DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

高額な売掛債権(売掛金)をファクタリングするためのポイントは何?高額手数料を請求する会社にも注意が必要!

ファクタリングは融資によらない資金調達、資金化の方法として注目されています。融資の場合にはさまざまな規制があり、高額の資金調達が難しい面があります。

しかし、ファクタリングは銀行法や貸金業法に規制されない資金調達です。貸金業法ならば、年収の三分の一までしか借りられない「総量規制」もありますが、ファクタリングにはそうした法律も規制も適用されません。

そうなると、1回に5000万円、あるいは1億円を超える資金化も可能なのでしょうか?今回はファクタリングによって高額の資金化を行うためのポイントや注意点について解説します。

急に高額な資金が必要になることは経営上あり得ます。その際に融資以外の方法を知っておくことは非常に重要です。ぜひ参考にしてください。

融資、ビジネスローン、ファクタリング資金化できる金額の違い

まず代表的な資金調達方法における可能額を押さえておきましょう。

銀行融資の場合は、既存の借入や資金使途によって異なります。設備資金であれば年商の倍程度の借入も時には可能ですが、運転資金の場合は「月商の3か月」程度だと言われています。

年商5000万円の会社は月商約415万円ですから、銀行から借入できる運転資金は1200万円~1300万円が上限になります。

ノンバンク系のビジネスローンはもっと上限が低く、どんなに年商があっても借入上限は1000万円程度です。上記の会社の場合、銀行よりも借入できないことになります。

また、ノンバンク=消費者金融からの借入になるので、信用情報上大きなマイナス点になります。融資である以上、信用情報照会と信用情報への記載は避けられないのです。

しかし、ファクタリングは融資ではないので、銀行法や貸金業法の対象外です。請求書の記載のある売掛債権(売掛金)の資金化は、法的にも上限なしで売却できます。あとは、相当額で買い取ってくれるファクタリング会社が見つかればよいのです。

資金化できる金額の上限、高額の資金化から考えると、ビジネスローンは話にならなく、融資は月商の制限があります。ファクタリングはそのような制限が法的にも運用的にもないので、高額の資金化に向いています。

ある地方のファクタリング会社の買い取り条件を見てみよう

高額の資金化が可能なファクタリングですが、すべてのケースで高額買い取りできるわけではありません。

まず、ファクタリング会社はどのくらいの高額な売掛債権(売掛金)を買い取れるのか、ある地域におけるファクタリング会社の諸条件をチェックしてみましょう。

A社 手数料率3.5%~  取扱金額30万~6,000万円  資金調達スピード 最短即日
B社 手数料率3%~  取扱金額10万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
C社 手数料率2.8%~  取扱金額50万~9,000万円  資金調達スピード 最短即日
D社 手数料率2.5%~  取扱金額50万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
E社 手数料率2.4%~  取扱金額~3億円  資金調達スピード 最短即日
F社 手数料率3.3%~  取扱金額30万~5,000万円  資金調達スピード 最短即日
G社 手数料率2.7%~  取扱金額~2億円 資金調達スピード 最短即日
H社 手数料率2.3%~  取扱金額30万~7,000万円  資金調達スピード 最短即日
I社 手数料率2%~  取扱金額80万~4,000万円  資金調達スピード 最短即日
No.1 手数料率1%~ 取扱金額50万~5,000万円 資金調達スピード 最短即日    (※当社「株式会社No.1」)

ファクタリング会社によって買い取り可能額がさまざまです。5000万円に満たない買い取り上限額のファクタリング会社もあれば、2億円、3億円という超高額債権を買い取るファクタリング会社もあります。

高額な売掛債権(売掛金)をファクタリングするためには、まずその上限額を見て選択しなければなりません。買い取り上限額が4000万円のファクタリング会社に1億円を超える高額な売掛債権(売掛金)の買い取りを依頼しても、対応できません。

ファクタリングは特別法で規制されない債権譲渡取引なので、当事者間で合意、契約できれば、ファクタリング会社が設定している上限額を超える買い取りもできますが、ファクタリング会社はそうしたリスクを取るのでしょうか?

その場合にはクリアしなければいけないポイントがありそうです。

高額な売掛債権(売掛金)の買い取りについてファクタリング会社はどう考えているのか

通常のビジネスにおいて高額の取引は基本的に歓迎されます。大口の顧客は大切にしなければなりません。ファクタリングの場合、モノの売買ではないので、商品在庫は必要ありません。

ファクタリング会社にキャッシュがあれば何億円でも買い取りできます。

高額の売掛債権(売掛金)買い取りについてファクタリング会社のメリット

高額な売掛債権(売掛金)の買い取りはファクタリング会社にとってメリットがあります。ファクタリング会社の利益、儲けは買い取る売掛債権(売掛金)の金額に手数料率をかけたものになります。

買い取り金額が高額ならファクタリング会社が受け取る手数料も多くなります。高額な売掛債権(売掛金)の買い取りの場合、手数料率を下げても、ファクタリング会社の儲けが大きくなるということです。

大口顧客へのサービスとしても、1000万円の売掛債権(売掛金)の買い取りよりも1億円の売掛債権(売掛金)の買い取りの際の手数料率は下がる傾向にあります。

「損して得取れ」ではないですが、高額な売掛債権(売掛金)の買い取りならば、手数料率を下げても利益が大きくなりますし、そうした事業者様を「お得意様」にしておくメリットは大きいのです。

高額の売掛債権(売掛金)買い取りについてファクタリング会社のデメリット

一方で高額な売掛債権(売掛金)の買い取りゆえのデメリットもあります。ファクタリング会社として一番困るのは、買い取った売掛債権(売掛金)の回収ができないことです。

売掛金支払期日になっても入金がない、しかも、償還請求権のないノンリコース契約の場合、貸し倒れ、回収不能リスクはすべてファクタリング会社が負ってしまいます。

1億円の売掛債権(売掛金)を買い取って、回収できなければ、ファクタリング会社が倒産してしまう可能性だってあります。

高額な売掛債権(売掛金)のファクタリングを可能にするチェックポイント

ファクタリング会社のとって高額な売掛債権(売掛金)の買い取りを行うのはメリットとデメリットがあります。ハイリスクハイリターンであり、ファクタリング会社は躊躇してしまうかもしれません。

少しでも高額な売掛債権(売掛金)の買い取りを可能にするためにはどのようなことに気を付ければよいのか、チェックポイントをまとめました。

チェックポイント1 買い取り上限額が高いファクタリング会社を選ぶ

1億円の売掛債権(売掛金)の買い取りを希望する場合、買い取り可能額が1億円のファクタリング会社と3億円のファクタリング会社では後者の方が資金化の可能性は高くなります。

高額買い取り可能なファクタリング会社は、それだけ資金面で余裕があり、かつ大口顧客との取引実績やノウハウを持つ会社です。

そうしたファクタリング会社ならば高額な売掛債権(売掛金)の買い取りも問題なく行える可能性が高いです。

チェックポイント2 3社間ファクタリングで契約する

高額な売掛債権(売掛金)の買い取りでファクタリング会社が恐れるのが回収漏れです。2社間ファクタリングを行い、支払い期日になっても振り込みがなければ大きな損失になります。

そうした回収漏れリスクを減らすには3社間ファクタリングを選択することがあります。3社間ファクタリングならば、ファクタリング会社が売掛先から直接回収するので、売掛先が不渡り、倒産しない限り回収できます。

売掛先の同意も必要であり、依頼主(事業主様)は嫌がるかもしれませんが、高額な売掛債権(売掛金)の買い取りを可能にするには売掛先の同意を取り付けた方がいいのです。

手数料率は2社間ファクタリングの方が高いですが、ファクタリング会社としても、回収漏れリスクを考えると、3社間ファクタリングのほうが安全と考えます。高額な売掛債権(売掛金)の買い取りなので、低い手数料率でもファクタリング会社の利益は大きくなります。

チェックポイント3 信用力が高い売掛債権(売掛金)を選択する

高額な売掛債権(売掛金)の買い取りにおいて、ファクタリング会社のもう1つの危惧が、売掛先の倒産や不渡りです。おおもとの売掛先に何かあれば、回収できなくなってしまいます。

そこで、高額な売掛債権(売掛金)の場合、売掛先の信用度が高いものにしましょう。

売掛先が行政機関、官公庁や大手大企業のものであれば、まず倒産や不渡りの可能性はありません。そうした債権であれば、ファクタリング会社も安心して買い取りできます。

逆に高額でも聞いたことがない会社が売掛先の場合、その経営状況については不確定な要素もあるため、ファクタリング会社は買い取りを渋ります。そもそもその請求書は確かなものなのか疑ってしまうかもしれません。

ファクタリングにおける「信用力が高い売掛債権(売掛金)」とは以下の売掛債権(売掛金)になります。

・大手企業や国・地方自治体が売掛先の債権
・取引歴が長い売掛先の債権(預金通帳や確定申告書で確認できる)
・今までの取引で未払いや支払い遅れがないと断定できる売掛先のもの

これらの売掛債権(売掛金)は、高額買い取りによるファクタリングができる可能性が高くなります。

チェックポイント4 支払期日までの残り日数が少ない債権を選ぶ

支払いサイトが短い売掛債権(売掛金)、あるいは入金日までの残り日数が短い売掛債権(売掛金)ならば、高額買い取りができる可能性が高くなります。

回収までの期日が少ないということは、その間に突発的なアクシデントや災害、トラブルなどに遭う可能性も低くなります。

何か起きるリスクを下げたいのがファクタリング会社の本音ですので、可能な限り支払日、入金日までの期日が短い売掛債権(売掛金)を選ぶことで、高額買い取りの可能性を高めます。

チェックポイント5 ファクタリング会社と過去の取引実績がある

銀行融資もそうですが、過去に取引実績があり、しっかり返済してくれているお客様であれば、高額なファクタリングも可能になります。

実績によっては「お得意様」と判断されるかもしれません。特別な顧客であれば、表向きの買い取り上限額を超える高額のファクタリングも提案してくれるかもしれません。あるいは手数料率を下げてくれる可能性もあります。

ファクタリングは法律に縛られない当事者間の自由な意思に基づく契約がメリットですので、今までの取引実績次第では「特別扱い」を受けられるかもしれません。ファクタリング会社が表示している買い取り上限額以上の高額なファクタリングも「お得意様」ならば行ってくれる可能性があります。ぜひ少額からでもよいので、ファクタリング会社と取引実績を作ってください。

チェックポイント6 面談での対応や手続きにおいて真摯さを見せる

ファクタリングは売掛債権(売掛金)の信用度が一番ですが、事業者様の人となりが良いことはプラスに働きます。

ファクタリング会社スタッフとの面談での対応、態度や書類提出の手続き(しっかり書類を用意しているか、瑕疵はないか)が審査や手数料に影響する可能性はゼロではありません。

ファクタリング会社の人もまじめで誠実な事業者様には、条件をよくして、今後も利用してもらいたいと考えるはずです。買い取り上限額が変わらなくても、手数料率が下がれば、資金化できる金額も多くなります。

高額な資金化のためには、手数料率を下げる、買取率を上げることも重要で、そのためには真摯誠実な姿勢を見せることも重要になります。

チェックポイント7 相見積もりをしてみる

信頼が得られる1社の「お得意様」になるのも重要ですが、初めて高額のファクタリングを希望する場合などは、相見積もりを取ってみるのも必要なポイントです。

高額のファクタリングはその手数料も高額になります。より多くの資金化を果たすためには、なるべく手数料が低いファクタリング会社を選ぶことが大切です。

複数社から見積もりを取ることで比較できます。また、他社の見積もりを持って、検討中のファクタリング会社に提示し、「これよりも条件が良ければ貴社と契約します」のような駆け引きをするのもありです。

