DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

即日資金化も可能!スピード重視のファクタリングを選びたい人向けのポイントを紹介します!

迅速な資金化を希望している場合、従来の銀行融資ではどうしても時間がかかってしまいます。銀行融資は最低2週間、申し込みから時間がかかります。

今日明日に資金が必要な方は銀行融資に申し込みしてもその希望を叶えられません。スピードがある資金化を目指す場合、おすすめするのがファクタリングです。

ファクタリングならばスピードがある資金化が可能です。「最短即日」の資金化も場合によってはできます。これなら、明日お金が必要、数日以内に支払いがあるという方でも対応できます。

急な資金需要に対応できるのはファクタリングです。今回はファクタリングでスピードがある資金化を実現するために注意したいポイントを紹介します。これに気を付ければ「最短即日」の資金化も可能です。ぜひファクタリングを資金需要を満たす方法の1つとしてご検討ください。

ファクタリングがスピード感ある資金化を実現できる理由

なぜ融資と比べて、ファクタリングならばスピードがある資金化ができるのでしょうか?通常の銀行融資で「即日融資」などということはできません。それは、それぞれが規定される法律の違いにあります。

銀行融資の場合、その手続きや進め方、審査については、銀行法や貸金業法、さまざまな金融庁の通達によって縛られています。それらに沿って進めないと、行政処分の対象となります。

金融業(融資を行う業種)は許可制であり、条件を満たし、行政当局の許可を得ないと開業できません。つまり、生殺与奪を行政に握られていることになるため、スピードよりも慎重性重視になります。マイナス点にならないように、より時間をかけてスピードとは逆の対応をせざるを得ないのが融資です。

しかし、ファクタリングは違います。ファクタリングを規定するのは、特別法(「ファクタリング法」にようなもの)ではなく、民法の一般原則、一般条項です。

通常の債権譲渡契約を行い、それは当事者間の自由な意思表示、合意にゆだねられています。したがって、当事者がOKならば、融資で必要な手続きを省略できます。融資の場合、実際にその事業者が営業しているか、銀行員がその目で確認する「実訪」や信用情報照会などがありますが、ファクタリングでは不要です。

面談もお店に来てもらっての対面でなくても大丈夫で、最近ならばZOOMやLINEなどのオンライン会議ツールを使って行います。信用情報照会が不要なので、過去に返済事故を起こした人(「信用情報ブラック」の人)の確認もしなくて済みます。

これにより、事業主様(債権者)とファクタリング会社の合意が優先されるため、融資と比べてはるかに速いスピード審査が可能になります。

そうした中でも特にスピードを重視したい場合、どのようなファクタリングを行えばよいのか次の項で解説していきます。

なお、融資とファクタリングでは審査基準がこのように違うことをぜひ覚えておいてください。審査基準が違うことで資金化までのスピードも異なります。

融資の審査基準 ファクタリングの審査基準
申請者の信用力を重視する
財務内容重視、借入が多いと不可
赤字企業には融資が厳しい
信用情報照会で厳しくチェック
消費者金融からの借入があると厳しい
売掛先の信用力を重視する
財務内容はあまり問われない
決算が悪くても売掛金があれば可能
信用情報照会無し
消費者金融からの借入があってもOK

ファクタリングによってスピード審査、スピード資金化を可能にするポイント

ファクタリングで迅速なスピード感のある資金化、資金調達を実現させるためにはいくつかポイントがあります。ファクタリングだから全部スピード感ある資金化ができるわけではなく、さすがに融資よりはスピードがありますが、漫然と選ぶと1週間以上かかってしまうことがあります。

スピード重視のファクタリングをしたい場合、それなりに選ぶポイントがあるのでそれを以下で解説していきます。

2社間ファクタリングを選ぶ、3社間ファクタリングは選ばない

ファクタリングは通常でも融資と比べるとスピード重視の資金化を可能にしますが、その中でも、特に入金までのスピードを上げたい場合、3社間ファクタリングではなく2社間ファクタリングにします。

3社間ファクタリングの場合、事業主様(債権者)、ファクタリング会社に加えて、売掛先の同意も必要になります。ファクタリングを申し込みした時に、すぐに売掛先が対応できるとは限りません。数日待たされる可能性もあります。

