DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

即日資金調達にはファクタリングを!現金をすぐに調達するためのコツも大公開

「すぐに現金が必要なのですが…」
No.1をご利用いただくお客様の中には、緊急の資金調達を必要とするケースが少なくありません。
ファクタリングは資金調達スピードに優れているため、すぐに現金を必要とする場合に非常に役立ちます。
しかしながら、ファクタリングも「100%即日対応」というわけではありません。
利用会社の心がけ次第で、資金調達に時間がかかることもあれば、さらにスピーディに調達できることもあるのです。
そこで、この記事ではファクタリングの基本的な仕組みと、現金をすぐに調達するための10のコツを紹介します。

ファクタリングとは?

ここ数年で、ファクタリングの普及が急速に進んでいます。
特にコロナ禍の前後を比べると、認知度には雲泥の差があるでしょう。
利便性はどんどん高まり、有名企業の参入も増え、テレビCMを放映するファクタリング会社も出てきました。
ファクタリングの人気が高まっている大きな理由の一つは、現金をすぐに調達できることです。
ファクタリングでは、会社が所有している売掛金をファクタリング会社に売却し、早期資金化することによって資金を調達します。
売掛金は売掛債権ですから、ファクタリングは法的に債権譲渡取引の一種です。
この点においてファクタリングは、他の資金調達方法とは根本的に異なります。
例えば、銀行や貸金業者の融資は厳しく審査を行うため、資金調達に時間がかかり、審査に落ちることも珍しくありません。
つまり、融資をはじめとする資金調達方法の多くは、すぐに現金が必要な場合にはあまり役立たないのです。
しかしファクタリングは、売掛金の価値に応じて買い取ってもらう(売掛金を譲渡する)ため、売掛金に大きな問題がなければ現金をすぐに調達できます。
したがって、ファクタリングは緊急の資金需要、特に資金ショートの回避に効果的です。
中小企業には資金繰りに余裕がない会社が多く、資金ショートの危険と常に隣り合わせです。
来るべき資金繰り難に備えて、普段からファクタリングで資金を調達する習慣をつけておくと、いざというときに非常に役立ちます。

ファクタリングの資金調達スピード

現金をすぐに調達したいときに役立つファクタリング。
実際の資金調達スピードはどれくらいなのでしょうか。

ファクタリングの2方式

一口にファクタリングといっても、売掛金を買い取る方式には「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。
それぞれを簡単に説明すると以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:ファクタリングの利用会社(以下、利用会社)とファクタリング会社の2社間で取引する方式
  • 3社間ファクタリング:利用会社、ファクタリング会社、売掛先の3社間で取引する方式

これを見ると分かる通り、方式によって「売掛先の関与」に大きな違いがあります。
2社間ファクタリングには売掛先が関与しません。
このため、申し込みから契約に至るまでの手続きに売掛先が一切関与せず、手続きの流れも簡単です。
利用会社の提出書類に不備がなく、またファクタリングする売掛金に問題がなければ、最短即日で現金を調達できます。
もちろん、売掛先に知られずファクタリングできるため、資金繰り難を疑われる心配もありません。
これに対し、3社間ファクタリングは売掛先を含めて取引します。
売掛先に債権譲渡通知を送付したり、あるいは売掛先から債権譲渡承諾を取り付けたり、何かと手間がかかるのが難点です。
利用会社の提出書類に不備がなく、売掛先も書類のやり取りに協力的であれば、1週間程度で現金を調達できます。
1週間で調達できるのですから、他の資金調達方法に比べてスピーディといえるでしょう。
とはいえ、売掛先の協力が得られなければ取引が成立せず、また売掛先の対応が遅ければ現金の調達に時間がかかります。
したがって、「すぐに現金が必要」という場面での3社間ファクタリングはリスキーと言えるでしょう。

他の資金調達方法と比較

ファクタリングの資金調達スピードがどの程度優れているか、他の資金調達方法と比較するとよく分かります。
主な資金調達方法と比較してみましょう。

  • 融資(民間金融機関):2週間~1ヶ月
  • 融資(日本政策金融公庫):2週間~1ヶ月
  • 融資(ノンバンク):最短即日~数営業日
  • 出資:不明(まず出資者を探す必要があるため)
  • リースバック:最短1週間(売却する資産によって変わる)
  • 手形割引:最短即日~1週間程度
  • ファクタリング(2社間):最短即日
  • ファクタリング(3社間): 最短1週間程度

ここに挙げた資金調達方法のうち、現金をすぐに調達できそうなのはノンバンクの融資(ビジネスローンなど)、手形割引、そしてファクタリングです。
これらの資金調達方法は最短即日で資金調達できますが、現金をすぐに調達したい場合にはやや注意が必要です。
まずノンバンクですが、ノンバンクのビジネスローンでは最短即日融資を謳っているものが少なくありません。
しかし、ビジネスローンとはいえ融資の一種ですから、融資先の返済力を審査する必要があり、ファクタリングよりも審査に時間がかかります。
また、個人向けの消費者ローンに比べて事業性融資は融資額が大きいため、審査はある程度の時間をかけるのが普通です。
経営内容が良い会社でなければ、ノンバンクから即日融資を受けることは難しいでしょう。
次に手形割引ですが、手形割引の専門業者はスピードを売りにする業者が多いです。
しかし、手形割引は手形の券面を買い取る(割り引く)取引ですから、券面のやり取りに手間がかかります。
券面を郵送でやり取りすることも多く、その場合には郵送にかかる日数を考慮しなければなりません。
手形の券面を業者に直接持ち込むのでなければ、手形割引はスピーディな資金調達に不向きです。
これに対し、2社間ファクタリングは「最短即日対応も可能(翌日以降になることも多い)」というのではなく、「最短即日対応が基本」です。
このように、「最短即日」を謳っていても、実際の資金調達スピードには差があります。
現金をすぐに調達したい会社にとって、ファクタリングほど役立つ方法は他にありません。

現金をすぐに調達できる仕組み

なぜファクタリングはこんなにもスピーディに現金を調達できるのでしょうか?
ファクタリングが現金をすぐに調達できる仕組みについて解説します。

2社間ファクタリングの流れ

ファクタリングの資金調達スピードを理解するには、利用の流れを知る必要があります。
ここでは、現金をすぐに調達できる2社間ファクタリングの流れをみていきましょう。
ファクタリング会社によって細かな違いはありますが、一般的には以下の流れで手続きします。

    1. 利用会社と売掛先の間で信用取引の契約を交わし、商品を納入する。信用取引のため、後日の支払いを期して請求書を発行する。売掛先が請求書を受理した時点で売掛金が発生する。
    2. 利用会社は、資金調達のために2社間ファクタリングを申し込む。申し込みは電話、メール、HPのフォームなどから行う。
    3. ファクタリング会社は利用会社にヒアリングを行い、必要書類や手続きの流れについて説明する。利用会社は書類を提出する。
    4. 書類が揃った時点で、ファクタリング会社は審査を開始する。審査は主に売掛先に対して行う。
    5. 審査の結果、売掛金の問題がなければ利用会社とファクタリング会社の間でファクタリング契約を結ぶ。契約は対面や郵送によって行う(オンラインファクタリングは対面不要)
    6. ファクタリング契約を締結後、現金(売掛金の買取代金)が振り込まれる。

これが2社間ファクタリングの基本的な流れです。
このうち、現金をすぐに調達できるポイントは3つあります。

必要書類が少ない

まず、必要書類が少ないことです。
大抵の場合、資金調達の際には様々な書類の提出を求められます。
特に、銀行融資は必要書類の点数が多く、作成に手間がかかる書類(事業計画書など)も提出しなければなりません。
審査は書類が揃った時点で行われるため、書類を揃えるのに時間がかかる資金調達方法では、すぐに現金を調達することは困難です。
その点、ファクタリングは必要書類が少ないため好都合です。
必要書類の種類はファクタリング会社によって異なりますが、少ない書類で申し込めるケースも多く、近年は必要書類が減少傾向にあります。
優良ファクタリング会社であれば、手元にある書類だけで申し込めることが多いです。
ただし、ファクタリング会社によっては取得・作成に時間がかかる書類を求められます。
申し込む際に必要書類を確認し、手間がかかりそうな場合には利用を見送るのが賢明です。

