DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングで審査が即日で完了し資金化できる法人向けファクタリング会社の特徴をチェック

ファクタリングは即日資金調達ができる方法として、近年急速に広がってきています。その審査は融資の審査とは異なり、最短即日資金化も可能です。

ファクタリングを依頼する場合、個人事業主と比べて法人の申し込みはどうなのでしょうか?

今回は、ファクタリングにおいて法人が申し込みした場合、審査がどうなるのか、また即日資金化のためには何をすればよいのか解説していきます。

法人の事業主様で即日資金化を目指したい場合、ファクタリングの選び方や審査の方法などについて参考にしていただければと存じます。

それでは説明していきます。

ファクタリングと融資の審査基準の違いをまず押さえておこう

まず、ファクタリング会社と融資の審査の違いについて簡単に押さえておきましょう。資金調達と聞くと真っ先に思い浮かぶのが融資ですが、審査には時間がかかります。それと比較するとファクタリングは即日資金化も可能な審査を行っています・

ファクタリングの審査基準 融資の審査基準
売掛先(取引先)の信用力を重視する
財務内容はそれほど問われない
決算が悪くても(赤字などでも)売掛債権(売掛金)があれば可能
信用情報照会自体がない
消費者金融からの借入があってもOK
最短即日のポイント審査、一部AI審査の導入も
申請者(事業主様)の信用力を重視する
財務内容重視、借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
信用情報照会で厳しくチェック
消費者金融からの借入があると厳しい(大幅減点)
最短でも半月、長ければ1か月かかる長い審査

ファクタリングと融資では審査の軸が異なります。ファクタリングの場合、優先されるべきは売掛先の信用です。売掛先が期日に売掛債権(売掛金)を支払ってくれれば、ファクタリングの返済が滞ることは原理的にないからです。

一方融資の場合は、借りた事業者が毎月一定額を返済していきます。借り手に信用がなければ危なくて金融機関はお金を貸せません。したがって、審査に時間をかけて、本当にその借主は毎月期日に返済できるのか、チェックします。即日資金化などはシステム的にできないのです。

ファクタリングは「アセットファイナンス」、融資は「デットファイナンス」という違いもあり、資金調達方法としてファクタリングと融資は、基本的に「別物」となります。

法人のファクタリング申し込みが個人よりも有利になる理由

ファクタリング会社の中には「申込者は法人に限る」としているところがあります。個人事業主やフリーランス相手では回収不能リスクが高いと判断しているのでしょう。

法人の場合、法務局で会社設立登記をしているので、第3者もその法人の商業登記簿謄本を取得できます。

ファクタリングには融資のように信用情報照会がないので、その申込者がどのような人なのか、過去に金融事故を起こしているのかわかりません。

個人事業主やフリーランスの場合、どこの誰かもわからない状態です。ファクタリングならば、少なくとも商業登記簿謄本は取得できるので、本店所在地や資本金、業務の内容などが確認できます。

信用情報照会がない中で、多少なりとも信用できるのは、登記が必要な法人ということになります。

そのことは売掛先も同様で、どこのだれかわからない個人事業主やフリーランス相手の請求書よりも、著名な法人や行政機関宛ての請求書の方が、売掛債権(売掛金)の期日に回収できる可能性が高い(回収漏れは考えにくい)ので、審査に通りやすくなる決定まで迅速です。

即日資金化を目指す場合、債権者(依頼主、事業主様)が法人で、売掛先も(著名)法人の場合、審査も非常に速く進み、通りやすくなるでしょう。

法人の方が個人よりのファクタリングで有利な理由がここにあります。

ただし、市場の住み分けとして、ファクタリング会社の中には個人事業主やフリーランス向けのメニューを充実させているところもあります。そうしたファクタリング会社の場合、法人は避けられる可能性もあります。

一般的にはファクタリングは法人優位で審査も早い、しかし中には個人事業主やフリーランス向けに特化したところもある、と覚えておいてください。

ファクタリングの審査項目を確認しておこう

ファクタリングの審査が融資と比べて早く、最短即日資金化可能な理由についてここでは解説します。

まず改めて、ファクタリングの審査についてポイントを押さえておきましょう。

  • 売掛先の信用力を重視
  • 信用情報照会がない
  • 申込人の信用力より売掛先の信用が大切
  • AIなどコンピューターによる審査やスコアリングシステムが進む
  • 結果的に審査が早くなり即日資金調達可能なものもある
  • 銀行法や貸金業などの法的規制を受けない。民法をもとにした債権譲渡契約になる
  • 「総量規制」やビジネスローンの1000万円上限がない
  • 3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングより審査が緩い

ファクタリングの審査が緩いわけではなく、審査のポイントが異なるということです。申込者の信用以上に売掛先の信用が重視されます。

ファクタリングは銀行法や貸金業法に縛られないので、審査も臨機応変に最近のシステムを用いてできます。

AI審査などは融資にも徐々に取り入れられつつありますが、ファクタリングの方が何歩も先を進んでいます。スコアリングシステムなど独自の審査によって即日資金化を可能にしています。

もちろん、個人事業主やフリーランスよりも法人の方がこれらは迅速になり、審査から入金まで即日も可能になりやすくなっています。

審査が存続で即日資金化可能なファクタリングの特徴を整理!

