DX認定 第81134494-101号

カテゴリー: ファクタリング

迅速な資金調達には審査が早いファクタリング会社を選ぶことが必須!選び方のポイントを解説!

急な資金需要が発生した際、みなさんはどのように資金調達しますか?確実なのは融資ですが、融資は審査に時間がかかります。銀行法や貸金業法で定められた細かい基準をクリアしながら、みなさんの決算書などを細かくチェックしなければなりません。

融資では時間がかかってしまうので、緊急時の資金調達方法として最近話題になっているのがファクタリングです。売掛債権を買い取ることで現金化するファクタリングは、融資と比べて臨機応変な対応が可能で、迅速な資金調達ができます。

とはいえ、ファクタリングについても審査はあります。融資に比べれば簡便な審査ですが、審査が早いファクタリング、ファクタリング会社を選ぶことで、迅速な資金調達につながります。

今回は審査が早いファクタリングを選ぶポイントを中心に解説します。審査が早く、かつ買い取り額も高ければ、みなさんの資金需要に応えることができます。

ファクタリングがなぜ審査が早いのか?融資とは違う理由を解説

ファクタリングは融資と比較して審査が早いのですが、決して違法、脱法的なものではありません。

売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、中古ゲームや本の買い取りのように請求書を現金化します。これは合法的なものです。

なぜ審査が早いのか?ファクタリングの仕組み

・Z社と継続して取引しているY社がある
・仕事の売掛金が末日締め翌々月末日払い(支払いサイト60日)

など、売掛金を請求し、支払期日が決まっている取引があります。

6月30日に売掛金300万円の請求書をY社に出しました。しかし、7月15日に事業資金200万円が必要になり、銀行からの融資等ができない場合、あるいは融資では間に合わない場合、この「8月31日(翌々末日)」に売掛金を受け取る権利」を7月15日に買い取ってもらうのがファクタリングという制度です。

ファクタリングは手数料がやや高いが審査が早い!最短即日で資金調達が可能

ファクタリングは融資と異なり「お金を借りる」のではなく「債権を売る」ので、銀行法や貸金業法、利息制限法など各種法律が適用されません。物の売買を行う、民法や商法の一般条項が適用されるのみです。ファクタリングを対象とした「ファクタリング規制法」のようなものは存在しません。

そのため、ファクタリング会社と依頼主(債権者)の契約、合意が優先され、当事者が問題なければ、資金調達まで時間がかからず、最短即日ともいわれる現金化が可能になります。

ファクタリング手数料はやや高く、買い取り額と同じ額を借入した場合と比べると割高になります。

500万円を借入した場合と、ファクタリングで500万円を調達した場合では、多くの場合、ファクタリングの手数料>融資の支払利息になります。

融資の場合は銀行法や貸金業法など専門の法律によって定められた審査基準や手続きを満たす必要があります。

自社の確定申告書、決算書2期分の経営内容、赤字経営をしていないか(赤字だと融資を返済するお金が捻出できない)、過去に返済事故や遅延、自己破産などを起こしていないか(金融ブラックではないか)など、多数のチェックポイントがあり、その確認で審査に時間がかかります。

ファクタリングの場合は、そうした審査を行うことは少なく、売掛先に出している請求書の内容や、売掛先の支払い不能、貸し倒れリスクなど融資と比べて少ない審査項目によって、買い取りの可否を判断します。

売掛金の回収さえできれば、依頼人(債権者)の経営状態はあまり重視しません。突然行方不明になりそうな経営状態でなければ、売掛先の経営状態をみてファクタリング判断をします。

融資のように事前に信用情報照会をしませんので、その時間も省略できます。ファクタリングの審査が早いのはそのような理由によります。

審査が早いファクタリング、ファクタリング会社を選ぶポイントは何?

ファクタリングが融資と比べて資金調達にかかる時間が早い理由については理解していただけたはずです。そこで、それぞれのファクタリング会社の中で審査が早いものを選ぶポイントについて解説します。

申し込みから入金までのスピードが早い

審査が早いということは、ファクタリングの申し込みをしてから入金までのスピード、期日が早いことを意味します。

即日入金可能なファクタリング会社は審査が早いのは事実です。即日でなくても1日~2日で入金可能なファクタリング会社の審査が早いので、迅速な資金調達を求める人はここを基準にした方がいいでしょう。

会員登録の有無

ファクタリング利用にあたって、単発利用ではなく継続利用を促すため、会員情報を入力します。それ自体は問題なく、本人であることの確認などは不可欠ですが、あまりに詳細な情報の入力を求めるところはそれだけチェック項目、確認事項が多くなります。

