DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

製造業にはファクタリングがおすすめ!製造業ならではのメリット・デメリット、活用方法を徹底解説

スピード査定依頼フォーム

ファクタリングの利用率は業種によって異なります。
中でも、特に利用率が高いのは製造業です。
製造業でファクタリングの人気が高まっている理由は、製造業とファクタリングの相性が非常に良いためです。
No.1でも製造業のお客様から多数のご利用をいただいております。
製造業特有の資金繰り事情と、ファクタリングのメリットをうまくかみ合わせることで、資金繰り改善や経営改善に成功する会社も少なくありません。
この記事では、製造業の資金繰りの特徴、資金繰り改善のポイント、製造業でファクタリングするメリット・デメリットについて、具体的な活用方法を織り交ぜながら詳しく解説します。

製造業の資金繰り

日本における製造業の割合は30%を超えており、全業種で最も高い割合です。
日本が「モノづくり大国」と言われる理由もここにあります。
当然、中小企業でも製造業の割合が最も高く、なおかつ資金繰りに苦しんでいる事業者が非常に多いのが特徴です。
まずは、製造業の資金繰りを圧迫する要因を見ていきましょう。

原価管理の難しさ

製造業の資金繰りのポイントは、何といっても「正確に原価管理を行うこと」にあります。
製造業は、モノを製造して販売します。
製造には原材料、人件費、光熱費、設備費などの原価がかかります。
原価率を正確に把握し、原価を管理しながら経営しているかどうかによって、業績や財務の安定性に雲泥の差が生じます。
資金繰りに悩む製造業者は、原価管理がずさんになっていることがほとんどです。
中でも、自社で製造している製品が複数種類あるにもかかわらず、それらの売上を一括りにしているケースが目立ちます。
全ての製品を一括りにして売上を把握しても、製品別の売上が見えず、仕入原価の予測を立てることも不可能です。
適正な仕入れができないため、不足するよりはマシだと考えて多めに仕入れることが増え、過剰在庫の問題も抱えるケースがよくみられます。
このほかにも、変動費と固定費の区分が間違っており、原価率が正しく計算できなくなっていることも多いです。

労務管理がずさん

労務管理がうまくいかず、必要のない人件費を支払うことで製造原価が高くなり、利益を圧迫していることもよくあります。
自社の労務管理がうまくできているかを簡単に診断するには、工場勤務の社員の人件費をチェックすることをおすすめします。
もし、人件費の変動が小さい場合、受注の増減に合わせ、残業時間や休日出勤をコントロールできていない可能性が高いです。
もちろん、労務管理がうまくいかなければ、工場が必要以上に稼働することとなり、水道光熱費などのコストにも無駄が生じます。
これらも、資金繰りを圧迫する要因となります。

設備への過剰投資

製造業特有の資金繰り悪化要因に、設備への過剰投資が挙げられます。
製造業を営むには、製造設備への投資が欠かせません。
古くなった設備を買い替えたり、新製品を製造するための設備を購入したりする必要があります。
設備投資には多額の費用が必要となるため、銀行から設備費用を借り入れるのが一般的です。
しかし、「借入時の計画通りに製品の売上が伸びない」「設備投資直後に景気が急速に悪化して設備の稼働率が落ち込んだ」といった場合には、当初見込んでいた利益(返済原資)が得られず、銀行への返済に苦しむこととなります。
このほか、設備には点検や修繕のためのコストがつきものです。
定期的なメンテナンス費用や、突発的な修繕に対応するめの修繕費を織り込みながら資金繰り計画を立てなければなりません。
実際には、多くの製造業者がこのような計画性を持っておらず、保守管理や修繕の負担によって資金繰りを悪化させています。

売上の低下

さらに、売上の低下に見舞われやすいのも製造業の特徴です。
消費者は常に安いものを求めます。
情報化とグローバル化が進んでいる現代では、消費者はよりコスパの良い商品を容易に探すことができ、海外製の安価な商品の流入も盛んです。
このため、国内の製造業者は、単価の安い海外製品との価格競争を避けられません。
また、人件費や材料費などが安い海外へ発注するケース非常に多く、国内業者の受託製造も難しくなっています。
生き残るために、薄利多売によって売上を確保する、多額のコストをかけて海外に進出するなどの方針を採る製造業者も多いものの、どちらの場合にも資金繰りには大きな負担となります。

製造業の資金繰り改善

では、製造業者が資金繰りを改善するにはどうすればよいのでしょうか。
ここでは、製造業向けの資金繰り改善方法を取り上げていきます。

原価管理の徹底

上記の通り、原価管理がずさんな状態は製造業にとって命取りになりかねません。
まずは、原価管理の徹底から取り組むべきです。
具体的な方法には、以下のような方法が挙げられます。

製品ごとの原価率を把握

資金繰り表の売上区分を製品ごとに分けましょう。
これにより、仕入原価の予測を立てられるようになり、製品ごとの真の原価率を把握できます。
原価率が高い(≒利益率が低い)製品の製造を縮小し、原価率が低い(≒利益率が高い)製品の製造に注力することで、原価負担を引き下げると同時に利益率を高めることができ、資金繰りが確実に改善されます。

変動費と固定費をチェック

変動費と固定費の区分をチェックしましょう。
この区分が曖昧な状態では、原価率を正確に把握できません。
経理に関する知識が足りず、費用の区分が曖昧になっている会社では、コンサルタントに依頼するなどして一度整理する必要があるでしょう。

製造原価に注意

工場での人件費や水道光熱費は製造原価の大きな割合を占めています。
ここで無駄を省けば原価率を下げることができ、資金繰り改善に役立ちます。

設備投資は慎重に

設備投資は慎重に行い、設備の管理も正確を期します。
定期メンテナンス費用はしっかりと織り込んだ上で資金繰りを計画し、突発的な修繕にも対応できる状況を作っておくことが大切です。

業務改善に取り組む

原価率を下げ、支出を減らすことができれば資金繰りの改善につながります。
そこで役立つのが業務改善です。
製造業は、業務改善余地が大きい業種です。
他の業種では、大きな改善に取り組まなければあまり効果が得られないことも多いのですが、製造業では小さな改善で効果が得られる可能性が高いのです。
例えば、工場内の整理整頓が挙げられます。原材料を置く場所を少し工夫するだけで作業スピードが速くなったり、チェックの動作をひとつ加えるだけで不良品の個数が目立って減少したり、色々な工夫が考えられます。
トヨタ方式のカイゼンでは、工場にネジがひとつ落ちているだけでも問題として取り上げます。ネジをよけるための一歩の動作を、大勢が長期間にわたって繰り返せば、小さな無駄が積もり積もって大きな無駄となります。これを問題視するのです。また、ひとつのネジを放置しておくことで、二つ目、三つ目のネジが落ちたまま放置されることを予防することも可能です。
製造業では、このようなわずかな改善の積み重ねにより、資金繰りを着実に改善できます。

在庫管理の徹底

製造業では、製造のために仕入れた原材料や、製造した製品を一時的に保管しておく必要があります。
そこで重要なのが在庫管理の徹底です。
在庫管理は、仕入れのコントロールにつながります。
仕入れの数量をコントロールすれば、常時保管しておく数量を一定に保つことができ、原材料の在庫が過剰になることもありません。
これにより、無駄な仕入れ費用の発生を避けることができます。
また、製造量のコントロールにもつながります。
製造量が適正水準であれば、原材料を多く仕入れる必要がなくなり、過剰な製品在庫を抱えることもありません。
原材料や製品の在庫を適切に管理し、過剰在庫に陥らなければ、在庫を保管しておく倉庫も必要十分なサイズを選ぶことができます。
倉庫サイズを縮小すれば、倉庫賃料のカットも可能です。

製造業の資金繰り安定にはファクタリングが効果的

上記のような資金繰り改善に取り組むと同時に、資金繰りの安定のために資金調達方法の多様化にも取り組むべきです。
上記の通り、製造業は売上の低下に見舞われる危険があり、設備投資が想定外の負担になることもあります。
その結果、資金繰りが悪化するにつれて銀行が融資を渋るようになり、資金調達に苦労することが多いです。
銀行融資以外にも、複数の資金調達ルートを確保しておくことは、製造業に限らず全ての業種にとって重要といえます。
製造業と相性が良い資金調達方法のひとつにファクタリングがあります。
ファクタリングとは、自社が保有している売掛金をファクタリング会社に売却することで資金を調達する方法です。
つまり、支払い期日前の売掛金によって資金を調達できるのです。
ほとんどの製造業者は掛取引を行っており、基本的には常に売掛金を保有しています。
これは、ファクタリングによっていつで資金調達ができることを意味します。

製造業が銀行融資に依存する危険

製造業がファクタリングによって資金調達方法を多様化すべき最大の理由は、銀行融資への依存が極めて危険なためです。
製造業が銀行融資に依存する危険は、主に二つあります。
一つ目の難点は、融資を受けられるとは限らないこと。
もう一つの難点は、調達に時間がかかることです。

融資を受けられるとは限らない

銀行の融資審査では、融資先の経営内容を厳しく審査します。
このとき、最も重視されるのは返済能力です。
返済能力に問題がある製造業者は、担保・保証が十分でなければ融資を受けることはできません。
銀行は低金利で貸し付けるため、貸付金の一部が貸倒れになっただけでも赤字になります。
また、金融庁の指導により、融資先の経営に不安のある場合には貸倒引当金を積み立てる必要があり、経営効率の悪化にもつながります。
だからこそ、銀行は製造業者の経営状況を審査し、現在の返済能力に問題がないこと、そして将来(融資期間中)の返済能力に問題がないことを重視するのです。
これまでは銀行から融資を受けられたとしても、いつまでも融資を受けられるとは限りません。
一時的な経営の波や景気の変動によって業績・財務が悪化した場合、それを理由に融資を受けられなくなることもあります。
特に製造業は、市況に大きな影響を受けます。
例えば、世界情勢の影響で物価が高騰した場合、製造原価の上昇は避けられません。
短期間のうちに赤字転落、それを理由に銀行から融資を受けられなくなる…といった流れも十分に考えられます。
その時、銀行融資に依存している製造業者では、資金繰りが破綻する危険があります。
だからこそ、製造業で銀行融資に依存している会社は、資金調達方法を多様化すべきなのです。

資金調達に時間がかかる

次に、銀行融資は調達に時間がかかります。
業績・財務が好調な会社がプロパー融資を受ける場合でも2週間程度を要し、それ以外の会社では1ヶ月程度を要するのが普通です。
中小製造業者では信用保証協会を利用するケースが多いですが、その場合にはもっと時間がかかるでしょう。
製造業は、他の業種に比べて突発的な資金需要が発生しやすい業種です。
例えば、以下のような場合には緊急の資金調達が必要となります。

  • 製造設備のトラブルにより、一時的に製造がストップした。その期間中の損失の補填や緊急のメンテナンス、設備の買い替えなどのために資金調達が必要となった。
  • 製造現場で従業員がケガをした。人材の確保や一時的な外注のために資金調達が必要になった。
  • 社会的な影響で需要が高まり、受注が急激に伸びた。受注をこなすために仕入費用や人件費が膨らみ、増加運転資金の調達が必要になった。

このほかにも、製造業特有の理由は様々です。
銀行融資に依存している製造業者は、このような緊急の資金調達に対応できません。
特に、資金ショートの危険が迫っている場合、銀行融資で調達できなければ資金ショートを引き起こし、最悪の場合には黒字倒産に至ります。

製造業とファクタリングの相性は◎

製造業でファクタリングを取り入れることで、柔軟に資金調達できます。
銀行融資では対応できない場面でも、ファクタリングならば安心して資金調達できるのです。
銀行融資を受けられない製造業者や、資金調達を急いでいる製造業者にはファクタリングが役立ちます。

製造業でも審査に通りやすい

ファクタリングは、銀行融資に比べてはるかに資金調達しやすい方法です。
銀行融資の場合、ある銀行に融資を断られると、他の銀行からも融資を断られる傾向があります。
特に、メインバンクから融資を断られた製造業者は、サブバンクからの融資はほぼ不可能と考えるべきでしょう。
しかしファクタリングは、業績・財務の悪化によって銀行融資を断られた製造業者でも、難なく資金を調達できます。
これは、銀行融資とファクタリングでは審査基準が異なるためです。
上記の通り、銀行の融資審査で重視するのは、融資先となる製造業者の経営状況です。
これに対し、ファクタリング会社の審査で重視するのは、ファクタリングを利用する製造業者の経営状況ではなく、売掛先(ファクタリングする売掛金の支払人)の経営状況を重視します。
ファクタリング会社は、売掛先の状況に応じてリスク(その売掛金を買い取ることによってファクタリング会社に生じるリスク)を測り、リスクに応じて額面金額よりも割安に買い取ります。
つまり、ファクタリング会社が利益を得られるかどうかは、売掛先が売掛金を満額支払ってくれるかどうかにかかっているのです。
ファクタリング会社は、製造業者の経営が安定していても、売掛先の経営状況が悪ければ、売掛金を買い取ることはできません。
逆に、利用する製造業者の経営に問題があっても、売掛先の経営状況(=支払能力)に問題がなければ、ファクタリング会社は売掛金を買い取ります。
以下のように、銀行融資を絶対に受けられない製造業者でも、ファクタリングならば審査に通ります。

  • 製造原価の高騰により赤字に転落し、黒字転換の見通しが立たない製造業者
  • 設備投資のために多額の融資を受け、借入余力が底をついている製造業者
  • 過剰投資により借入金を返済できなくなり、リスケジュール中の製造業者
  • 経営悪化のために手元資金が乏しく、税金や社会保険料を滞納している製造業者
  • 創業したばかりで業歴が短く、業績も不安定なため銀行評価が低い製造業者

緊急の資金調達にも便利

ファクタリングは、資金調達スピードに優れています。
上記の通り、銀行融資は調達に時間がかかるため、緊急の資金調達に不向きです。
ファクタリングの方式には、以下の2種類があります。

  • 2社間ファクタリング:製造業者とファクタリング会社の2社間で取引する方式
  • 3社間ファクタリング:製造業者、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式

ポイントは売掛先が関与するかどうかです。
売掛先が関与しない2社間ファクタリングは、簡素な手続きでスピーディに資金を調達できます。
No.1をはじめ、2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社の多くは最短即日対応が基本です。
一部のファクタリング会社では、売掛先を含む3社間でのファクタリングに対応しています。
ただし、3社間ファクタリングは「製造業者―売掛先」「ファクタリング会社―売掛先」のやり取りが必須となるため、最短でも1週間程度を要します。
とはいえ、銀行融資よりもスピーディに資金調達できることは間違いありません。
さらに、最近ではオンラインファクタリングも徐々に普及しています。
オンラインファクタリングは、2社間ファクタリングの手続きを全てオンラインで行うファクタリングです。
申し込みから契約まで全てオンラインで手続きすることにより、最短数時間での資金調達も可能です。
実際に、No.1のオンラインファクタリングサービスでは、最短60分入金の実績が多数ございます。
以上のように、製造業で緊急の資金調達が必要になった場合にも、ファクタリングならば難なく対応できます。
No.1のお客様の中にも、ファクタリングによって資金ショートを回避した製造業の例が少なくありません。

製造業でファクタリングを活用するメリット

製造業にとって、銀行融資よりも審査が通りやすく、なおかつスピーディに資金調達できることは、非常に大きなメリットといえるでしょう。
しかし、ファクタリングのメリットはそれだけではありません。
ここからは、製造業でファクタリングを活用するたくさんのメリットを紹介します。

銀行融資とファクタリングの併用を

上記では、銀行融資の審査に落ちた場合や資金調達を急いでいる場合など、銀行融資を利用できない場合のファクタリングのメリットを取り上げました。
しかし、ファクタリングは必ずしも銀行融資の代替手段ではありません。
銀行融資とファクタリングを併用することによって、製造業の資金繰りは格段に良くなるのです。
製造業に限らず、資金調達の軸は銀行融資です。
銀行融資ならば低金利で調達できるため調達コストが安く、審査に通れば少額の資金調達から多額の資金調達まで様々に活用できます。
しかしながら、銀行融資は少額・短期の資金調達よりも、多額・長期の資金調達に活用すべきです。
短期借入によって少額を調達する場合、借入額が少ないだけに調達コストのメリットも微々たるものです。
例えば、500万円を金利2%の短期融資で調達し、1年後に一括返済する場合のコストは10万円。
1億円を年利2%の長期融資で借入れ、年間200万円の金利を支払う場合に比べて、コスト面でのメリットは小さいといえます。
少額の資金調達であれば、調達コストが安いというメリットよりも、審査が厳しい、資金調達に時間がかかる、審査に落ちた場合に他の銀行の評価が低下するなど、デメリットの方が大きいでしょう。
とはいえ、製造業では短期資金の需要も旺盛です。
そこで、製造業には銀行融資とファクタリングの併用がおすすめです。
ファクタリングの手数料は銀行融資に比べて高いものの、少額の資金調達であればあまり負担になりません。
例えば、手数料率10%で500万円を調達する場合、ファクタリングする売掛金の額面金額は約550万円、手数料は50万円となります。
銀行よりも高いとはいえ、金額にすれば40万円の差です。
スピーディに資金調達できること、借入れではないため財務が悪化しないこと、下記に述べるその他のメリットを考えると、ファクタリングの手数料は妥当といえます。
以上のように、製造業では銀行融資とファクタリングを組み合わせ、短期資金をファクタリングで、長期資金を銀行融資で調達することによって、資金繰りの効率を高めることができます。

無担保・無保証で資金調達できる

ファクタリングは、無担保・無保証で利用できます。
これはファクタリングの原則であり、製造業のファクタリングも例外ではありません。

ファクタリングは融資ではない

無担保・無保証で利用できる理由は、ファクタリングは借り入れではないからです。
金融庁では、ファクタリングを「法的には債権譲渡の一種」と位置付けています。
実際に、ファクタリングを利用する際に交わすのは「債権譲渡契約」であり、借入れの際に交わす「金銭消費貸借契約」とは全く異なります。
このことから、ファクタリングが債権譲渡であって借入れではないことは明らかです。
借入れではない以上、ファクタリングには返済義務がありません。
当然ながら、返済できなくなった場合を想定して担保・保証を提供する、という発想がないのです。

