DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングは分割払いできない!分割払いできないのは融資ではないからという理由

ファクタリングは売掛債権(売掛金)の買い取りによる資金調達ですが、調達したお金についてはファクタリング会社に返済しなければなりません。

その際に返済資金について分割払いできれば、債権者(事業主様)の負担も軽くなりそうですが、実際には買い取り資金の分割払いはできません。

ファクタリングの場合、銀行からお金を借りたときのように返済について分割払いができません。なぜ分割払いできないのか本記事で解説いたします。分割払いできないことを前提に、資金繰り計画を立ててください。

ファクタリングで調達した資金返済は分割払いできない!その理由は?

ファクタリングによって事業主様がお持ちの売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に買い取ってもらい資金調達します。

その資金は売掛債権(売掛金)の回収日が到来すれば返済しなければならないものですが、そこで分割払いはできません。なぜ調達した資金の分割払いができないのでしょうか?

その理由を紹介します。

そもそも3社間ファクタリングはファクタリング会社が一括して回収する

ファクタリングで調達した資金の分割払いが問題になるのは、2社間ファクタリングの場合のみです。3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社が売掛先から直接売掛債権(売掛金)を回収しますので、その時点で一括回収して終了です。

債権者(事業主様)がファクタリング会社にお金を払う、返済するという作業は発生しませんので、そもそも分割払いできる、できないということを考える余地もありません。

分割払いが問題になるのは、債権者(事業主様)が売掛先から一旦売掛債権(売掛金)を回収して、それをファクタリング会社に支払うという2社間ファクタリングの場合になります。

しかし、最初から述べているように、2社間ファクタリングの場合においても、ファクタリングで調達した資金の分割払いはできません。

ここは必ず押さえておいてください。

分割払いをすると「融資」になってしまう

なぜ2社間ファクタリングの返済は分割払いできないのでしょうか?それは「融資」と同じとみなされるからです。

2社間ファクタリングで買い取ってもらった売掛債権(売掛金)を分割返済すると、その構図は借入した融資の返済と同じになります。

構図としては、分割払いにしてしまうと、ファクタリングではなく売掛金を担保にした融資になってしまいます。毎月の返済に金利(手数料)を上乗せして支払うのは買い取りではなく融資です。

融資になると、ファクタリング会社は民法の一般原則だけで営業できません。分割払いをも認めると融資になるので、銀行業許可や貸金業許可が必要になり、その商行為は債権譲渡(債権買い取り)ではなく金融業の一類型になってしまいます。

分割払いが認められるのはファクタリングではなく「動産担保融資」というものになります。動産担保融資となると、適用されるのは銀行法や貸金業法になり、民法ではありません。

銀行法や貸金業法の規制はファクタリングよりももっと厳しくなります。

融資の場合は、一括返済と約定返済(分割払い)があります。約定返済は、長期の融資を受けた場合に、毎月一定期間に計画的な返済を行います。売掛債権(売掛金)が一括で入金されるファクタリングの場合、本来返済原資はあるわけでこのような返済方法はあり得ません。

分割払いの場合、毎月の返済額が元金と利息を合わせて同額になる元利均等や、毎月同じ元金に利息を上乗せして返済する元金均等などの方法がありますが、一括して入金される売掛債権(売掛金)によるファクタリングは関係ないことがわかります。

融資は審査がとても厳しくそれに加えて、利息制限法の「上限金利」や貸金業法の「総量規制」も適用されます。当事者間の自由な合意で完結するファクタリングとはまったく違うものになってしまいます。

「分割払いできるファクタリングは、売掛債権(売掛金)を担保にした融資(動産担保融資)になるので、ファクタリングにはならない。したがって分割払いできない」

が最終的な答えになります。ファクタリングである以上すべて一括決済になります。

分割払いできるのは「デットファイナンス」でファクタリングの「アセットファイナンス」とは違う

ファクタリングは分割払いできません。分割払いを認めると、それはファクタリングではなく融資になってしまいます。

そもそもファクタリングと融資は別のカテゴリの資金調達方法になります。

以下の表を見てください。

     内容 資金調達方法の選択肢
アセットファイナンス 自社の資産を現金化する ①不動産売却
②知的財産権(特許、商標、著作権等)売却
③独占販売権、営業権などの無形資産の売却
④ファクタリング
⑤でんさい(電子記録債権)譲渡
⑥債権回収
⑦セール&リースバック
デットファイナンス 「借入金融」お金を借りる、返済義務あり ⑧銀行融資(無担保、無保証人)
⑨自治体等の公的融資(無担保、無保証人)
⑩不動産担保融資
⑪消費者金融、ビジネスローン
⑫手形割引
⑬社債、私募債発行
⑭ABL(動産・売掛金担保融資)
エクイティファイナンス 他社、第3者から出資を受ける、返済義務なし ⑮新株発行公募
⑯IPO(新規公開株)による資金調達
⑰株主配当増資
⑱第三者配当増資
⑲クラウドファンディング

