ファクタリング利用がおすすめな企業とは?

ファクタリング利用がおすすめな企業とは?

資金調達には様々な方法があります。

企業の資金調達の一つの方法が「ファクタリング」なのです。

あくまで資金調達方法の一つがファクタリングなので、必ずしもすべての企業に適しているとは限りません。

他の方法が適している可能性もあるわけです。

もしかすると日本政策金融公庫の融資制度のほうが適しているかもしれません。

銀行融資のほうが適しているかもしれないのです。

こちらではファクタリングの利用がおすすめな企業について解説します。

あなた自身に適した資金調達法なのでしょうか?

突発的な資金繰りの悪化であるケース

・ファクタリングは入金までの間隔を短くするタイプの資金調達方法である


日常的な資金繰りの悪化対策にはファクタリングは適していません。

そもそも売掛金の入金間隔を短くするのがファクタリングなのです。

入金を前倒しするだけなので、日常的な資金繰りの悪化に関しては役に立ちません。

例えば閑散期と繁忙期がある企業などには適しています。

繁忙期に関しては資金がどうしても必要になります。

その時にファクタリングを利用して仕入れ代金などを確保するわけです。

突発的な売上の上昇などに対応するためにも資金は必要です。

そもそも売掛金が入ってくるまでには1カ月から2カ月のタイムラグがあります。

その間の資金を確保する、といった利用方法が望ましいわけです。

また年に1回発生するような納税資金が足りない、といったケースにもおすすめです。

納税に関しては日常的に発生するコストではありません。

よってファクタリングで対応することも検討すべきなのです。

新規事業を起こすための運転資金を確保したいケース

・新たなコストに対応するための利用にも適している


新規事業を起こすときには一定のコストが掛かります。

借入などでも対応できますが、返済をしなければなりません。

しかしファクタリングであれば返済は必要ありません。

売掛金の譲渡で資金調達を行う方法なので、新規事業を起こしたあとに返済をし続ける必要もないのです。

安定した事業を行っていける可能性が高まるわけです。

ただし新規事業における初期費用の調達に適しているだけであり、新規事業の継続的な運転資金を確保するための方法としては適していません。

継続して新規事業の資金が足りないような状況になっているのであれば、何かしらの根本的な問題があると考えられます。

ファクタリングで対応すべきものではありません。

売掛金の入金が遅れており資金繰りが悪化してしまったケース

・売掛金の入金の遅れに対応するため


売掛金はあくまで後で支払う、といった約束のみで発生しているものです。

約束に関しては破られてしまう可能性もあります。

取引先(売掛先)の資金繰りが悪化してしまえば、入金が1カ月遅れたり2カ月遅れたり、といったこともあるわけです。

入金予定であったものが入金されないとなれば、当然資金繰りは悪化してしまいます。

経営計画も崩れてしまうでしょう。

そこでファクタリングを利用して売掛金の入金を早めて対処する、という方法があります。

こちらの利用目的であれば継続的なファクタリングの利用になるわけではありません。

臨時的な利用となるので特に問題にはならないのです。

もちろんファクタリングを利用している最中も回収が遅れている売掛金の回収活動は行いましょう。

黒字なのに資金繰りが悪化しているケース

・入金に対して支払いが追いついていないケースにおすすめ


最近では黒字倒産する企業が増えています。

そもそも売掛金や受取手形で売上金を受け取っていると、入金は1カ月から2カ月先になってしまいます。

その間に資金が枯渇してしまえば、黒字であっても倒産してしまうのです。

そこでファクタリングの出番です。

売掛金の譲渡で入金を早めることになるので、黒字倒産を防ぐことになります。

黒字であったとしても資金繰りが悪化するケースはあるので、対応策の一つとして検討しておきましょう。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら