DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリンで即日資金調達可能かつ審査甘いものは特定のポイントをクリアすることが大切!

ファクタリングは新しい資金調達方法として注目されています。
融資ではないので、融資の審査過程で必要な各種ステップがありません。

それを審査が甘いととらえる向きもありますが、そうではなくファクタリングはアセットファイナンス、融資はデットファイナンスで本質的に異なるものです。

資金調達の種類が違うので、ファクタリングについて審査が甘いと感じるかもしれませんが、審査が甘いのではなく審査のポイントが異なります。

今回はファクタリングで即日資金化を求める中で審査が甘い、難易度が低いと感じるファクタリング会社のポイントについて解説します。

迅速かつ審査が甘いファクタリングであれば、急な資金調達に迫られた時も対応できます。
審査に落ちてしまう可能性を極力排して、合理的に動けます。

そのような有利な条件でのファクタリングはあるのでしょうか?

今回は即日資金調達可能で、かつ審査が甘いと言われるファクタリングのポイント、条件について考えます。

ファクタリングと融資の審査基準の違いをまず押さえておこう

融資と比べると審査が甘いと言われるファクタリングですが、両者の審査基準の違いについて確認しておきましょう。表のようになります。

ファクタリングの審査基準 融資の審査基準
売掛先(取引先)の信用力を重視する
財務内容はそれほど問われない
決算が悪くても売掛債権(売掛金)があれば可能
信用情報照会無し
消費者金融からの借入があってもOK
最短即日のポイント審査
申請者(事業主様)の信用力を重視する
財務内容重視、借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
信用情報照会で厳しくチェック
消費者金融からの借入があると厳しい(大幅減点)
最短でも半月、長ければ1か月のじっくり審査

ファクタリングと融資では審査基準が異なります。ある人から見ると、ファクタリングの審査は甘いと感じられても、逆にある人から見ると融資の方がよいということもあります。

例えば、現金商売かつBtoCの場合、売掛債権(売掛金)が存在しないので、そもそも資金繰りに困っても、ファクタリングは使えません。
そうした事業主様にとってはファクタリングを利用しようにもできないわけですから、審査が甘いとは程遠い状況になります。

ファクタリングの方が審査が甘いのではなく、ファクタリングの審査基準の方が、融資よりも時間がかからずチェック項目が少ない場合が多いと言えるでしょう。

ファクタリングが審査甘いのは本当か?審査項目をチェック

ファクタリングの審査が甘いと言われるその理由は何なのか、ファクタリングにおける審査基準について整理しておきましょう。

  • 売掛先の信用力を重視
  • 信用情報照会がない
  • 申込人の信用力は売掛先よりも後の評価
  • AIなどコンピューターによる審査が進む
  • 結果的に審査が早くなり即日資金調達可能なものもある
  • 銀行法や貸金業などの法的規制を受けない。民法をもとにした債権譲渡契約になる
  • 「総量規制」やビジネスローンの1000万円上限がない
  • 3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングより審査が緩い

ファクタリングの審査甘いから即日資金調達可能というよりも、審査においてAIなどコンピューターも活用し、審査の機械化が進んでいるため即日も可能ということになります。

審査が甘いから簡単に通り、即日資金調達可能ではないことに注意してください。
そのロジックが可能なら、融資だって即日借入可能でもおかしくありません。
しかし、融資はそうではなく人の目を介してじっくり審査します。

審査が甘いファクタリングと即日資金調達可能なファクタリングの場合分け

今回のテーマである「審査が甘い」ファクタリングと「即日資金調達可能」なファクタリング、実はそれぞれポイントが異なります。

この「審査が甘い」と「即日資金調達可能」を両立させるファクタリングはあるのでしょうか?
まず、「審査が甘い」と「即日資金調達可能」なファクタリングについてそれぞれの特徴を解説します。

審査が甘いと感じられるファクタリングの特徴

まず審査が甘いと感じられるファクタリングの特徴です。
繰り返しになりますが、実際にゆるゆる審査をしているのではなく、多額のお金が絡む契約ですのでしっかり審査します。
しかし、融資のようにたくさんの項目を時間をかけて審査しないので、結果的に緩く感じされるだけです。そこは注意しておきましょう。