融資は「デットファイナンス」というカテゴリになります。デットファイナンスは、お金を借りて金利を上乗せして返済していく資金調達方法です。

デットファイナンスで借入したお金については、財務諸表である貸借対照表の「負債の部」に計上します。

負債は返済義務があり、財務諸表の数字がよくないと「返済能力がない」と判断されて審査に落ちてしまいます。

表のように銀行融資はデットファイナンスですが、分割払いできるファクタリング=動産担保融資もデットファイナンスです。

つまり、分割払いできる時点で、資金調達方法のカテゴリで見ると通常のファクタリングとは異なります。

本来のファクタリングはアセットファイナンスであり、資産を売って換金する手法です。ならばその性質上分割払いはできないです。お金を借りるわけではなく、売掛債権(売掛金)を売れば一括でお金が手に入り、回収日には一括で売掛先から入金されるので、分割払いする場面がファクタリングには、そもそもありません。

ファクタリングはアセットファイナンスなので、ファクタリングの場合は売掛債権(売掛金)さえあれば、それをファクタリング会社に買い取ってもらうことで、資金調達できます。

会社の資金繰りや財務状態があまりよくない場合、デットファイナンスの審査には通りづらく、その代わりにアセットファイナンスのように自分の財産や債権を売却することで資金調達するのは理にかなっています。その場合、分割払いはできないことになります。

ファクタリングをはじめとするアセットファイナンスは、デットファイナンスと比べると特に審査が厳しいものは少なく、その資産があれば資金化できます。また、一括して資金を調達できるので、返済も容易です。分割払いの必要性がそもそもなく、金利を上乗せして分割返済できないのも変ではありません。

財務状況に関係なく臨機応変に使える迅速な資金調達がアセットファイナンスです、分割払いしなければ資金を調達できない融資とはまったく性質が異なるものだとご認識いただけるはずで、ファクタリングを含めたアセットファイナンスを必要に応じて利用するのは理にかなっています。

分割払いしてでも無理に融資を受けようとして、審査に落ち資金調達できないという事態を避けられます。

分割払いできるとアピールするファクタリング会社は要注意!

分割払いできるのはファクタリングではなく融資だということがわかりました。

つまり「分割払いできるファクタリング」は存在しません。その場合動産担保融資になります。

もし「貴社のファクタリング返済は分割払いできますよ」と勧めてくるファクタリング会社があれば要注意です。悪徳業者や反社会的勢力のフロント企業であるかもしれません。

彼らの目的は「分割払いできます」で勧誘し、ファクタリングだから利息制限法に抵触しないことを口実に、利息制限法を超える金利をかけて、分割払いによって多額の金利を荒稼ぎする手段です。

・融資なのに銀行業や貸金業許可を持たない
・ファクタリングと誤認させ利息制限法適用対象外だと錯覚させる
・融資なのに利息制限法を超える法外な金利を分割払いで稼ぐ
・契約したんだから解約できないと脅す

この一連の流れによって、「ファクタリング」(実質違法融資)を申し込んだ人は「カモ」にされてしまい、本来できない分割払いを契約させられ、徹底的に違法金利を搾り取られてしまうでしょう。

売掛債権(売掛金)の分割払いを提案してくるファクタリング会社は、こちらが法に疎いと思うと、このような違法な提案をしてくる可能性があります。

ファクタリングで分割払いはあり得ない、分割払いは融資であることを強く意識し、変な罠に引っかからないようにしてください。

分割払いできなくても売掛先がしっかりしていれば大丈夫!資金調達はNo1ファクタリングにお任せ

ファクタリングは融資のように「毎月〇万円ずつ」という分割払いができません。分割払い=約定返済が法的に可能なのは銀行や貸金業です。それらに該当しないファクタリング会社への分割払いは認められていません。

そもそもファクタリングは「アセットファイナンス」であり、融資のような「デットファイナンス」ではなく、負債とならない資金調達方法です。負債として計上すれば分割払いで返済していくことも可能ですが、資金調達の性質上、アセットファイナンスであるファクタリングにはそれができません。

したがって、ファクタリングで調達した資金については、一括払い、一括返済しかできないことにご注意ください、分割払いできないのがファクタリングになります。

「株式会社No.1」は歴史と実績があるファクタリング会社です。ファクタリング会社であり、貸金業ではないので、資金化した売掛債権(売掛金)については分割払いできず、一括返済していただきます。

しかし、返済できないような無謀な買い取りはいたしません。事業主様の経営状況は返済能力も考えながら、適切に買い取りします。一括返済が厳しいと判断すれば買い取りしません。まず、分割払いせず一括返済できそうな売掛債権(売掛金)を買い取りします。

ファクタリングは原理的には分割払いしなくても一括返済できるものですが、慣れないうちはそれができないこともあるので、当社がサポートします。

お金の流れを理解していただければ、分割払い不要でファクタリングできます。法的に分割払いは融資になってしまいますので、申し訳ございませんが当社No1ファクタリングについては、分割払いできないファクタリングとなります。分割払いしなくても売掛債権(売掛金)の買い取りであれば問題なく一括返済できるはずです。

ファクタリングによって迅速な資金調達が可能になります。ぜひ一度当社No1ファクタリングまでお問い合わせください。融資ではないファクタリングのメリットを体験してみませんか。

何卒よろしくお願い申し上げます。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top