DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

ファクタリングは融資を受けていても影響しない!むしろ今後の融資にプラスになる理由を解説

融資を受ける場合、他行から融資を受けている、既存の融資が複数あるとマイナスの影響になります。

「資金繰りが良くない」「返済できないからまた借りた」「自転車操業で運転資金がない」

これらのイメージから「この会社の事業運営は下手」「経営者に能力がない」という評価になってしまいます。なるべく融資を厳選しなければならず、時に本当に必要な金額を資金調達できない可能性もあります。

ファクタリングによって資金調達をする場合、既存の融資に悪影響を及ぼすのでしょうか?今回は、融資の可否や融資に落ちる経営状況でもファクタリングは可能で、場合によってはファクタリングを利用することで今後の融資に好影響を及ぼすことを説明します。

資金調達の手段だけではなく、自社を強くするためにファクタリングがプラスの影響を与えることもぜひ知っておいてください。

既存の融資はファクタリング審査に影響しない

まず、既存の融資について、いくつ金融機関からお金を借りていても、ファクタリング審査に影響しません。融資とファクタリングは別物です。

融資はデットファイナンス、ファクタリングはアセットファイナンスで別カテゴリーの資金調達

融資もファクタリングも資金調達の手段ですが、別カテゴリーの資金調達になります。

内容 資金調達方法の選択肢
アセットファイナンス 自社の資産を現金化する ①不動産売却
②知的財産権(特許、商標、著作権等)売却
③独占販売権、営業権などの無形資産の売却
④ファクタリング
⑤でんさい(電子記録債権)譲渡
⑥債権回収
⑦セール&リースバック
デットファイナンス 「借入金融」お金を借りる、返済義務あり ⑧銀行融資(無担保、無保証人)
⑨自治体等の公的融資(無担保、無保証人)
⑩不動産担保融資
⑪消費者金融、ビジネスローン
⑫手形割引
⑬社債、私募債発行
⑭ABL(動産・売掛金担保融資)
エクイティファイナンス 他社、第3者から出資を受ける、返済義務なし ⑮新株発行公募
⑯IPO(新規公開株)による資金調達
⑰株主配当増資
⑱第三者配当増資
⑲クラウドファンディング

融資は「デットファイナンス」、ファクタリングは「アセットファイナンス」でそれぞれ別カテゴリーの資金調達方法になります。

ファクタリングには信用情報照会がない

デットファイナンスは基本的に「信用情報照会」がありますが、ファクタリング(アセットファイナンス)は信用情報照会がありません。

信用情報照会は、その人が過去にどのくらい借入して、現在はどこからいくら借入しているかを確認することができ、過去から現在に至るまでの返済振りに問題かあるかないかのチェックを行います。

融資やクレジットカードの利用履歴は全国3社の信用情報機関が分担して集めており、使途に応じて情報提供します。

融資の場合、銀行や消費者金融からの過去の借入、現在の借入、過去の返済事故(返済遅延や返済不能)、自己破産歴などが信用情報照会によって明らかになります。

しかしファクタリングを行う際には信用情報照会がありません。ファクタリングはアセットファイナンスなので、自分の資産を現金化するだけで負債を負わないからです。

過去に何があっても、ファクタリング審査に影響しません。重要なのはファクタリングする売掛債権が確かに期日に入金されるかどうかなのです。

融資審査に落ちる状況でもファクタリングは利用できる

したがって、経営状況が悪い、過去に返済事故を起こしている、自己破産歴があるなど融資の審査で落ちる事業者であっても、ファクタリングは利用できます。

既存の借入が多く、これ以上貸すとリスクがある場合や、消費者金融の「総量規制」を超えるような人でもファクタリングによる資金調達は可能です。

融資が厳しく、このままでは消費者金融やヤミ金融に手を出すしかない・・と追い込まれている事業者は、経営の見直しは当然ですが、当面の運転資金については、売掛金があればそれをファクタリングによって現金化し、資金調達できます。

融資による審査とは別の基準でファクタリングは行われます。何らかの事情で融資の審査に落ちてしまう、落ちた事業者は、ファクタリングを有力な資金調達方法として選択肢に加えられます。

ファクタリングはむしろ今後の融資にプラスの影響になる理由を解説

ファクタリングをするには既存の融資や融資が受けられない事情などはまったく影響がなく、融資とは別の審査、判断によって申し込み、資金調達できることがわかりました。

実はファクタリングには、融資の悪影響どころか、今後融資など別の資金調達を行う際に、プラスの影響すらあります。

ファクタリングをすると融資に良い影響がある、にわかに信じられないものですが、融資について加点要素になる理由をここでは解説していきます。

まず、一般的なファクタリングのメリットを表にしました。

  • 最短即日の現金化が可能
  • 審査が柔軟で早い
  • 売掛金回収漏れ、売掛先の経営悪化リスクを減らせる
  • 規制が融資などと比較して少ない
  • 信用情報に影響しない、金融ブラックでも利用可能
  • 2社間ファクタリングだと取引先にバレない
  • 売掛債権が回収できなくても請求されない(ノンリコース)
  • 担保や保証人がいらない
  • 節税効果に期待できる
  • 「オフバランス化」により流動資産が増える

