ファクタリング手数料を引き下げるために必要なこととは?

ファクタリング手数料を引き下げるために必要なこととは?

ファクタリングを利用する時に、特に注目をしたいのが手数料です。

当たり前ですが、手数料が低いほうが良いですよね?

手数料が高ければ、それだけ手に入る資金が少なくなってしまうわけです。

資金繰りを良くする、といった目的を達成できないかもしれません。

しかしファクタリングの手数料率に関しては1%から20%とかなりの開きがあるわけです。

できれば1%に近い手数料で対応したいわけですが、そんなに甘いものではありません。

こちらでは資金調達を少しでも成功させるために、ファクタリング手数料を引き下げる要因についてお伝えします。

すべての方法が採用できるわけではありませんが、そのいくつかでも採用できればファクタリングで手元に入ってくる資金が増える可能性があるわけです。

ファクタリング手数料を引き下げる要因その1|3社間取引を利用する

・2社間取引の手数料相場・・・10%から20%
・3社間取引の手数料相場・・・1%から5%

ファクタリングには2つの取引方法があるわけですが、2社間取引の手数料率は高いのです。

一方で3社間取引の手数料率は低く設定されています。

要は3社間取引を選択しただけでも、手数料を引き下げることになるのです。

そこで疑問に思うのが、「なぜ3社間取引を利用すると手数料が下がるのか?」という部分です。

理由は単純です。

3社間取引のほうがファクタリング業者としてのリスクが低いからにほかなりません。

2社間取引の場合は、ファクタリング業者が直接売掛先から売掛金を回収するわけではありません。

そもそも売掛先にはファクタリングの事実が伝わっていないのです。

よって通常通りに売掛金はファクタリング利用者(以下、利用者)のもとに入ってくる事になります。

そして利用者からファクタリング業者へ振込があって手続きは完了となるわけです。

しかしファクタリング業者としては利用者の使い込みなどを心配しているのです。

一定のリスクが発生するため、手数料率を高めています。

一方の3社間取引はファクタリングの事実は売掛先に通知されます。

そして売掛先からファクタリング業者へ直接振込があるのです。

リスクが低くなるため、手数料率は下がります。

ファクタリング手数料を引き下げる要因その2|売掛先の信用度が高い

・売掛先が大企業である・・・手数料が下がる
・売掛先が中小企業である・・・手数料が上がる
・売掛先が黒字経営である・・・手数料が下がる
・売掛先が赤字経営である・・・手数料が上がる

要はリスクが高い売掛先であると、手数料は不利になってしまうのです。

中小企業であると企業としての体力がありません。

ちょっとした経営の悪化で売掛金が支払えなくなってしまいます。

赤字経営の場合もしかりです。

一方で大企業であれば資金力も豊富です。そう簡単に資金は枯渇しません。

さらに仮に赤字経営であったとしても、大企業であれば資金調達をする方法が多いわけです。

株式を発行して増資をしてでも支払ってくれる、とファクタリング業者も考えているわけです。

少しでも多額の資金調達をしたいと考えるのであれば、業績が好調な会社の売掛金を選んでください。

そうすることで手数料を引き下げられるわけです。

結果として多額の資金調達も可能になります。

ファクタリング手数料を引き下げる要因その3|売掛金の支払期日までが短い

・売掛金の支払い期日までが短い・・・ファクタリング手数料が下がる
・売掛金の支払期日までが長い・・・ファクタリング手数料が上がる

売掛金の支払い期日が短ければ短いほどファクタリング業者としてのリスクが下がります。

早い段階で回収できる可能性が高いわけです。

ボーダーラインとなってくるのは「1カ月」です。

1カ月以上先に支払期日がくる売掛金に関しては手数料が上がります。

しかし1カ月未満であれば手数料が下がる傾向にあるわけです。

ファクタリング手数料を引き下げる要因その4|売掛金額が高い

・高額の売掛金をファクタリングするケース・・・ファクタリング手数料が下がる
・少額の売掛金をファクタリングするケース・・・ファクタリング手数料が上がる

100万円の売掛金をファクタリングするケースと、1,000万円の売掛金をファクタリングするケースとでは手数料に違いが出てきます。

ファクタリング業者としては高額のファクタリングであればあるほど利益が高くなります。

その分手数料率を下げる傾向にあるわけです。

例えば100万円の売掛金をファクタリングする時の手数料率が20%である場合は、ファクタリング業者の手数料受け取り額は20万円です。

一方で1,000万円の売掛金をファクタリングする時の手数料率が半分の10%であったとしても、ファクタリング業者の手数料受け取り額は100万円です。

高額のファクタリングのほうが業者としては旨味が大きいので、結果として手数料率を引き下げて対応してくれる確率が高まります。

ファクタリングを検討中の企業様へ

株式会社No.1(ナンバーワン)にご相談いただければ
親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
皆様からのご連絡心よりお待ち申し上げます。

ファクタリングサービスNo.1
【受付時間】平日9:00~20:00
【電話番号】0120-700-339
【調達期間】最短即日~
【調達金額】50万円~
【対応可能地域】全国

No.1ファクタリングサービス詳細はこちら
建設業向けファクタリングサービス詳細はこちら
株式会社No.1オフィシャルサイトはこちら