即日資金化可能なためには、審査をすぐに通過する必要があります。審査を迅速にパスするためにはどのようなファクタリングを行えばよいのでしょうか?

依頼主が法人

ファクタリングには信用情報照会がないので、どこの誰か実行するまでわかりません。融資のように信用情報照会によって「過去に返済遅延があった」などの事実がわかりません。

個人事業主やフリーランスでは、どういう人かわからないので、ファクタリング会社は審査に時間をかけざるを得ません。

しかし、法人ならば法人登記しているので、商業登記簿謄本を取得できます。開業にあたり最低限の情報を国に提出してお墨付きを得ています。

したがって、法人の方が個人事業主やフリーランスと比べて信用度があり、そのため審査が早くなり、即日資金化に近づきます。

売掛先が法人

法人だと信用できるのは売掛先にも言えます。どこの誰かわからない個人宛ての請求書をそのまま信じて買い取るのはリスクがあります。

しかし法人ならば登記簿謄本を取得できるので、入金がない場合の督促、催告や最終的な法的措置も可能です。どこの誰かわからない個人だと逃げられてしまう可能性があります。

売掛先が法人、それも著名法人であれば社会的信用は非常に高く、審査も迅速に行われ、まず通ることでしょう。

審査に必要な書類が少ない

ファクタリング審査に必要な書類が少なければ、それだけ審査が迅速になり即日資金化につながります。

一般的にファクタリング手続きの必要な書類は以下になります。

  • 売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 銀行の通帳(売掛債権(売掛金)の入金確認のため)
  • 売掛契約が発生する旨の契約書
  • 確定申告書、決算書(それほど重視しない)
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

この中でも、最も少ない書類で審査するファクタリング会社では「請求書」と「銀行の通帳」のみを求めます。当然、リスクもあるので手数料が高めになりますが、融資とは比べ物にならないくらい少ない書類で、資金調達でき、このことが迅速な審査と即日資金化につながっています。

2社間ファクタリングを行う

3社間ファクタリングの場合、売掛先の同意が必要で、債権譲渡通知書を送るなど手続きに時間がかかります。

なるべく早い審査を希望する場合、売掛先への同意手続きをカットできる2社間ファクタリングになります。2社間ファクタリングは手数料が高くなりますが、法人が法人へ出す売掛金請求書ならば個人のそれと比べて安くなる傾向にあります。

多少手数料が高くなっても、法人の場合信用があるので、迅速な審査と即日資金化を考えると、2社間ファクタリングが良いでしょう。

少額・小口から利用できて買い取り上限額の設定が低い

ファクタリング希望額が低ければ、売掛債権(売掛金)の回収に失敗したり遅延があったりしても、ファクタリング会社が負うリスクは低くなります。

法人の場合、ファクタリング希望額も多くなりがちですが、その中でも必要最小限の金額にして、徐々に実績を積みながら利用額を上げていきましょう。

最初は少額で確実にファクタリング会社に信用され、回収漏れリスクを感じさせないことが大切です。

オンラインのみで手続きが完了ファクタリング

ファクタリング会社の店舗へ行かず、オンラインで全手続きが完了すれば、審査にかかる時間をカットでき、即日資金化につながります。

よほど近所にファクタリング会社の店舗がある場合を除き、オンラインで完結するファクタリングが即日資金化の基本になります。

オンラインならば全国各地のファクタリング会社に申し込みできます。迅速な審査だけではなく、自社に有利な条件のファクタリング会社も探せます。

法人対応のファクタリング会社ならば全国各地にあります。沖縄の事業主様が東京や北海道のファクタリング会社に申し込みしても審査時間は同じです。

手続き、審査で行われる面談についても、ZOOMなどのオンライン会議ツールを使えばリアルタイムで行います。

<オンラインファクタリングの必要書類>

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認できるもの)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

基本的に上述の必要書類と同じです。これをWEB上で送信できるよう、画像ファイルかPDFファイルにしておきます。コンビニエンスストアの複合機でスキャンできますし、スマホで写メしても良いです。

これらをPDF化(ないし画像化)しておきます。ファクタリング会社のHPからアップロード、ないしメール等で送ります。

オンラインファクタリングのフローは以下になります。

  • ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 請求書情報の入力
  • 本人確認書類の提出(アップロード)
  • 携帯電話のSMS認証
  • 事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • WEB面談(ある場合。ZOOMなどを使う。場合によっては電話)
  • オンライン契約への同意、電子署名など
  • AIによる審査

