジネスローンは融資なので赤字会社であれば利用は難しいです。

しかしノンバンクであれば利用できる可能性が出てきます。

ノンバンクのビジネスローンは金利が高く設定されています。

金利が高く設定されていることで、業者としても利益が出しやすくなっているのです。

よって審査難易度は比較的甘くなるからこそ、赤字会社でも利用できる可能性が出てきます。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら