DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングが東海で役立つ理由とは?最新の東海経済から徹底解説!

No.1では、東京本社のほかに名古屋・福岡に支店を構えています。
No.1名古屋は愛知県はもちろんのこと、東海地方全域に対応しており、たくさんのお客様にご利用いただいています。
東海の会社にとって、ファクタリングは非常に相性の良い資金調達方法です。
東海地方特有の経済事情を知ることにより、東海ならではのファクタリングの活用もみえてきます。
そこで本稿では、東海での資金調達方法、ファクタリングの活用方法、東海の会社がファクタリングするメリットと注意点などについて、最新の東海経済を踏まえながら詳しく解説します。

東海の会社の資金調達方法は?

 
会社が倒産する原因として、間接的な原因は色々あるのですが、直接的な原因は資金繰りが回らなくなることです。
資金繰りが回らなくなることを「資金ショート」ともいいますが、これは手元の現金が不足し、買掛先への支払いや銀行への返済ができなくなることを意味します。
その結果、取引先から信用を失ってしまうと、事業が立ち行かなくなります。
手形の決済ができなかった場合、銀行取引が即時に停止となるため、「資金ショート=倒産」ということにもなりかねません。
つまり、会社が経営を続けるために最も重要なのが資金繰りです。
資金繰りを維持するには、事業から安定した利益を得るのはもちろんのこと、収支のズレなどによって発生する資金不足を調達する必要があります。
これはどの会社でも例外なく同じことであり、東海の会社も例外ではありません。
では、東海の会社が資金を調達するには、どのような方法があるのでしょうか。
まずは東海での資金調達方法をいくつかみていきましょう。

融資

 
多くの会社は融資を軸に資金を調達するため、東海の会社も融資が基本となります。
ただし、一口に融資といっても、融資を受ける相手はいくつか考えられます。
大きく分けると、銀行などの民間金融機関による融資、日本政策金融公庫などの公的金融機関による融資、そして消費者金融業者などによるビジネスローンです。

銀行融資

 
東海の会社が融資を受ける際に第一候補となるのは、東海の民間金融機関です。
民間金融機関とは、営利を目的とする民間の金融機関のことであり、メガバンク、地方銀行、信用金庫などがあります。
東海地方の各県にもメガバンクの支店が多数出店しているほか、それぞれの地元に根を張る地方銀行、さらにその中でも狭いエリアで営業する信用金庫があり、東海の会社はそれらから融資を受けることができます。
ただし、東海の銀行ならばどこでも良いというわけではありません。
メガバンク・地銀・信金はそれぞれ営業規模が異なります。
貸金業務の方針や貸付けの規模は営業規模に大きく左右されるため、東海の会社が融資を受ける際には自社の業容によって借入先を変えるのがポイントです。
基本的な考え方は以下の通りです。

  • 年商10億円以上…東海に出店するメガバンク、東海各県の地銀
  • 年商1億円~10億円…東海各県の第一地銀、各エリアの信金
  • 年商1億円以下…東海各県の第二地銀、各エリアの信金

公的融資

 
銀行融資では、融資先の経営状況(特に返済力)を重視します。
したがって、東海で業績不振や財務悪化に苦しんでいる会社は、東海の銀行から融資を受けられない可能性が高いです。
また、信用力の乏しい会社も同様ですから、東海で起業したばかりの会社(実績による信用の裏付けが乏しい会社)も、東海の銀行から融資を引き出すのは困難でしょう。
そこで第二の候補となるのが公的融資です。
公的融資とは、公的な支援によって成り立つ融資です。
公的な金融機関である日本政策金融公庫のほかに、自治体・信用保証協会・民間金融機関が協調して貸し付ける制度融資などがあります。
公的融資は、民間金融機関のように営利を目的としていません。
そのため、業績や財務、信用力に問題がある会社でも、将来性などを考慮したうえで審査します。
このため、東海の銀行から融資を受けられない会社でも、公的融資ならば資金を調達できるかもしれません。
ただし公的融資は、資金調達に時間がかかることが問題です。
例えば日本政策金融公庫を利用する場合、東海4県の日本政策金融公庫の支店は、愛知県が6店舗、三重県が3店舗、静岡県が3店舗、岐阜県が2店舗に過ぎません。
東海の民間金融機関と比較した場合、例えば愛知県全体には銀行の支店・出張所が2131店舗、名古屋だけでも753店舗があります。
当然、日本政策金融公庫は銀行に比べて対応力が低く、その対応力に大きな差があることは明らかです。
実際、コロナ禍が最もひどかった時期には、東海でも多くの会社が公的融資に殺到した結果、融資実行までに数ヶ月を要するケースが珍しくありませんでした。

ビジネスローン

 
ビジネスローンはどうでしょうか。
ビジネスローンは、銀行やノンバンクが提供する事業性ローンであり、東海でも様々なビジネスローンを利用できます。
審査のハードルが低いことや、スピーディに資金調達できるのが強みです。
ただし、ビジネスローンにはいくつか問題があります。
例えば、金利が非常に高いこと、融資を受けられないことも多いこと、銀行の信用が大きく低下することなどです。
ビジネスローンの中には低金利を謳っているものがありますが、実際には年利にして10%以上の場合が非常に多く、法的な上限金利である年利15%に設定されることもしばしばです。
また、ビジネスローンも返済義務を伴う融資であることには変わりなく、銀行の融資審査に落ちたのと同じ理由によって、ビジネスローンの審査に落ちるケースが珍しくありません。
加えて、ビジネスローンでは大規模な資金調達も困難です。
そもそも銀行から融資を受けられない、いわば「返済力に問題があること」を前提としているため、ビジネスローンといえども多額の資金を簡単に貸し付けることはできません。
特に初回利用の場合、複数の貸金業者から合計で300万円程度の借り入れが精一杯でしょう。
このほか、銀行はビジネスローンでの借り入れを嫌うため、その後の銀行融資が困難になる可能性も高いです。

ファクタリング

 
東海の会社が資金調達する際にも、基本的には融資を中心と考えるのが健全でしょう。
ただし、東海の会社が融資によって資金調達する場合、優先順位は「銀行融資>公的融資>ビジネスローン」と考えてください。
民間金融機関から融資を受けられるならばそれを軸とし、不可能であれば公的融資を検討します。
公的融資も困難であれば、やむを得ずビジネスローンを検討することも考えられますが、デメリットが大きいビジネスローンはできるだけ避けたいところ。
そこでおすすめしたいのがファクタリングです。
後述の通り、売掛金によって資金を調達するファクタリングは、融資とは根本的に異なる資金調達方法です。
このため、銀行融資や公的融資が受けられない会社でも、無理なく資金を調達できます。
ビジネスローンに特有のデメリットもなく、安心して利用できるのも魅力です。
したがって、融資を受けられない場合にファクタリングで代替したり、普段から融資とファクタリングを組み合わせて利用することによって、資金繰りを安定させることができます。
日本の中小企業は銀行融資への依存度が高く、政府もこれを問題視しています。
そこで近年、政府が力を入れているのは、売掛金の活用による資金調達の多様化です。
東海の会社に対しても、政府はファクタリングによる売掛金の活用・資金調達多様化を推奨しています。

ファクタリングの基礎知識

 
東海の会社でも資金を調達できるファクタリング。
ファクタリングは近年急速に普及が進んでおり、認知度も高まってきました。
とはいえ、ファクタリングの仕組みをほとんど知らない人、あるいはファクタリングを間違って理解している人も多いものです。
東海でファクタリングを利用するためにも、ファクタリングの基礎知識をご紹介します。

ファクタリングとは?

 
ごく簡単にいえば、ファクタリングは会社が所有している売掛金を売却するものです。
売掛金は信用取引によって発生する金銭債権であり、売掛債権の一種です。
取引先の信用力を担保として、代金後払いの条件で取引することにより、「支払期日に代金を受け取る権利」として売掛金が発生します。
しかし同時に、売掛金は「支払期日まで代金の受け取りを待つ義務」でもあります。
このため、売掛金を回収するまでの間に資金繰りが苦しくなることもしばしばです。
場合によっては、売掛金の回収を待ちきれずに資金ショートを引き起こすことも。
売上があり、売掛金が手元にあるにもかかわらず資金繰りがショートし、倒産に至ることを「黒字倒産」といいます。
このような売掛金の問題を解消するためにファクタリングが役立ちます。
手元に売掛金があるのですから、それをファクタリング会社に売却して資金を調達すればよいのです。
ファクタリングで売掛金を売却することで、実質的には支払期日を待たずに売掛金を回収したことになります。
このことは、金融庁のファクタリングの定義からも明らかです。

一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。

出典:出典:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

ファクタリングは、売掛金の価値相応に買い取ってもらえるため、手元に売掛金さえあればどんな会社でも問題なく利用できます。
東海の会社の多くが信用取引を行っており、手元には常に売掛金があるのです。
この売掛金を活用して資金を調達できるのが、ファクタリングの最大の魅力といえます。

ファクタリングの法的根拠

 
東海で初めてファクタリングを利用するにあたり、気になるのはファクタリングの法的根拠でしょう。
ファクタリングは、日本では新しい資金調達方法であり、法整備が追い付かない状況です。
新規にファクタリング業を始める場合、登録や免許などは一切必要ありません。
このため、ファクタリング業界に違法業者(ファクタリング業を装うヤミ金業者)が紛れ込んでいることも事実です。
しかし、ファクタリングそのものは100%合法な取引です。
上記の金融庁の定義にもある通り、ファクタリングは法的に債権譲渡取引となります。
そして、債権譲渡取引は法律で認められており、違法性は皆無です。
債権譲渡取引が合法であることは、以下の通り民法第466条に明記されています。

(債権の譲渡性)
第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
2 当事者が債権の譲渡を禁止し、又は制限する旨の意思表示をしたときであっても、債権の譲渡は、その効力を妨げられない。

出典:出典:e-Gov法令検索「第四節 債権の譲渡」
東海の会社がファクタリングする際には、違法業者に十分に注意すべきです。
しかしながら、民法に明記されている通りファクタリングに違法性はなく、健全なファクタリング会社を利用することでラクに資金調達できます。

2種のファクタリング方式+α

 
最後に、ファクタリング方式について解説しておきましょう。
売掛金を売却するといっても、その方式は大きく分けてふたつあります。
ひとつは、ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する「2社間ファクタリング」
もうひとつは、利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する「3社間ファクタリング」です。
これに加えて、最近では2社間取引を全てオンラインで手続きする「オンラインファクタリング」も徐々に普及しつつあります。
東海でファクタリングする場合にも、これらの3つの方式から選ぶことができます。
それぞれのファクタリング方式について簡単にみていきましょう。

2社間ファクタリング

 
2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの最大の違いは、売掛先が関与するかどうかです。
2社間ファクタリングは、申し込みから契約まで売掛先が一切関与しません。
このため、売掛先に知られず資金を調達できるほか、簡単な手続きでスピーディに資金調達できるのがメリットです。
ただし、手数料がやや高めであること、違法業者が紛れ込んでいることに注意してください。
東海から利用する場合にも、2社間ファクタリングならば最短即日で資金を調達できます。

3社間ファクタリング

 
3社間ファクタリングには売掛先が必ず関与します。
利用前に売掛先から内諾を得ておく必要があり、さらに売掛金の譲渡にあたって売掛先への債権譲渡通知・承諾の手続きが必要です。
このため、売掛先が協力しなければ3社間取引が成立せず、資金を調達することもできません。
また、手続きが複雑であるため、最短でも1週間程度を要するのが難点です。
その反面、2社間ファクタリングに比べて手数料が大幅に安く、違法業者のリスクもほとんどないのがメリットといえます。
東海にも、No.1をはじめ3社間ファクタリングを提供するファクタリング会社があります。

オンラインファクタリング

 
オンラインファクタリングは、徐々に普及しつつあるファクタリング方式です。
2社間取引をオンライン完結する仕組みですから、2社間ファクタリングの一形態といえます。
現時点では一部のファクタリング会社しか取り扱っていませんが、オンラインの活用によって日本全国どこからでも利用でき、東海の会社でも利用しやすいのがメリットです。
さらに、オンラインの活用によって一層スピーディに、安全に、手軽に利用することができ、手数料も従来の2社間ファクタリングに比べて大幅に安くなっています。

東海でファクタリングを利用する流れと方法

 
ここまでの内容から、ファクタリングに興味を抱いた人も多いことでしょう。
では実際に東海の会社がファクタリングを利用する場合、どのような流れで利用するのでしょうか。
そこで、東海の会社がファクタリングする流れと、ファクタリング会社を選ぶ3つの方法を紹介します。

東海でファクタリングする流れ

 
まず、東海でファクタリングする流れからみていきましょう。
ここでは、上記で取り上げたファクタリング方式のうち、最も普及率の高い2社間ファクタリングの流れをご紹介します。