融資に影響するのは一番下の「オフバランス化」です。ファクタリングを行うことで、オフバランス化という良い影響を融資に与えます。

それでは、このオフバランス化とはどのようなものなのでしょうか?以下で解説していきます。

オフバランス化とファクタリング

ファクタリングは売掛債権の売却です。売掛金勘定は貸借対照表の資産として計上します。
売掛金が多いとそれに伴い会社の資産も増えます。資産が多いのは悪いことではないのでは?と思われるかもしれませんが、売掛金が多すぎると会社が肥大化しているという評価になります。

実際の売掛金はまだ現金化されていません。したがって、自己資本、キャッシュフローとして計算できません。すぐに使用できる現金、預金とは違います。

売掛金が多い→資産が多い→キャッシュとして計算できないことになります。

売掛金が多いと、貸借対照表の数字は大きくなりますが、金融機関の融資に際しては、非効率的な経営を行っていると判断されます。

すぐに動けない名前だけの兵士が多い軍隊よりも、少数でも機動的に動ける海兵隊の方が強くて評価されるのと同じ論理です。

オフバランス化の意味

ファクタリングによって売掛債権を売却し、現金化すること、貸借対照表上の「売掛金」が消えます。

それに伴い、「現預金」=自己資本が増えます。

現預金は「今そこにあるお金」「すぐに使えるお金」なので、キャッシュフローが潤沢になります。また、銀行口座にそのお金があるわけですから、架空の売掛金ではなく、粉飾できません。したがって、金融機関は「確かにそのお金がある」とプラスの評価になります。

売掛金という見かけ上の「贅肉」をファクタリングによって現金化することで、「筋肉」に変えます。贅肉の肥満体型よりも筋肉質でスリムな体型の方が当然評価されます。

ファクタリングによる売掛債権売却することで、貸借対照表の資産が抑えられ、結果的にスリムで効率的な経営を行っているという外部評価、特に融資を担当する金融機関の評価になります。

売却の際、手数料は経費として消えるので、資産もその分減り、貸借対照表の左右の数字は圧縮されます。融資の場合は、負債が増えるので貸借対照表も肥大化してしまいます。

不良債権がないことがプラスの影響になる

企業の中には「売掛金」勘定にしているものの、実際には回収できない不良債権化している売掛債権を持っているところが少なくありません。

売掛金勘定が多いと、不良債権=貸倒金=負債を多く抱えているのでは?と邪推されてしまいます。不自然に多い売掛金は融資に当たりマイナスの影響を与えてしまいます。

逆に融資の申し込み前に売掛金をファクタリングによって現金化すれば、不良債権を抱えていると思われる可能性が下がります(商品や仕掛品も不良債権になることがあるので、可能性をゼロにはできません)。

不良債権がなくキャッシュが多ければ返済能力も期待でき融資にプラスの影響

ファクタリングによるオフバランス化で、売掛金を現預金勘定にできれば、貸借対照表をスリム化して効率的な経営と判断されます。

また、売掛金を現預金にコンバートすることで、自己資本が多くなり、融資を受けた際の返済能力、返済資力があるとみなされやすくなります。

売上が予想よりも低くても自己資本が多ければ返済できるので、金融機関は融資します。つまり、ファクタリングで現預金、自己資本を増やすことで何かあった時にも返済不能になることはないという安心感を与えます。

担保や保証人をつけない融資も、自己資本が多いことで可能になります。ファクタリングによる売掛金が多い場合は、担保や保証人付きでないと融資できないかもしれません。

以上の理由から、ファクタリングは融資にあたり悪影響どころかプラスの影響があり、迅速な資金調達を要しない場合も戦略的に使えることがわかります。臨機応変にファクタリングをすることで、自社の価値を高めます。

まとめ:既存の融資があっても影響なく利用可能!ファクタリングの申し込みはNo.1まで!

ファクタリングは既存の融資を何本借りていても問題なく利用できます。融資とファクタリングはまったく違う資金調達方法であり、融資に関する法律や「総量規制」も適用されません。

そもそも信用情報照会がないので、ファクタリング会社はみなさんがどのくらい融資を受けているか、過去に返済遅延などを起こしているか、確認する手段を持ちません。融資はファクタリングに影響しません。

ファクタリング会社が重視するのは、売掛債権の相手方、売掛先の信用であり、ここに問題がなければ、過去に依頼人が自己破産していても資金調達できます。

むしろ、ファクタリングによって「オフバランス化」など決算書が整理されるため、戦略的にファクタリングを活用する経営判断も採れる有用なシステムです。

「株式会社No.1」は経験と実績があるファクタリング会社です。迅速な資金調達をモットーにしています。貴社の借入の有無は原則問いません。安心して資金調達の手段、あるいはオフバランス化など決算書の整理のため、当社を利用していただければ幸甚です。

ぜひ一度No.1までお問い合わせください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top