DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

福井県の事業者はどのようにファクタリングすべきか?東京へ出るかオンラインか解説します

豪雪地帯の北陸地方、その西端にあるのが福井県です。福井県で急な資金調達をしたくなった場合、どうすればよいのでしょうか?

東京に出るのも大阪に出るのも名古屋に出るのも時間がかかります。かといって、県庁所在地の福井市にもあまり大きなファクタリング会社はありません。

今回は福井県におけるファクタリング利用について、どのようにすべきなのか考えていきます。ぜひ福井県にお住いの方は本記事を参考にしてみてください。

福井県の産業、地理、交通などの特徴をまとめました

まず福井県でのファクタリングを考えるうえで、福井県がどのような県なのか確認しておきましょう。

福井県の統計トップのものは?

福井県が全国でもトップのものとして、女性の就業率、共働き率が挙げられます。福井県の女性就業率が高いことの要因として、共働き世帯が多いことが挙げられます。

福井県の共働き率は61.2%(2020年「国勢調査」)で全国1位であり、全国に比べ約15ポイント高く、「男は外で仕事、女は家事」という古い価値観と無縁の働き方を実現しています。

漁業が盛んであり、福井県は越前ガニの水揚げが全国1位です。特に敦賀市はその漁獲量が多いことで知られています。

越前ガニは富山湾や能登半島周辺でも獲れることから、同じ北陸地域にライバルがいますが、福井県はそれに負けないくらいの漁獲量を誇っています。

福井県の産業

福井県は製造業が盛んで、自動車メーカー関連の製造業や電子機器の生産が行われています。さらに、福井市周辺では食品加工業も重要な位置を占めています。

越前地方や敦賀市など主要な農業地では、大豆、ホップなどが栽培されています。福井県は実は秋田や新潟の陰に隠れていますが美味しいお米(「越前〇〇」)で知られています。

石川ほどではありませんが、福井は越前和紙や越前漆器などの伝統工芸品もあるため、観光都市としても知られています。

最後に、福井県は日本で最も多くの原子力発電所(関西電力)が立地する地域になります。福井県を語るうえで、原子力産業はとても重要なものとなっています。敦賀市などが主要な原発の立地地域となっています。

福井県の地理

福井県は、日本の北陸地方西部に位置し、日本海に面しています。旧名は「越前」です。

福井県を代表する河川としては、越前加賀海岸に流れる加賀川(庄川)があります。また、県内には越前平野などの平坦な地域も広がっていて農作物も豊かに獲れます。

福井県の西側は日本海に面しており、美しい海岸線(越前海岸)が広がっています。若狭湾は典型的な「リアス式海岸」として知られています。

福井県の東部や南部には山地があり、特に越前岳(標高2,157メートル)は、登山やハイキングのスポットとして知られています。

福井県の地理的な特徴は多岐にわたり、海と山、平野が共存しています。風光明媚な場所ですが、過去には大きな地震も起きています(福井地震)。

北陸というと冬場の大雪ですが、同じ北陸でも富山や石川、あるいは新潟と比較すると、福井の降雪量はそこまででもありません。

福井県の交通

福井県の交通について紹介します。いよいよ北陸新幹線「金沢―敦賀」間が2024年3月16日に開業し、福井県に新幹線がやってきます。東京―福井間約3時間となります。

また、JR西日本の北陸本線が福井市を中心に走っており、福井県内を広くカバーしています。新大阪からの特急サンダーバードも利用できます。福井―大阪間はサンダーバードで約2時間です。

福井県内には福井空港があり、国内線の運航があります。主に大阪や東京などとの間でのアクセスが可能ですが価格は高いです。

以上から、福井県には有望な産業があり、急な資金調達を行うケースが十分考えられます。しかし、3月14日に北陸新幹線が開業後も、東京へ出るには約3時間かかります。また、大阪へ出るには、特急サンダーバードで約2時間、名古屋は特急と新幹線(のぞみ)を乗り継ぎ1時間50分かかります。

福井から東京方面へファクタリング利用のために出るのは現実的ではなく、かといって、大阪や名古屋まで出るのも大変です。

いちばんは福井県内に良いファクタリング会社があれば、なのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

次の項で福井県内のファクタリング会社について調べてみます。

福井県にあるファクタリング会社の諸条件を比較してみた

福井県内から東京までは3時間、大阪や名古屋でも2時間かかります。それだけ時間をかけて福井県から都市部へ行くくらいならば、福井県内のファクタリング会社を利用すべきですが実際のところはどうなのでしょうか?