審査の仕組み

必要書類が揃った時点で審査に入るわけですが、審査の仕組みも資金調達スピードに大きくかかわっています。
銀行が融資実行までに数週間~1ヶ月という長い時間を要するのは、審査を厳重に行うためです。
銀行の審査では、主に融資先の経営内容と返済力を測ります。
現在と将来(融資期間中)の返済力に問題がなければ融資できますが、貸し倒れリスクが高いと判断すれば融資を拒否します。
この判断を正確に行うためには、決算書その他の分析が必要です。
もちろん、これらの資料では定量的な情報しか把握できないため、経営者と面談してヒアリングを行ったり、資金使途や投資計画について説明を求めたり、定性的な情報も重視します。
このように慎重に審査するため、融資では現金をすぐに調達できません。
ファクタリングの審査は、銀行の審査とは根本的に異なります。
銀行は融資先を審査するのに対し、ファクタリングは売掛先を審査するのです。
利用会社の経営を定量・定性両面から分析することはなく、提出書類から売掛先の支払能力を審査するだけです。
例えば、以下のような事柄について審査します。

  • 請求書から売掛先・売掛金が実在していることを確認する(架空債権詐欺を回避する)
  • 請求書から額面金額や支払期日を確認する(買い取りによって期待できる収益や、支払い期日までの残存日数を確認し、採算を測る
  • 過去数ヶ月分の通帳コピーから、売掛先の支払状況を確認する(直近数ヶ月の支払い状況から、回収不能リスクを測る)

このような簡単な審査によって、売掛先の支払能力に問題がないと判断すれば、ファクタリング会社はすぐにでも売掛金を買い取ります。
ファクタリング会社としては、たとえ利用会社に問題があっても、売掛先が支払期日に支払ってくれさえすれば良いのです。
したがって、健全な売掛先の売掛金をファクタリングすることにより、現金をすぐに調達できます。

オンラインファクタリングならもっと早い

現金をすぐに調達するために、より役立つのがオンラインファクタリングです。
オンラインファクタリングは、利用会社とファクタリング会社の2社間取引をオンライン化したものです。
申し込みから契約まで、全てオンラインで完結できます。
通常の(オフラインの)2社間ファクタリングは「最短即日」が基本ですが、オンラインファクタリングならば「最短数時間」での現金調達も可能です。

現金をすぐに調達する10のコツ

ファクタリングも、場合によっては現金をすぐに調達できるとは限りません。
「最短即日」「最短数時間」といったものはあくまでも目安であり、「100%即日で」「100%数時間で」といった意味ではないのです。
現金をすぐに調達するためにはコツがあります。
すぐに使うことができ、なおかつ効果的な10のコツをお伝えします。

1.午前中に申し込む

本来ならば、資金繰り計画に基づいて現金の流れをコントロールし、将来的な資金不足を早期に把握し、余裕をもってファクタリングに申し込むべきです。
そうすることにより、すぐに現金を調達できなかった場合にも資金繰りがショートする危険はありません。
しかしながら、突発的な資金需要が発生することも多く、その場合にはどうしても「即日中」「翌日まで」といったニーズが発生します。
この時、現金をすぐに調達するために最も重要なのが、できるだけ早いタイミングで申し込むことです。
具体的には、即日でのファクタリングを目指すには、当日の午前中までに申し込む必要があります。
申し込み時間が午後になってしまうと、当日中に現金を調達できない可能性があります。
特に、必要書類を揃えるのに時間がかかったり、揃えた書類に不備があって再提出を求められたりした場合には、現金をすぐに調達するのは困難でしょう。
当日中に契約までこぎつけたとしても、既に銀行の対応時間を過ぎていれば入金が翌営業日以降の扱いになるからです。
最近は24時間振込対応の銀行も増えてきましたが、まだまだ平日15時までの対応とする銀行が少なくありません。
したがって、現金をすぐに(特に即日で)調達したい場合には、午前中に申し込むことをおすすめします。
午前中に申し込むことで、書類の提出に手間取ったり、ファクタリング会社が審査に手間取ったり、何らかの問題が生じた際にも安心です。