審査に必要な書類が少ない

10個の書類を審査するのと5つの書類を審査するのでは後者の方が審査甘いと感じます。
健康診断で30項目検査すると「要精密検査」「要再検査」という項目が出てくる可能性が高くなりますが、10項目ならばそうした可能性は低いのと同様です。

もちろん検査項目が多い方が病気を発見しやすくなりますが、10項目検査の方が30項目検査よりも重大な病気の可能性が3倍ということにはならないはずです。

ファクタリングの審査でも重要なポイントがわかる書類さえあれば、返済不能リスクが減ります。

ファクタリングの審査に必要な書類はだいたい以下であり、その中でも最低1~3の3つのみでファクタリングできるところがあり、それなら審査甘いと感じるでしょう。

  • 1.売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 2.本人確認書類(身分証明書)
  • 3.銀行の通帳(売掛債権(売掛金)の入金確認のため)
  • 4.売掛契約が発生する旨の契約書
  • 5.確定申告書、決算書(それほど重視しない)
  • 6.商業登記簿謄本(法人のみ)
2社間ファクタリングではなく3社間ファクタリング

事業主様(債権者)とファクタリング会社で完結する2社間ファクタリングの場合、売掛先から期日に事業主様に振り込まれた売掛債権(売掛金)が、ファクタリング会社に支払われないリスクがあります。そのまま支払わず逃げてしまう事業主様がいます。

しかし、3社間ファクタリングならば、ファクタリング会社が直接売掛債権(売掛金)を売掛先から回収するので、ファクタリング代金の回収漏れ、返済遅延リスクがありません。

ファクタリング会社にとっては売掛債権(売掛金)を回収できる可能性が高くなるので、買い取り手数料も2社間ファクタリングよりも低くなります。
そのため、2社間ファクタリングと比べると3社間ファクタリングの方が、審査が甘いのは事実です。

融資とファクタリングでは審査の軸が異なるのですが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、3社間ファクタリングの方が審査が甘いのは事実です。

少額・小口から利用できて買い取り上限額の設定が低い

高額融資の場合審査が厳しくなりますが、少額融資の場合審査甘いとなることと同じです。
ファクタリングも少額ならば回収不能になった場合のファクタリング会社が受ける損害も少なくなるので、比較的審査甘いということになります。

手数料の上限が高く設定されているファクタリング

審査に時間をかけるのではなく、ある意味「保証料」「担保」として手数料を多く取り、審査を簡便にする、審査が甘いと思われるような対応をするファクタリング会社もあります。

手数料が高いのは、ファクタリングによって資金化できる金額が減るため痛いのですが、その分審査には通りやすくなります。

お金で審査に加点してもらう、みたいなイメージですが、もしそれでも良いのであれば、手数料が高いファクタリング会社を狙うという方法もあります。

売掛先が個人ではなく法人

ファクタリングする売掛債権(売掛金)の宛名(売掛先)が法人ならば、登記簿謄本を取得できるため、どこの誰が経営しているかわかります。
とはいえ即日資金化を目指すので、ファクタリング会社に法人登記簿謄本を取得させるわけにはいきません。

しかし、国税庁の「法人番号サイト」で、法人番号や社名、所在地は確認できます。
最低限実在する会社かどうかは即時にわかります。

一方、売掛先が個人(事業主)の場合、どこのだれかわかりません。
実在する人なのか、どのくらい営業しているのか請求書だけではわからないため、審査が厳しくなります。
自作自演の可能性も疑わなければなりません。

そういうわけで個人事業主よりも法人の方が、実在を確認しやすく審査も緩めになります。
可能ならば、売掛先法人の登記簿謄本を事業主様の方で取得し、必要書類に加えて提出するとさらに審査が甘い状況になります。

即日資金調達可能なファクタリングの特徴

申し込みをして即日現金化可能なファクタリングの特徴も理解しておきましょう。

オンラインのみで手続きが完了するオンラインファクタリングならば即日現金化も可能

オンラインで申し込み~面談~入金まで完結する「オンラインファクタリング」ができるファクタリング会社ならば即日資金調達も可能です。

オンラインファクタリングでは以下の書類をデータでファクタリング会社に送り、時間の短縮を図ります。

面談についても、ZOOMやチャットワークなどWEB会議ツールを使ってリアルタイムで行います。

<オンラインファクタリングの必要書類>

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
    (例外的に「将来債権」である発注書、注文書などでファクタリングできるファクタリング会社もある)
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認できるもの)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

