DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

災害の少ない吉備の国岡山県のファクタリングは神戸に出るかオンラインで行おう!

ファクタリングは融資に代わる資金調達方法として注目されています。しかし、みなさまが街中でファクタリング会社の店舗を見かけることはあまりありません。

銀行ならば至る場所に店舗がありますし、消費者金融のATMも見かけます。ファクタリング会社が少ないなら、地方にお住まいの方は利用できないのでしょうか?

今回は岡山県のファクタリングをテーマに、特に都市部に住んでいない事業主様の資金化について考えます。結論をいうと、岡山県どこにお住まいでも、有利な条件でファクタリングできます。その鍵はIT技術にあります。

では以下で解説していきます。

災害の少ない岡山県の地理、産業を整理してみた

まず岡山県がどのような位置付けになっているのか、地理と産業、両面から迫ってみましょう。

岡山県の地理

岡山県は中国地方東部、山陽地方に位置する県です。県の人口は約185万人。東を兵庫県、西を広島県と接しています。また瀬戸内海で向かい合う香川県とも文化的交流があります。

県北部には、三本の一級河川の元となる中国山地の山岳地帯がそびえています。

鍾乳洞などのカルスト地形が見られる吉備高原の高地が連続的に広がっていて、そこから伸びる裾野の広い岡山平野が広がっています。

県南西部には国営笠岡湾干拓事業として1650haと全国有数の規模の大干拓地域が造成されていて、産業の基盤になっています。

おもな山地は蒜山(標高1,122メートル)や後山(標高1,345メートル)など、湖は奥津湖、恩原湖、湯原湖などがあり、自然豊かな土地になっています。

兵庫県とは山地および備前市の取揚島で、鳥取県とは山地で、広島県とは山地および市街地で、香川県とは海上および玉野市の井島(石島)で隣接していて、山陽新幹線によって、新神戸―岡山は約30分、岡山―広島は約40分で行き来できます。

距離的には近隣都市と大きく離れていないことがわかります。

岡山県は自然災害が少ない県として知られてきました。地震の原因となる断層も少なく、台風が来ることも少ないですし、瀬戸内海で津波は起きにくいです。雪も少なく、夏場気温が高い(猛暑日は少ない)以外は安全に住める場所になっています。

岡山県の産業

岡山県は都市化が進み、工業の発展する県南部の大部分は岡山市を中心とする岡山都市圏に属します。

県北部は山地が広がり人口は比較的まばらで、過疎化が進んでいます。

県南西部の西備地方は広島県福山市を中心とする福山都市圏になります。南部、北部、南西部で都市圏、文化圏が異なるイメージです。

第二次世界大戦以前は農業県で、倉敷紡績など製糸業がわずかにあるのみでした。

しかし、戦後は県によって、工業化が進められました。水島コンビナート(倉敷市)の埋め立て造成と石油精製所・大手製鉄所・自動車工場などの誘致が行われ、JFEスチールの銑鋼一貫製鉄所など急速な工業化政策が図られました。

それに合わせて、自動車の関連部品の製造や電子機器の工場が誕生しました。

岡山市では食品や印刷などの軽工業系の工場ができ、倉敷市ではジーンズや学生服など縫製業が立地しています。

学生服の出荷額は岡山県が全国第1位というのは以外に知られていない事実です。

1980年代以降、高速道路の整備や岡山空港の郊外移転などの再開発が行われます。その結果、IT関連企業やICなどの電子デバイス工場の誘致が岡山県主導で進みます。

しかし、当初考えていたようには工業化が進んでいない面もあるようです。

第二次産業は以上です。続いて第三次産業を見てみましょう。岡山県の第三次産業は、バイオテクノロジーを活用した医薬品や、IT情報通信などの産業などの特色を持っています。

製薬会社は昨今のジェネリック医薬品をめぐる不祥事で逆風にあります。

独自の精密加工生産を支える技術企業や、食品・健康・医療・環境・福祉やバイオ関連の企業・研究機関などが産学官連携で新たな雇用産業づくりに取り組み続けています。

情報化についても先進的な取り組みをしており、高速大容量の基幹光ファィバー網を岡山県内全域に整備する「岡山情報ハイウェイ」が進んでいます。

サービス業や小売業、金融業等は岡山市を中心にした県南部で栄えています。いずれにしても、都市部の兵庫県、自動車産業が栄えている広島県の間にあって、岡山県の重要性はますます認知されています。

そうした中で、急な資金調達の必要性に迫られる各事業主様にとって、ファクタリングが融資に変わる方法として注目されつつあります。ぜひファクタリングによって資金を得る方法をおぼえておきましょう。

岡山県で利用できる岡山のファクタリング会社の諸条件を比較してみた

岡山県内にも少数ではありますがファクタリング会社はあります。それらの手数料率や買い取り可能額などはどうなっているのでしょうか?

参考までに表にまとめました。

A社 手数料率3.7%~  取扱金額30万~7,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3%~  取扱金額20万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率2.8%~  取扱金額50万~8,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率2.5%~  取扱金額50万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率2.1%~  取扱金額~3億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.3%~  取扱金額50万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.7%~  取扱金額~2億円 資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.3%~  取扱金額30万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2%~  取扱金額100万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
No.1  手数料率1%~ 取扱金額50万~5,000万円 資金調達スピード 最短即日    (※当社「株式会社No.1」)

さまざまな条件がありますが、共通するのは手数料率が2%以上ということです。これでは年利換算すると、利息制限法を大きく超えてしまいます。ファクタリングは融資ではないので、利息制限法とは直接関係しませんが、これならファクタリングではなく融資を待ったほうがいいと思われる人も出てきます。

しかし迅速な資金化は経営にとって何より重要です。資金化のタイミングを見誤ることなく適時適切なタイミングを活かすには、ファクタリングが不可欠です。

そのためには安い手数料率のファクタリング会社を探すしかありません。しかし岡山県にはありません。ここで後述のオンラインファクタリングというシステムの登場となります。

また、ファクタリングと同じくらいの迅速な資金化を目指す場合、ノンバンク(消費者金融)の事業者向け「ビジネスローン」という選択肢もあります。

ビジネスローンは以下のような特徴を持ちます。

  • 利用限度額が約1000万円と少なめ
  • 融資なので信用情報照会がある
  • 信用情報ブラック、金融ブラックの場合借りられない
  • 1000万円では必要な資金調達ができない場合がある
  • 消費者金融からの借入になるので、以後、特に銀行融資にあたり大きなマイナスとなる

ビジネスローンは融資なので、信用情報照会や、利用歴が信用情報に記載されます。名前こそ「ビジネスローン」ですが、実態は消費者金融からの借入であり、信用情報に「消費者金融〇〇からの借入歴あり」と記載されてしまいます。

消費者金融からの借入は、それ自体信用情報ブラックに近いマイナス点となります。以後の、特に民間金融機関からの融資が一気に難しくなってしまいます。

ビジネスローンを利用するのは本当に最後の手段にして、それ以前にファクタリングによって必要な資金を調達しましょう。

なるべく条件の良い、手数料率が低いファクタリング会社がおすすめです。

岡山県のどこからでも申し込み可能!オンラインファクタリングの強みを活かして資金化を目指そう

岡山県県内のファクタリング会社は手数料が高く、あまりおすすめしません。しかし、融資は調達スピードが遅く、ビジネスローンはデメリットが比較的多いです。

そこで役に立つのがオンラインファクタリングです。オンラインファクタリングは、ネット上のやり取りのみで完結するファクタリングです。オンラインファクタリングなら岡山県の事業所から全国どこでも申し込みできます。

手数料率が低い、あるいは「即日資金化」など事業主様の希望に合ったファクタリングメニューを提供するファクタリング会社を見つけられます。

それではオンラインファクタリングの流れを追っていきましょう。

オンラインファクタリングはこのように進みます

まずオンラインファクタリングにあたって書類を準備します。

<h5>岡山県からでもOK!オンラインファクタリングの必要な書類は?

書類は最低限以下が必要になり、ファクタリング会社によってはそのほかの書類についても準備を求められます。

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 売掛金の請求書
  • 銀行の通帳(売掛金の入金確認)
  • 確定申告書、決算書
  • 商業登記簿謄本(法人のみ)

法人のみ会社の商業登記簿謄本が必要になります。商業登記簿謄本については、オンライン取得できないので、法務局まで行き取得する必要があります。

書類についてはスキャンして画像データかPDFにしておくと良いでしょう。スマホで画像撮影してもよいですが、上手に撮影できないかもしれません。

オンラインファクタリングの手続きの流れを押さえておこう

オンラインファクタリングについて手続きの流れは以下になります。オンラインファクタリングは場所を問わないので、岡山県でもどこでも同じです。

  • ファクタリング会社にユーザー登録する
  • 請求書(売掛金がわかる)のアップロード
  • 請求書情報の入力
  • 本人確認書類の提出(アップロード)
  • 携帯電話のSMS認証
  • 事業主登録(法人登記簿謄本、確定申告書、決算書などのアップロード)
  • WEB面談(ある場合。ZOOMやSkypeを使う。場合によっては電話)
  • オンライン契約への同意、電子署名など
  • AIによる審査
  • 決定、資金化、振り込み

事前に書類をデータ化しておくことで、これらの手続きを最短1日で終わらせられます。「即日資金化」ができるのは、事前にすぐにオンライン送信できるようにしておくのが大切です。

よい条件のファクタリング会社が見つかれば、岡山県のどこでも全国各地のオンラインファクタリング対応の会社へ依頼しましょう。

そうすることで、岡山県から神戸など近隣都市へ出なくても、すぐに高額資金化が可能になります。

オンラインファクタリングで岡山から神戸に行かなくても安心!!No.1のファクタリングへご相談ください

資金化を急ぐ場合、融資を待ってはいられません。そこで売掛債権を売却するファクタリングという手法が出てくるのですが、銀行のように全国各地にお店はありません。

岡山県の場合、岡山市に少しありますが、競争がないため条件が悪くなりがちです。競争がある都市ということで、兵庫県神戸市が視野に入ります。岡山→新神戸間も新幹線で30分です。行けない距離ではありませんが、岡山市周辺の人以外の事業主様にとってはかなり時間がかかります。

迅速な資金調達を可能にするファクタリングですが、店舗がなければ迅速性というメリットを活かせません。

そこでオンラインファクタリングをおすすめします。オンラインならば場所を気にせず行えるので、岡山県のどこに住んでいても、迅速な対応が可能で資金化までの時間をショートカットできます。

全国各地、岡山の方が東京のファクタリング会社にも申し込みできます。

ファクタリングは規制する法律がなく、民法の一般原則が適用されるのみなので、当事者間の自由意志が尊重され、契約に合意できればすぐに資金化できます。対面での面談も必須ではありません。

これなら岡山県北部など遠隔地にお住まいの方もまったく問題ありません。

「株式会社No.1」は経験と実績があり、他社と比較しても安心してご利用いただけるファクタリング会社になります。

東京に本社、名古屋と福岡に支社がありますが、オンラインファクタリングにも対応していますので、岡山県にお住まいの方も安心してご利用いただけます。

迅速な売掛債権の資金化には定評があります。場所を問わないオンラインファクタリングならば大丈夫です。しっかり書類を準備していただき、必要なときに必要な資金を調達、経営改善につなげてください。

全国どの事業主様の売掛債権も高額で買い取りします。実績だけでなく事業主様、売掛先双方の良いところを評価します。

高い金額の資金化のためには、ファクタリング会社選びが重要です。ぜひ岡山県の方は当社No.1のファクタリング利用をご検討してみてください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top