製造業では担保・保証が求められる

製造業にとって、これは非常に大きなメリットといえます。
なぜならば、製造業では担保・保証付きの借入れが非常に多いためです。
帝国データバンクが2016年に発表したデータ(国内企業22万社の融資等の保全状況実態調査 )によれば、国内企業の3分の2が有担保で借り入れています。
逆に、ファクタリングのように無担保・無保証での融資はわずか1割に過ぎません。
中でも、有担保での調達が特に多いのが製造業と不動産業です。
具体的には、調査対象の22万2977社のうち製造業は4万5954社、このうち担保付き融資は79.2%(3万6412社)、保証付き融資は13.0%(5955社)であり、無担保・無保証での融資はわずか7.7%(3547社)に過ぎません。
全体の数値をみると、担保付き融資が65.3%、保証付き融資が25.0%、無担保・無保証での融資は9.8%となっています。
このデータからも分かる通り、製造業は他の業種に比べて無担保・無保証の融資が受けにくく、担保・保証が重視される実態がよくわかります。

ファクタリングは無担保・無保証

なお、調査対象の全企業のうち32.9%は、資金調達余力が乏しい(=担保・保証余力が不足している)という理由で追加融資が困難となっており、このうち16.4%は資金調達を必要としながら融資を受けられない状況です。
この状況は、製造業において一層深刻と考えられます。
だからこそ、製造業はファクタリングを取り入れるべきです。
ファクタリングは無担保・無保証が原則のため、担保・保証の不足によって資金調達に困っている製造業者でも資金を調達できます。
これは、資金調達の安定や資金繰りの維持だけではなく、資金調達環境そのものの維持・改善につながります。
製造業では、短期融資でさえ担保・保証を求められることが少なくありません。
この時、担保・保証を提供して短期融資を受けるのではなく、ファクタリングで無担保・無保証で調達すれば、担保・保証を温存できます。
できるだけ融資を受けず、借入金の返済を進めることで調達余力はさらに高まるでしょう。
これにより、本当に融資が必要になった時に「担保・保証不足で調達できない」という事態を避けることができます。

ファクタリングで資金繰りを改善できる

資金繰りの良し悪しを左右する要素のひとつに、回収サイトがあります。
回収サイトとは、売掛先に請求することで売掛金が発生してから、代金を回収するまでの期間のことです。
回収サイトが短ければ、売掛金が現金化できるまでの期間が短くなるため、資金繰りがラクになります。
逆に、回収サイトが長いほど売掛金の現金化に時間がかかり、資金繰りが悪化します。
製造業で資金繰りを改善する場合も、回収サイトの短縮が欠かせません。

製造業は回収サイトが長い

財務省の2018年の資料(法人企業統計調査からみる日本企業の特徴 )によると、全産業の平均的な回収サイトは1.85ヶ月、非製造業の回収サイトは1.59ヶ月、製造業の回収サイトは2.16ヶ月となっています。
製造業の回収サイトは、全産業平均に比べて0.31ヶ月、非製造業に比べて0.57ヶ月(半月以上)も長いのです。
このことから、製造業の資金繰りの苦しさがよく分かります。

ファクタリングで回収サイトを短縮

回収サイトの長期化によって資金繰りが悪化している製造業者は、ファクタリングによって簡単に改善できます。
ずばり、回収サイトを短縮すればよいのです。
ファクタリングは、支払期日前の売掛金を早期資金化するサービスであり、これは「支払期日を待たずに回収すること」であり、「実質的な回収サイトを短縮すること」にほかなりません。

ファクタリングの具体的な効果

ファクタリングの資金繰り改善効果を、具体的にみてみましょう。
ある製造業者において、回収サイトの平均が2.16ヶ月であったと仮定します。
売掛金の内訳は、売掛先3社に対してそれぞれ1000万円・回収サイト2.16ヶ月です。
このうち1社の売掛金を、請求から1ヶ月の時点でファクタリングした場合、回収サイトの平均は以下のように変化します。

  • 売掛先A…額面金額1000万円/回収サイト2.16ヶ月
  • 売掛先B…額面金額1000万円/回収サイト2.16ヶ月
  • 売掛先C…額面金額1000万円/回収サイト1ヶ月
  • 平均回収サイト…1.77ヶ月