能力のある経営者ならば、こうした営業、価格交渉も得意のはずです。そのための根拠として複数社から見積もりを取ることは、高額の資金化のためには必要です。

高い買い物をするわけですから、相応に手間と時間をかけることは大切です。

チェックポイント8 オンライン契約ができるファクタリング会社で手数料を減らす

オンラインファクタリングが可能な場合、ファクタリング会社側にとっても人件費や事務所代の削減ができるというメリットがあります。ネット専業銀行の手数料が安く、利息が高いのも、オンラインによって対面にかかる費用を削減し、利用者に還元しているからです。

ファクタリングも同様で、オンラインで全部完結すれば、手数料率も下がるかもしれません。

ただし、高額の取引、契約になるので、ファクタリング会社側が少なくとも初回については、対面での話し合いを求めるかもしれません。金額次第では、ファクタリング会社のスタッフがみなさんの事務所を訪問することもあります。

そうなれば、オンラインファクタリングよりも有利な条件(高額)で買い取ってもらえるかもしれません。

このように、高額のファクタリングを可能にするために以上の8つのチェックポイントを意識していただくとよいでしょう。高額のファクタリングはファクタリング会社にとっても重要案件であり「特別扱い」してくれる可能性もあります。

注意したい!高額手数料を請求するファクタリング会社は罠!

このように高額の売掛債権(売掛金)を買い取ってもらう場合、ファクタリング会社にとって事業者様は「特別なお客様」になる可能性があります。

特別なお客様なら特別待遇するはずです。

逆に「高額の売掛債権(売掛金)の買い取りはリスクがあるから手数料を高額に(高く)したい」とファクタリング会社が言ってくるかもしれません。高額の売掛債権(売掛金)はファクタリング会社にとって大きなチャンスであり、高額の利益を上げられます。

しかし、それは罠である可能性があります。ファクタリング会社が事業者様の売掛債権(売掛金)のリスクを事前に確認する方法は、上記のようにいくらでもあります。

3社間ファクタリングにすれば、回収漏れは防げます。信用度が高い売掛先ならむしろ手数料は下がるはずです。

「知らない会社で取引実績がない依頼主」のファクタリング以外であれば、ファクタリング会社がリスクヘッジできる方法はたくさんあります。

その中で、「高額の売掛債権(売掛金)だから」という理由で、手数料を上げてくるのは、足下を見られています。

高額の資金化が必要で焦っていると思われてはいけません。だから相見積もりを取って、他社の査定を提案し、客観的に比較することが重要なのです。

高額の買い物(この場合ファクタリング)の場合、手数料はある程度下げてくれるのが正しい姿です。高額の売掛債権(売掛金)を買い取るリスクはありますが、手数料の絶対額は大きくなるので、ファクタリング会社にとってリターンも大きくなります。

5000万円を超える高額な売掛債権(売掛金)は低い手数料のNo.1で資金化しよう!

以上、高額な売掛債権(売掛金)のファクタリング、資金化について解説しました。ファクタリング可能額上限はファクタリング会社によって差があります。5000万円、1億円を超える高額な売掛債権(売掛金)の資金化については、すべてのファクタリング会社で取り扱っているわけではありません。

また、高い手数料率を提示するファクタリング会社もあるかもしれませんが、高額な売掛債権(売掛金)の買い取りは、本来信頼できるものであれば、手数料率は下がります。ファクタリング会社の利益を考えれば、高い売掛債権(売掛金)を低い手数料で買い取る方が、より「お得意様」になってくれる可能性が高いからです。

高額な売掛債権(売掛金)のファクタリングの場合、手数料についてファクタリング会社と交渉しても良いかもしれません。

「株式会社No.1」によるファクタリングは、迅速で丁寧な対応、業界最安値レベルの手数料の老舗ファクタリング会社として日頃より高い評価をいただいています。

売掛債権(売掛金)の買い取り額上限は5000万円とさせていただいておりますが、取引状況によりましてはそれ以上の金額も可能でございます。弊社と取引の実績を積んでいただければ、さらに高額の売掛債権(売掛金)を低い手数料で買い取り、事業者様の資金化ニーズに応えられるよう尽力させていただきます。

急な資金調達や高額の運転資金、設備資金が必要な場合、弊社No.1のファクタリングで迅速な資金化を達成できます。

ぜひ一度ご相談ください。信頼と実績をお互いに構築していきましょう。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top