しかし2社間ファクタリングであれば、事業主様(債権者)とファクタリング会社さえ合意できれば契約ができます。これなら「即日資金化」も可能です。当日、事業主様(債権者)とファクタリング会社間で手続きが完了すれば、スピードがあるファクタリングにつながります。本当に資金調達を急いでいて、手数料の多寡よりも振り込みまでのスピードを重視したい場合、多少手数料が高くなっても、2社間ファクタリングを選ぶべきです。

入金までのスピードは、明らかに

2社間ファクタリング>>3社間ファクタリング

になるので、まず2社間ファクタリングを選ぶのがスピードがある資金化には必要です。

オンラインのみで手続きが完了するファクタリングならばよりスピードがある

スピード重視の場合、ファクタリング会社に行き、スタッフとやり取りすると時間のロスになってしまいます。

銀行から融資を受けようとする場合、融資の申し込みに行き、必要書類を提出し、その後審査になります。審査の過程で、対面で面接を受け、その後、営業確認(実訪)などが行われようやく融資の実行になります。

この一連の融資手続きは、早くて半月、長い場合(特に初回は)1か月近くかかってしまいます。

しかし、ファクタリングの場合は上述のように「ファクタリング法」のようなものがなく、民法の一般原則が適用されます。つまり、当事者間で問題なければすぐに売掛債権(売掛金)の買い取りになります。

その中では、書類についても現物、あるいは現物コピーでなくても大丈夫で、PDFや画像化したデータをネットで送ることで書類提出に代えられます。

また、面談についても対面でなくても、ZOOMなどのオンライン会議ツールで大丈夫です。

オンラインファクタリングならば、実際にファクタリング会社の店舗に行かなくても、契約、手続きが完了しますので、より振り込みまでのスピードが早くなります。すぐに資金化したい事業主様はオンラインファクタリングを選びましょう。

またオンラインファクタリングならば、場所を問わないので全国各地の方がオンラインファクタリングを実施しているファクタリング会社へ申し込めます。

地方の場合、近くの都市にあるファクタリング会社へ行くだけでも大変ですが、オンラインファクタリングならばどこで事業をしていても、インターネット環境さえあれば、東京などあらゆるファクタリング会社へ申し込めます。

競争がある都会のファクタリング会社の方が、経営努力によって条件が良いので、手数料も安い傾向にあります。

競争がある都会、都市部のファクタリング会社に申し込むためには、オンラインファクタリングを選ぶのがよく、結果的にスピードも早くなります。

オンラインファクタリングの手続きと必要書類

オンラインファクタリングを行う際の必要書類と手続きについて簡単にまとめました。すぐにデータとして提出できる状態にしておくことが、スピード感ある資金化につながります。

<オンラインファクタリングに必要な書類>

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

少なくともこれらについては、スキャンしてPDFか、画像データとして保存していくようにしてください。また、法人の商業登記簿謄本については有効期間3か月なので、適宜取り直しをお願いいたします。

これをすぐにデータ送信、アップロードできればスピード感ある資金化につながります。

<オンラインファクタリングの手続き>

オンラインファクタリングの手続きはおおよそ以下のようになります。

  • 1.ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 2.請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 3.請求書情報の入力
  • 4.本人確認書類の提出(アップロード)
  • 5.携帯電話のSMS認証
  • 6.事業者登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • 7.WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • 8.オンライン契約への同意、電子署名など
  • 9.AIによる審査

オンラインファクタリングの審査は、銀行融資の審査と異なり、各書類のデータを数値化した独自のスコアリングシステムによって行います。

ただし、売掛先に信用度があれば、融資よりも高い確率でファクタリング審査は通るので、そこまで大きな心配はしなくても大丈夫です。

最近は審査にAIを用いる会社も出てきました。AIを上手に活用できるファクタリング会社が登場すれば、オンラインファクタリングと相まって、よりスピード感ある資金化につながるはずです。