    1. 利用会社と売掛先の間で信用取引を行う。契約に基づき、利用会社は売掛先に対して商品・サービスを提供し、請求書を発行する。売掛先が請求書を受理することで売掛金が発生する。
    2. 利用するファクタリング会社を選び、2社間ファクタリングを申し込む。簡単な説明やヒアリングの後、必要書類を提出する。
    3. ファクタリング会社は、必要書類をもとに売掛金を審査する。審査の結果に応じてファクタリングの可否と条件を決定する。
    4. 審査の結果と条件に異存がなければ、利用会社とファクタリング会社の2社間でファクタリング契約を結ぶ。
    5. 契約締結後、ファクタリング会社は即座に買取代金を振り込む。
    6. 後日、支払期日になると売掛先は利用会社に代金を支払う。この代金をファクタリング会社にそのまま振り込むことで、2社間ファクタリングが完結する。

以上が、2社間ファクタリングの基本的な流れです。
この仕組みには地域特異性がほとんどないため、東海の会社がファクタリングする場合も同じ流れと考えてください。
 

東海でファクタリング会社を選ぶには?

 
上記の通り、東海でファクタリングを利用する流れは至ってシンプルです。
ただし、流れの2でファクタリング会社を選ぶ際には注意が必要です。
ファクタリングの成功・失敗のカギは、ファクタリング会社選びにあるといっても過言ではありません。
利用会社に適したファクタリング会社を選ばなければ、良い条件でファクタリングできない可能性があるのです。
東海でファクタリング会社を選ぶ方法は主に3つあります。

地元のファクタリング会社を利用する

 
一つ目は、地元のファクタリング会社を利用することです。
東海4県には、それぞれの県で営業しているファクタリング会社があります。
例えば、愛知県の会社は愛知県内のファクタリング会社を利用する、名古屋の会社は名古屋市内のファクタリング会社を選ぶといった方針によって、東海の会社でもファクタリングを利用できます。
特に東海地方でも、経済規模が大きい愛知県はファクタリング会社の数が多いです。
No.1も名古屋に支店を構えており、愛知県全域を広くカバーしています。
ただし、愛知県を除く東海エリアではファクタリング会社の店舗が少ないため、選択肢が限られます。
選択肢が少なければ、自社に適したファクタリング会社が見つかる可能性は低いです。
したがって、愛知県を除く東海エリアでは、地元のファクタリング会社を選ぶのはおすすめできません。

東海地方に強いファクタリング会社を利用する

 
二つ目は、東海地方に強いファクタリング会社を選ぶことです。
この場合、岐阜県・静岡県・三重県にはそもそも有力なファクタリング会社がないため、おのずから愛知県のファクタリング会社を選ぶことになります。
愛知県内、とりわけ名古屋にはNo.1のように大手ファクタリング会社の店舗も出店しています。
大手ファクタリング会社は対応力が高く、出張訪問などによって遠方からも利用しやすいのが一般的です。
実際、No.1名古屋では愛知県内はもちろんのこと、東海地方全域への出張対応も可能です。
東海の会社は、No.1名古屋にお申し込みいただくことによりファクタリングをご利用いただけます。

全国対応のオンラインファクタリングを利用する

 
最後に、オンラインファクタリングを選ぶことです。
オンラインファクタリングは、申し込みから契約まで全てオンラインで行います。
従来の2社間ファクタリングでは対面契約が基本となるため、東海エリア全域をカバーするファクタリング会社に申し込むなどして、出張対応を受ける必要がありました。
しかしオンラインファクタリングならば、契約もオンラインで結びます。
例えばNo.1のオンラインファクタリングサービスでは、CLOUDSIGNを用いてオンラインで契約することにより、対面契約は必要ありません。
全てスマホやパソコンの画面で手続きできるため、東海地方のどこからでも手軽にファクタリングできます。
No.1のオンラインファクタリングも、東海地方からたくさんのご利用をいただいております。

東海でファクタリングするメリット

 
融資その他の資金調達方法がある中、東海の会社があえてファクタリングで資金を調達するメリットはあるのでしょうか。
ここでは、東海地方特有の要素も踏まえつつ、ファクタリングのメリットを紹介します。