2.土日祝日を避ける

午前中に申し込むことと合わせて気を付けたいのが、土日祝日を避けることです。
多くのファクタリング会社は平日のみの営業となっており、土日祝日は対応していません。
したがって、現金をすぐに調達するために土日祝日に申し込んでも、実際の手続きは翌営業日以降になります。
このように書けばごく当たり前のことですが、土日祝日でも即日ファクタリングできるかのように錯覚してしまうファクタリング会社もあります。
例えば、「24時間365日受け付け」といった表現には注意が必要です。
たしかに、この説明に嘘はありません。
申し込みフォームやメールの送信によって、土日祝日でも申し込み自体は可能です。
しかし、土日祝日に現金を調達できるとは限らず、むしろ必要書類の提出や契約、入金などは翌営業日以降になることがほとんどです。
仮に土日祝日に営業していたとしても、銀行が振り込みに対応していないことが多く、現金の入金が翌営業日になることは変わりません。
強いて土日祝日を避ける必要はないのですが、あえて土日祝日に申し込む必要はなく、また「土日祝日でもファクタリングできる」と勘違いしないことが大切です。
土日祝日の時点でファクタリングの利用を決めたならば、土日祝日の間にファクタリング会社を選んだり、基本的な必要書類を揃えたりしておくのが良いでしょう。

3.必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

平日の午前中に申し込むことで、現金をすぐに調達できる可能性が高まります。
しかし前述の通り、ファクタリング会社が審査を開始するのは書類が全て揃ってからです。
No.1でも、即日対応をご希望のお客様には以下のようにご説明しています。

最短即日での契約が可能ですが、事業主様のご理解及び必要書類などが全て揃っている事が前提となります。

出典:出典:株式会社No.1「よくある質問」
つまり、書類の提出に時間がかかってしまうと、現金をすぐに調達することはできません。
そこで重要となるのが、必要書類ができるだけ少ないファクタリング会社に申し込むことです。
ファクタリング会社によって提出書類の種類・点数は異なります。
No.1の2社間ファクタリングで必要となる書類は以下の4点です。

  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近2期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書

必要書類が「多い」「少ない」の具体的な目安はありませんが、5点以下であれば少ないといえるでしょう。
ファクタリング会社によっては6点以上の書類を求めることもあり、その場合には事業計画書や試算表などを求められるため、申し込み段階での負担が大きくなります。
そうならないためにも、必要書類の少ないファクタリング会社を選びましょう。

4.2社間ファクタリングを選ぶ

すでに解説した通り、ファクタリングには2種類の方式があります。
このうち、現金をすぐに調達したい場合には2社間ファクタリングを利用すべきです。
2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、利用会社とファクタリング会社の間だけで全て手続きします。
3社間ファクタリングであれば、利用会社が必要書類を提出した後、ファクタリング会社から売掛先に対して請求内容の確認を入れることがあり、その際に連絡がスムーズでなければなかなか審査を開始できません。
その点、必要書類が少ないファクタリング会社を選び、なおかつ2社間ファクタリングを利用すれば、必要書類の提出もスムーズ、審査開始もスムーズというわけです。
また、2社間・3社間を問わず、審査完了後には利用会社とファクタリング会社の間で債権譲渡契約を結びますが、その後の流れは以下のように大きく異なります。

  • 2社間ファクタリング:契約完了次第、現金をすぐに振込
  • 3社間ファクタリング:契約完了後、売掛先に対して債権譲渡通知書を送付。売掛先から債権譲渡承諾書の返送を求めることもある。通知・承諾が終わり次第、現金をすぐに振込

債権譲渡通知書の送付は郵送で行うため、最低でも1日を要します。
さらに売掛先が通知書を確認し、承諾書を返送するまでに数日を要するでしょう。
3社間ファクタリングに時間がかかるのは、売掛先を含むやり取りに時間がかかるためです。
通知・承諾が不要な2社間ファクタリングであって、はじめて最短即日での入金が可能となります。
現金をすぐに調達したい会社は、必ず2社間ファクタリングを選んでください。