ファクタリングは融資と異なり、細かい決まりがないので、スピード感ある資金化を図れる余地があります。

すでに取引があるファクタリング会社に申し込む

ファクタリングのスピードを重視したい場合、新規のファクタリング会社ではなく、すでに利用実績のあるファクタリング会社に申し込むのも重要です。

しっかりとした「実績」があれば、ファクタリング会社から事業主様へ信用、信頼があります。お得意様ならば細かい審査も省略してスピード入金につなげられます。

まず、これまで利用したことがあるファクタリング会社に売掛債権(売掛金)の買い取りをお願いしてみましょう。継続の顧客を無下にするファクタリング会社は少ないはずです。

スピード感あるファクタリングを実現するためのポイントまとめ

スピード重視のファクタリングをするための重要ポイントをまとめました。

  • 1.2社間ファクタリングである
  • 2.手続き、審査がオンラインで完結する(オンラインファクタリング)
  • 3.情報の入力量が少ない
  • 4.提出する資料が少ない
  • 5.提出する資料の取得難易度が低い
  • 6.AIによる審査

5番目が意外と重要です。住民票だけなのか、納税証明書を求めるのか、さすがに戸籍謄本まで求めるファクタリング会社はないと思われますが、公的書類ほど公的機関へ行って取得しなければならず、こうした機関は平日の日中(定時)で閉まってしまいます。

法人登記簿謄本はその性質上仕方ないですが、それ以外の公的書類についてはなるべく取得の手間がかからない条件のファクタリング会社を選ぶべきです。そうすれば家にある書類をデータ化してオンラインで送信するだけで済みます。

これらのポイントをクリアしても資金化までのスピードがいまいちな場合、それはファクタリング会社選びを間違っているということです。本来ならば、これで「即日資金化」も可能になるはずです。

スピードを重視しないファクタリングももちろんOK

スピード重視のファクタリングをしたい場合、このようなポイントになりますが、そうではない場合、多少時間がかかっても問題ない場合は、2社間ファクタリングやオンラインファクタリングにこだわらなくて大丈夫です。

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が手数料は安いため、売掛債権(売掛金)の買い取り額を増やしたい場合は、多少スピードが遅くなっても3社間ファクタリングにすべきです。

また、非オンラインファクタリングの場合、対面で面接する場合もあります。対面面接ならば、オンライン面接とは異なり、やる気を身振り手振りで伝えられます。面接で一発逆転したいことがあれば、オンラインファクタリングではなく対面でやり取りすることをおすすめします。

機械的ではないファクタリング判断が下り、多少事情があっても面接の内容で加点できるかもしれません。

スピードがある資金化にはファクタリングが不可欠!No.1のファクタリングが特におすすめ!

ファクタリングは審査が簡便で、かつ銀行法や貸金業法など各種金融関連法律が適用されない資金化手法です。

これにより、オンライン面談活用や実訪(担当者がみなさんの事業所に行き営業しているか確認する)や信用情報照会が不要なので、余計なステップを省いて資金化まで進めます。

当事者間の合意によって決められることが多く、民法の一般条項が適用されるのみですので、どんどんスピードアップして売掛債権(売掛金)買い取りまで進められます。

銀行融資とは違う資金化手法であり、デットファイナンスではない「アセットファイナンス」によるスピード感ある資金化に期待してください。

よりスピードがある資金化を目指すには、ファクタリング会社選びも重要になります。ファクタリング会社によっては資金化までに数日かかることも、「即日資金化」可能なところもあるからです。

「株式会社No.1」は経験と実績があり、他社と比較しても安心してご利用いただけるファクタリング会社になります。

ホームページには「スピード審査依頼」のページがあり、そこでみなさまがどのくらいの資金調達をファクタリングで可能か概算できます。当然、初回取引の方よりも継続取引の方が審査もよりスピードは早く、調達額(買い取り額)も多くなります。

概算でもすぐに数字を出せるのがファクタリングの大きなメリットです。お見積りだけでもぜひ当社のフォームより申し込んでみてください。

後日当社スタッフから連絡がいくこともありますが、その際には丁寧にファクタリングについて説明します。

みなさまがファクタリングにスピードを求めていることを理解し、簡潔にかつ無駄のない説明に努めさせていただきます。ぜひ一度No.1のファクタリングにお問い合わせいただき、ファクタリングとはどのようなものなのか知っていただければと存じます。

新しい資金調達手法として、ファクタリングはスピードがある資金化を可能にします。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top