融資を受けられない会社でも調達できる

 
融資を受けられない会社でも資金を調達できることは、ファクタリングの大きなメリットです。
これは、ファクタリングが内部資金調達であるためです。
ファクタリングで売却する売掛金は、貸借対照表では資産の部の流動資産として計上されます。
つまり売掛金を売却するファクタリングは、会社の内部留保によって資金を調達する「内部資金調達」に属します。
一方、融資は銀行や日本政策金融公庫、ノンバンクなどの外部機関から資金を調達する「外部資金調達」です。
外部資金調達には返済義務があるため、返済力を厳しく審査します。
東海の会社でも、経営状況を理由に融資を断られるケースが非常に多いです。
しかし、内部資金調達であるファクタリングには返済義務がなく、利用会社の経営状況をあまり考慮しません。
ファクタリング会社にとって重要なのは売掛先の支払能力です。
買い取った売掛金を支払期日に満額回収できれば、ファクタリング会社は収益を確保できます。
したがって、自社の返済力を理由に融資を断られた会社でも、売掛先の支払能力に問題がなければファクタリングによって資金を調達できるのです。
近年、東海地方の一部で銀行融資が鈍化しています。
東海4県の貸出金について、2017年度平均と2022年度平均を比較した場合、岐阜県は-18.4%の減少、静岡県でも-0.7%の減少となっているのです。
東海で融資を受けられない会社は、ファクタリングでの資金調達をおすすめします。

担保・保証は不要

 
公的融資やビジネスローンであれば、無担保・無保証でも調達できることがあります。
しかしながら、経営状況に問題がある会社が融資を受けるには担保・保証が重要です。
経営に多少の問題があっても、担保・保証があれば銀行は融資してくれます。
逆に、担保・保証がなければ融資を受けるのは困難です。
銀行が「返済能力に問題あり」なおかつ「担保・保証も不足」という理由によって融資を断る場合、たとえ公的融資でも担保・保証の不足によって融資を拒否することが多々あります。
ノンバンクでさえ、不動産担保の有無によって融資条件が大きく左右されるのです。
東海の会社が担保・保証の不足によって融資を受けられない場合にも、ファクタリングが役立ちます。
なぜならば、ファクタリングは無担保・無保証が原則だからです。
上記の通り、ファクタリングは借入ではなく、返済義務もありません。
返済義務がなければ、返済不能時に備えるための担保・保証も不要というわけです。
もしファクタリング会社が担保・保証を求めた場合、それは「返済不能に備えるためであり、返済義務があることが前提である」と解釈できます。
つまり「ファクタリング業ではなく、実質的に貸金業である」とみなされるのです。
当然、このファクタリング会社は貸金業者としての様々な規制を受けることとなり、大抵の場合には貸金業法違反(無登録営業のヤミ金である)として摘発されます。
まともな業者であればこのような違法リスクは避けます。
東海でファクタリングする際にも、無担保・無保証が基本と考えてください。
担保・保証を要求する業者は違法業者とみなし、利用を避けるのが賢明です。

東海で起業したばかりの会社にもおすすめ

 
東海は、起業が盛んなエリアとして知られています。
特に愛知県は、東海地方の中でも特に起業が多く、都道府県別の「新設法人数ランキング」でも上位の常連です。
帝国データバンクのマンスリーレポート(2021年6月)によれば、愛知県の新設法人数は全国第5位となっています。
基本的に、経済活動が活発なエリアほど起業も盛んになる傾向があり、この傾向は都道府県のGDPに大きく依存します。
最新(2019年度)の都道府県別GDPは、愛知県が第3位の約40.9兆円、静岡県が第10位の約17.8兆円、三重県が第19位の約8.1兆円、岐阜県が第21位の約7.9兆円。
全国平均のGDPが約10.6兆円であるのに対し、東海4県の平均は約18.7兆円です。
このように比較すると、東海地方は全国的にみても経済活動が活発であり、起業も盛んであると考えられます。
さて、起業したばかりの会社が最も苦労するのは資金調達です。
起業後間もない会社は業歴が短く、これまでの業績による裏付けもありません。
つまり返済力が不明であり、銀行からみてほとんど信用がないのです。
このため、起業から事業が軌道に乗るまでの間、銀行融資以外の資金調達方法によって資金繰りを回す必要があります。
公的融資も創業融資以外はあまり期待できず、ビジネスローンも多額の融資を受けるのは困難でしょう。
しかし、ファクタリングならば問題なく利用できます。
起業後間もない会社でも(たとえ業歴1年未満でも)、ほとんどのファクタリング会社は申し込みを受け付けています。
利用会社の業歴がどうであれ、売掛先の支払能力さえ問題がなければファクタリング会社は買い取るのです。
東海で起業した際には、事業が軌道に乗るまでの資金繰りにファクタリングを活用してください。