これらをPDF化(ないし画像化)しておきます。
ファクタリング会社のHPからアップロード、ないしメール等で送ります。

その後、いかのフローでファクタリング手続きが進みます。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査

朝オンラインファクタリングを申し込み、足りない書類がなければ夕方までに面談まで行い、即日資金調達可能です。
昔のように銀行は15時まで、振り込みは翌日ということはなくなったので、その日中に口座へ着金まで進みます。

2社間ファクタリングならば即日現金化に有利

オンラインファクタリングならば即日資金調達に近づきますが、もう1つ2社間ファクタリングだと売掛先の同意が不要になるので、時間を短縮できます。

3社間ファクタリングの場合、売掛先の同意が必要です。
ファクタリングを申し込みした日に売掛先と連絡がつかなければ、即日資金化は不可能になります。

事業主様とファクタリング会社で完結する2社間ファクタリングが即日資金調達のためには不可欠な要素になるかもしれません。

現実的な即日資金調達可能で審査甘いくらい簡便なファクタリングとは?

これまで審査が緩い(とみえる)ファクタリングと即日資金調達可能なファクタリングの条件をチェックしました。

審査が甘い(と外からは見える)ファクタリングは

  • 必要書類が少ないファクタリング
  • 2社間ファクタリングではなく3社間ファクタリング
  • 少額のファクタリング
  • 手数料が高いファクタリング
  • 売掛先が個人ではなく法人

即日資金調達可能なファクタリングは

  • オンラインファクタリング
  • 3社間ファクタリングではなく2社間ファクタリング

となります。

「必要書類が少ない、可能なら個人ではなく法人が売掛先の売掛債権(売掛金)のファクタリングを少額、オンラインファクタリングで申し込む。多少手数料が高いのは気にしない」
までは共通認識を得られます。
しかし、2社間ファクタリング(即日)と3社間ファクタリング(審査が甘い)で対立してしまいます。
しかし、3社間ファクタリングの場合、物理的に売掛先に同意を取るのに時間を要してしまいます。

売掛先債権の内容が良ければ、2社間ファクタリングの審査でも十分通ります。

したがって

「必要書類が少ない、可能なら個人ではなく法人が売掛先の売掛債権(売掛金)のファクタリングを少額、オンラインファクタリングで申し込む。多少手数料が高いのは気にしない」+「2社間ファクタリング」

が、「審査が甘い」と「即日資金調達可能」を両立させる条件、ポイントになります。
数多いファクタリング会社の中で、これを満たすところを探すのが良いでしょう。

必要書類が少なすぎるのは危険!注意しよう

審査が甘いと思われる条件である「必要書類が少ない」ですが、少なすぎても悪徳業者かもしれません。

ファクタリングは民法上の契約行為なので、当事者間で合意できれば良いわけですが、書類が少なすぎると、あとから「これが確認できなかった。信用調査会社を使ったので追加費用を払って」などと難癖をつけられる可能性があります。

あまりに「誰でも簡単に審査できます。すぐに買い取りします」という謳い文句のファクタリング会社にはご注意ください。
ファクタリング会社は許認可制ではないので(融資と違い)、中には悪徳業者が紛れ込んでしまう可能性がゼロではありません。

審査が甘いわけではないが通りやすく最短即日資金調達可能な No.1のファクタリングがおすすめ

審査が甘いというファクタリングは注意しないといけませんが、融資とは審査の軸が異なるので、結果的に審査が甘いという印象を持つかもしれません。
即日資金調達が可能なのは、ファクタリングは融資ではなく、民法上の契約行為になるからです。

しっかりしたファクタリング会社を選べば、「審査が甘い(イメージ)」と「即日資金調達」を両立できます。

「株式会社No.1」によるファクタリングは、迅速で丁寧な対応、業界最安値レベルの手数料でとてもコスパが良いです。
即日資金調達が可能なオンラインファクタリングを実施していて、みなさまのご要望にお応えします。

少ない書類で的確、迅速な審査を行い、可能な限り高価で売掛債権(売掛金)を買い取りします。

少しでもみなさまのためになるよう、No.1は可能な限りお勉強いたします。
ぜひ一度ご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top