DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

雪国中越地方のファクタリングを解説!中越で資金調達したい場合はファクタリングしよう!

ファクタリングは新しい資金調達方法として広く一般的に利用されるようになりました。かつては過疎化や移動が困難な地域では資金調達が難しいイメージがありましたが、当事者間の自由な契約が優先するファクタリングの登場で様相が大きく変わりました。

今回は新潟県中越地域に焦点を絞り、ファクタリングによる資金調達について解説していきます。ぜひ参考にしていただき、中越地方にお住まいの方も安心して資金調達できることを知ってください。

中越地方の特徴をファクタリングの前に知っておこう!

まず、今回取り上げる中越について解説します。中越地方(ちゅうえつ)は、新潟県の中央部を指す地域名です。

新潟県は地理的に大きく四つの地域に分けられています。その一つである。他の三つは下越地方(新潟市がある)、上越地方、佐渡地方です。

下越が北、上越が南である上下逆になっています。中越は新潟県の真ん中です。

中越地方は、おおむね北を大河津分水に、南を三国山脈に、東を越後山脈に、西を米山に挟まれています。

主に信濃川流域の沿岸地域で豊富な水資源を持っています。コシヒカリの原産地として知られていて、当然日本有数の「米どころ」です。

観光地としても知られていて、柏崎市のぎおん柏崎まつり、長岡市の長岡まつり、小千谷市片貝町の片貝まつりは越後三大花火と呼ばれています。夏には100万人を超える多くの観光客が集まります。

中越地方の中核都市である柏崎市は旧日本石油(現:ENEOS)の創業地であり、かつては石油精製業で栄えました。

現在では国際石油開発帝石の東柏崎ガス田の他、東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所(停止中)は、首都圏などに電力を供給していました。柏崎原発は1つの発電所では世界最大の規模の出力を誇っています。

上越新幹線によって東京から2時間かからず中越地方に来られるようになりました。新幹線停車駅も多く、長岡駅、浦佐駅、越後湯沢駅があります。越後湯沢駅はスキー場がある駅として知られています。

中越地方はコメの生産地、エネルギーの供給地として日本が生きていくためのインフラを整えている非常に重要な地域です。中越地方の事業者が倒産しては大変なことになってしまう、ここをご認識ください。

中越地方にあるファクタリング会社の諸条件は?

本来ここでは中越地方にあるファクタリング会社を紹介し、そのファクタリング買い取り条件をお示しするのですが、中越地方にはそもそもファクタリング会社がほとんどありません。

新潟市のある下越地方ならまだ比較できるファクタリング会社があるのですが、残念ながら中越地方にはファクタリング会社がありません。あっても怪しいファクタリング会社も多く利用はおすすめできません。

というわけで今回、この項については回答無しとさせていただきます。

では新潟市まで出てファクタリング会社の店舗へ行くべきなのでしょうか?これはあまり期待できません。

新潟市にあるファクタリング会社についても諸条件はあまりよくなく、競争がないことの
悪影響が出ています。

ならば上越新幹線に乗って東京方面まで出るべきなのでしょうか?そこまでしていただかなくて大丈夫です。

なぜならファクタリングはオンラインで全国どこのファクタリング会社への申し込み、実際に店舗へ行かなくても手続きできるからです。

中越地方の事業者の迅速な資金化はオンラインファクタリングがおすすめ!

上越新幹線に乗れば、中越地方ならば浦佐、長岡、燕三条の各駅から東京都心部へのアクセスは比較的容易です。

しかし、片道1時間40分、片道1万円弱の新幹線代金はコストとしてバカにできません。それだけでファクタリング手数料に相当してしまうかもしれません。

時間的、地理的距離を考えると、実際の店舗へ行ってのファクタリングは効率が悪いように思えます。

そこで利用したいのがオンラインファクタリングです。WEBからなら時間も場所も問いません。

中越地方のファクタリングはオンラインを積極的に活用することで、これらのコストを大幅に削減できます。

オンラインファクタリングの手続きやその進め方の流れを解説

中越地方からオンラインでファクタリングする場合の手続きは、特に中越だから、というものはなく全国共通の手続きになります。

オンラインファクタリングの手続きを以下で紹介していきます。

中越地方からオンラインファクタリングする際に必要な書類

中越からオンラインファクタリングする場合、下記の書類が必要になります。

      

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

書類についてはデータ化をお願いします。スキャナーやスマホで該当書類をPDFか画像データ(jpgなど)に変えてください。

ファクタリング会社へはFAXではなく、データとして提出することが基本になります(一部FAX受け付けているファクタリング会社もありますが、データとして持っておいた方がよいでしょう)。

中越地方からのオンラインファクタリングの流れを解説

中越地方からでもオンラインファクタリングを利用すれば、東京をはじめ全国各地のファクタリング会社に申し込み可能です。

これならば、大雪で遠出できない冬場の時期も安心です。ネット環境があれば中越地方からでもどこからでもファクタリングの申し込みが可能です。

      