スピーディに資金調達できる

 
ファクタリングの資金調達スピードは、あらゆる資金調達方法のなかでもトップクラスです。
特に融資と比較した場合、その差は明らかです。
東海で融資を受ける場合と、ファクタリングする場合の差を簡単にみてみましょう。

  • 東海の銀行融資…最短数週間~1ヶ月
  • 東海の公的融資…1ヶ月以上
  • 東海のビジネスローン…最短即日~1週間程度
  • 東海のファクタリング…最短数時間~1週間程度

東海に限らず、銀行融資と公的融資は審査に時間がかかるため、1ヶ月程度は見積もっておくべきです。
ビジネスローンの場合、消費者金融系では最短即日を謳っていることも多いのですが、実際には数日を要します。
同じ消費者金融系のローンでも、個人に対する少額(数十万円)カードローンと、事業者に対する高額(数百万円)のビジネスローンでは、当然ながら融資姿勢も異なります。
特に初回利用であれば、即日融資はほぼ不可能と考えるべきです。
これに対し、ファクタリングは最短数時間で資金を調達できます。
「最短数時間~1週間程度」と開きがあるのは、ファクタリング方式によって資金調達スピードが異なるためです。
方式別の調達スピードの目安は以下の通り。

  • 2社間ファクタリング:最短即日
  • 3社間ファクタリング: 最短1週間程度
  • オンラインファクタリング:最短数時間

資金ショートが迫っているなど、東海で緊急の資金調達が必要な場合には、融資ではなくファクタリングをおすすめします。
オンラインファクタリングや2社間ファクタリングであれば、即日中での資金調達も十分に可能です。

利便性が高い

 
ファクタリングの利便性の高さは、東海の会社にとって非常に大きなメリットとなります。
資金調達方法には色々ありますが、その多くは利便性に問題があります。
特に東海の金融機関から融資を受ける場合、融資担当者や支店長と面談したり、たくさんの書類を作成したりと、なにかと手間がかかるものです。
特に厄介なのが書類の作成です。
資金調達に関係なく日常的に資金繰り表や試算表を作ったり、決算期には融資対策を踏まえた決算書を作成したりする必要があります。
このほか、設備投資資金を調達する場合には投資計画書を作成したり、経営が悪化している会社では経営計画書によって黒字転換の見通しを説明したりと、ますます多くの手間がかかります。
これに対し、ファクタリングで提出を求められるのは、すぐに準備ができる書類ばかりです。
ファクタリング会社によって必要書類は異なりますが、多くの会社は手元にある書類だけで申込可能です。
例えば、No.1にお申し込みいただく際には、以下の4点をご提出いただきます。

  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近2期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書

このように、書類の準備にほとんど手間がかからないため、資金調達が必要になったタイミングで即座に申し込むことができます。
また最近では、オンラインファクタリングの登場によって利便性が飛躍的に高まりました。
オンラインファクタリングは全ての手続きをオンラインで行い、契約手続きもオンラインで行います。
ネットを通じてオンラインファクタリングにお申込みいただくことで、東海のどこからでもスムーズに資金を調達できます。

調達可能額が大きい

 
東海の会社が銀行融資や公的融資で調達できない場合、融資ならばビジネスローン、それ以外ならばファクタリングが有力候補となります。
ビジネスローンとファクタリングはそれぞれ一長一短です。
ビジネスローンで資金を調達する際、問題になるのが調達可能額です。
上記でも簡単に解説した通り、ビジネスローンは多額の資金調達に向いていません。
そもそも返済力に問題がある会社に貸し付けるのですから、多額の融資には大きなリスクが伴います。
このため、大抵のビジネスローンでは初回利用の際に数十万円、高くても100万円程度の枠を設け、その後の利用状況に応じて融資限度額を高くするのが一般的です。
したがって、複数社から数十万円~100万円程度を借り入れたとしても、300万円程度の調達が限界となります。
少額の資金不足ならばカバーできますが、数百万円単位の調達となると、ビジネスローンでは対応できない可能性があります。
資金調達の目的は「不足資金を確保し、資金繰りを回すこと」です。
ビジネスローンでの借り入れに成功したところで、必要額を満たせなければ資金繰りは失敗に終わります。
その点、ファクタリングはビジネスローンよりも優れています。
なぜならば、ファクタリングの調達可能額は手元の売掛金残高に依存するからです。
例えば月商1000万円、回収サイト1ヶ月の会社では、売掛金の平残は1000万円となります。
つまりこの会社では、ファクタリングによって常に1000万円程度の資金調達が可能です。
このように、ファクタリングはビジネスローンよりも調達可能額が大きく、資金繰りの維持に役立ちます。
東海で銀行融資や公的融資を受けられない会社は、ファクタリングでの資金調達を優先し、ファクタリングで足りない部分をビジネスローンで補完するのが良いでしょう。

