DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

さくらんぼとお米の名産地山形県でファクタリングしたい場合どのようにすればよいか解説!

今回はファクタリングを山形県で行うためのノウハウについて解説します。

ファクタリングによって迅速な資金調達につながります。しかし、近くにお店がないと難しいのでは?と思われるかもしれません。山形県のような地方では銀行や信金の店舗も少なく、山間部を超えて行かなければならないこともあります。

金融機関でさえこのような状況なのですから、ファクタリング会社は少なく、ファクタリングを申し込む機会も少ないのでは?と思われるかもしれません。

実は実店舗が少ない地方でも、ファクタリングによる資金調達は問題なく行えます。その理由はファクタリングが融資ではないことと関係しています。融資ではないことで、山形県から全国のファクタリング会社へ申し込みできます。

今回は山形県のファクタリングについて解説します。

山形県の地理的、産業的な特徴を整理しよう

最初に山形県はどのような県なのか、その特徴を整理しておきましょう。

山形県は大きく分けて、山形市を中心とする「山形都市圏」(53万人)が抜きんでており、約13万人~15万人の「米沢都市圏」「酒田都市圏」「鶴岡都市圏」が並んでいます。ほぼ山形市一極集中になっていて、有名企業もほぼ、山形市、米沢市、酒田市、鶴岡市のどれかにあります。

山形新幹線の開業で、東京-山形間は約3時間で行けるようになりましたが、まだまだ距離があります。東京のファクタリング会社へ行くためには負担が大きすぎます。

山形県はさくらんぼなど果樹王国として全国的に知られています。

さくらんぼ – 佐藤錦の生産地
西洋なし – ラ・フランスの生産地
スイカ – 尾花沢スイカ
メロン – 庄内砂丘メロン
ホップ – (ビールの原料)

特にさくらんぼと西洋なしは有名です。

お米についても米処として知られています。米の収穫量は、かつては農業生産の約七割が米だったことからもわかるように、山形県の主要産業になっています。

東北各県や新潟県とともに稲作が盛んな地として知られ、全国5位のお米の生産地です。主力品種ブランドは「はえぬき」、「つや姫」、「雪若丸」などが知られています。

その他、米沢牛などの牛肉、平牧三元豚などの豚肉といった畜産業も盛んです。

工業は伝統的手工業が知られていて、山形市の鋳物、天童市の将棋の駒、あるいは金魚の名産地でもあります。

製造業についてはそれほど有名ではありませんが、最上川の豊富な水資源が潜在的なポテンシャルを持っていると言えるでしょう。

山形県にあるファクタリング会社の諸条件を比較してみた

山形県から都市部に出るのはなかなか大変で、そのためまず山形県内、山形市内にあるファクタリング会社を候補にします。

しかし、都市部から離れていて、競争がないので、各ファクタリング会社の諸条件は都市部のファクタリング会社と比較するとなかなか良いものがありません。

山形県内のいくつかのファクタリング会社について、手数料率や資金化可能金額などをまとめてみました。

A社 手数料率4.2%~  取扱金額50万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3.2%~  取扱金額80万~3,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率3.1%~  取扱金額100万~10,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率2.8%~  取扱金額120万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率2.8%~  取扱金額150万円~2億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.2%~  取扱金額80万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.5%~  取扱金額100万円~2億円 資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.8%~  取扱金額150万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2.5%~  取扱金額120万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
№1  手数料率1%~ 取扱金額50万~5,000万円 資金調達スピード 最短即日    (※当社「株式会社No.1」)

全体的に手数料率が高め、かつ、買い取り可能金額も低く抑えられています。大規模な資金調達をファクタリングで実施しようと思っていても手数料率が大きなネックになります。

手数料率の下限は、3社間ファクタリングを行ったときのものです。2社間ファクタリングについては、15%超になるものと予想されます。

最後のNo.1は当社です。全国展開しているファクタリング会社で買い取り金額こそやや少ないものの、手数料率がとても低く、ファクタリングをまずやってみたいという事業主様にはおすすめです。

全国各地の事業主様に対応しています。山形県に事業主様も利用できますのでご安心ください。

山形県在住の事業主様の資金化はオンラインファクタリングがおすすめ!

山形県内でファクタリングをしようとしても、手数料率が高く希望する条件で売掛債権(売掛金)の買い取りを行うのがかなり厳しそうです。

山形県から都市部へ出るためには

山形-東京 間を山形新幹線に乗って3時間近くかかります。新幹線代も片道1万円超であり、時間もお金もかかってしまいます。しかし、それ以外に都心部へ出る方法がありません。東北の近隣県や新潟に出ても、ファクタリング会社の諸条件はあまり変わらず、五十歩百歩だといえます。

では、山形県の事業主様が条件の良いファクタリング会社を探すには、時間とお金をかけて東京の方で出るしかないのでしょうか?

実は山形県の事業主様でも問題なく、条件の良い都市部のファクタリング会社と契約する方法があります。

それが、オンラインファクタリングです。すべてWEB上で完結するファクタリングで、山形の事業所にいながら、申し込みから入金まで全部完結します。

このオンラインファクタリングをおぼえておくと、大いに役立ち、必要な資金をよい条件で迅速に調達できます。

オンラインファクタリングの手続きやその進め方を解説

山形県でファクタリングを行うには、オンラインファクタリングによって県内のどの事業主様も全国各地のファクタリング会社へ申し込み可能です。

オンラインファクタリングを行う際には、以下を準備してください。

  • 必要書類
  • ネット環境
  • 必要書類をデータ化できるもの(スキャナー、カメラ)
  • パソコン、スマホ、タブレットなど

これらの書類が必要になります。パソコンがなくてもスマホで申し込めます。要はネット環境が必要になります。

山形県でオンラインファクタリングする際に必要な書類

オンラインファクタリングする場合、下記の書類を準備してください。

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

書類データ化、つまり、スキャナーでPDF化しておきます。スキャナーがない場合、PDFファイルにするのは、コンビニの複合機でもできます。

また、PDFではなく画像ファイル(jpgなど)でも可能です。その場合、スマホできれいに撮影できればOKです。

法人の場合、それらに加えて、法人の商業登記簿謄本のデータも必要になります。必要なのは商業登記簿謄本だけで、不動産の登記簿謄本などは不要です。ファクタリングに不動産の有無は関係ないからです。

商業登記簿謄本についてもPDFか画像データ化しておきます。有効期間は3か月なので、なるべく最近のものを出せるようにしておいてください。

山形県からオンラインファクタリングをするときの流れ

山形県から全国各地にあるファクタリング会社へオンラインファクタリングならば問題なく申し込みできます。

オンラインファクタリングの流れはほぼ共通していますので覚えておきましょう。地域差はありません。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する(しない場合もあり)
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 6.WEB面談(ZOOMやSkype、チャットワークなどを使ったオンライン面談。場合によっては電話)
  • 7.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 8.AIによる審査(する会社もある。しない会社あり)
  • 9.決定、資金化、振り込み

ファクタリングにも融資と同じように面談、面接の選考ステップがありますが難しいものではありません。

ファクタリングの面談は、落とすためのものではなく、通すためのものです。面談して明らかに「この人は・・・」という人をスクリーニングするもので、通常のコミュニケーションができれば、まず問題ありません。

ファクタリングの審査はAI審査などシステム化が進んでいて、スコアリングが基準点に達していれば、あとは面談でよほど「??」と判断されなければ通ります。

オンライン面談はネット環境があれば大丈夫です。容量を消費しますので、4G、5G回線ではなく、Wi-Fiや光回線(パソコン)などができる環境だとより望ましいです。自宅や事務所ではなく、オンライン面談ができるネット環境の場所で構いません。

ファクタリングはOKなのにノンバンクの「ビジネスローン」はNGの理由

オンラインファクタリングと同様に、オンラインで一連の手続きが完了するものに、ノンバンクの「ビジネスローン」があります。

ビジネスローンも審査が迅速で、最短即日入金できます。また、オンライン申し込みやオンライン面談で、遠隔地からの申し込みができる資金調達方法としても知られています。

しかし、ビジネスローンはファクタリングと比べて、利用するのは慎重に判断したいものです。それはビジネスローンの下記の特徴が関係します。山形県にもビジネスローンはありますが、利用の可否は慎重に判断してください。

  • ノンバンク(消費者金融など)が行う事業者向け融資
  • 利用限度額が上限約1000万円と非常に少ない
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報ブラック、金融ブラックの方は借りられない
  • 1000万円では必要な資金調達ができない場合がある
  • 消費者金融からの借入になるので、その旨信用情報に記載される。結果、以後、特に銀行融資にあたり大きなマイナスとなる

ビジネスローンは「融資」であり、融資に関係するさまざまな法律に規制されます。信用情報照会も必須です。

つまり、過去に返済事故、返済遅延を起こした「信用情報ブラック」の人は審査にあたり大幅減点になります。その時点で借りられない可能性もあります。

また、ビジネスローンは消費者金融の融資になるので、利用すると「消費者金融からの借入歴」が信用情報に掲載されます。消費者金融からの借入歴は以後の融資にあたって大きなマイナスとなります。

さらに、ビジネスローンで融資で融資できる上限額は1000万円であり、大企業、中小企業、個人事業主問わずこの金額が上限になります。

正直、ビジネスローンによる資金調達では足りない会社も多く、ファクタリングが使えない、しかし他に資金調達の方法がない場合の最後の手段にすべきです。

ビジネスローンに対して、ファクタリングは融資ではないので、信用情報照会がありません。

ファクタリングは信用情報に利用歴を記載されません。ファクタリング会社の買い取り可能額上限は売掛債権(売掛金)(売掛金)の金額次第です。会社によって多寡はありますが、数億円の資金調達も可能です。

ビジネスローンと同じくらいの迅速な資金調達が可能で、ビジネスローンの持つデメリットがありません。ファクタリングを有効活用することで、迅速な資金調達につながります。
それは山形県のどこからでも、オンラインファクタリングによって可能になります。

山形県の事業者の資金調達はファクタリングがおすすめ!No.1のファクタリングがおすすめです!

山形県は日本海側で特に冬場大雪に見舞われます。大雪の中、電車に乗って東京の方まで出てくるのはとても大変です。ならばコストをかけて無理に東京(圏)へ出ても迅速な資金調達になりません。

山形県の事業主様も有利な条件でファクタリングするならば、申し込みから面談、入金まですべてオンラインで完結するオンラインファクタリングをおすすめします。

一応、山形県のファクタリング会社も押さえつつ、都市部のファクタリング会社でオンラインファクタリングも候補に入れれば選択肢が広がり、有利な条件での迅速な資金調達につながります。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、他社と比較しても安心してご利用いただけるファクタリング会社になります。

オンラインファクタリング対応ですので、山形県のどこにお住まいの事業主様でも、問題なくご利用いただけます。そして、上記の表にあるように山形県内のファクタリング会社よりも条件がよくなっています。

No.1のオンラインファクタリングは場所を問いません。信頼できる売掛先の売掛債権(売掛金)請求書であればどこよりも高額で買い取りいたします。

No.1では、個人事業主やフリーランスのみなさまの売掛債権(売掛金)を買い取る専用メニューがあり、高い金額で買い取りいたしますので、断られることもある個人事業主やフリーランスの事業主様もご相談ください。

まず当社No.1までお問い合わせください。ご満足いただけるはずです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top