5.対応スピードは要確認

ファクタリング会社によって対応スピードも異なるため、利用を検討する際にはしっかりとチェックすることが大切です。
例えば、No.1の2社間ファクタリングは最短即日対応に強みがあり、現金をすぐに調達したいお客様も安心してご利用いただけます。
しかしながら、ファクタリング会社によっては最短翌日、最短2営業日といった対応も珍しくありません。
また、最短即日としながらも、「初回利用の場合には最短〇営業日(即日対応は不可)」などの例外を設けるケースもあります。
現金をすぐに調達したい会社、特に即日での入金を希望する会社は、公式HPで「最短即日」と明記されているファクタリング会社を選んでください。
ただし、これはあくまでも「“最短”即日」というだけですから、翌営業日以降の入金になる可能性も考えられます。
特に、開業後間もないファクタリング会社には注意が必要です。
このようなファクタリング会社は業歴が短いため、データやノウハウの蓄積が乏しく、スタッフの能力(特に事務処理能力・審査能力)も低い傾向があります。
そのため、審査開始後に追加書類の提出を求められたり、審査結果がなかなか出なかったりと、時間がかかることが多いです。
平日午前中に申し込んだとしても、即日対応を受けられない可能性があるため、現金をすぐに調達したい場合には業歴が長い(目安は5年以上)のファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

6.ファクタリング会社を直接訪問する

2社間ファクタリングにあたって問題となるのが契約です。
利用の流れでも触れましたが、2社間ファクタリングの契約は対面での取引が基本となります。
対面取引は、利用会社の代表者がファクタリング会社の営業所を訪問するか、もしくはファクタリング会社のスタッフが利用会社を訪問することによって行います。
忙しい経営者としては、ファクタリング会社に訪問してほしいところですが、現金をすぐに調達したければファクタリング会社を直接訪問するのがおすすめです。
ファクタリング会社に訪問を依頼する場合、どうしてもファクタリング会社の都合に左右されます。
大抵のファクタリング会社は同時に複数の案件に取り組んでおり、訪問先の会社を複数抱えています。
利用会社の都合だけで契約のスケジュールを決めることはできません。
また、ファクタリング会社によっては出張費を請求されるのも難点です。
これに対し、利用会社がファクタリング会社を訪問するならば、基本的には利用会社の都合でスケジュールを決めることができます。
現金をすぐに調達したい場合、急いでいる旨を伝えて直接訪問することによって、当日中に資金調達できる可能性が高まります。
当日中の契約が困難であっても、できるだけ早いタイミングで契約を交わせることは間違いありません。
特に、利用会社が東京の会社であれば、東京都内のファクタリング会社を選ぶことでスムーズに契約できるでしょう。
優良ファクタリング会社はおおむね立地条件がよく、No.1の東京本社も池袋駅から徒歩約5分の距離にあります。

7.オンラインファクタリングを選ぶ

対面での契約が難しいのは、利用会社が地方の場合です。
「関東圏内」「関西圏内」など、一定エリアで出張に対応しているファクタリング会社も多いですが、利用会社とファクタリング会社の距離が遠いほど時間がかかります。
スケジュールの調整が難しくなるだけではなく、移動自体にも時間がかかるため、現金をすぐに調達することは困難です。
直接訪問するためには、利用会社から近い、地方のファクタリング会社を利用する必要があります。
福岡や大阪などの地方中枢都市には、優良ファクタリング会社が進出していることが多く、No.1も名古屋市と福岡市に支社があります。
それ以外の地方都市ならば、地盤のファクタリング会社を利用することが考えられますが、これはあまりおすすめできません。
全国展開のファクタリング会社に比べて、地方のファクタリング会社はサービスが洗練されていないからです。
条件が悪くなりやすいだけではなく、手続きにも時間がかかる傾向があります。
そこで、直接訪問が難しい会社にはオンラインファクタリングがおすすめです。
オンラインファクタリングは、全ての手続きをオンラインで完結でき、日本全国どこからでも手続きできます。
契約もオンラインで行うため、対面取引は一切不要です。
また必要書類が少なく、No.1のオンラインファクタリングも以下の3点でお申し込みいただけます。

  • 直近の決算書
  • 請求書
  • 通帳のコピー

このほか、事務手続きの効率化により、従来の2社間ファクタリングよりもさらにスピーディです。
最短数時間で対応するサービスも多く、No.1でも最短60分入金の実績が多数ございます。
現金をすぐに調達したい場合、オンラインファクタリングが最適です。