1社の売掛金をファクタリングするだけで、回収サイトが製造業平均の2.16ヶ月から、全産業平均(1.85ヶ月)を下回る1.77ヶ月に短縮したことが分かります。

製造業の資金繰り改善のコツ

製造業でファクタリングを活用し、資金繰り改善の効果を高めるコツは以下の通りです。

  • 複数債権をまとめてファクタリングする
  • 回収サイトが長い売掛金をファクタリングする
  • 額面金額が大きい売掛金をファクタリングする

回収サイトの長期化に悩んでいる製造業者には、ファクタリングをおすすめします。

原価高騰時にファクタリングが役立つ

製造業にとって、原価高騰による利益率の低下は避けられない問題です。
原価高騰時にもファクタリングが役立ちます。
経済産業省の商工業実態基本調査 によると、業種別の売上総利益率は以下のようになっています。

  • 製造業…22.3%
  • 卸売業…11.8%
  • 小売業…27.6%
  • 飲食業…55.9%

以上4業種を比較すると、製造業の利益率はさほど悪くないようにも見えます。
しかし、製造業の利益率は不安定であり、常に20%程度を維持できるわけではありません。
原価高騰によって原価率が高くなった場合、利益率が大幅に低下します。
小売業や飲食業であれば、販売先が個人消費者のため、値上げによって利益率を維持することも比較的容易でしょう。
これに対し、製造業の売掛先は個人消費者ではなく企業です。
原価率が高くなったからといって、簡単に値上げすることはできません。
安易に値上げして取引先を失うよりも、できるだけ価格を維持する製造業者が大半でしょう。
となると、収入は一定であるにもかかわらず、支出は大きくなります。
支出が大きくなる場合、いかに手元資金を確保し、資金繰りを維持するかが重要です。
原価高騰による支出の増大には、ファクタリングで対応しましょう。
利益率が下がったとはいえ、取引によって売掛金は発生しています。
この売掛金をファクタリングすれば、支出にも柔軟に対応できます。
原価高騰の影響をファクタリングでカバーし、時間を稼ぎながらコスト削減に取り組むことで、利益率の悪化を緩和しましょう。
やがて市況が落ち着き、原価が以前の水準に戻ったころには、原価高騰前よりも利益率が高くなっているはずです。

貸倒れリスクを回避できる

製造業では、貸し倒れを防ぐことも重要です。
製造業と貸倒れリスクの関係は、製造業の利益率を考えるとよく分かります。

製造業の営業利益率

上記でも述べた通り、製造業は売上に対する原価率が大きいため、他の業種に比べて利益率が低いです。
また、原価の高騰が利益を圧迫することも少なくありません。
製造業の売上総利益率は平均で20%程度、さらに営業費用を考慮した売上高営業利益率になると、製造業平均は4%となっています(経済産業省「商工業実態基本調査」 )。
仮に、売上高営業利益率4%の製造業者で、売掛金1000万円の貸し倒れが起こった場合、1000万円の損失を補填するにはどれだけの売上が必要になるでしょうか。
答えは2億5000万円(1000万円÷4%=25000万円)。
利益率が低いからこそ、製造業では貸倒れリスクが非常に大きいといえます。
しかしながら、中小の製造業者が貸倒れリスクに対応することは困難です。
貸倒れリスクを軽減するには、売掛先に対して信用調査と分析を行い、与信管理を徹底する必要があります。
当然ながら、専門の人材を確保しなければなりません。
ただでさえ利益率が低い製造業において、与信管理に十分なコストを費やすことは難しいでしょう。
とはいえ、製造業にとって貸し倒れは重大なリスクであり、対処しないわけにはいきません。

ファクタリングは償還請求権なし

製造業で貸倒れリスクを回避するには、ファクタリングが役立ちます。
ファクタリング契約は、原則として「償還請求権なし」です。
償還請求権とは、製造業者からファクタリング会社に譲渡した売掛金が回収できなくなった場合、ファクタリング会社が製造業者に買い戻しを求める権利のことです。
償還請求権あり(ウィズリコース)であれば、買い戻し請求が可能となり、譲渡後も貸倒れリスクが付きまといます。
一方、償還請求権なし(ノンリコース)の場合、ファクタリング会社は製造業者に買い戻しを請求できません。
ファクタリング後、売掛先の経営悪化や倒産によって売掛金が回収できなくなった場合、回収実務や貸倒損失は全てファクタリング会社が負担します。
つまり、ファクタリングで売掛金を譲渡することにより、本来製造業者が負うべき貸倒れリスクをファクタリング会社に転嫁できるのです。
資金を調達できるだけではなく、貸倒れリスクを回避できるのがファクタリングの大きなメリットです。