なかなか東京のお店に出るのも大変です。

実際に福井県内のファクタリング会社はどのような条件なのかを、当社株式会社No.1と条件面で比較してみました。

A社 手数料率4.8%~ 取扱金額50万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3.5  取扱金額100万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率3.3%~  取扱金額200万~8,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率2.9%~  取扱金額200万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率3.2%~  取扱金額200万円~1.5億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.2%~  取扱金額150万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.6%~  取扱金額500万円~2億円 資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.8%~  取扱金額300万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2.6%~  取扱金額300万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
№1  手数料率1%~ 取扱金額50万~5,000万円 資金調達スピード 最短即日    (※当社「株式会社No.1」)

福井県は地理的には東京、大阪、名古屋、どの大都市にも出にくい場所にあります。

福井県内の人口も少なく(約75万人)、東京都世田谷区よりも少ない人口になります。そうした中では競争が生まれにくく、福井県内のファクタリング会社の条件は良くないです。

したがって、福井県内のファクタリング会社を利用することについてはあまりおすすめできません。

福井県の事業者の迅速な資金化はオンラインファクタリングがおすすめ!

ではどうすればよいのでしょうか?福井県内のファクタリング会社は条件が悪い、東京や大阪には出るのに時間とお金がかかる・・チェックメイトでしょうか。

実は福井県内のファクタリング会社を使わず、大都市部のファクタリング会社を利用できる方法があります。

オンラインファクタリングというものです。オンラインファクタリングはその名前の通り、ファクタリング手続きから入金まで、オンラインで済ませられる手続きになります。

福井県のどこでも、福井市で事業をしている方でなくても、ネット環境があればファクタリング手続きできます。

今ネット環境がない方はほとんどいないはずなので、福井県どこからでもオンラインファクタリングによって資金調達が可能です。

オンラインファクタリングを上手に使うことで、臨機応変な資金調達が可能です。

オンラインファクタリングの手続きやその進め方の流れを解説

福井県でファクタリングを行いたい場合、以下のような流れで進みます。WEB環境があれば後は特に問題ないはずです。

WEBカメラ付きのパソコンがあれば望ましいですが、パソコンがなくてもスマホを持っていれば何とかなります。スマホもパソコンもない人はほとんどいないはずなので、事実上福井県のどこからでもオンラインファクタリングが可能です。

福井県でオンラインファクタリングする際に必要な書類

福井県からオンラインファクタリングする場合、まず以下の必要書類をそろえましょう。

書類については、下記の書類の準備が必要になります。

      

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

各書類については、データとして提出します。各書類をスキャナーで読み込みPDFファイルにするのが基本ですが、そうしなくても画像ファイルでも大丈夫です。

つまり、スマホで書類全体が入るようにして撮影するだけでも大丈夫です。画像ファイルで保存し、そのまま提出できます。

福井県からオンラインファクタリングをするときもフローを解説

福井県からオンラインファクタリングを使えば、東京、大阪、名古屋の3大都市圏だけではなく、他の地域への申し込みもリアルタイムにできます。

せっかくネット環境があるのですから、有効活用して迅速な資金調達につなげましょう。

福井県からオンラインファクタリングする場合の流れは以下になります。福井県だけではなく全国共通のオンラインファクタリング手続きでもあります。

      

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

オンラインファクタリングの審査については、ファクタリング会社側も、迅速な資金調達のために利用者が急いでいることは把握しており、可能な限りシステム化して迅速な資金調達につなげます。

手続きや事務を省力化、必要書類も少なくしています。少なくしても、AIなどを活用すれば過去のデータとの比較も容易に行えるため、少ない書類で短時間の審査でも、貸し倒れにならないファクタリングを実現できます。