8.信用力の高い売掛金を選ぶ

ファクタリングする売掛金の選び方によっても、ファクタリング会社の対応は変わってきます。
そもそもファクタリングの審査は、売掛金の買い取りに伴うリスクを測るために行います。
売掛金の回収不能リスクが低ければ積極的に買い取ることができ、現金をすぐに調達できる可能性も高いです。
逆に、売掛金に何らかの問題がある場合には、時間をかけて審査する必要があります。
したがって、信用力の高い売掛金(=支払能力の高い売掛先の売掛金)をファクタリングすることによって、よりスピーディに現金を調達できます。
分かりやすのが、自治体や大企業に対する売掛金です。
この場合、売掛先の支払能力は極めて安定しています。
自治体の財政が破綻したり、大企業の経営が破綻したりする可能性もゼロではありませんが、何の前触れもなくいきなり破綻することはほぼあり得ません。
売掛金の支払期日は1~2ヶ月後が一般的ですから、ファクタリング審査の時点で不安情報がなければ、その売掛金の回収不能リスクは極めて低いといえます。
ファクタリング会社としては、ほぼノーリスクで収益を確保できる優良債権であり、簡単な審査だけで十分に買取可能です。
なお、自治体や大企業の売掛金に限らず、売掛先の信用によって資金調達スピードが変わると考えてください。
売掛先が中小企業でも、利用会社と長期にわたって安定的に取引しているなどの安心材料があれば、ファクタリング会社は対応しやすくなります。

9.継続利用のファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社の選び方にもコツがあります。
ファクタリングを初めて利用する場合、どのファクタリング会社を選んでも「初回利用」です。
しかし、すでにファクタリングの利用経験があるならば、以前利用したファクタリング会社を継続利用することもできます。
現金をすぐに調達するためには、継続利用のファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。
というのも、継続利用は初回利用に比べて手続きが簡単だからです。
初回利用の際にも、ファクタリング審査で重視するのは売掛先ですが、利用会社に対しても最低限の審査を行います。
会社情報を把握したり、会社の決算などからファクタリングの申し込み内容が合理的かどうかを検討する必要があるのです。
例えば、月商1000万円、回収サイト1ヶ月の場合、利用会社の手元にある売掛金は最大1000万円と考えられます。
もし、この利用会社が2000万円のファクタリングを申し込んだとすれば、少なくとも1000万円の架空債権が含まれている可能性があります。
実際に、利用会社による架空債権詐欺は少なくありません。
このような詐欺行為を防ぐためにも、初回利用の会社に対してはある程度の審査を行うのです。
継続利用であれば、これまでの取引によって利用会社に悪質性がないことが分かっています。
したがって、ファクタリング会社は売掛先だけを審査すればよく、現金をすぐに調達できる可能性も高まるというわけです。

10.利用経験のある売掛金を選ぶ

利用経験のあるファクタリング会社を選ぶことに加えて、利用経験のある売掛金を選ぶと尚良いでしょう。
これにより、利用会社に対する審査だけではなく、売掛先に対する審査もスピーディになります。
例えば、特定のファクタリング会社に依頼して、売掛先Aの売掛金を毎月ファクタリングしていたとしましょう。
この場合、ファクタリング会社は売掛先Aの売掛金を毎月買い取っているわけですから、売掛先Aの基本的な情報はもちろんのこと、経営内容の変化についてもかなり把握しています。
また、「毎月ファクタリングしている」ということは、「毎月問題なく回収できている」ということでもあります。
どこかの時点で売掛先Aが支払い不能に陥っていれば、今回の依頼(売掛先Aの売掛金の買取依頼)もなかったわけですから。
これが、ファクタリング会社にとって大きな安心材料となります。
「これまで毎月、何の問題も起こらなかった」という実績が、「今回のファクタリングでも問題が起こらないだろう」という安心感につながり、スムーズに買い取れるのです。
普段から特定の売掛金を継続してファクタリングしておくことで、緊急の場合にもすぐに現金を調達できます。

まとめ:即日ファクタリングはNo.1にお任せください

この記事では、ファクタリングで現金をすぐに調達できる仕組み、そして現金をすぐに調達するための10のコツをお伝えしました。
ファクタリングの特徴は様々ですが、中でも資金調達スピードが大きな特徴です。
この資金調達スピードが、ファクタリングの人気を支えているといっても過言ではありません。
利用方法によってさらなるスピードが期待できるのも、ファクタリングの魅力です。
No.1は最短即日対応に力を入れており、オンラインファクタリングでは最短60分入金の実績も多数ございます。
すぐに現金が必要になった際には、No.1までお気軽にご相談ください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top