朝オンラインファクタリングを申し込み、夕方までに面談まで行えば即日資金化できます。ファクタリング会社によってはその日中どころか2時間~3時間で資金化できるところもあります。

法人ならばより審査は迅速になります。

「モアタイム」によって全国ほとんどの銀行が24時間土日も入金できるようになりました。15時過ぎたら翌日というケースはまれになっています。

金額が多い場合は法人向けのファクタリング会社

ファクタリング会社には、法人向けに特化したところ、法人も個人も受け付けているところ、個人事業主やフリーランス向けのところがあります。

事業主様が法人ならば、法人向けのファクタリング会社か法人、個人どちらも受け付けているとことを選びましょう。

法人向けは買い取り可能な売掛債権(売掛金)の金額が高く、高額の債権買い取りが可能です。逆に個人事業主やフリーランス向けのファクタリング会社だと、法人OKでも、買い取り可能上限が100万円など、あまり法人にとって実用性がない可能性があります。

みなさまの事業規模にもよりますが、高額の売掛債権(売掛金)を売却したい場合、法人向けのファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリング会社A(法人特化):買い取り上限1億円
ファクタリング会社B(法人も個人もOK):買い取り上限3000万円

の場合、2500万円の売掛債権(売掛金)をAに売却しても、「少額。小口」となりますが、Bに売却しようとすると上限額近くで、審査が厳しくなり即日資金化が難しくなります。

金額が少ない、小規模の法人様の場合は、法人、個人事業主、フリーランス全部対応しているファクタリング会社で構いませんが、高額の売掛債権(売掛金)を売却したい場合は、法人特化のファクタリング会社にするのが、迅速な審査や即日資金化につなげるポイントになります。

法人が迅速な審査によって即日資金化可能になる条件をまとめてみた

法人の事業主様が即日資金化するためにファクタリングを行う場合、以下の条件を満たすことで、審査が迅速になり、即日入金という目的を果たせます。

まず、このファクタリングができるか事前に確認し、いざというときに申し込むファクタリング会社をリストアップしておきましょう。事前相談だけでもファクタリング会社に歓迎されるはずです。

これまで審査が緩い(とみえる)ファクタリングと即日資金調達可能なファクタリングの条件をチェックしました。

即日資金化可能で審査が迅速になる条件は以下です。

  • 依頼主が個人ではなく法人
  • 売掛先が個人ではなく法人
  • 必要書類が少ないファクタリング(最初で2種類)
  • 2社間ファクタリング
  • 少額のファクタリング
  • オンラインファクタリング
  • 法人向けのファクタリング会社

となります。

信用情報照会のないファクタリングは「法人」であることが大きなアドバンテージになります。法人向けのファクタリング会社を探して、請求書の宛先も信用できそうな法人にすれば、審査も早くなり、即日資金化に大きく前進します。

法人の方の即日資金化には審査が早いファクタリング会社を利用しよう!株式会社No.1がおすすめです

法人のファクタリングは個人事業主のファクタリングよりも審査が早く、即日資金化に近づくのがデフォルトです。それは個人と比べて法人の方が大口の売掛債権(売掛金)を持っていて、かつ登記簿謄本などで情報を得られるからです。

ファクタリングには信用情報照会がないので、個人の申し込みについては信用を確認できません。しかし法人ならば、登記簿謄本が取得できるので、最低限の信用は担保されます。また、売掛先も法人ならば(つまり、法人が法人宛ての請求書をファクタリングする)、より社会的信用が高い取引となり、ファクタリング会社も信用します。

その結果、審査が早く最短即日での資金化もしやすくなります。

審査をより即日資金化に近づけるためには、申し込み手続き、資料提出、面談、入金まですべて非対面で完了するオンラインファクタリングが良いでしょう。オンラインファクタリングならば即日どころか数時間での資金化もできます。

法人の方は信用があるので、個人の方よりも審査が迅速になり即日資金化も達成されやすい環境になります。ファクタリング会社の中でも個人事業主やフリーランス向けではなく、法人向けで実績のあるところを選ぶと、即日資金化に近づきます。法人のファクタリング審査にもノウハウがあるはずです。

「株式会社No.1」によるファクタリングは、法人に対しても実績があり、即日資金化が可能なシステムを構築しています。特にオンラインファクタリングは独自システム「Easy factorイージーファクター」を導入していて、即日資金化が可能な素早い審査を実施しています。

ぜひご利用ください。法人の方の多様な資金ニーズに応えます。即日資金化可能な資金調達方法としてファクタリングをご活用ください。

少しでもみなさまの利益になるように、株式会社No.1は審査のやり方も含めて徹底的にサポートします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top