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査(する会社、しない会社あり)
  • 10.決定、資金化、振り込み

ファクタリングのオンライン審査はかなりシステム化されており、迅速な資金調達につながります。

最近はAIなどを取り入れているため、スタッフの方が忙しくてもそこまで審査に時間がかからない傾向にあります。

融資の場合このようにはいきません。ファクタリングは銀行法や貸金業法で決まっているところがないので、民法の契約、つまり契約自由の原則によって当事者間の自由な契約が優先するものになっています。

AIやスコアリングシステムによって、従来の融資の審査とは異なる基準で行われます。これは決してやさしくなったわけではなく、審査で重視するポイントが変わったということです。

ファクタリングでは依頼人の信用以上に売掛先の信用が重視されます。まず、売掛先の信用があること、大企業や行政機関への請求書があれば、ぜひ先に提出をお願いします。そうすると、オンラインファクタリングで事業主様に有利な条件で買い取りしてもらえます。

ファクタリングではなく「ビジネスローン」をやってはいけない?

オンラインファクタリングと同じように、最短即日で資金化でき、また、オンラインで手続きが完結するものに、ノンバンク(消費者金融)が行う「ビジネスローン」があります。

このビジネスローンについては、最後の手段であり、通常の資金調達方法として使うべきではありません。それはなぜでしょうか?

ビジネスローンの場合、融資とファクタリングの「悪いところ」を集めたような特徴があり、特に融資の一種であることが大きくマイナスに働きます。

      

  • ノンバンク(消費者金融)が行う事業者向け「融資」である
  • 利用限度額(上限)が約1000万円と非常に少ない
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報ブラック、金融ブラックの場合ビジネスローンを借りられない
  • 1000万円では必要な資金調達ができない場合がある
  • 消費者金融からの借入になるので、以後、特に銀行融資にあたり大きく減点評価になる

ビジネスローンは「融資」であり、銀行法や貸金業法の規定に拘束されます。金利は(融資なので)利息制限法によって上限が決まっています。ファクタリングの手数料を金利換算すると、利息制限法の上限を超えてしまうことが多く、その部分だけ見ると、ファクタリングよりもビジネスローンの方がよさそうです。

しかし、ビジネスローンは「消費者金融からの融資」であり、その旨は融資の義務である信用情報にしっかり記載されてしまいます。

消費者金融からの借入歴が信用情報にあれば、「その人は信用できない」と判断する金融機関が多くなります。また、ビジネスローンも融資なので、過去に返済事故などを起こした「信用情報ブラック」の人は、利用にあたり大きな減点となることがあります。

銀行融資と比べれば、ビジネスローンは信用情報ブラックの人でも借りやすいのですが、それでも影響します。

ファクタリングならば信用情報照会がないので、過去に返済事故を起こしている方も問題なく利用できます。繰り返しになりますが、ファクタリングは申込人(事業主様)の信用よりも売掛先の信用が重視されます。売掛先がしっかりした事業者であれば、審査に落ちる可能性は低くなるでしょう。

また、ビジネスローンには1000万円という上限があり、これはどんな大企業でも適用されます。正直、1000万円では足りないという事業主様もいるはずです。

したがって、ビジネスローンはファクタリングできる売掛債権(売掛金)がなく、かつ資金調達しないと会社が倒産の危機に陥ってしまう場合の、最後の手段、例外的な方法として考えるべきです。

「消費者金融からの借入歴あり」という負の信用情報を背負ってもこれがないと倒産するという限定的な場合に活用されるべきものです。

中越にはビジネスローンができる消費者金融も少なく、それならば最初から全国のファクタリング会社を対象にオンラインファクタリングを考えるべきです。

経営が追い込まれてしまうような場合、融資を待っていては大変なことになってしまいます。そうならないように、ビジネスローンではなくファクタリング利用を積極的におすすめします。周囲に消費者金融も少ない中越の方は最初からファクタリングを全国のファクタリング会社を対象に選んでください。

中越地方の事業主様の急な資金調達は株式会社No.1のオンラインファクタリングがおすすめです!

中越地方から新幹線に乗れば1時間半超で東京に着きます。しかし、往復の交通費などコストを考えた場合、中越地方から直接店舗へ行かず申し込みできるオンラインファクタリングがおすすめです。オンラインファクタリングならば全国のファクタリング会社に申し込みできます。

オンラインファクタリングに対応しているファクタリング会社は旧態依然としていないところですので、時代の流れに沿って、迅速な資金調達というニーズに応えてくれるはずです。

当社「株式会社No.1」もそうしたオンラインファクタリングに対応したファクタリング会社で、中越地方からの申し込みもいただいています。

迅速なシステムで即日、どころか申し込み数時間での入金も可能であり、手数料も安く非常に使いやすいファクタリング会社です。

中越地方の事業主様の方におかれましても、貴社の売掛債権(売掛金)について迅速かつ高額買い取りできる株式会社No.1をぜひご利用ください。

何卒株式会社No.1をよろしくお願い致します。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top