DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングの審査通過率の現状は?より安心した資金調達のためには大手を選ぼう!

ファクタリングは昨今、急速に浸透している資金調達方法です。ファクタリングを上手に活用すると、融資よりも緩い審査で、高い審査通過率、迅速な資金化を実現できます。

ファクタリングの審査通過率の現状はどうなっているのでしょうか?今回はファクタリングの審査通過率について現状を把握したうえで、どのように実行していけばよいのか考えていきます。

上手にファクタリングを活用して経営改善につなげてください。

現状を把握しよう!ファクタリングの平均通過率と有名大手の通過率

大手ファクタリング会社の中には「審査通過率90%以上!」と大々的にアピールしているところもあります。

実際、現状のファクタリングにおいて審査通過率は、平均すると70%超、70%を少し超えるくらいだと言われています。ファクタリングは許認可業種ではないので、すべてのファクタリング会社の平均を出せません。しかし、70%超の審査通過率を現状だと考えると、資金調達方法の中では悪くありません。

有名大手ファクタリング会社の審査通過率は90%を超えています。これは審査が甘いことを意味しません。中小のファクタリング会社は、売掛債権(売掛金)の回収不能リスクを適切に評価できておらず、回収できそうな売掛債権(売掛金)も審査で落としています。

実際には多くのケースで売掛債権(売掛金)を回収できるので、大手ファクタリングの90%超という審査通過率は妥当です。したがって、遠方にあっても大手ファクタリング会社へ申し込むべきなのです。

融資に審査通過率が現状50%~60%と言われています。融資と比較するとファクタリングの審査通過率は現状、デフォルトでも高くなっていることはポジティブな結果として評価されるべきでしょう。

現状、さらにファクタリングの審査通過率が上がるような政府の政策や法律の準備などはありません。

冷静にファクタリング、ファクタリング会社を取り巻く現状を把握し、適切に対応していくことが求められています。

審査通過率とファクタリング条件が「トレードオフ」にある現状を理解する

ファクタリングの審査通過率は、現状ではファクタリング条件とトレードオフ関係になります。

つまり、審査通過率が高いファクタリングは利用者にとって条件が悪く、審査通過率が低いファクタリングは、通れば利用者にとって有利な条件になります。

ある意味これは当然で、審査通過率が高いということは、やや危ないファクタリングについても買い取っているわけで、そのリスクヘッジとして、手数料を高くする、買取率を下げるなどリスクヘッジを行います。

ファクタリング通過率も高い、手数料は低い、買取率が高いというファクタリング契約が望ましいのですが、現状では高いハードルというか、なかなか見つからない「優良物件」ということになるでしょう。

これは審査通過率が高い消費者金融からの融資が、審査通過率が低い銀行からの融資と比べて借入金利が高いのと同じ理由です。

どこまで、審査通過率が高く、かつ、事業主様にとって有利な条件でファクタリングできるかが、現状の大きなテーマです。事業主様にはその現状を打破し、優れた条件、かつ審査通過率が高いファクタリング会社を探すことが求められています。

現状審査通過率が高いファクタリングにはどのようなポイントがあるのか

政府はファクタリング、売掛債権(売掛金)を使った資金調達を進めていますが、審査通過率が高くなるような政策はとっていません。

みなさんの方で審査通過率が高くなるような売掛債権(売掛金)をファクタリングに出すのが、現状では最も適切な方法になります。そのため、ファクタリングの審査通過率を高くするためには各自注意していただく必要があります。

現状で審査通過率が高くようにするポイントは以下になります。

  • 対外的に信頼できる売掛先の請求書をファクタリングする
  • 売掛金の支払いサイトが短い請求書をファクタリングする
  • 資金化に時間がかかっても良いので2社間ファクタリングではなく3社間ファクタリングを行う
  • 依頼人自身を証明できる複数の書類、証拠を提出する
  • 請求書だけではなく領収証や通帳など事業実態がわかるものを追加資料としてしっかり準備する
  • 条件面とトレードオフになることを受け入れる

対外的に信頼できる売掛先の請求書をファクタリングする

ファクタリング会社が審査で時間をかけるのが、売掛先から期日に必ず売掛債権(売掛金)を回収できるのか、ということです。

売掛先が信用できないところならば、審査に通りません。

審査通過率を上げるためには、売掛先が絶対に倒産せず、回収漏れ、回収遅れをしないことが重要です。

そのため、聞いたことがない中小企業や個人事業主宛ての請求書よりも、誰もが知っている有名企業や絶対に倒産しない行政機関、社会保険診療報酬支払基金、国保連などへの請求書ならば、現状支払いは100%なされるはずなので、審査通過率が高くなります。

社会的信用がある売掛先への請求書を用意できるかが、審査通過率を上げるための重要ポイントです。

売掛金の支払いサイトが短い請求書をファクタリングする

売掛債権(売掛金)の入金日まで日が短い、支払いサイトが短いならば、それまでに何かあり回収できなくなるリスクが減ります。

現状、売掛先に特段の問題がなければ、短い支払いサイトは審査通過率の向上につながります。

資金化に時間がかかっても良いので2社間ファクタリングではなく3社間ファクタリングを行う

3社間ファクタリングならばファクタリング会社が売掛先から直接回収しますので、依頼主の段階で返済しないリスクがなくなります。

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比較し、迅速な資金調達には向きませんが、その代わり審査通過率を高くでき、より確実な資金調達につながります。