メリットを高めるポイント

これは、製造業にとって非常に大きなメリットといえます。
というのも、製造業では売上が偏るケースが多いためです。
多くの販売先を確保し、取引の規模も同程度であれば、貸し倒れの影響は微々たるものです。
しかし、売上が特定の売掛先に偏っている製造業者は、貸倒れリスクは高くなります。
製造業では、売上の大部分を大手取引先が占めているケースが珍しくありません。
この場合、売掛金も一部に偏るため、貸し倒れによって連鎖倒産に陥る危険があります。
この危険は、ファクタリングによって回避できます。
ポイントは、貸倒れリスクの高い売掛金を優先的にファクタリングすることです。
例えば、以下のような売掛債権(売掛金)をファクタリングするのが効果的です。

  • 額面金額が大きい売掛金(貸し倒れに陥った場合に連鎖倒産の危険がある)
  • 回収サイトが長い売掛金(支払期日までの期間中に経営が悪化し、貸し倒れに陥る恐れがある)
  • 新規取引先の売掛金(取引先の信用力が不明であり、貸倒れリスクが低いとは言い切れない)

製造業の新規事業にはファクタリングを

製造業では、特定の製品だけを製造し続けるわけではありません。
時代に合わせて製造する品目を入れ替えたり、新製品を積極的に展開していくこともあるでしょう。
製造業の新規事業展開にもファクタリングが役立ちます。

新規事業のリスク

多くの場合、製造業では一定の製品を長期にわたって製造します。
この場合、過去のデータから売れ行きの見通しを立てやすく、中長期の資金繰り計画を立てることもできます。
しかし、新規事業に取り組む製造業者では、売れ行きや資金繰りの見通しを立てるのは容易ではありません。
売れ行きが予想を下回ると、原材料の過剰在庫を抱える、製造設備の稼働率が低下する、人材を持て余すなど様々な問題が生じます。
このようなリスクを避けるためにも、新規事業計画は保守的であるべきです。
とはいえ、売れ行きが予想を上回った場合も油断はできません。
売上が急速に伸びると、仕入れ費用や人件費、設備費なども膨らみます。
製造業では、これらによる支出が収入に先行するため、ギャップを埋めるための運転資金が増大します。
この増加運転資金を調達しなければ、売上が伸びたことによって黒字倒産にもなりかねません。
製造業の増加運転資金は、ファクタリングで調達するのが最適です。
売上が伸びているということは、手元の売掛金も増えているということです。
その売掛金をファクタリングすれば、増加運転資金は容易に調達できます。
したがって、運転資金の増加による資金ショートの危険を回避できます。

新規取引先のリスクもファクタリングで対応

また、新規事業である以上、取引先の多くは新規取引先となります。
これまでの取引による裏付けがないため、信用の乏しい中で取引する必要があります。
ここで与信管理を誤ると、貸倒れリスクの増大は避けられません。
取引先の経営難によって売上を回収できなくなれば、資金繰りに深刻な悪影響を及ぼします。
取引先の倒産によって回収不能になった場合、連鎖倒産の危険もあるのです。
上記の通り、ファクタリングには償還請求権がないため、貸倒れリスクの回避に役立ちます。
新規事業を始める製造業では、新規取引先の売掛金を積極的にファクタリングすれば、貸倒れの危険はありません。
このほか、新規取引先の増加に伴って与信管理の負担が増大する、取引に慎重を期するために取引拡大に時間がかかるといった問題も、ファクタリングによって解決できます。

ファクタリングで過剰在庫を一掃

製造業の資金繰り改善のポイントとして、在庫管理を挙げました。
既に過剰在庫に陥っている製造業者では、過剰在庫の処分が在庫管理の第一歩となります。

過剰在庫処分の影響

大抵の場合、過剰在庫を処分する際には損失が生じます。
過剰在庫は売れ残りにほかなりません。
既に流行を逸している、経年によって品質が悪化しているなど、様々な要因によって価値が低下しています。
製造原価と同程度で売れれば御の字、大抵は原価割れを起こすでしょう。
原価を下回る部分は損失となり、損失の分だけ手元資金が目減りします。

赤字補填資金の調達は難しい

手元資金が不足する場合、銀行融資で調達するのは容易ではありません。
この場合、融資の名目は「赤字補填資金」となります。
赤字補填資金は、単に赤字の埋め合わせのための資金であり、銀行はこのような後ろ向き(利益に結び付かない=返済原資が期待しにくい)の融資には消極的です。
実際に製造業では、銀行から赤字補填資金を借りることができず、過剰在庫を放置せざるを得ないケースが珍しくありません。