融資環境が悪化しない

 
融資で資金を調達する場合、融資環境の悪化に要注意です。
融資は外部資金調達であり、借入金は他人資本となります。
このため、融資によって資金調達をすると他人資本が増加し、相対的に自己資本比率の低下は避けられません。
自己資本比率が低い会社は外部からの影響を受けやすく、経営基盤が脆弱になるため、銀行は自己資本比率の低い会社への融資を嫌います。
このほか、ビジネスローンを利用することによっても、融資環境が顕著に悪化します。
「ビジネスローンで資金を調達した」ということは、逆に言えば「ビジネスローンでなければ資金を調達できなかった(経営上の問題によって銀行融資を受けられなかった)」ということにほかなりません。
これも銀行にとって大きな悪材料です。
実際に、ビジネスローンから融資を受けていることによって、銀行から融資を受けられなくなるケースが多々あります。
融資を受けたことによって融資環境が悪化し、その後の借り入れに苦労するのでは本末転倒です。
ファクタリングは、融資環境を悪化させない資金調達の代表格です。
資産(売掛金)の売却であるファクタリングは、借り入れではないため他人資本が増加することはありません。
帳簿の上で起こるのは売掛金が現金に変わる動きだけであり、自己資本比率には一切影響がないのです。
このほか、ファクタリングの利用を銀行に知られることもなく、ビジネスローンのような悪影響もありません。
現在、東海で融資に苦労している会社は、自己資本比率や借入先などに問題を抱えている可能性があります。
融資環境の悪化を防ぐためにも、ファクタリングを活用しましょう。

ファクタリングで貸し倒れの回避を

 
最後に、ファクタリングは貸し倒れの回避に役立ちます。
帝国データバンクの発表によると、2023年2月の東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)の企業倒産件数は60件となりました。
これは、前年同月比で約2倍の水準です。
また2022年、東海3県の倒産件数は前年比1.1%増の563件となっています。
東海3県で倒産件数が前年を上回るのは5年ぶりのことです。
このデータからも分かる通り、東海では倒産件数が増加傾向にあります。
売掛先が倒産した場合、売掛金は回収できなくなります。
取引額が大きい売掛金が回収不能になれば、資金繰りへの悪影響は計り知れません。
取引先の倒産によって自社も倒産する、いわゆる「連鎖倒産」に陥る危険もあります。
したがって、倒産件数の多い東海においては、貸し倒れへの対策が急務です。
貸し倒れに備えるためには、日常的な与信管理の徹底が重要となりますが、現実的には困難でしょう。
人材不足が深刻な社会問題となっている昨今、専門の人材を確保して与信管理に取り組むことは、かなりハードルが高いのです。
そこで役立つのがファクタリングです。
ファクタリングは、必ず「償還請求権なし(ノンリコース)」の条件で契約します。
償還請求権とは、ファクタリングした売掛金が回収できなくなった場合、ファクタリング会社から利用会社に買い戻しを求める権利のことです。
ファクタリングにはこの権利がないため、万が一売掛金が回収不能に陥ったとしても、利用会社は何ら責任を負いません。
貸倒損失は全額、ファクタリング会社の負担となります。
その売掛金をファクタリングしていなければ、貸倒損失は利用会社の負担となっていたはずです。
つまりファクタリングによって、本来利用会社が背負うべき貸し倒れリスクを、ファクタリング会社に移転できるのです。
倒産の多い東海だからこそ、ファクタリングを活用することで貸し倒れリスクをコントロールしましょう。