オンラインファクタリングでは、一部消費者金融などが導入している方法で、事業主様や売掛先の経営についてポイント化したスコアリングシステムなども取り入れています。これにより、ファクタリング申し込みから審査完了まで数時間という、融資では考えられない迅速性を持った審査を可能にしています。

対面でファクタリング申し込みを行うことがノーメリットということはありません。対面ならば身振り手振りや話し方、追加資料などで加点を狙うこともできます。逆に失敗してしまうケースもありますが、オンラインファクタリングよりも条件をよくしたい場合は、時間とお金をかけて、福井県から都市部のファクタリング会社へ出る価値はありそうです。

ファクタリングに似ている!?消費者金融系の「ビジネスローン」は使うべきか?

オンラインファクタリングと似ていて、即日資金化が可能な資金調達方法として、消費者金融系が行っている「ビジネスローン」というものがあります。

こちらもオンライン手続きによって最短即日の資金化が可能になっています。

ビジネスローンは融資であり、融資ならば貸金業法や利息制限法で利用者が守られ、ファクタリングよりも良いのでは?と思われるかもしれませんが、実情は異なるようです。

端的に言うと、ビジネスローンは最後の最後の手段であり、よほどのことがない限り利用を控えた方が良いでしょう。

それはビジネスローンの特徴に起因しています。ビジネスローンは以下の特徴を持ちます。

      

  • ノンバンク(消費者金融)が行う事業者向け融資
  • 利用限度額上限が約1000万円と非常に少ない
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報照会があるので信用情報ブラック、金融ブラックの場合借りられないか大幅な減点査定
  • 上限額1000万円では企業規模によっては必要額を調達できない
  • 消費者金融からの借入になるので、信用がなくなる。以後、特に銀行融資にあたり大きなマイナスとなる
  • 支払利息は利息制限法の上限張り付き

ビジネスローンは「融資」になります。融資なので、貸金業法や利息制限法が適用されることは良いのですが、法律が厳格に適用されるので融通が利きません。

一方、ファクタリングは法律で縛られているものではなく、当事者間の自由な契約に基づくので、融通が利きます。

迅速な資金調達につなげられるのはファクタリングです。信用情報に問題がある「信用情報ブラック」「金融ブラック」の方でも問題なく利用できるのはファクタリングになります。

ここが重要であり、ビジネスローンを利用すると、以後の事業にマイナスポイントが付きます(「消費者金融からの利用歴」は非常に大きなマイナスポイントです)。しかし、ファクタリングは自分の財産(売掛債権(売掛金))を売っただけなので、新たな負債を負うことにはなりません。

継続して利用しても、特にペナルティがないのがファクタリングの良いところです。逆にビジネスローンは上限額も1000万円と制限され、高額の資金調達が難しくなっています。

そのことからも、ファクタリングも利用できないような場合(背水の陣)で、資金調達できなければ会社が不渡りを起こすというケースに利用は限定されるべきです。

あくまで融資とファクタリングを組み合わせることで、信用情報が傷つくリスクを排して、迅速な資金調達につなげます。

福井県からでもオンラインファクタリングならば問題なく申し込みできるはずです。

福井県からの迅速な資金調達は重要!株式会社No.1のオンラインファクタリングがおすすめです!

福井県は北陸新幹線が開業後も、東京まで約3時間かかります。既存の大阪や名古屋へ行く鉄道も2時間かかるため、それだけの費用やコストを考えるとあまりコスパがよくありません。しかし、福井県内のファクタリング会社は条件があまりよくありません。

そこで全国各地のファクタリング会社にも申し込めるオンラインファクタリングが良いという理由になります。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、オンラインファクタリングにも対応しているのでご安心ください。書類データがしっかりそろっていれば、1時間かからずの入金も場合によっては可能です。

また、大阪と名古屋(+東京池袋)に店舗があります。そちらにお越しいただくこともできます。まずは電話などでお問い合わせください。オンラインファクタリングで済めばそれに越したことはないはず。

福井県の事業主様も問題なくご利用いただける当社株式会社No.1について、ぜひ自推いたします。

一度ご利用いただければ、当社の利便性や資金調達額の高さに納得いただけるはずです。

ぜひ株式会社No.1を何卒よろしくお願い申し上げます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top