手間がかかりますし、自社の隠したい情報も筒抜けになり、今後激しい営業攻勢に遭うかもしれません。

簡潔な情報入力を求めるファクタリング会社ならば、審査が早いと言えるでしょう。

対面審査が必要か、審査がオンラインで完結するかどうか

ファクタリングの審査が対面で行うとなると、時間調整や店舗に出向くなど時間がかかってしまいます。その結果、審査が遅くなってしまいます。

一方、ZOOMやLINEなどを使ってオンライン審査ができれば、審査が早いファクタリング会社もあります。

場所を問わないため、在宅で面談できますし、資料についても郵送や手渡しではなく、アップロードやメール添付などで即相手に送れます。

タイムラグなく審査ができるので、審査が早い、結果として迅速な資金調達が可能になります。すぐに資金調達したい場合、オンライン面談やオンライン対応可能なファクタリング会社を選んでください。

提出資料の取得難易度

ファクタリングは融資と異なるため、求められる書類についても厳格な基準があるわけではありません。したがってファクタリング会社ごとに求められる書類が異なっています。

本人確認書類と売掛金請求書、銀行の通帳コピーくらいでよいところもあれば、住民票や戸籍謄本(会社の登記簿謄本ではなく個人の戸籍謄本)、複数の会社の請求書領収証、銀行からの借入一覧表などを求めるファクタリング会社もあります。

そうした会社に申し込んでも、書類がそろうまでに時間がかかるため、審査が遅くなります。審査が早いファクタリング会社は、要求する書類も比較的簡単に入手でき、かつその種類も少なくなっています。

過剰なまでに書類を求めるのは、審査を厳格に行うからではなく、審査に不安があるから必要以上にエビデンスを求めることに他ならないのです。

審査が早い状況にするには申請者も事前に資料の準備が不可欠

ファクタリングは融資と異なり審査が緩い部分があり、そここそ審査が早いことが可能になるのポイントなのですが、上記基準を満たしたファクタリング会社を選ぶとともに、申請者(ファクタリング希望者)の側も、求める資料をすぐに出せる状態にしておくことが不可欠です。

審査が早い状況にするため、以下の書類について、すぐに提出できるよう準備しておいてください。事前に準備、用意しておきたい書類は以下になります。

  • 身分証明書:申込人本人であることを確認します。
  • 法人登記簿謄本:実際に会社があることを証明します。法人のみ。
  • 印鑑証明書:契約書に押印する印鑑が正しいか証明します。
  • 決算内容確認書類:経営内容を把握するもの。確定申告書2期~3期分。開業間もないところは試算表などで代用
  • 売掛金証明書類:売掛金の証明。契約書や請求書
  • 通帳などの入金確認書類:売掛先との取引関係を確認するため、銀行の通帳などで支払いを確認します
  • 納税証明書:法人税などの納税証明書。会社によっては必要
  • ファクタリング同意書:3社間ファクタリングの場合に必要。売掛先からファクタリング会社が直接回収するために必要。あらかじめダウンロードし記入しておくと早い
  • 債権譲渡通知:3社間ファクタリングの場合に必要になります。これはファクタリング会社ではなく自分で作成します

これらを紙とデータ(PDF)双方で用意しておきましょう。登記簿謄本や印鑑証明書は発行から3か月以内ということが多いので、期限に注意してください。

公的書類は取得時に時間がかかります。審査が早いファクタリング会社を選ぶだけではなく、こちらもスムーズに審査してもらえるよう、時間に余裕をもって準備をお願いします。

審査が早いファクタリング会社は何といってもNo.1です

審査が早いファクタリング会社は、依頼主に求める条件が少なく、かつオンライン対応など対面、資料の現物提出にこだわらないところになります。

簡潔に資料を求めて、それを迅速に審査し、適切な金額に査定する、これができる会社が良いファクタリング会社です。

ファクタリング業界の一流コンサルタントがスピード対応し適切な判断によって審査が早い「No.1」はその条件に合致します。

当社「株式会社No.1」は経験と実績があり、プロフェッショナルによる迅速な審査によって早期現金化、資金調達を可能にします。

審査が早い、しかも堅実でリスクが少ないファクタリングを希望される方は、ぜひ当社No.1までお問い合わせください。全力でみなさまのご要望を聞き、経営をサポートしていきます。ぜひ一度お問い合わせください。

総合フリーダイヤル0120-700-339

名古屋支店直通052-414-4107

福岡支社092-419-2433

受付時間 平日 9:00 ~ 20:00( 土日祝休 )

プレスリリース

プレスリリース 一覧へ

DX認定 第81134494-101号

株式会社No.1は、経済産業省が定める
「DX認定事業者」の認定を取得しました。

to top