数日内の資金調達ではなく、売掛先にファクタリングについて知られても問題ないならば、3社間ファクタリングを現状では選択しましょう。

依頼人自身を証明できる複数の書類、証拠を提出する

ファクタリングは依頼人よりも売掛先の信用度が重視されますが、依頼人の信用もあるに越したことはありません。

したがって、本人確認書類だけではなく、確定申告書などの経営資料、あとは補助金受給歴や公的コンペの入賞歴などを添えると信頼度がアップし、審査通過率を上げられます。

請求書だけではなく領収証や通帳など事業実態がわかるものを追加資料としてしっかり準備する

こちらは売掛先から確かに入金があることを証明するものです。継続的に数年、毎月決まった期日に入金できているならば、ファクタリングしても問題なく回収できそうです。

また金額についても、多ければファクタリング会社の利益を増えるため歓迎されます。売掛先との取引の現状を証明する帳票を増やしてください。そうすれば審査通過率を上げられます。

条件面とトレードオフになることを受け入れる

最後は上で述べているように、審査通過率と買い取り条件は基本的にトレードオフの関係になります。

信頼できる売掛先への請求書を用意できない場合などで、とにかく審査を通したい場合は、ある程度買い取り条件が悪くなり、資金調達額が減ることも覚悟してください。

そうならないように、買い取り条件の良いファクタリング会社を選ぶことが大切です。

ファクタリングで審査通過率が高くなるために必要なのは、依頼人本人に加えて売掛金の信用をどれだけファクタリング会社にアピールできるかです。

売掛債権(売掛金)回収日に確実に回収できることでファクタリングのリスクが減り、審査通過率が高くなります。そのため、倒産しない、入金遅れにならない確かな売掛先への請求書が必要になります。

入金先が絶対に倒産しない日本の超有名メーカーやインフラ産業、行政機関などであれば、現状貸し倒れリスクになるリスクはとても低いので、審査通過率が高くなります。

あとは、売掛先から直接回収する3社間ファクタリングを許容できるかです。3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングの事実がバレてしまいます。それでも良好な関係を維持できるならば、審査通過率を高める選択になります。

バレたくないならば、現状、そこまで確固たる関係を築けていないならば、審査通過率が低くなっても2社間ファクタリングにすべきでしょう。

即日、あるいは数日内に緊急を要する資金調達の場合、2社間ファクタリングを選ばざるを得ません。審査に落ちては意味がないので、審査通過率を高くするため、高い手数料などを受け入れる覚悟も必要になるかもしれません。

ファクタリングは緊急時の資金調達法として有効ですが、ある程度予定が立つならば、事前にしっかり準備することで現状、審査通過率を上げられます。

買い取り条件がよく審査通過率が高いファクタリング会社はオンライン手続き可能

ファクタリングは融資と異なり、当事者間の自由な契約が優先するので、遠方のファクタリング会社でも契約できます。

審査通過率が高く、かつ、買い取り条件が良いファクタリング会社を全国対象に探してください。

条件が良いファクタリング会社は、現状、オンライン手続きできるところが多いです。オンライン手続き可能なファクタリング=オンラオインファクタリングならば、一度も店舗へ行かず契約できます。

審査通過率が高いファクタリング会社は主に大都市部になりますが、地方にお住まいの方もオンラインファクタリングでこれらの会社とファクタリング契約可能です。

審査通過率が高いファクタリング会社は、買い取りシステムもしっかり整備していますので、オンラインファクタリングができるのを1つの指標にしていただくと、現状よろしいかと存じます。

ファクタリングの審査通過率を上げて現状に合った資金調達をするために株式会社No.1に相談しよう

ファクタリング審査通過率の現状は70%を超えるくらいで推移しています。ここで注目したいのが

・通過率が高い→依頼人にとって買い取り条件がよくない
・通過率が低い→条件は良くなるが審査が厳しくなるので迅速な資金調達につながらない

の二律背反、トレードオフな関係を受け入れなければならないのでしょうか?

買い取り条件も良く、審査通過率も高いファクタリングは存在します。そのためには、口コミ等を調べて、ある程度能動的な努力も必要です。

ファクタリングは融資ではないので、対面契約が不要で、申し込み手続き~入金まですべてオンラインで完結し、そのファクタリング会社には全国各地から申し込みできます。

オンラインファクタリングを駆使できれば、現状のファクタリング会社の中でも特に審査通過率が高いところを選べます。ぜひみなさんも積極的にファクタリング会社の情報を取りに行ってください。

当社「株式会社No.1」は審査通過率と審査の迅速性、買取率の高さ、手数料の安さ、すべて満たす理想的なファクタリング会社です。オンラインファクタリングも行っていますので、全国各地の事業主様が申し込み可能です。

ファクタリングの諸条件について、とても「コスパ」がよく、現状で選びうるファクタリング会社の中でも最上位に位置します。

他社と相見積もりを取っていただいても株式会社No.1をお選びいただけるものと自負しております。

ぜひ一度お問い合わせください。審査通過率も含め現状でのベストチョイスになるはずです。

基本的なことから丁寧に説明します。

株式会社No.1を何卒よろしくお願い申し上げます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top