東海でファクタリング会社を選ぶ際の注意点

 
東海の会社も、ファクタリングの利用によって様々なメリットを享受できます。
しかしながら、東海でファクタリング会社を選ぶ際には、いくつか注意すべき点があります。
東海の会社が注意すべき点は、主に以下の3つです。

違法業者に要注意

 
まず注意したいのが、違法業者の存在です。
ファクタリングに関する法整備が不十分な現在、東海でも違法業者に遭遇するリスクがあります。
給与ファクタリングなど明らかに違法なファクタリングは、金融庁や警視庁の厳しい取り締まりによって、今ではほとんど目にしなくなりました。
それでも、表面上は健全に見えるファクタリング会社が摘発されるケースが未だにあります。
そのような業者は、表面的にはファクタリングを謳っていますが、実質的には違法な貸付けを行っています。
金融庁では「違法なファクタリング業者=ヤミ金業者」と断定しているほどです。
実際、違法業者はファクタリングを装って違法な貸付けを行っています。
その手口は、年利換算で数百~数千%に上る超高金利、違法な取り立てなどであり、まさにヤミ金業者そのものです。
このような業者を利用すれば、上記で紹介したようなメリットはほとんど期待できません。
担保・保証を求められたり、回収不能時に買い戻しを求められたりすることも多いです。
したがって、東海の会社がファクタリングする際には、違法業者を避けることが大前提となります。
違法業者を避けるために最も簡単なのは、No.1をはじめとする優良ファクタリング会社を利用することです。
違法業者が優良業者として評価されることはないため、優良業者を選ぶことが結果的に違法業者を避けることにつながります。

東海地方に強いか?

 
東海地方に強いかどうかも、ファクタリング会社選びの重要なポイントです。
「東海の会社は東海に強い業者を選ぶ」といえばごく当たり前ですが、ネット上にはこの当たり前の選択を邪魔する情報が溢れています。
このことは、実際に「東海 ファクタリング おすすめ」などで検索するとよく分かります。
東海とはほとんど関係ないファクタリング会社の情報が多数ヒットし、東海に強いファクタリング会社の情報を見つけるのは容易ではありません。
東海にほとんど関係がないファクタリング会社とは、東海エリアに店舗がなく、オンラインファクタリングも取り扱っておらず、単に「全国どこでも(東海地方でも)出張対応可能」といった業者のことです。
このような業者が、東海の事情を踏まえてファクタリングできるとは考えられません。
東海の会社が利用すれば、不利な条件でのファクタリングを強いられることでしょう。
したがって、東海の会社がファクタリングする際には、東海地方に店舗を構えているファクタリング会社がおすすめです。
加えて、オンラインファクタリングを取り扱っているならば申し分ないでしょう。
No.1名古屋は東海全域に強みを持ち、オンラインファクタリングもご利用いただけます。

手数料の考え方

 
ファクタリングには手数料がかかります。
これも、ファクタリング会社選びに欠かせない要素です。
基本的に、ファクタリングは他の資金調達方法に比べて調達コストが高いといわれます。
このことは、方式別の手数料相場をみるとよく分かります。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~10%
  • オンラインファクタリング:額面金額の10%以下

特に手数料が高いのは2社間ファクタリングです。
額面金額に対して20%、30%といった手数料を取られてしまうと、利益が確保できなくなり、却って資金繰りが悪化する恐れがあります。
逆に、手数料が安いファクタリング会社を選ぶことで、手数料を相場の半分以下に抑えられることも多いです。
例えば、No.1の手数料設定は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:額面金額の5~15%
  • 3社間ファクタリング:額面金額の1~5%
  • オンラインファクタリング:額面金額の2~8%

東海の会社がファクタリングする際には、できるだけ手数料が安いファクタリング会社を選びましょう。

まとめ:東海でのファクタリングはNo.1にお任せください

 
この記事では、東海地方の資金調達事情を踏まえつつ、東海でのファクタリング活用について解説しました。
ファクタリングは、東海の会社でも利用できます。
違法業者、東海地方に強みのない業者、手数料が高い業者を避けて利用すれば、ファクタリングは心強い資金調達方法になるはずです。
No.1は名古屋に支店を構えており、東海エリアに強いファクタリング会社です。
オンラインファクタリングも提供しているため、東海のどこからでも、手軽にご利用いただけます。
東海でのファクタリングには、ぜひNo.1をご利用ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top