銀行の評価が悪化する

また、見通しの甘さや計画のずさんさなど、経営者としての資質を疑われ、銀行の評価が悪化することも多いです。
このほか、過剰在庫を処分すれば貸借対照表の棚卸資産が減少するため、流動比率が悪化します。
流動比率とは、1年以内に現金化を予定している流動資産と、1年以内に支払いを予定している流動負債の比率です。
銀行が短期的な支払能力を見る場合には、流動比率を重視します。
過剰在庫の処分によって流動比率が急激に悪化すれば、今後の短期借入が難しくなるでしょう。
銀行の評価を維持するために、過剰在庫の隠蔽を図る製造業者も少なくありません。

ファクタリングで過剰在庫の一掃を

製造業で過剰在庫の問題に対処するには、ファクタリングを活用しましょう。
過剰在庫の処分によって手元資金が不足した場合も、ファクタリングならば資金を調達できます。
ファクタリングでは資金使途を問われないため、赤字補填資金の調達に便利です。
また、ファクタリングは信用情報として残らないため、銀行に知られることなく資金を調達し、赤字を補填することができます。
ただし、流動比率の悪化は避けられず、銀行から短期借入ができなくなる可能性があります。
その場合にも、銀行融資ではなくファクタリングで調達することで、資金繰りを維持できるでしょう。
過剰在庫は、遅かれ早かれ処分しなければなりません。
銀行の評価を懸念して、過剰在庫を放置し続けるよりも、多少の悪影響は受け入れて早期に処分し、その後の資金繰りをファクタリングでカバーしたほうが賢明です。

製造業でファクタリングする際の注意点

製造業にとって多くのメリットがあるファクタリングですが、利用する際には注意すべき点があります。
ここでは、製造業が注意すべき点を2つ紹介します。

手数料に要注意

まず、手数料に注意が必要です。
ファクタリングの手数料は、他の資金調達方法に比べて高いといわれます。
実際に、銀行融資と比較した場合には割高です。
銀行融資の金利は年あたり2%程度、ビジネスローンでも年利15%程度が目安となります。
これに対し、方式別のファクタリング手数料の目安は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%
  • オンラインファクタリング:額面金額の10%以下

このように、ファクタリングの手数料は調達金額に対して一定の割合で計算します。
額面金額1000万円の売掛金を、手数料率20%でファクタリングするならば、手数料負担は200万円です。
製造業の売上総利益率は20%程度ですから、手数料率20%でファクタリングすれば粗利がほぼなくなってしまいます。
その他の経費も含めて考えると、ファクタリングによって赤字になってしまうかもしれません。
したがって、手数料に無関心であったり、無計画にファクタリングを繰り返したりした場合、資金繰りが悪化する恐れがあります。
製造業の資金繰りは、ファクタリングによって改善することができますが、そのためには手数料を抑えることが重要です。

悪質業者に気を付ける

製造業に限らず、ファクタリングの際には悪質業者に気を付けてください。
現在、ファクタリング業界は悪質業者が紛れ込みやすい環境にあります。
これは、ファクタリングの普及率が加速度的に高まっているのに対し、法整備には時間がかかるためです。
実際、ファクタリングに関する法整備は不十分な状況であり、新規にファクタリング業を開業するための登録制度はなく、免許・資格なども必要ありません。
これにより、ファクタリング会社が増えることで業者間の競合が起こり、業界のスタンダードが形成されつつあります。
その一方で、ヤミ金をはじめとする違法業者でも簡単に開業できるため、悪質業者の温床になっていることも事実です。
金融庁は、「ファクタリング業を装う悪質業者=ヤミ金業者」と断定しています。
被害の事例をみても、年利数百~千%超の金利設定や違法な取り立てなど、ヤミ金そのものです。
製造業でファクタリングを活用するには、悪質業者を避けることが大前提となります。

製造業にはファクタリングがおすすめ!のまとめ

本稿では、製造業の資金繰りの特徴や改善方法、そしてファクタリングの活用について解説しました。
製造業は、原価管理がずさんである、業務改善への意識が乏しいなど、根本的な問題を抱えている場合には資金繰り改善に苦労します。
抜本的な改革のためには、コンサルタントへの依頼も検討すべきでしょう。
No.1では、資金繰りを専門とするコンサルタントが複数在籍しており、製造業の資金繰り改善にも携わってきました。
ファクタリングの実績・ノウハウも豊富であるため、「コンサルティング+ファクタリング」という、これまでにない価値の提供が可能です。
製造業の資金繰り改善やファクタリングは、ぜひNo.1にお任せください。

スピード査定依頼フォーム

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top